楽天カードの繰り上げ返済を徹底解説!キャッシングの早期返済も可能



楽天カードを利用した場合、残りの支払い分を繰り上げ返済することが可能です。繰り上げ返済することで限度額の回復や、分割払いやリボ払いの場合は手数料が減らせる、などのメリットがあります。そこで、繰り上げ返済のメリットと手続き方法、注意点について紹介します。

繰り上げ返済のメリット

クレジットカードを利用していると、「まとまったお金が手に入った」「今はお金があるけれど、使ってしまう恐れがあるので早く返済したい」「限度額を回復させたい」など、さまざまな理由で繰り上げ返済をしたい場面が出てくるかもしれません。分割払いやリボルビング払いでそのまま支払っていくことに比べ、繰り上げ返済によるメリットはいくつかあります。

支払う利息を減らせる

分割払いやリボ払いに設定していた支払いをまとめて繰り上げ返済することで、今後かかる予定だった利息や手数料を減らすことができます。特にリボ払いは、利用金額が増えるほど手数料も増えていくものです。なるべく早めに返済していき、手数料を減らしていくという意識を持っておくことがおすすめです。 楽天カードの分割払いやリボ払いに関しては、こちらの記事をご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/6024”]

限度額が回復する

利用額がクレジットカードの利用限度額に達してしまうと、クレジットカードが利用できなくなってしまいます。利用できない期間は他のクレジットカードを利用するか、もしくは現金や電子マネーでの支払いのみになります。しかし、支払日よりも早く返済することで、支払った分の限度額を回復させることができ、再び楽天カードを利用することが可能です。

キャッシングの早期返済にも

分割払いやリボ払い同様、キャッシング利用分も早期返済することで利息が減り、限度額を回復させることが可能です。ショッピングでの分割払いやリボ払いに比べ、キャッシングは金利が高いので、リボ払いに設定している場合はなるべく早く支払ってしまったほうが大きなメリットになるでしょう。 楽天カードのキャッシングついて詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。 [blogcard url=”https://cktt.jp/1188”]

海外キャッシングは基本的に一括返済

海外のATMから現地の通貨を引き出せて便利なのが海外キャッシングですが、楽天カードでも海外キャッシングを利用することができます。楽天カードの海外キャッシングは、基本的に1回払いの返済方法となりますが、リボルビング払い希望であれば、後からリボルビング払いに変更することが可能です。 ただし、1回払い選択の後、リボルビング払いに変更した場合、もとの支払い方法(1回払い)に戻すことはできないためご注意ください。

一括返済と一部返済の手続き方法


カードの利用残高を一括で支払う場合、分割払いの一部のみ支払う場合、リボ払いをまとめて支払う場合の3パターンでは、それぞれ方法が異なります。リボ払いのおまとめ払いのみオンラインで手続きできますが、その他は電話での手続きが必要です。

分割払いの一括返済方法

利用残高を一括(全額)返済したい場合は、自動音声専用ダイヤルで手続きできます。手続き可能な期間は、前回の引き落とし結果反映後、翌月9日の14時45分まで(土日祝の場合は前営業日)です。いつまでに振り込みするのかを伝え、その日までに振り込みをすることで限度額に反映されます。自動音声専用ダイヤルの電話番号は下記の通りです。
  • フリーダイヤル 0120-30-6910(24時間・年中無休)
  • フリーダイヤルが利用できない場合 092-474-9255(有料)
音声案内に従って、【4】支払い関連→【1】ご利用残高の一括(全額)お支払いの順番で番号をプッシュしてください。なお、9日を過ぎてしまうと自動音声での対応ができないため、楽天カードコンタクトセンターに電話をするようにしましょう。
  • コンタクトセンター 0570-66-6910(有料・営業時間9:30~17:30)
  • 上の番号が利用できない場合 092-474-6287(有料・営業時間9:30~17:30)
なお、楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカード会員の方は、カード裏面の楽天プレミアムカードデスクへの連絡が必要です。営業時間は9:30~17:30です。 楽天プレミアムカードについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/419”]

分割払いの一部返済手続方法

分割払いの一部を繰り上げ返済する場合は、自動音声での対応ができないので、楽天カードコンタクトセンターに問い合わせてください。毎月のように限度額に達してしまうほど利用している場合は、限度額を上げて対応することも可能です。ただし、限度額を上げるには審査に通ることが前提ですのでご注意ください。 また、旅行や行事のために一時的に限度額を上げることも可能です。限度額を上げたい場合は、会員サイト「楽天e-NAVI」から申請することができます。
  • コンタクトセンター 0570-66-6910(有料・営業時間9:30~17:30)
  • 上の番号が利用できない場合 092-474-6287(有料・営業時間9:30~17:30)
一部返済に関しても、楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカード会員の方は、カード裏面の楽天プレミアムカードデスク(営業時間9:30~17:30)への連絡が必要です。 楽天カードのコンタクトセンターについては、こちらの記事をご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/5582”]

リボ残高のおまとめ払いの方法

リボ残高をまとめて支払う場合も「楽天e-NAVI」からオンラインで手続き可能です。リボ払い分は一括で支払うことも、金額指定で支払うことも設定できますが、日時の指定はできず次回のカード支払日に引き落としです。限度額の回復は、支払日に引き落としが反映されてからになります。

楽天カード 繰り上げ返済の注意点

早期返済は指定口座への振込のみ

早期返済の場合は、引き落とし口座からの引き落としはできません。繰り上げ返済の申し込み時に振込先の口座を教えてもらえるため、伝えられた口座に振り込みしてください。振込先口座への振込手数料がかかる場合、返済者側で負担する必要があります。

リボ払い分は早期完済手数料が発生

リボ払いをまとめ払いすると、今後かかる予定だった手数料は差し引かれますが、代わりに「早期完済手数料」が発生します。今後かかる予定だった手数料に対して約10%が加算されるため、手数料がかかるとはいえ早期完済する方が負担は減るでしょう。ただし、早期返済手数料に加え、上述の振込手数料も負担することになるためご注意ください。

先払いしても限度額には反映されない

利用限度額を回復させることが目的で繰り上げ返済を行う場合、翌月以降の分割払いを繰り越し返済しても、限度額に反映されません。まずは、確定している当月分の請求分を先に支払う必要があります。 当月分の請求を先に支払う際には、限度額を回復させることが目的であることを先にオペレーターに伝えるようにしましょう。

まとめ

楽天カードの繰り上げ返済は、リボ払いや分割払いには一度の支払い額を小さくできて便利ですが、支払いが長期になればなるほど手数料や金利がかかります。可能であればなるべく早く返済して、手数料や金利を抑えることがおすすめです。「手数料のことを考えずにリボ払いで先延ばししていたら、とんでもない額の手数料が発生していた」ということにならないよう気を付けてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。