アメックスの審査は何をチェックされている?審査時間や否決の原因も

アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックスカード)はステータスの高いカードとして知られており、サービスや特典も充実しているため、一度は持ってみたいと憧れる方も多いことでしょう。そこで、アメックスカードを作る際の審査についてまとめましたので、これからアメックスカードを作りたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

アメックスの審査はどこを見る?

まずアメックスの申し込み条件を確認

アメックスカードの申し込みは「20歳以上」かつ「定職があること」が条件です。パートやアルバイトの方は申し込みができません。その他の審査の基準については明確に公表されていませんが、過去の事例から、アメックスカードの審査において重要だと考えられる要素を紹介します。

年収や職業の要素が大きい

一般的なクレジットカードの審査では、定期的な収入があること・安定した職業であること・これまでにクレジットカードの支払遅延がないこと・債務整理を経験したことがないことの4項目が重要とされています。 しかし、アメックスカードの審査においては、上記4項目以外に「勤続年数」が重要な判断要素となっています。勤続年数が3年未満の場合は審査の通過は難しく、3年以上の場合は審査を通過する確率が上がるのです。 また、一般カードであるグリーンカードに比べると、ゴールドカードの方が審査は厳しいです。グリーンカードとゴールドカードの審査基準の違いは「年収」の部分が大きく、さらに、勤めている企業が上場しているかどうか・公務員や士業であるかどうかなども大きく影響します。 ただし「年収〇〇万円以上」というはっきりした基準は公表されていませんので、初めてアメックスカードを作る際に不安な場合は、まずはグリーンカードから始めてみることがおすすめです。

CIC等の信用情報

クレジットカード会社は、カードを新規申し込みする際の審査や、会員に対する与信を適正に判断するために「個人信用情報機関」に加盟しています。個人信用情報機関には、個人の信用情報(属性、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容、返済・支払状況、利用残高など)が登録されているのです。
個人信用情報機関と呼ばれる会社には、CIC(株式会社シー・アイ・シー)・JICC(株式会社日本信用情報機構・全国銀行個人信用情報センター(全銀協)の3つがあり、クレジットカード会社はいずれかに加盟しています。カードの新規申し込みがあった際、カード会社は個人信用情報機関から申込者の情報の提供を受けたのち、審査に入ります。 通常、上記3つの個人信用情報機関は、それぞれで情報を収集・管理しているのですが、クレジットカードの延滞情報・多重申し込み・債務整理などブラック情報に関しては機関同士で共有できるのです。 ただ、アメックスカードは上記3つの個人信用情報機関すべてを参照しますので、他カード会社に比べると審査や与信判断にさらに慎重であると言えるでしょう。

アメックスの審査にかかる時間

アメックスの審査は遅い?

審査には通常10日程度かかります。会員の元にカードが届くのは、申し込みから2~3週間後になりますので、余裕を持ったスケジュールで申し込みしてください。

急ぎの場合はお問い合わせ窓口へ

どうしても急ぎでカードを発行してほしいという場合には、お問い合わせ窓口に電話で連絡してみましょう。可能な限りで、審査を急いでくれる可能性があります。

本人確認書類の提出はアップロード

クレジットカード申し込み時には、本人確認書類の提出が義務付けられています。アメックスカードの場合は、以下の公的証明書類の中からいずれか1つの提出が必要です。
      1. 運転免許証
      2. 写真付き住民基本台帳カード
      3. マイナンバーカード
      4. 特別永住者証明書
      5. 在留カード
      6. パスポート
      7. 各種健康保険証
      8. 住民票の写し
提出の方法は、専用ウェブサイトへのアップロード・FAX・郵送の3つがありますが、カード発行までの時間を短縮するには、専用ウェブサイトへのアップロードがおすすめです。事前に本人確認書類の画像データを準備しておくと、手続きがスムーズに行えます。

アメックスの審査で否決!原因は?

信用情報に問題がある

審査に通らなかった原因として、過去の支払い延滞や債務整理などのブラック情報が、個人信用情報に登録されていることが考えられるでしょう。 上述したように、ブラック情報は個人信用情報機関が共有している情報であり、最低でも5年間は登録されるため、登録されている期間内は新しくクレジットカードを作ることが難しい可能性があります。

年収に見合っていない

アメックスカードは独自の審査基準を持っており、特に年収や勤続年数が重要視される傾向があります。信用情報に思い当たる節が無いにもかかわらず審査が通らなかった場合、「年収が見合っていない」という理由で否決に至った可能性があるのです。

再審査は可能?

アメックスカードの場合、一度審査で否決されても、3カ月経てば再審査が可能です。 ただし、アメックスカードに限らず短期間の間に複数のクレジットカードの申し込みをすると「多重申し込み」と判断され、審査に通らない可能性が高くなってしまいますので注意しましょう。

アメックスの審査がゆるい理由は?

アメックスカードは独自の審査を行っているため、審査基準が不明確です。過去に破産などの金融事故があっても、現在の属性に問題がなければ、まれにカード発行に至る場合があります。 過去に金融事故があったとしても発行できるというような、独自の審査基準が「アメックスの審査がゆるい」と言われている理由ですが、逆に高属性の人だとしても、アメックスが認める属性に合っていなければ審査に落ちる場合もありますのでご注意ください。

まとめ

アメックスカードは比較的ステータスの高いクレジットカードですので、審査が厳しいというイメージを持っている方も少なくないでしょう。 しかし、一般的なクレジットカードの審査と同様に、安定した職業・収入があり、過去の信用情報に問題がなければ、それほど厳しい基準ではありません。審査に通りやすくするためには、勤続年数を増やすことや、クレジットカードの利用履歴を良好なものにしておくことなどが重要です。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。