プレゼンテーションのコツ15選!初心者も上手にできるポイントはコレだ!

大学や会社内でのプレゼンテーションを成功させるには、一体どんなことを意識すれば良いのでしょうか。そこで今回は、プレゼンテーションのコツをまとめてご紹介します!初心者でも上手な発表ができるやり方をまとめていますよ。是非参考にしてくださいね。

パワーポイント編|プレゼンテーションのコツ5選!

①シンプルなスライドを作る

シンプル

プレゼンテーションのコツとして、パワーポイントのスライドはシンプルに作る、ということがあります。複雑な構成のスライドを作っても、相手は混乱してしまいます。「わかりにくい」と悪い評価を受けてしまう恐れもありますよ。なるべく完結かつシンプルなパワーポイントを作成しましょう。

②余白を設ける

余白

プレゼンテーションを成功させるコツとして、余白のあるパワーポイントを作成する、というものがあります。余白のないパワーポイントでは、相手の視点が定まりません。見るべき場所がどこなのか判断できず、発表の内容が理解できない、ということになりかねません。

③1つのスライドにはメッセージを1つだけ入れる

メッセージ

1つのスライドには1つのメッセージのみを入れるというのも、発表を上手に行うコツですよ。1つのスライドに様々な要点を入れてしまうと、何が言いたいのかわからないスライドになります。1枚のスライドには、メッセージを1つだけ入れるようにしてくださいね。

④使う色は少なめにする

色

パワーポイントに使う色を少なめにするというのも、発表を成功させるために必要なことですよ。青や緑、赤など、カラフルな色合いのパワーポイントでは、伝えるべきことが伝わらないまま終わってしまいます。なるべく色の数は少なめにしましょう。

おすすめの色数は、基本となるベースカラー・伝えたいメインカラー、特に強調したアクセントカラーの3色です。それぞれの色を決めてパワーポイントを作成すれば、初心者でもわかりやすいスライドが作れますよ。

⑤読みやすいフォントを使うのがコツ

文字

パワーポイントを作成するときは、読みやすいフォントを使用することも大切でしょう。視認性や判読性、可読性が高い文字が、パワーポイントに向いていると言われていますよ。おすすめの日本語フォントは「メイリオ」、英語は「Segoe UI」です。

また文字の大きさも意識する必要があるでしょう。大学の授業や社内会議など、大勢の前で発表する場合は、文字サイズを18pt以上に設定してください。文字を太字にするのもおすすめです。

進め方編|プレゼンテーションのコツ4選!

①自己紹介をする

紹介

プレゼンテーションを進める時のコツとして、まず自分の自己紹介をする、ということがあります。発表者がどんな人物なのかということがわかれば、聞き手は「どんなことを発表するのか」と興味を引かれますよ。プレゼンテーションに移る前に軽く自己紹介をして、聞き手の関心を集めましょう。

自己紹介は、1分以内にとどめるのがベストです。ダラダラと自己紹介をしていると、聞き手は「時間の無駄だ」と感じてしまいますよ。また、自分のことを良く知っている相手に向かってプレゼンテーションを行う場合は、自己紹介を省いても良いでしょう。

②質問を投げかける

質問

プレゼンテーションを成功させるテクニックとして、聞き手に質問や疑問を投げかける、というのもおすすめです。「〇〇というものを知っていますか?」など、軽く問いを投げかけてみてください。質問をすることで、プレゼンテーションに興味を持ってもらうことができるでしょう。有効な「つかみ」のテクニックですよ。

③結論を先に述べる

結果

まず結論を述べるというのも、プレゼンテーションを上手に行うコツですよ。結論を後回しにしてしまうと、聞き手の集中力が落ちてしまいます。結論を述べる頃には、完全に集中力が切れてしまいますよ。せっかく発表したのに、何も伝わらなかった…ということになりかねません。

結論を先に提示することで、プレゼンテーションの内容を相手に届けることができますよ。プレゼンテーション初心者の方は、このテクニックを意識して発表原稿を考えましょう。

④データや根拠を示す

データ

プレゼンテーションをするときは、必ず根拠やデータを明示するようにしてください。データや数字なしに発表を進めても、信憑性のないプレゼンテーションになってしまいます。発表を裏付けるデータは、しっかりと示してくださいね。

話し方編|プレゼンテーションのコツ6選!

①重要な部分は強調する

スピーチ

プレゼンテーションのコツとして、重要な部分を強調して話す、ということをおすすめします。話すスピードをわざとゆっくりにしてみたり、声のトーンを上げたりしてみましょう。話し方に変化をつけることで、聞き手の注目を集めることができますよ。初心者でも簡単にできるテクニックです。是非試してみてください。

②自信に満ちた顔で話す

自信

発表を成功させるテクニックとして、なるべく自信に満ちた表情で話す、ということがあります。発表に慣れていない初心者は緊張しがちですが、緊張を隠して笑顔で話し始めましょう。笑顔で堂々と話しているだけで、発表に信憑性が生まれます。また、聞き手も安心してあなたの話に集中することができますよ。

プレゼンテーション初心者の方は、発表中に自分の表情がうまく意識できないでしょう。そんな方には、鏡を持参することをおすすめします。発表の合間で自分の表情を確認し、笑顔を意識するようにしましょう。

③明るいトーンで話す

明るい

上手な話し方のポイントとして、明るめのトーンで話すというテクニックがあります。ボソボソと暗いトーンで話していると、聞き手がうまく声を聞き取れません。また聞き手の集中力もすぐに切れてしまいますよ。相手に伝わりやすいよう、明るい声でハッキリ話してください。

人の声は、自分の耳に届く声と他人に聞こえている声でトーンが異なります。自分が聞いている声よりも、他人が聞いている声は低めのトーンになりますよ。「少し声が高いかな」と思うくらい声色を明るくするのが、発表を成功させるコツですよ。

④ジェスチャーを交えるのがコツ

ジェスチャー

ジェスチャーを交えながら話すというのも、プレゼンテーションを成功させるテクニックの一つです。発表する内容に合わせて手を動かすことで、相手の視線を引きつけることができますよ。ただし、無意味なジェスチャーは、プレゼンテーションの邪魔になってしまいます。いざという時のみジェスチャーを取り入れましょう。

距離を示す時に両手を大きくひろげたり、自分が強調したい数字を指で示したり、という方法がおすすめですよ。このテクニックを意識すれば、初心者でも上手にプレゼンテーションを行うことができます。是非、このやり方を参考にしてみてくださいね。

⑤沈黙をうまく取り入れる

沈黙

効果的なプレゼンテーションを行うテクニックとして、沈黙を上手に取り入れる、という方法があります。途切れることなくダラダラ話し続けると、聞き手の集中力はどんどん低下します。あえて少し沈黙することで、聞き手の注目を再度集めることができますよ。

プレゼンテーションをしている時、聞き手の集中力が切れてきたと感じたら、5秒間ほど黙ってみましょう。これだけで、プレゼンテーションの内容が伝わりやすくなりますよ。初心者の方は、このテクニックを意識して発表をしてみてください。

⑥正しい敬語で話す

敬語

上手にプレゼンテーションを行うコツに、正しい敬語を使用する、というテクニックがあります。いくらプレゼンテーションが素晴らしいものでも、敬語が間違っているだけで信憑性がなくなります。正しく発表を評価してもらうためにも、敬語は正しく使いましょう。あらかじめ、謙譲語や丁寧語などを確認しておいてください。

プレゼンテーションの上手なやり方とは?

やり方①プレゼンのテーマを述べる

テーマ

プレゼンテーションのやり方として、まず発表のテーマを述べましょう。これはプレゼンテーションの導入部分です。今からどんなことを発表するのか伝えることで、聞き手の興味をあおることができますよ。

やり方②本論を述べる

本論

導入部分が終わったら本論を述べるのが、プレゼンテーションの上手なやり方です。本論では、プレゼンテーションの中で最も伝えるべきことを話しましょう。グラフや数値などを示しながら、わかりやすく内容をまとめてくださいね。

やり方③内容やテーマをまとめて振り返る

振り返る

プレゼンテーションのやり方として、最後に発表の内容やテーマを再度振り返る、という方法があります。再度内容を復唱することで、相手の理解をより深めることができますよ。是非、このやり方を意識してみてくださいね。

プレゼンテーションでやってはいけないこととは?

①余計なことを話す

余計

プレゼンテーションの最中は、余計なことは話さないように注意してください。スライドや資料に書かれていないことを話してしまうと、聴衆hあ混乱してしまいます。集中力も落ちてしまうでしょう。スライドや資料にないことが頭に浮かんでも、口には出さないようにしてください。

②スクリーンを見ながら話す

スクリーン

プレゼンテーションを成功させたいのであれば、スクリーンを見ながら話すのはNGです。特に、初心者の方に多いミスだと言われていますよ。スクリーンを見ながら話すと、聴衆に背を向けることになります。聞き手の表情を見ることができませんし、聞き手側もあなたの表情を読み取れません。

伝えたいことが伝わらないプレゼンテーションになりますし、聴衆に危なっかしい印象を植え付けてしまいます。たまにスクリーンを確認するのはOKですが、基本は聴衆の方を向いて発表を行ないましょう。

③ネガティブアプローチをする

ネガティブ

プレゼンテーションの前にネガティブな情報を言うのも、NG行動の一つです。プレゼンテーションの前に「実は大勢の前で話すのが苦手で…」など、マイナスな情報を開示していませんか?こういったネガティブアプローチは、聴衆の意欲を奪ってしまいます。せっかくの発表が聞いてもらえない…という事態になりかねません。

④手元を見ながら話す

手元

手元に用意した資料ばかり見るのも、プレゼンテーションをやる上でのNG行動です。内容や話すことを確認しようと、手元ばかり見て発表していませんか?手元に集中していると、あなたの表情を聞き手にアピールすることも、相手の表情を見ることもできなくなります。プレゼンテーションの質が大きく落ちてしまいますよ。

プレゼンテーションのコツを押さえて発表を成功させましょう!

プレゼンテーションのやり方を抑えれば、初心者でも発表を成功させることができるでしょう。今回紹介したプレゼンテーションのコツやテクニックを参考に、上手な発表を目指しましょう!

またこちらに、プレゼンテーションの題材がまとめられている記事を載せておきます。簡単なネタや、興味が惹かれるテーマなどがまとめられていますよ。自由なテーマでプレゼンテーションを行う時は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 669989779
プレゼンテーションの題材例!面白いテーマと簡単なネタ探しも

学校の授業やビジネスシーンなど、様々な場所で実施されることが多い「プレゼンテーション」。聞いている人達を引き付けるような面白いプレゼンをするためには、題材...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。