エポスカードの還元率は何%?電子マネーでもポイントが貯まる

クレジットカードを選ぶときは、なにを基準に選んでいますか?エポスカードに興味がある人向けに、エポスカードの還元率や特典についてわかりやすく解説していきます。是非、参考にしてみてください。

エポスカードの還元率が悪いって本当?

エポスカードのポイント還元率は0.5%

エポスカードをVisa加盟店、マルイ各店で利用した場合のポイント還元率は0.5%で、200円(税込)ごとに1ポイント(=1円相当)貯まります。これはエポスカードを「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」で利用した場合の還元率です。「3回以上の分割払い」「リボ払い」を利用した場合のポイント還元率は1%で、200円(税込)ごとに2ポイント(=2円相当)貯まります。

マルイのバーゲン「マルコとマルオの7日間」なら代金が10%オフ

「マルコとマルイの7日間」は、マルイが年に4回実施しているお得なバーゲンです。この期間中に、マルイかモディで買い物をしてエポスカードで支払うと、代金10%オフで購入することができます。マルイやモディを利用している人には嬉しいポイントです。

エポスカードの還元率は高い方ではない

他のクレジットカードと比べると、エポスカードのポイント還元率は高い方ではありません。しかし、エポスカードはネットショッピング、旅行予約、公共料金、家賃、電子マネーなど様々なシーンで活用でき、ポイントも貯まります。エポスカードには、他のカードにはないような様々な特典があるので、還元率だけで判断してはもったいないカードです。

ポイントはVisaプリペイドカードへのチャージがおすすめ

エポスカードに貯まったポイントをエポスVisaプリペイドカードへチャージすれば、国内外のVisa加盟店で利用できます。さらに、利用した金額の0.5%がキャッシュバックされます。エポスVisaプリペイドカードは、年会費無料で発行することができ、1ポイントから移行することができます。 また、貯まったポイントをエポスVisaプリペイドカードにチャージすると有効期限が無期限になります。そのほかにもVisaギフトカードやクオカードに交換することも可能です。

エポスカードは楽天edyやモバイルSuicaとの相性が良い

電子マネーにチャージするだけでエポスポイントが貯まる

電子マネーにチャージするだけで、1,000円につき5ポイントが貯まります。普段から電子マネーをよく利用する人は、チャージするだけでポイントがつくのでお得に利用できます。

使う際にもエポスポイントが貯まる

エポスポイントを使う際は、1精算200円につき1ポイント付与されます。楽天edyでポイントを貯めたい場合は、「Edyでポイント」の事前設定が必要なので注意しましょう。

エポスカードゴールド公共料金も選択可!指定のお店が還元率3倍

年会費5000円のエポスゴールドカードの場合、Visa加盟店のポイント還元率はエポスカードと同じです。しかし、マルイで利用した場合、「1回払い」「2回払い」「ボーナス払い」では200円(税込)ごとに2ポイント、「3回以上の分割払い」「リボ払い」では200円(税込)ごとに3ポイント貯まります。さらに、エポスゴールドカードにはポイントの有効期限がないので、知らないうちにポイントが失効していたということはありません。

インビテーションでカードを発行した場合は年会費無料

エポスゴールドカードは、通常年会費5,000円(年間50万円以上の利用で翌年以降永年無料)です。しかし、エポスカードをしばらく利用しているとカード会社からインビテーション(招待)を受けることがあります。インビテーションでエポスゴールドカードを発行すると年会費が無料になります。

「選べるポイントアップショップ」特典でポイント3倍

公共料金、大手スーパー、コンビニエンスストアなど300以上のショップから選択した3つのショップがポイント3倍となります。

たくさん使えばボーナスポイントがもらえる

年間利用金額が50万円を超えると、ボーナスポイントが2500ポイント付与されます。さらに、年間利用額が100万円の場合、ボーナスポイントが1万ポイント付与されます。

エポスカードプラチナポイント還元率は最大2.6%になることも

エポスプラチナカードのポイント還元率は、エポスゴールドカードと同じです。

インビテーションでカードを発行した場合は年会費2万円

通常年会費3万円(年間100万円以上の利用で翌年以降2万円)のプラチナカードですが、インビテーション(招待)を受けた場合は年会費2万円で作成することができます。

誕生月はポイント還元率が2倍

誕生月にカードを利用した場合、ボーナスポイントが付与され、実質的にポイント還元率が普段の2倍となります。

たくさん使えばボーナスポイントがもらえる

100万円を超えるとボーナスポイントが2万ポイント付与されます。最大で1500万円を超えると、ボーナスポイントが10万ポイント付与されます。年間100万円の利用で還元率2.6%に相当します。

ルミネカードとエポスカード、還元率が高いのはどっち?

ルミネカードの還元率は、VISA/Mastercard/JCB加盟店で利用した場合では0.5%、JR東日本でSuicaのチャージなどで利用した場合では1.5%です。

ルミネでの買い物はいつでも5%オフ

ルミネカードを利用すれば、ルミネでの買い物はいつでも5%オフとなります。また、年に数回開催されるキャンペーン時には10%オフとなります。

ルミネカードのポイント還元率は0.5%

ルミネカードでは、買い物1,000円ごとに2ポイント(5円相当)が付与され、還元率はエポスカードと同じ0.5%です。

JR東日本の切符や定期券、Suicaチャージの還元率は1.5%

JR東日本の切符や定期券、SuicaチャージなどのVIEWプラス対象商品では、1000円ごとに6ポイント(15円相当)が付与されます。これは、通常の3倍の還元率で、とってもお得です。

クレジットカードはよく利用する店舗や施設で選ぼう

通常の還元率はエポスカードと同じなので、ルミネをよく利用する人はルミネカードのほうが良いかもしれません。それぞれに様々な特典や提携している店舗・施設などがあるので、自分がよく利用するものを選びましょう。

まとめ

エポスカード、エポスゴールドカード、エポスプラチナカード、それぞれに様々な特典がありました。自分がどんなことにエポスカードを利用するのか、どのくらい利用するのかということを考慮して選ぶと良いかもしれません。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。