UCSカードでのポイントの交換方法とお得な使い方

節約をする方法はいくつかありますが、「クレジットカードを利用する」というやり方でも節約に結びつく可能性があることをご存じでしょうか。クレジットカードは、賢く使うことで同じ物を現金で購入するよりお得になるケースがあるのです。中でも、UCSカードは節約に繋がるさまざまな機能が用意されているため解説していきます。

UCSカードはアピタ・ピアゴでお得に使える!

UCSカードは、アピタやピアゴでお得な買い物ができるカードです。 衣料品や食料品など、暮らしに密着しているようなものが、UCSカードで5%オフで購入できます。お得になる日をチェックして、忘れないように手帳やカレンダーにメモしておくのがおすすめ。

こんなにあります、5%オフのチャンス

アピタやピアゴで毎月19日・20日にUCSカードを利用して買い物をすると、総額から5%オフとなります。また、アピタネットスーパーでUCSカードを利用し、第2・第4金曜日の配達分において買い物した場合でも5%オフとなります。

宇佐美鉱油直営のガソリンスタンドでもお得に使える!

ガソリンが2円/Lの割引に

車を持っている方であれば、宇佐美鉱油直営のガソリンスタンドで給油をしてUCSカードで支払うことで、1Lあたり2円の割引になります。さらに、灯油もガソリンと同様に1Lあたり2円の割引です。 また、タイヤやオイルなどといった商品も5%オフで購入可能です。車を持っていてUCSカードを利用している方は、インターネットなどで宇佐美鉱油直営のガソリンスタンドが近くにないか、ぜひ探してみてください。

UCSカードのポイント還元率とお得な貯め方

クレジットカードを選ぶときや、普段クレジットカードを利用しているときなど、買い物の金額に応じたポイントの還元率が気になる方は多いのではないでしょうか。 UCSカードでも「Uポイント」と呼ばれるポイントによって、買い物金額の一部が還元されます。Uポイントは、1,000点ごとに1,000円の商品券などと交換が可能です。Uポイントはどのような形で還元されるのか、仕組みを説明します。

UCSカードのポイント還元率は0.5%

UCSカードで買い物をすると、購入金額200円ごとに1点が還元されます。つまり、還元率は0.5%ということです。 毎日のショッピング以外に、公共料金の支払い・インターネットショッピングでも同様に、購入金額の0.5%が還元されます。普段どの程度の支出をしているのかをチェックして、還元率が0,5%とはどのくらいの金額になるのか計算してみてはいかがでしょうか。 場合によっては、Uポイントを賢く貯めることで月々の生活費を節約できる可能性もあります。

毎週土日はポイント2倍(アピタ・ピアゴ各店の直営売場など)

基本的には、200円につき1円・還元率0.5%であるUポイント。しかし、実は還元率1%である100円で1点にする方法があります。 アピタとピアゴ各店の直営売場で、毎週土日に買い物をすると、還元されるUポイントは2倍です。前述した通り、アピタやピアゴでUCSカードを利用すると、金曜日は5%オフで買い物ができ、さらに土日は付与されるUポイントが2倍になります。 週末にアピタやピアゴで買い物をする際は、UCSカードを忘れずに財布の中に入れておくことで、お得に買い物ができるでしょう。

UCSカードポイントは有効期限切れに注意!

UCSカードのポイントには、実は有効期限があります。Uポイントの有効期限は最長で2年となっているのですが、「最長2年」という期間について注意が必要です。 UCSカードでは、Uポイントの集計期間を「当年3月から翌年2月までの請求分」と定め、この1年間に貯まったポイントの有効期限が「翌々年の2月17日まで」となっています。 例えば、2017年の3月からUCSカードでUポイントを貯め始めたとします。 2017年3月から翌2018年2月までに貯まったUポイントの合計数は、2019年2月17日まで利用可能となります。つまり、2017年3月に付与されたポイントは2年後の2019年2月17日まで利用可能ですが、2018年の2月に付与されたポイントも2019年2月17日までが有効期限ですので、付与された時期によっては有効期限が1年程度となってしまうケースもあるのです。 なお、ポイントの有効期限は利用明細やインターネットで確認することが可能です。こまめにチェックして、せっかく貯まったポイントを無駄にしないよう注意してください。

UCSカードポイントの交換・ベストタイミングとは

Uポイントは、1,000点以上1,000円単位で、商品券・図書カード・ギフトカード・JMBマイルなどに交換が可能です。「1,000点以上、1,000円単位」という点を意識しておくと「有効期限が切れて、せっかく貯まったポイントを失ってしまった」などという事態を回避できるのではないでしょうか。 利用明細やインターネットなどで、Uポイントを何点持っているのかこまめに確認しておくことがおすすめです。そして、例えば1,000点貯まったらすぐに商品券などと交換するようにすることで、ポイントを無駄にしないでしょう。 UCSカードについては下記の記事も参考にしてみてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/60“]

まとめ

UCSカードを利用することで、普段の買い物がお得になったりUポイントが貯まったりするメリットがあります。場合によっては、うまくポイント交換をしていくことで、現金のみで買い物をするよりも節約が可能となるでしょう。UCSカードを利用して、日々の暮らしを賢く節約することを検討してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。