楽天カードの審査は甘い?基準や落ちた場合の原因と通るコツも解説

テレビなどでも大々的に入会ポイントキャンペーンなどを打ち出し、人気のある楽天カード。楽天カードは審査に通りやすいと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。楽天カードの審査基準や落ちる原因についてまとめてみます。

楽天カードの審査基準は?

18歳以上

クレジットカードを申し込むに当たって、18歳以上であることは前提となります。楽天カードの申し込み条件には「満18歳以上の方」と記載されていますので、逆を言えば18歳以下は対象外であると言えます。18歳以上であったとしても、未成年者の契約に関しては親権者の同意が必要になり、また高校生は対象外となっています。

専業主婦(夫)やアルバイトは?

楽天カードの申し込み条件には「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」とあります。『も可』となっているように、通常のクレジットカードは主婦、アルバイト、パート、学生では通らないことの方が一般的です。 しかし、楽天カードに関しては、主婦、アルバイト、パート、学生も申込み条件に含まれているところから見ても、審査に通る可能性は十分にあるということが言えるでしょう。

学生でも作れる

上記でも記載した通り、学生も楽天カードの申し込み条件に含まれています。楽天カードであれば申し込み条件に該当しているので、学生でも比較的入手しやすいクレジットカードとなっています。ただし大学入学直後でまだ未成年である場合は、親権者の同意が必要となってきます。

流通系で難易度は低め

楽天カードは、小売業者もしくはそのグループ会社が発行する、流通系と呼ばれるクレジットカードに分類されます。そしてカードの審査の難易度は、非常に低いと言われています。一般的なクレジットカードであれば職業や年収について制限があったりするのですが、楽天カードの場合には、そういった項目よりも信用情報に問題がないかどうかという点を重視しているようです。
また楽天カードの審査は基本的にスコアリングという自動審査を用いており、申込者の情報がカード発行の基準を満たしてるか自動的に審査し、問題なければ個人信用情報も確認、その後審査通過となります。

楽天カードの審査時間は長い?

属性により数分から数日

楽天カードの審査時間は比較的個人差があるようです。審査通過の連絡まで、早い方の場合には申し込みから数分で審査の結果が出たり、遅い方だと1週間後程度で結果が出た方もいるようです。 一概に連絡が遅いからといって審査に落ちてしまったというわけでもなく、申し込み内容が原因で発行が見送られる場合には、その旨、連絡が来ます。なかなか連絡がこないということは現在審査中ということなので、楽天カードから連絡が来るのをしばらく待ちましょう。

土日に申し込むと時間がかかる

カード申込み自体は24時間可能ですが、審査に関しては営業時間外や休日は行われていません。土日祝日を挟んでしまうと、申込みが受け付けられるのが休み明けの営業開始からとなってしまい、休日の分だけ審査の結果が出る時間も遅くなりますので、注意してください。営業時間外の申込みも同様に営業開始からの審査となりますので、夜間の申込みはその分時間が掛かります。

キャンペーン中も遅い

楽天カードは常時入会ポイントキャンペーンをしていますが、もらえるポイントがキャンペーンによって異なります。もらえるポイントが高い期間は申込みも集中しますので、その分審査にかかる時間も長くなる可能性があります。クレジットカードを作るタイミングでどんなキャンペーンがやっているかは、その時になってみないとわかりませんが、よりポイントがもらえる時期を狙って入会するのもいいかもしれません。

結果が気になるときは照会画面で確認

楽天カードでは現在自分の審査やカード発行がどの段階まで進んでいるのかをインターネットで確認することが可能です。楽天カードの申し込みが完了すると、「お申込み受付のお知らせ」というメールが届きます。 お知らせメールに記載されているURLをクリックすると「オンラインカード発行 受付のIDの入力」という画面になりますので、カード申込み受付ID・申込者の生年月日・電話番号の下4桁の3項目を入力し、「受付状況を確認する」をクリックします。すると、「カード発行状況確認」という画面が表示され、自分の申込み状況が確認できます。

楽天カードに通らない理由

無職で収入がなかった

先述した通り、楽天カードの申し込み条件には「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」とあります。主婦、アルバイト、パート、学生でも申込みはできますが、これは少なからずある程度の収入がある人か、無職であったとしても配偶者や保護者に収入があることが分かっている場合においてカード発行が可能という意味です。完全に無職で全く収入がない場合には、楽天カードでも持つことは厳しいと言えるでしょう。

電話で在籍確認ができなかった

自宅や勤務先への本人確認の電話は、基本的にはないことの方が多いです。ただし、絶対に連絡がこないと言い切れるわけではなく、電話をかける場合もあるという旨がサイトにも記載されています。万が一虚偽の情報を記載し、在籍確認が取れなかった場合は、当然のことながらカード発行は見送られます。申込みにおいて虚偽の情報を記載することは許されません。必ず正しい情報を入力するようにしてください。

信用情報に問題があった

基本情報が重要であることもさることながら、個人信用情報も大いに重要となってきます。クレジットカードの審査がされる際には、個人信用情報センターで本人の履歴照会がなされますが、そこで不利な情報が記載されていると審査に落ちてしまいます。過去にクレジットカードやローンの返済を滞納したり、複数の会社から借り入れをしている場合や学生時代に借りた奨学金の延滞、携帯電話代金の延滞でも、信用情報に記録が残り、審査が不利になることがあります。 信用情報は一度履歴が付くと5年間その履歴が消えません。個人信用情報センターは本人の信用情報を有料で開示してくれますので、心配であれば確認した方が良いかもしれません。

楽天カード審査に通るコツ

情報は正確に

カードを申し込む際に、職業だけでなく年収や預金額などを入力する欄があり、少し躊躇することもあるかと思います。しかしクレジットカードというもの自体がカード会社と顧客との信頼関係で成り立っている以上、虚偽の情報を申告することは許されないことであり、審査へ悪影響が出る可能性があります。正確な情報を申告するように心掛けてください。

キャッシング枠を0にするのも有効

キャッシングとは、キャッシング枠を0以上に設定しておくことにより、本人の預金残高とは関係なく、ATMから指定した金額の現金を引き出すことができるシステムです。引き出した現金は、翌月以降にクレジットカードの請求を通じてもちろん返済しなければならないのですが、このキャッシング枠をつけるかどうかについては、カード会社は慎重になります。 たくさんお金を引き出されて、返してもらえないなんてことは困るからです。そのため、あらかじめキャッシング枠は0に設定しておくことにより、審査のハードルを下げることができます。 楽天カードのキャッシングについては、下記記事も参考にしてみてください。

まとめ

比較的審査が通りやすく、誰でも持ちやすい楽天カード。年会費もかからないクレジットカードで、入会キャンペーンも充実しています。クレジットカードの審査が不安で取得していなかった人も、これを参考に1枚作ってみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。