アメックス解約で引きとめられる?タイミングや注意点を解説!

アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックスカード)は、ステータスが高くサービスや特典が充実しているため、とても人気の高いクレジットカードです。しかし、年会費が他のクレジットカードに比べて高額なため、解約を考える方も少なくありません。今回は、アメックスカードの解約の方法や解約におすすめのタイミング、解約する時の注意点などについてまとめました。ぜひ参考にしてください。

アメックスの解約方法

アメックスカードの解約方法は、公式ページには記載されていません。下記の流れに沿って進めてください。

お問い合わせ窓口に電話する

まずは、利用中のカードを手元に準備し、裏面の「問い合わせ電話番号」に電話をします。 問い合わせデスクの営業時間は平日の9:00~17:00で、携帯電話からフリーダイヤルに発信できない場合は03から始まる番号にかけてください。また、一般カードとゴールドカードでは「問い合わせ電話番号」が異なりますのでご注意ください。

ガイダンスにしたがって操作

次に自動音声ガイダンスにしたがって、音声案内の言語やクレジットカード番号、クレジットカード番号の右上に印字されている4桁の数字などをプッシュしてください。 さらに「解約の相談手続き」に該当する番号と、解約したいカードは「本人カード」か「家族カード」かについて該当する番号をプッシュし次に進みます。本人カードも家族カードもすべて解約したい場合は、「本人カード」を選択しましょう。

自動解約とオペレーター対応が選べる

ここで、自動音声による自動解約手続きをするか、オペレーターと相談をしながら手続きを進めるか選択をすることができます。
解約するかどうか、オペレーターに相談しながら決めたいという方はオペレーターとの解約相談を、解約する意志が固まっているので引き止められるのが面倒だという方は自動解約手続きを選択するとスムーズに手続きが進められます。 自動音声による解約手続きを選択した場合は、この後、貯まったポイントがどのようになるかなどの注意事項が流れますのでよく確認するようにしてください。最後に、本当にカードを解約するかどうかの確認が行われ、カードの解約手続きが完了した旨がアナウンスされれば手続きは完了です。 また、オペレーターとの解約相談を選択した場合は、オペレーターに電話がつながったらカードを解約したい旨を伝え、その後はオペレーターの指示にしたがって話を進めていけば解約手続きは完了です。解約手続きが完了したら、そのカードは半分に切って処分しましょう。

オペレーターは土日は受付不可

オペレーターの対応は土日は不可です。平日の9:00~17:00の間に連絡するようにしましょう。オペレーターにつながるまでに時間がかかる会社もありますが、アメックスカードの場合は比較的短時間でオペレーターにつながります。

アメックス解約におすすめのタイミング

次年度年会費発生前に解約を

カードの解約を思い立ったら、最初に次年度の年会費の引き落としがいつなのかを確認しましょう。次年度の年会費を支払った後に解約をしてしまうと、高額な年会費が無駄になってしまうおそれがあります。アメックスカードの2年目以降の年会費は、初年度の年会費の請求月より1カ月早く請求されます。 カードに記載されている有効期限の「月」が2年目以降の年会費の請求月であると覚えておけば分かりやすいです。解約の手続きをする前に、年会費がいつ請求されるのかを確認し、損をしないように注意しましょう。 アメックスの年会費についてはこちらがおすすめです。 [blogcard url=”https://cktt.jp/1290”]

会費請求直後でも対応できることも

すでに年会費が請求された後であっても、引き落とし日までに10営業日程あれば、引き落としをストップしてくれる可能性があります。オペレーターに相談してみましょう。

アメックス解約時の注意点

ポイントは使用しておく

カードを解約すると、利用していないポイントは消滅してしまいます。 他のアメックスカードを持っていればそちらのポイントと合算することができますが、持っていない場合は解約をする前にサービスを利用してポイントを使い切っておきましょう。ポイント数やポイントの利用方法は、カード会員サービスにログインするかサポートデスクに電話をすれば確認することができます。 アメックスのポイントについてはこちらをご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/4409”]

引き止められる場合もある

オペレーターに解約を申し出た場合、その会員が高額利用者であれば、いくつかの特典を提示され引き止められる可能性があります。これはアメックスが公表しているものではありませんが、「次年度の年会費を無料にします」「ポイントを2倍にします」「○○ポイントサービスします」といった特典を提示されることがあります。

1年間は再入会ができない

カードを解約した場合、その後1年間は再入会が認められません。 解約から1年以上経ってから再入会する場合も、再度申込者の審査が行われます。以前アメックスカードを持っていた方でも、信用情報によっては審査を通過できないことがありますので、カードを解約する際には、本当に解約して良いのか慎重に考えてから手続きするようにしましょう。 アメックスの審査についてはこちらもご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/1027”]

まとめ

アメックスカードの解約はお問い合わせ窓口に連絡をすれば、簡単に手続きをすることができます。解約を思い立ったら、まず年会費の請求月がいつなのか、利用していないポイントが残っていないかを確認し、年会費やポイントが無駄にならないように気をつけましょう。 クレジットカードの検討・整理をされている方には、以下の記事もおすすめです。自分にピッタリとあった必要最小限のカードを選んでみてはいかがでしょうか? [blogcard url=”https://cktt.jp/7686”]

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。