「かもしれない」の敬語の使い方は?ビジネスシーンで役に立つ例文も解説!

「かもしれない」の敬語の使い方が分からず、悩んでいませんか?当記事では、ビジネスシーンで役立つ例文も交えながら、かもしれないの敬語の使い方について詳しく解説していきます。ビジネスでも正しい敬語を使って話したい!という方はぜひチェックしてみましょう。

かもしれないの敬語とビジネスでの使い方とは?

かもしれないの敬語は「かもしれません」

部長

まず、かもしれないの敬語は「かもしれません」です。語尾を「しれない」から「しれません」と丁寧な形に変えるだけで、敬語として使用することができます。ビジネスシーンでも、かもしれませんという表現は日々多く使用されます。

敬語であるかもしれませんは、何らかの物事に対する不確定さを相手に伝える表現として使用します。ビジネスでは特に、自分でコントロールできる範囲とその範疇を超す範囲を見極め、ラインを相手に伝えることが必要です。かもしれませんは、まさにそんな時に使用する表現です。

敬語の前に動詞を置いて使う

メール

「かもしれません」という敬語の前に、動詞を置いて使用するのが一般的な使い方です。例えば、「ある」「する」などのより具体的な動詞を前に置いて、「あるかもしれません」「するかもしれません」などの使い方をします。動詞をそのまま前に置くだけなので、非常にシンプルで使い勝手も良いと言えます。

他にも、動詞の「そうなる」「あり得る」など様々な言葉を前に置くだけで使い方の幅を広げることが可能です。メールを送る際、会議の際などビジネスの各シーンで、状況や伝えたい内容に合わせた動詞を選び、かもしれませんの直前に設置して使ってみましょう。

かもしれないをビジネスで使用する際の例文は?

①あるかもしれません

リサーチ

「あるかもしれません」は、ビジネスで良く使用される例文のうちの一つです。相手に不確定ではあるが、可能性はゼロとは言い切れない状況について伝える際に使用すると効果的です。メールや電話、対面など場所やコミュニケーションツールの別に関わらず使用できます。

例えば、「明日の午後にはオフィスに戻る予定ではいますが、もしかすると帰社が遅れて電話に出られないこともあるかもしれません。」などの使い方ができます。当例文の通り、相手に起こりうる可能性を喚起したい場合に使用してみましょう。

②するかもしれません

リーダー

次にご紹介するのは、「するかもしれません」です。具体的な例文を挙げると、例えば「明日の午前中には株価が上昇するかもしれません。」などの形で使用します。使い方としては、まず当例文のように自分以外の何かの様子が変わる可能性について示唆する際に使用できます。

また、「明日のミーティングは、私の方で司会をするかもしれません。」のように、自分を主語に置いて可能性について示唆する使い方にも活用できます。何を動詞の主体にするかによって例文を使い分けてみてください。

③そうなるかもしれません

自宅

「そうなるかもしれません」もビジネスで良く使用される例文と言えます。物事がより自然形でいずれかの方向に運ぶ可能性を示唆する際に使用します。例えば、「仮に消費が大きく落ち込むようなことがあれば、そうなるかもしれません。」などの形で活用できます。

例文内の「そう」部分は、相手の直前の発言や懸念などを指します。それを踏まえた上で、不確定ながらも何らかの可能性を指摘する際に使用してみましょう。メールや電話、対面でも使用できる便利な例文です。

かもしれないの敬語をビジネスで使用する際の注意点は?

①ネガティブな意味の強調

落ち込み

かもしれないの敬語を、ネガティブな意味の強調の意味で使いすぎないように注意しましょう。基本的に未来に起こることと言うのは、誰にも予測がつきません。究極的に言えば、未来はポジティブ、ネガティブのどちらにも転ぶ可能性を含んでいます。

相手への注意点の喚起として、かもしれないを例えばビジネスが上手くいかない可能性がある、失敗可能性があるなどの意味で使用すると、相手に過度なネガティブなイメージを与えてしまいます。相手への事前のお知らせという意味程度の使用はOKですが、ネガティブな意味を強調する目的では使用しないよう注意しましょう。

②可能性のないことへの使用

可能性

可能性のないことへの使用も、注意点の一つとして挙げられます。例えば、ビジネスの取引の場において、実現の可能性がほぼないのに、相手に良い印象を与えようとして「できるかもしれません」などと期待を持たせることは非常に危険です。

今までのデータや相手との契約内容をよく吟味し、どこまでが自分の責任として実現可能で、どこからが難しいかをまずはっきりさせましょう。その上で、できることできないことを相手に上手い表現で伝えるのがベストです。現実離れした、可能性のないことに対する使用は控えるのが、この注意点のポイントです。

③言い切りが必要な場面の使用

相談

最後にご紹介する注意点は、言い切りが必要な場面での使用です。ビジネスの場面においては、かもしれないの敬語など、不確定な事実を伝える言葉を一切排し、言い切ることが必要な場面も多々あります。このような場面では、意味が変わらない限りでしっかり言い切る表現を使うようにしてください。

特にビジネスでは、常に逃げの姿勢で不確定要素についてばかり話す人は信用されません。ここぞ!という場面ではしっかり言い切る姿勢も大切にし、顧客への信用を高めるよう努力すると良いでしょう。

かもしれないの言い換え表現とは?

①あり得ます

契約

「あり得ます」は、かもしれないの言い換え表現のうちの一つです。例えば、「物価が突然下落するかもしれません。」を、「物価が突然下落することもあり得ます。」と言い換えることが可能です。前者の方が、話者が独断で予測する内容であることが色濃く相手に伝わります。

データなどをしっかり相手に提示した上で、知らせておきたい例外的な例などについて言及しておきたい場合に、この言い換え表現を使用すると効果的です。メールで使用する場合は、後に記録として残りますので、それを踏まえた上で言葉を慎重に選ぶようにしてください。

②可能性は低いですが

グラフ

次にご紹介するのは、「可能性は低いですが」という言い換えです。例えば、「商品の値段が上がることもあるかもしれません。」を、「可能性は低いですが、商品の値段が上がることもあります。」と言い換えることが可能です。

後者の言い換え表現の方が、「あくまで例外的でほぼあり得ないが」という前提のニュアンスが強く含まれています。こちらもメールで使用されることも多いですが、どのデータから予測した可能性から述べているのか?など、その出所を明確にして使用しましょう。

③可能性もあります

ビジネスマン

最後にご紹介するのは、「可能性もあります」です。例えば、「今月の売り上げが落ち込むかもしれません。」を、「今月の売り上げが落ち込むという可能性もあります。」と言い換えが可能です。メールでも口頭でも、どちらでも使用できますのでぜひ活用してみましょう。

ビジネスでもかもしれないの敬語を正しく使おう!

スーツ

かもしれないの敬語表現である「かもしれません」は、ビジネスでも良く使用される表現だと言えます。使用する際の注意点もいくつかありますが、基本的にはメール、電話他ツールの別に関わらず活用できる、便利な表現です。ぜひあなたも当記事内容を参考にして、ビジネスでもかもしれないの敬語を正しく使ってみましょう。

下記関連記事では、「懸念される」の使い方と例文を詳しくご紹介しています。かもしれませんとほぼ同義語で使用可能な当表現について、類語や使用する際の注意点を知りたい方にはおすすめの内容です。ぜひチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 621530798
懸念されるの使い方例文5選!意味と類語と英語も|危惧/心配

あなたは、懸念されるという言葉の意味を知っていますか?この記事では、「懸念されるの使い方例文」とともに、危惧や心配などの類語と英語表現についてもご紹介しま...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。