【新入社員】飲み会でする自己紹介の例文9選!失敗しないポイントも!

新人歓迎会などの飲み会に適した、自己紹介のやり方を知っていますか?この記事では、新入社員が会社の飲み会でする、自己紹介の例文をご紹介しています。自己紹介で、失敗しないポイントについても知ることができますよ。良い印象を与える参考になりますので、ぜひご覧ください。

1分|新人が飲み会でする自己紹介の例文3選

①出身地を伝える

福岡の夜景

1つ目は、出身地を伝える約1分間の例文です。出身地と育った地域が違う場合は、それぞれ伝えると良いですよ。会社には、全国からさまざまな人材が集まります。新人が同じ出身地だと分かると、親近感を持ち気にかけてくれることがあります。

また、ご当地グルメや出身地あるあるなど、会話が弾むきっかけができやすくなるのでおすすめです。1分と聞くと短いように感じますが、実際に話してみると2~3行の文章では1分に到達しません。

自己紹介の時間があまりに短過ぎると、印象に残りにくいです。そのため、どんなに短くても、1分かけて自己紹介ができるようにしましょう。

    出身地を伝える例文

  • 本日は新人歓迎会を開いて頂き、ありがとうございます。この度、~~課に配属されました~~と申します。生まれも育ちも大分県で、初めての東京にまだ慣れておりません。おすすめの美味しいお店などがあれば、ぜひ教えてください。また、仕事でも覚えることが多くありますので、ご指導の程のよろしくお願い致します。1日でも早く仕事を覚えて、会社の戦力になりたいと思います。

②出身校で学んだことを伝える

勉強中の女性

2つ目は、出身校で学んだことを伝える約1分間の例文です。上司や先輩は、新人がどんな知識を持っているのか気になります。そのため、出身校だけでなく、学んだことを添えて伝えることが大切です。出身校で学び得たことを、仕事にどう活かしていきたいのかを伝えると、好感を持ってもらいやすくなります。

    出身校で学んだことを伝える例文

  • 本日はこのような場を設けて頂き、ありがとうございます。~課に配属されました~~と申します。~~大学の~~学部で学んだ心理学を活かし、多くのお客様に喜んで頂けるような商品を作りたいです。ご指導頂くにあたりお手間を取らせてしまうこともあるかと思いますが、一生懸命頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。

③長所と短所を伝える

チャートとスーツの男性

3つ目は、長所と短所を伝える約1分間の例文です。自分の良い面だけでなく悪い面も伝えることで、信憑性が高い自己紹介をすることができます。ただし、宴会での自己紹介でネガティブな印象を与えるのは良くありません。そのため、短所を長所としてどう活かすのかという内容にして伝えると、好感度が高まります。

    長所と短所を伝える例文

  • 本日はこのような宴会を開いて頂き、ありがとうございます。~~と申します。私は継続することが得意なのですが、何かに集中すると食事をすることも忘れてしまうので気を付けたいと思います。会社では、この集中力を活かして頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

3分|新人が飲み会でする自己紹介の例文3選

①入社の動機を伝える

伝える

1つ目は、入社の動機を伝える約3分間の例文です。明確な入社の動機を伝えることで、あなたの価値観を知ってもらう良い機会になります。

就活の面接ではないので、飲み会の雰囲気によってはユーモアのある伝え方をしてもOKです。役員が参加している少しお堅い雰囲気の新人歓迎会なら、「社会に貢献できる会社だと思ったので」「株価が年々上昇しており、伸びしろが広い会社だと思ったので」などがおすすめです。

    入社の動機を伝える例文

  • ~月~日より~~部に配属されました~~です。私は子供の頃からお菓子が大好きで、特に~社のものをおやつによく食べていました。一番のお気に入りのお菓子は、~~です。勉強で辛い時、友達と喧嘩した時でも~~を食べると元気になれました。私にとって~社のお菓子は、人生の潤滑油のような存在です。お客様に喜んで頂けるようなお菓子作りに携わりたいと思い、入社致しました。いつか、ダイエット中の方や筋トレ中の方でも、安心して食べて頂けるようなお菓子を作りたいと思っております。お菓子のプロである皆様に沢山ご指導頂きたく思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

②前職について伝える

料理を盛り付けるシェフ

2つ目は、前職について伝える約3分間の例文です。中途採用で入社した場合、新卒社員に比べ即戦力を求められます。そのため、歓迎会での自己紹介で、自分がどんな仕事ができるかということを、上司や先輩に伝えることが大切です。上手く伝えることができると、自分に合った仕事を割り振ってもらえる可能性が高くなります。

3分は、少し長めの自己紹介となります。そのため、前職で経験したことや学んだことを、添えて伝えると良いでしょう。自己紹介を終えた後、飲み会で話の種にもなるのでおすすめです。

    前職について伝える例文

  • ただいまご紹介頂きました~課の~~と申します。本日は、歓迎会を開いて頂き、ありがとうございます。私は大学卒業後に、化粧品やサプリメントの通信販売をしておりますA社で5年間勤めておりました。経理課で3年・カスタマーセンターで2年と2部署を経験し、お客様のクレーム対応や会計処理について多くのことを学び得ることができました。今まで経験したことを活かしながら、業務に邁進して参りたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

③目標を伝える

階段を登る女性

3つ目は、目標を伝える約3分間の例文です。会社でどんなことをやりたいのか明確な目標を伝えると、やる気のある社員だと思ってもらうことができます。「新しいフレーバーを開発したい」「リピーターのお客様を多く抱えられるようになりたい」など、3分で具体的な内容を伝えましょう。

    目標を伝える例文

  • このような機会を設けて頂き、ありがとうございます。~~と申します。配属された~~課はお客様と直接関わる部署なので、できるだけ多くのリピーターを抱えられるようになりたいです。お客様のニーズに沿ったご提案ができるように、商品について詳しく勉強していきたいと思っています。流行を適度に取り入れた、オーダーメイドの接客ができるように頑張ります。不慣れなことが多く、皆様にはご迷惑をおかけするかと思いますが、ご指導頂きますようよろしくお願い致します。

面白い|新人が飲み会でする自己紹介の例文3選

①趣味や特技を伝える

カメラを持つ女性

1つ目は、趣味や特技を伝える面白い例文です。仕事とは違うことを自己紹介のスピーチでアピールすると、意外な一面を知ってもらう良い機会になります。

    趣味や特技を伝える例文

  • ご紹介に預かりました~課の~~です。趣味は、レコード聴きながらお酒を飲むことです。音楽とお酒でリフレッシュしながら、仕事に邁進していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

②日課を伝える

ジョギング中の女性

2つ目は、日課を伝える面白い例文です。日々のルーティンを伝えることで、親近感を持ってもらうことができますよ。「毎週ドラマの~~を観る」や「起きた後は白湯を飲む」などでもOKです。

    日課を伝える例文

  • ~~と申します。私は、毎朝起きた時に白湯を飲むことを日課にしております。健康オタクなので、何か良さそうなことがあれば教えてください。ご清聴ありがとうございました。

③好物を伝える

チョコを食べる女性

3つ目は、好物を伝える面白い例文です。好物を伝えることで、イメージや印象が変わり親しみを感じます。また、好物の話題は年代を問わず受け入れてもらいやすいので、おすすめです。

    好物を伝える例文

  • 本日は歓迎会を開いて頂き、ありがとうございます。~~と申します。私はスルメが大好きで毎晩炙って食べています。そのため、翌日浮腫むことが多いです。お見苦しい日もあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

新人が飲み会でする自己紹介で失敗しないポイント

①お礼を伝える

野菜で作った文字

1つ目のポイントは、お礼を伝えることです。歓迎会を開いてもらったことへの感謝の気持ちを、自己紹介の冒頭や締めの部分で伝えるようにしましょう。

②簡潔に伝える

ノートとコーヒー

2つ目のポイントは、簡潔に伝えることです。歓迎会は懇談の時間も重要なので、長々と自己紹介をしないように気を付けましょう。詳しい話は、懇談中に伝えてください。

③謙虚に伝える

ハートを持つ女性

3つ目のポイントは、謙虚に伝えることです。上司や先輩は、自分の職務をこなしながら新人の指導にあたります。そのため、自己紹介では「今後さまざまなことを教えて頂く」という謙虚な気持ちを持つことが大切です。

④姿勢を正す

スーツの女性

4つ目のポイントは、姿勢を正すことです。姿勢が悪いと、やる気が無いように見えてしまいます。背筋を伸ばすことで、仕事に対し真摯に向き合おうとする印象を与えることができます。

⑤ハキハキと話す

金髪でスーツの男性

5つ目のポイントは、ハキハキと話すことです。歓迎会は、自分をアピールする良い機会です。いくら面白い自己紹介をしたとしても、生気のない話し方では上手く伝わりません。

⑥身だしなみを整える

ネクタイを締める男性

6つ目のポイントは、身だしなみを整えることです。見た目の印象は根強く残り、身だしなみが悪いとだらしない人に見られる恐れがあるので気を付けましょう。

新人が飲み会でする自己紹介の例文を参考にして好印象を与えよう

飲み会での自己紹介は、新人が先輩や上司に自分を知ってもらうための良い機会になります。新人歓迎会は、他部署の人達とも接点を持つことができる貴重なものです。そのため、謙虚な姿勢で誠意を持って、自分のことを上手く伝えられるように心掛けてください。

自己紹介では興味を持ってもらえるような面白い内容だけでなく、姿勢や身だしなみ・声のトーンも重要なポイントとなります。職場の人達への印象が良くなると、仕事をする上で働きやすい環境になりますよ。また、歓迎会の雰囲気に合わせて、1分・3分と自己紹介の時間を調整することが大切です。

和気あいあいとした雰囲気なら、面白い自己紹介にしても良いですね。新人が飲み会でする自己紹介の例文を参考にして、好印象を与えましょう。下記では、新社会人の自己紹介で好感を持たれるコツについて解説していますので、ぜひご覧ください。

Small thumb shutterstock 515694730
新社会人の自己紹介で好感を持たれるコツとは?基本的なマナーや話すべき内容も解説!

新社会人で、最初の自己紹介で好印象を残したいという人は多いですよね?この記事では、職場の人から好感を持たれる新社会人の自己紹介のコツを、要点を押さえて紹介...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。