セゾンカードETCのメリット3選!年会費や即日発行はどうなる?

高速道路をよく使用するのであればぜひ持っておきたい、1枚はあると便利なETCカード。各クレジットカード会社では、そんなETCカードの発行を行っていますが、セゾンカードの場合はどうでしょうか。作成の方法とセゾンカードでETCカードを作るメリットをご紹介します。

セゾンカードでのETCカードの作り方

セゾンカードでのETCカードの発行手続きは、インターネットと電話から可能です。どちらで手続きを行っても、実際のETCカード発行までに3日程度はかかるので注意しましょう。

インターネットからの申し込み方法

ETCカードは、セゾンカードの会員サイトであるNetアンサー(登録が必要)から申し込み可能です。Netアンサー未登録でも、その場でNetアンサーに登録して発行の手続きを完了させることができます。インターネットでの申し込みの利点は、すでに情報があるので面倒な住所や電話番号などの入力が必要ないということ。受付自体は24時間行われているので、自分の都合のよい時間に手続きを行なえます。

電話での申し込み方法

電話でETCカードを申し込む場合は、セゾンカードのインフォメーションセンターに電話をし、「8#」を押してETC申し込みメニューへと進みます。1月1日を除いて、朝の9時から夕方の5時まで受け付け可能です。

セゾンカードでETCカードを発行するメリット

ご紹介したようにセゾンカードでのETCカードの発行手続きは簡単に行えますが、セゾンカードでETCカードを作成するメリットはどこにあるのでしょうか。3つのメリットをご紹介します。

ETCカードの即日発行が可能

セゾンカードのETCカード発行の手続きはインターネット、電話が基本ですが、通常の方法以外にもETCカードの発行サービスがあります。セゾンカードの大きな特徴ともいえるETCカード即日発行のサービスです。 なお、ETCカード即日発行の条件はセゾンカウンターで手続きを行うこと。最寄りのセゾンカードの窓口であるセゾンカウンターまで出向く必要があります。また、ETCを発行する場合には手持ちのセゾンカードと運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類の持参が必要になります。本人が確認できる書類を忘れた場合は、本人が窓口に行ってもETCカードを発行してもらうことができません。 なお、即日発行という魅力的なサービスではありますが、即日発行するには窓口で手続きをするなどの条件があるので注意しましょう。なお、近場のセゾンカウンターは、セゾンカードのホームページから検索することができます。

年会費無料で利用できる

クレジットカードが車によってはETCカードにも年会費がかかることがありますが、セゾンカードなら年会費無料で利用することができます。費用の面に関しても、セゾンカードでETCカードを作成するメリットがありそうです。

ETCカードを2枚以上所持できる

セゾンカードであれば5枚までETCカードを複数枚所持することができます。家族それぞれに車があってETCカードの利用頻度が高い場合、または自身が複数台の車を所持している場合は便利です。

セゾンカードのETCカード即日の注意点

すぐにETCカードを発行できるなら、即日発行したいと思う人もいると思いますが、いくつか注意点もあります。即日発行を行う前に、ETCカードを発行できる状態か、発行できる条件に該当するか確認しましょう。

セゾンカウンターでしか即日発行できない

便利なETCカードの即日発行サービスがあるセゾンカードですが、即日発行はセゾンカウンターでしか受け付けていません。即日発行の際は、直接窓口まで足を運ぶ必要があるので、窓口まで行く時間が取れない人にとってはそこまでメリットがあるとは言えないでしょう。

即日発行できないカードもある

便利なETCカードの即日発行ですが、せっかく窓口まで行っても即日発行が受け付けてもらいない場合があります。セゾンカードであっても即日発行に対応していないカードもあるためです。たとえば、JAFセゾンカードやローソンPontaカードVisaなど。 基本的には(株)クレディセゾン発行以外のカードは即日発行ができません。即日発行してもらおうと思って窓口に行ったけれども結局発行してもらえなかったということがないように、事前に即日発行に対応しているカードか確認しておきましょう。

まとめ

セゾンカードでETCを作成するメリットは、即日発行ができること、年会費無料で利用できることなどがあります。使い勝手がよいので、セゾンカードでのETCカードの作成はおすすめです。ただし、即日発行にあたっては、利用できるカードが限られるなどいくつか注意点もあるので確認してからの発行がよいでしょう。 セゾンカードについては、こちらの記事もおすすめです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。