アメックスで年会費無料のカードを徹底解説!充実の特典内容とは?

アメックスカード(アメリカン・エキスプレス・カード)は、特典が充実していることで人気ですが、年会費はいくらなのでしょうか。この記事ではアメックスカードの年会費のほか、初年度の年会費が無料になるカードや、カードの特典・サービスについて紹介します。

アメックスカードの年会費

プロパーカードは年会費+消費税

クレジットカードには、プロパーカードと提携カードの2種類があります。 プロパーカードとは、クレジットカードの国際ブランドが単体で発行する独自のカードのことで、これを発行しているのはアメリカン・エキスプレス・カード、JCB、ダイナースクラブの3社のみです。一方、提携カードというのは、クレジットカードの国際ブランドと企業や団体が提携して発行するカードのことです。提携カードは、提携している企業や団体の様々なサービスや特典を受けることができるのが特徴です。 アメックスカードにもプロパーカードと提携カードがあり、プロパーカードを利用するには、年に一度、年会費+消費税がかかりますが、提携カードについては、年会費が永年無料のものや比較的低額のものもあります。 なお、クレジットカードには家族会員というサービスがあり、審査を通過した本会員の家族が利用できる「家族カード」を発行してもらうことができます。

キャンペーンで初年度無料になる事も

アメックスカードは、年会費が高額なイメージがありますが、入会特典として初年度の年会費が無料になるキャンペーンを実施していることがあります。さらに、その後の買い物金額に応じて、Amazonのギフト券やポイントがもらえるといった特典が付くこともあります。入会を検討する際には、ぜひ最新のキャンペーン情報をチェックしてみてください。 アメックスの入会キャンペーンについては、下記記事も参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/5930”]

アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスカードのプロパーカードには、「アメリカン・エキスプレス・カード」「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」の4種類があります。「アメリカン・エキスプレス・カード」はアメックスの一般カードで、通称「グリーンカード」と呼ばれています。 このグリーンカードの年会費は12,000円+税で、家族カードの年会費は6,000円+税です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

ゴールドカードの年会費は29,000円+税で、家族カードの年会費は12,000円+税です。ただし、家族カード1枚目の年会費は無料になります。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

プラチナカードの年会費は130,000円+税ですが、家族カードは4枚まで無料で発行できます。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

センチュリオンカードは、アメリカン・エキスプレスが発行する最上級のクレジットカードで、通称ブラックカードと呼ばれています。このカードの年会費は350,000円+税で、さらに初年度は入会金として540,000円がかかります。家族カードは無料で、配偶者はブラックカード、その他の家族にはプラチナカードもしくはゴールドカードが発行されます。 アメックスカードの種類については、下記記事も参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/9883”]

アメックスカードの特典内容とは?

アメックスカードは、他社カードに比べて高い年会費が気になりがちですが、年会費相応の様々なサービスや特典があります。カードのステータスによって違いはありますが、ここでは、各アメックスカードに共通するサービスや特典を紹介します。

会員サービス

チケットのインターネット販売を手掛ける「イープラス」と提携した各種チケットの優先予約や、世界中から厳選された400以上のレストランでの飲食代20%オフ、ボトルワインプレゼントなどの優待を受けることができるサービスなどがあります。他にも便利なサービスが豊富にそろっており、この充実したサービスや特典がアメックスカードの特徴です。

トラベル・サービス

ホテルや航空券、レンタカーなどのオンライン予約ができる会員専用旅行サイトが利用できるほか、「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」に電話するだけで簡単に旅行の手配をすることができます。空港のラウンジを無料で利用できるサービスや手荷物を無料で宅配してくれるサービスもあり、旅行に関するサービスがとくに充実しています。

旅行傷害保険

旅行の際、航空券やパッケージツアーなどをアメックスカードで支払えば旅行傷害保険が自動的に付帯されるサービスです。

プロテクション・サービス

インターネット上での不正使用による損害を全額保証してくれる「オンライン・プロテクション」や、カードで購入したほとんどの商品で破損や盗難などの損害を補償してくれる「ショッピング・プロテクション」があります。 さらに、カードで購入した商品の返品が受け付けられなかった場合に、購入金額を払い戻ししてくれる「リターン・プロテクション」もあるため、これら3つのプロテクションサービスがあることで安心して買い物をすることができます。

引き落としタイミングや分割とは?

アメックス年会費は初月に引き落とし

年会費は、初月のカード利用金額と合わせて請求され、次の支払い日に一括で引き落としが行われます。基本的に締め日は毎月19日、支払日は翌月10日ですが、これは利用する金融機関によって異なりますので、入会時に確認が必要です。 アメックスの引き落とし日や締め日については、下記記事も参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/591”]

アメックスの年会費は分割払い不可

年会費の支払いは、分割払いや貯まったポイントでの支払いはできません。また、年会費の支払い分はポイント付与対象外なのでご注意ください。

解約する時、年会費は返金される?

年会費は月割で返金される

カードを解約する場合は、年会費は月割りで返金されます。例えば年会費を支払って1カ月で解約したとしても、11カ月分は返金されるので損をすることはありません。年会費の返金については、解約手続きの際に電話で確認すると安心です。

アメックスを年会費無料にする裏ワザ

セゾンアメックスカードを持つ

アメックスのプロパーカードの年会費が高額であることは説明しましたが、セゾンとの提携カードであれば年会費が比較的安く、初年度無料のものもあります。ここでは、セゾンアメックスカードについて説明します。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費は初年度無料、2年目以降は1,000円+税ですが、これは年に1回以上カードを利用していれば無料になります。ただし、このカードには、ショッピング保険や、旅行傷害保険の自動付帯サービスがありませんのでご注意ください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費は初年度無料、2年目以降は3,000円+税ですが、26歳までは年会費が無料になる「U25応援キャンペーン」(2017年現在)が実施されている。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費は初年度無料、2年目以降は10,000円+税です。なお、セゾンゴールドのさらに上となる、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費は20,000円+税ですが、年間2,000,000円以上の利用で次年度の年会費が半額になります。

タカシマヤセゾンカードを持つ

普段よく高島屋で買い物をする方であれば、タカシマヤセゾンカードがおすすめです。年会費は永久無料で、高島屋での買い物は100円につき2ポイント貯まります。ETCカードも無料で申し込みできて便利です。詳しくはセゾンカードの公式ウェブサイトをご覧ください。

ウォルマートカードセゾンを持つ

西友やリヴィン、サニー、SEIYUドットコムでの買い物をする方であれば、ウォルマートカードセゾンがおすすめです。年会費が永久無料であることはもちろん、家族カードが発行でき、家族カードの年会費も無料で持つことができるのも特長です。ETCカードも発行することができます。 西友やリヴィン、サニー、SEIYUドットコムでの買い物で3%オフ(3%オフ利用時は永久不滅ポイントは対象外)となり、さらに毎月5日・20日は5%オフとなります。5日と20日は5%オフになる上、永久不滅ポイントも対象となるためお得です。詳しくはセゾンカードの公式ウェブサイトをご覧ください。

出光カードまいどプラスを持つ

出光カードまいどプラスも、年会費は永久無料です。出光SSで給油をする方であれば、支払時に同カードを利用することでガソリンや軽油が1リットルあたり2円引き、灯油が1リットルあたり1円引きになります。さらに、ウェブ明細を選択することで毎年5月は値引き率がアップ。毎年4月11日~5月10日までの利用分が、「エコねびき」適用で1リットルあたり3円引きになります。 詳しくは出光の公式ウェブサイトをご覧ください。

まとめ

年会費は高額ですが、充実したサービスや特典が付帯されたアメックスのプロパーカード、比較的低額な年会費で入会できるアメックスの提携カード、自分のライフスタイルに合ったカードを選んでお得にクレジットカードを利用しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。