アメックスの締め日は変更OK!確認方法と変更方法を完全ガイド!

アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックスカード)は、世界的に有名なクレジットカードで、他のクレジットカードとは違い、締め日や支払日をいくつかのパターンから選択することができます。今回は、アメックスカードの締め日や支払日についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

アメックスの締め日と引き落とし日

基本的にアメックスカードの締め日は19日引き落とし日は10日とされています。しかし、これは引き落としに利用する金融機関によって異なり、入会時に希望を伝えない限り金融機関によって決まった締め日、引き落とし日となります。金融機関によって選択できる日程が異なりますので、スムーズな支払いを行うために一度確認しておくと良いでしょう。

締め日と引き落とし日は選べるの?

締め日が3日・引き落としが21日

みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行となっています。

締め日が7日・引き落としが26日

みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行、三井住友銀行、福岡銀行となっています。 自分のクレジットカードの使い方や、給料の支払日などに合わせた締め日や引き落とし日が選択できる金融機関を引き落とし口座に登録することで、支払いを遅延することなく安心してカードを利用することができます。

締め日などにステータスは関係ない

アメックスカードには、一般カードの「グリーンカード」の他に「ゴールドカード」「プラチナカード」の上位ステージのカードがあります。上位ステージのカード会員は、会員ならではの優待や手厚いサービスを受けることができますが、カードのステータスによって締め日や引き落とし日が変わるということはありません。 どのステータスにおいても、引き落としの金融機関によって選択できる締め日や引き落とし日が変わります。一般カードからのステージアップを目指す方は、締め日や引き落とし日をしっかり把握しスムーズな支払いをすることが大切です。

締め日と引き落とし日が土日の場合

締め日が土日だと前倒しになる

締め日が土日祝に重なった場合は、基本的に前営業日に前倒しして締め切られます。ただし、加盟店の処理のタイミングや事務手続きの都合により、請求が翌月にずれる場合もありますので、正確な請求金額は明細書で確認するようにしましょう。

支払日が土日だと翌営業日に処理

支払日が土日祝に重なった場合は、翌営業日に引き落とされることになります。例えば、10日の支払日が土曜日の場合は、9日(金)に前倒しして引き落としされることはありません。

締め日と引き落とし日を確認する方法

オンライン明細書で確認できる

引き落とし日は、毎月の明細書で確認することができます。明細書には「オンライン明細書サービス」と「郵送の明細書」の2種類があり、カード入会時にどちらかを選択が必要です。どちらの明細書にも支払い期日が記載されており、カードが届いた時の台紙の上部にも記載されていますので、いずれかの方法で確認することができます。 「オンライン明細書サービス」は、支払い期日が21日の場合は毎月5日以降、26日の場合は毎月9日以降、10日の場合は毎月24日以降に確認できるようになります。 締め日は引き落とし日とセットになっているため、引き落とし日からも知ることができますが、正確に知りたい場合にはメンバーシップ・サービス・センターに電話して確認すると確実です。 オンライン明細については、こちらの記事もご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/5791“]

締め日と引き落とし日を変更する方法

金融機関の口座を変更すればOK

カード作成後に締め日や支払日を変更したい場合は、引き落とし口座を希望の締め日、支払日が選択可能な金融機関の口座に変更することで対応できます。 引き落とし口座の変更は、公式サイトから預金口座振替依頼書と専用封筒をプリントアウトし、必要事項を記入のうえ返送してください。変更が完了するまでには1~2ヶ月かかるので、余裕を持って手続きするようにしましょう。 変更が完了すると、明細書の金融機関欄に新しい口座名が記載されます。

引き落とし日の変更はまず相談を

もう1つの方法として、口座はそのままにして締め日や引き落とし日を変更するというやり方もあります。会社が変わって給与振込日が変更になった場合など、どうしても引き落とし日を変更してほしい時は相談してみてはいかがでしょうか。ただし、この方法は金融機関やカード会社の都合で変更できない場合もあるのでご注意ください。 こちらの記事ではアメックスカードを提携カードも含めて徹底解説しています。 [blogcard url=”https://cktt.jp/9883“]

まとめ

アメックスカードの引き落としは、主要な金融機関であればほとんどが利用できます。カードの作成後には比較的柔軟に対応可能で、自分に合った締め日と引き落とし日を調整することが可能となっています。給料の支払い日は人によって異なりますので、今回ご紹介した内容を参考に調整をしてみてはいかがでしょうか。 こちらの記事もぜひご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/5614”] [blogcard url=”https://cktt.jp/1027”]

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。