楽天カードでApple Payのメリット!Suicaチャージにも

楽天カードをApple Payに登録することで、電子マネーである「QUICPay」と「suica」が利用可能です。支払いがスムーズになるだけでなく楽天ポイントも貯まります。そこで、楽天カードをApple Payに登録する手順・Apple Payが使える店舗・楽天Visaカードの注意点について紹介します。

Apple Payへの登録手順

楽天カードをApple Payに登録する方法は、楽天カードアプリから行う方法とWalletアプリで登録する方法の2種類があります。

楽天カードアプリからSMS認証

楽天カードアプリの「その他」から「Apple Payをはじめる」をタップします。 「アップルペイ設定」をタップし「ワンタイムパスワードを送信する」をタップすると、e-NAVIに登録しているメールアドレスにパスワードが届きます。パスワードを入力して認証し、セキュリティコードを入力してください。 続いてApple Walletの設定ですが、「Apple Payにカードを追加」と表示されるので「利用規約に同意」をタップすることでカードの設定は完了です。これで楽天カードがApple Payで利用できます。

Walletアプリでカードを追加

ホーム画面から「Wallet」アプリを起動して、上部にある「+」のアイコンをタップします。 カードの種類を選択する画面から「クレジット/プリペイドカード」を選択すると、カメラが立ちあがるので、枠内に楽天カードを収めてカメラで情報を読み取ってください。読み取られた情報を確認し、有効期限とセキュリティコードを入力します。最後に利用条件の同意をしてカードの登録が完了です。 続いて認証方法の選択をします。SMSか、もしくは楽天カードへの電話のどちらかで、認証コードを確認して入力することでアクティベート完了です。これで楽天カードがApple Payで利用可能になります。

Apple Payが使える店舗は?

Apple Payが利用できるのはiD・QUICPay・suicaの加盟店です。コンビニやガソリンスタンド、家電量販店など、利用できない店舗を探す方が難しいほど多くのお店で利用することができます。詳しくは、加盟店一覧が掲載されているウェブサイトをご覧ください。 カード会社によって利用できる電子マネーがそれぞれ設定されていますが、楽天カードで利用できる電子マネーはQUICPayとsuicaです。

QUICPay加盟店で使える

QUICPayは、よほど小さな個人店でなければ、ほとんどのお店が加盟していると言ってもいいでしょう。コンビニやスーパーなどさまざまな店舗で利用できます。QUICPay加盟店リスト(ウェブサイト)をご覧ください。

Apple Pay対応ネット店舗

「yahooショッピング」「じゃらん」「BASE」「minne」などのアプリや、Safariでの買い物でApple Payでの支払いが利用可能です。クレジットカード情報の漏えいなどで不安を感じているという方にも、Apple Payであればカード情報は利用店舗に送信されないため、安心して決済できるのではないでしょうか。

楽天ポイントも貯まる

Apple Payでの支払いでも、楽天ポイントが貯まります。還元率は通常利用と同じ1%です。ただし、楽天ポイントが2倍・3倍になる加盟店でも、Apple Pay利用の場合は1%のままなのでご注意ください。

楽天カードからsuicaチャージも

Apple Payでsuicaを登録してチャージをする時は、Walletアプリからチャージする方法とsuicaアプリをインストールしてチャージする方法があります。 Walletアプリはsuicaの最小限の機能のみになり、例えばオートチャージやSuicaグリーン券などは利用できません。オートチャージやグリーン券などを利用したい場合は、Suicaアプリを利用するようにしてください。

suicaチャージの方法

  1. WalletアプリからチャージWalletアプリを起動してsuicaを選択します。画面下の「i」のマークをタップし「チャージ」を選択。チャージ金額を入力し、Apple Payに登録しているクレジットカードを選択して支払うと、チャージが完了します。
  2. suicaアプリからチャージsuicaアプリを起動し「入金(チャージ)金額を選ぶ」をタップして、チャージする金額を選びます。suicaアプリで登録したクレジットカードか、Apple Payで登録しているクレジットカードかを選んで支払うと、チャージが完了します。

suicaチャージの注意点

2017年11月から、楽天カードでのsuicaへのチャージはポイント付与対象外になりました。suicaチャージは可能ですが、ポイントが目的の場合はビューカードなど、ポイントが付与されるカードを選択することが必要です。

楽天Visaカードの注意点

楽天カードだけではありませんが、Visaカードの場合はApple Payでの利用に制限があるので注意してください。Visaカードでできることは、QUICPayの店舗での利用と、suicaアプリからのチャージです。

Web・アプリ決済は使えない

店舗でのQUICPayの利用は問題なく利用できますが、Apple Payでのオンラインでの決済には、Visaカードを利用することは不可となっています。

チャージはSuicaアプリから

suicaのチャージに関して、Apple PayではVisaが利用できないので、suicaアプリにVisaカードを登録してsuicaアプリからチャージするという一択です。

まとめ

楽天カードをApple Payで利用するメリットについて見てきました。suicaのチャージにポイントが付かなくなってしまいましたが、QUICPayやアプリでの決済に利用することでスマートに支払することが可能です。さらに楽天ポイントも貯まるので、普段の買い物に利用できそうという方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。