エポスカードの口座変更の方法は?どのくらいで反映される?

高い還元率に加え、多くのお店の優待特典が利用できるのがエポスカードです。お得に使えるカードとして所持している人も多いのではないでしょうか。ただ、職場が変更して振込先が変わったり、今まで引き落としで使っていた口座が利用できなくなったりする場合、口座変更が必要です。エポスカードでの口座変更をまとめました。

エポスカードの締め日や支払日はいつ?

エポスカードで口座引き落としを選択する場合、変更のタイミングで確認しておきたいのがクレジットカードの締め日と支払日です。 口座引き落としならば、27日締め翌27日払い、または4日締め翌4日払いのどちらかになります。締め日と支払日がちょうど1カ月のため、わかりやすいのが特徴です。 口座引き落としは2つの支払い日からの選択ですが、窓口に持参して支払いをする場合は、6つの支払い日から選択することができます。 なお、支払いに遅れてしまった場合の対処法については、こちらの記事をご覧ください。

電話?ネット?口座変更の手順

エポスカードの口座変更は、インターネット・郵送・マルイ各店カードセンター窓口のいずれかで手続きできます。電話では口座変更できませんのでご注意ください。

インターネット上で口座変更をする

パソコンまたはスマートフォンから「口座振替Net手続きサービス」にアクセスして、口座変更手続きを行います。口座変更先として指定できるのは、ネット銀行や都市銀行など、基本的にインターネットバンキングやモバイルバイキングが利用できる銀行口座となっています。 利用できる口座が限られているので、事前に使用できる口座か確認してから口座変更の手続きを行いましょう。インターネット上で変更できるのは、カード名義人と口座名義人が同一の場合のみです。 なお、エポスNetにログインできない場合は、こちらの記事をご覧ください。

郵送で口座変更をする

「エポスNetマイページ」から、預金口座振替依頼書を印刷したものに必要事項を記入して郵送します。

マルイ各店カードセンターで口座変更する

インターネットと郵送以外であれば、マルイ各店のカードセンター窓口で口座変更が可能です。キャッシュカードとエポスカード、そして金融機関の届け印が必要なので用意しておきましょう。

エポスカードの口座変更が反映されるのはいつ?

エポスカードの口座変更が反映されるのは、インターネットの手続きと郵送とでは異なります。 インターネットで口座変更手続きをした場合は、27日払いであれば14日まで、4日払いであれば前月22日までの口座変更手続きが必要です。期日を超えた場合は、翌月から口座変更が反映されます。 なお、郵送の場合はエポスカードの本社に書類が到着するまで時間がかかるため、反映されるまで1~1カ月半ほどみておきましょう。

エポスカードは配偶者名義でも大丈夫?

専業主婦などで収入がない場合、配偶者名義の口座に変更できれば払い忘れの心配もなく安心です。ただ、以前はエポスカードも配偶者名義の口座に変更できていましたが、現在は自分以外の名義の口座に変更することができません。 そのため、どうしても配偶者名義の口座から引き落としたい場合は、配偶者が所持しているクレジットカードで家族カードを作ることがおすすめです。エポスカードを利用したい場合は、配偶者名義のエポスカードを作成しましょう。 もし配偶者名義ではなく自分名義のエポスカード持ちたい場合は、例えば、自分名義だけれども家族共有している銀行口座を口座引き落とし先として指定する、など工夫してみることがおすすめです。

利用するならゆうちょ銀行ATMがおすすめ

一部の銀行口座を除き、エポスカードではほとんどの銀行口座をが指定できます。インターネット上で口座変更手続きする場合は、指定できる銀行が限られてきますが、郵送や窓口であれば基本的な銀行口座への変更は可能です。 キャッシング機能を初めて利用する場合は、銀行ATMがおすすめです。ゆうちょ銀行ATMで初めてエポスカードでキャッシング利用をした場合、最大30日「金利0円」で利用することができます。 クレジットカードのキャッシングは年率15~18%であることが多いので、短期のキャッシングをしたい場合は便利でしょう。銀行引き落とし口座がゆうちょ銀行かつゆうちょ銀行ATMを利用する機会が多い方は、キャッシング利用の際もゆうちょ銀行ATMを使うことがおすすめです。 期間限定のお得な年率以外にも、リボ払いに限り千円単位での返済がいつでも可能・ATM手数料は利用と返済が無料というのも良いポイントです。ゆうちょ銀行ATMなら当日から返済ができるので、返済する見込みはすぐにあるものの急にお金が必要な場合は、ゆうちょATMを活用してのキャッシングがおすすめです。

まとめ

エポスカードの口座変更の方法には、インターネット・郵送・窓口の3つがありますが、反映の速さや手続きの便利さを考えるとインターネットがおすすめです。ただし、インターネット上で手続きする場合は通常よりも変更できる銀行口座が絞られるので、事前に確認してから手続きを進めましょう。 エポスカードについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。