リクルートカードの家族カードはお得!年会費無料で補償が厚い

リクルートカードはポイントが貯まりやすく人気のカードです。家族カードは年会費無料で作ることができ、旅行保険やショッピング保険などの補償もしっかり付帯します。ここでは、リクルートカードの家族カードにおける魅力・ポイントや請求の仕組み・nanacoカードとETCカードに加え、家族カードの申し込み方法について説明します。

リクルートカードの家族カードは年会費無料!ポイントも貯まりやすい

申し込みも無料!配偶者・親・高校生以上の子供もOK

家族カードは、本会員と同様に年会費無料で作ることができ、発行手数料などもかかりません。申込み資格は本会員の配偶者・親・高校生以上の子供です。利用額は全て本会員に集約されるので、家計の管理にも便利と言えるでしょう。 なお、本会員が学生や未成年の場合は家族カードを作ることが出来ませんのでご注意ください。

JCBなら8枚、VISA/Masterなら19枚まで作れる

家族カードの申込み枚数の限度は、JCBは8枚・VISA/Masterは19枚までになっています。一般的な家族構成であれば充分な枚数でしょう。 ただし、限度額が共有されますので、枚数が多ければ多いほどすぐに限度額に達してしまう可能性が高くなると言えます。

無料なのに補償が充実

リクルートカードの家族カードは、無料で作ることが出来ることに加え、旅行保険とショッピング保険が付帯します。 旅行保険は利用付帯で最大2,000万円の補償、ショッピング保険はカードで購入した商品を年間200万円まで補償という充実の内容になっています。旅行に行く時はリクルートカードを使う、という使い分けも良いでしょう。

限度額は共有なので使い過ぎを防げる

利用枠は本カードと家族カードで共有されます。みんなでシェアする形なので、家族の使いすぎを防げるというメリットもあります。また、限度額を共有することで、家族間でお金の話がしやすくなるでしょう。

本会員と同じ内容のサービスや特典が利用できる

初回利用特典や携帯電話料金決済特典といった、条件を満たすと得ることが出来るポイントなどは、家族カード会員も同様に得ることができ、本会員にまとめて付与されます。

家族カード使用分のポイントは家族カードにつく?

家族カード使用分のポイントは全て本会員に集約されます。ポイントや利用額の請求など全てまとめて本会員に請求されますので、例えば「家族に秘密で買い物をしたい」というようなことは難しいでしょう。

家族カードでnanacoカードへのチャージはできる?

リクルートカードは、nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まることに魅力を感じて利用している方も多いことでしょう。 しかし、家族カードの場合は本人認証サービスへの登録ができないため、クレジットチャージを行うことは難しいでしょう。nanacoへのクレジットチャージが出来るのは本カードのみです。 リクルートカードのnanacoチャージに関してはこちらをご覧ください。

家族カードでETCカードを作れる?

ETCカードはリクルートカード1枚につき1枚作ることができます。家族カードの場合も同様で、1枚につき1枚ずつETCカードを作ることが可能です。 リクルートカードの発行元がJCBの場合、年会費・発行手数料共に無料ですが、VISA/Masterの場合、年会費は無料ですが発行手数料として1枚につき1,000円(税抜)となりますのでご注意ください。複数枚のETCカードを作る予定のある方は、JCBを選ぶと無料で作れるためお得と言えるでしょう。 リクルートカードのETCカードについてはこちらがおすすめです。

リクルート家族カードの申し込み方法

家族カードの申し込みは、リクルートカードではなく発行元のJCBか三菱UFJニコスから申込みをします。

JCBカード

JCBのウェブサイトから、会員サイト「MyJCB」にログインして家族カードの申し込みをします。または、家族カード申し込み書を請求して郵送で手続きすることもできます。郵送に比べて、ウェブサイトでの手続きの方がスムーズでおすすめです。

VISA/Masterカード

三菱UFJニコスのウェブサイトから、MUFGカードWEBサービスにログインして申し込みをします。または、資料請求ダイヤルから電話口で申込書を請求することも可能です。 資料請求ダイヤル:0120-112-880・03-5489-3361 この際、カード番号16桁をプッシュして、メニュ―コード「4103」を入力します。約1週間後に郵送で申込書が届くので、返送し申込み完了になります。リクルートカードの家族カードは、年会費無料でポイントが貯まりやすいことや、補償も付帯するといったメリットが多いです。 なお、通常のリクルートカードの審査についてはこちらをご覧ください。

まとめ

家族で持ち、全員で一斉にポイントを貯めて使うといった使い方もおすすめです。さらに、限度額を共有することで家計の管理もしやすくなるでしょう。ぜひ家族全員でリクルートカードを活用してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。