セゾンカードの解約は電話で可能!ポイント失効やデメリットとは?

新たにクレジットカードを作る場合や審査の関係などで、使用しなくなったクレジットカードを解約する場合があります。もしセゾンカードを解約したい場合、どのような手順を踏んだら良いのでしょうか。解約方法から、解約するときの注意点までひと通り確認してみましょう。

セゾンカードの解約方法は?

セゾンカードの解約方法は2通りあります。

セゾンカウンターで解約する

近場のセゾンカードの窓口、セゾンカウンターで解約をする方法です。解約は全国のセゾンカウンターで受け付けています。近場のセゾンカウンターがわからない場合は、セゾンカードの公式ウェブサイトから検索できるので、確認してみましょう。 カウンターでの解約の際は、セゾンカードと身分証明証を忘れずに持参してください。手続き後は即日解約となるため、後述する永久不滅ポイントは消滅してしまいますので注意が必要です。

電話で解約する

セゾンカードは電話での解約も受け付けています。解約の電話先は、カード裏面に記載されているインフォメーションセンターです。必ず契約者本人が電話を掛けるようにしましょう。 一般のセゾンカードでの解約電話番号は、0570-064-133(9:00~17:00、有料)、IP電話や国際電話であれば03-5996-1111(繋がらない場合は06-7709-8000)に掛けてください。なお、セゾンゴールドカードと、セゾンアメリカンエキスプレスカードはそれぞれ下記の番号(フリーダイヤル有)に電話を掛けましょう。
  • セゾンゴールドカード…0120-300-989(9:00~17:00、固定電話からは無料)、もしくは03-3565-7030
  • セゾンアメリカンエキスプレスカード…0120-399-930(9:00~17:00、固定電話からは無料)、もしくは03-5996-1123
なお、カードの契約者が死亡した場合、原則として解約は契約者の親族のみ可能となっています。この場合による連絡先も、カード裏面記載の電話番号に連絡をするようにしてください。また、契約者の死亡によるカード解約時のポイント等は全て失効となります。

年会費を避けるにはタイミングが重要

セゾンカードは年会費が無料のものもありますが、種類によっては年会費のかかるものもあります。解約する場合は、年会費の支払いを避けるためにもタイミングが重要です。カードの有効期限1ヶ月までには解約の手続きを行っておきましょう。
セゾンカードの年会費について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご確認ください。

ネットアンサーの会員登録を解除する方法

ネットアンサーは、セゾンカードの会員サイトです。ネットアンサーも登録を解除する場合は、手続きが必要になります。登録内容の変更から退会の手続きへ進み、全てネット上で解除の手続きが可能です。 なお、ネットアンサーからセゾンカードの解約をすることは不可となっています。中にはオンライン上で解約できてしまうクレジットカードも存在しますが、セゾンカードの解約はセゾンカウンター、もしくは電話のみです。 セゾンカードのネットアンサーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご確認ください。

セゾンカード解約後の再入会について

基本的に前回の利用で問題ない場合は、セゾンカードによる審査の後、再入会は可能です。ただし、強制解約された場合や、前回の利用頻度が少ない場合などは審査に通らず、再入会できないこともあります。

ETCカード等、一部を解約する場合

セゾンカード自体の解約を行わないで、一部のサービスのみを解約したい場合はどうでしょうか。家族カードを解約する場合、ETCカードを解約する場合をみてみましょう。

セゾンカードの家族カードを解約したい

家族カードを解約したい場合は、まず解約する家族カードを用意します。用意ができたらクレジットカードの所有者がカード裏面のインフォメーションセンターへ電話をします。解約したいカードの情報を電話で伝えて手続きを進めていくと解約が可能です。

セゾンカードのETCカードを解約したい

セゾンカードのETCカードも家族カードの解約の手順と基本的には同じです。カード裏面のインフォメーションセンターに電話し、ETCカードのみ解約したい旨を伝え、手続きを完了させます。解約後は間違って使ってしまうことのないよう、必ずハサミを入れて処分しておくようにしてください。

ポイントは消える?解約の注意点とは

クレジットカードで貯めたポイントが消えてしまうという問題の他、セゾンカードを解約することによっていくつかの問題が考えられます。解約にあたってどのような点に注目すれば良いのでしょうか。セゾンカード解約での注意点を紹介します。

引き落としは残高がなくなるまで続く

セゾンカードを解約したからといって残りの支払額が清算される訳ではなく、解約後もクレジットカードの支払いは残高がなくなるまで続きます。なお、リボルビング払いにしている場合は、引き続きリボルビング払いを利用可能です。 クレジットカード自体は解約したとしても、残っている金額が一括払いになってしまうわけではありません。しかし、支払いを延滞すると一括払いになる可能性が高いため、くれぐれも延滞だけは気をつけるようにしてください。

セゾンカードの短期解約は避ける

セゾンカードに限った話ではありませんが、クレジットカードの短期解約、特に半年以内の解約は信用情報機関に記録が残ってしまします。少なくとも作成から半年から1年はカードを所持してから解約することをおすすめします。

公共料金のクレジット払いを変更する

クレジットカードの解約で注意したいのが、公共料金などクレジットカード払いで登録しているものに関する支払いです。セゾンカードを解約するということは、解約するセゾンカードでは支払いができなくなってしまうということです。 そのままクレジットカード払いとして変更手続きをしないでいると、正常に支払いが実行されず延滞となってしまいます。延滞情報としてあがってしまう前に、クレジットカード払いにしている公共料金や携帯料金などはカード情報を変更し、切り替えをしておきましょう。

解約するとポイントが消滅する

ポイントのためにクレジットカードを所持している人は多いと思います。しかし、クレジットカードを解約する場合、せっかく貯めたポイントもなくなってしまいます。セゾンカードの永久不滅ポイントも消失の対象です。 それなりにポイントがある場合は、そのまま解約せずにポイントをある程度利用してから解約するようにしましょう。 ただ例外として、同じ名義のセゾンカードを複数持っている場合、ポイントは自動で移行されます。同じ解約でも、他にセゾンカードがなく、完全に解約になる場合に注意しましょう。 セゾンカードのポイントについては、こちらの記事もおすすめです。

まとめ

セゾンカードの解約は、契約の解除にあたるため、インターネットからは手続きができません。セゾンカウンター、または電話にて手続きを行いましょう。また解約にあたってはポイントがなくなる、セゾンカードでのクレジットカード引き落としができなくなるなどの問題も発生するので、解約前にしっかり確認しておくことが大切です。 またクレジットカードの検討・整理をされている方には、以下の記事もおすすめです。自分にピッタリとあった必要最小限のカードを選んでみてはいかがでしょうか?

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。