周りが見えない人の特徴・性格6選。イライラしない解決策を覚えてストレスフリーに!

仕事は、チームで協力してこそ成し遂げられるものですよね。そのため、職場に周りが見えない人がいて困ることはありませんか?この記事では、周りが見えない人の特徴や対処法についてご紹介します。周りが見えない人に上手く対応するための、参考にしてみて下さいね!

【性格編】周りが見えない人の特徴2つ

①自己中心的

会議する数人の男女画像

周りが見えない人は、周囲に気遣うことをしない自己中心的な性格が多い傾向にあります。基本的に周りが見えない人は、自分と周囲を比べて冷静に状況を判断することができません。そのため、職場では横柄な態度をとるので、自己中の人と見られていることもあるでしょう。

周りが見えない人は、何事に対しても自分の物差しで考える性格です。そのため、周囲から煙たがられていることがあります。職場は多くの人の集まりなので、自己中に振る舞っていると孤立します。しかし、周りが見えない人は、自身が自己中であることに気づいていないため、性格を直そうともしません。

酷い時には、自己中なのは自分自身なのに「○○さんは自己中で困る」とお門違いな文句を発することもあります。周りが見えない人にとっては、自己中なのは自分ではなく周囲の人間なのです。

②危機感が低い

デスクでだらける4人の男女画像

周りが見えない人の性格は、マイペースで危機感が低いです。周りが見えない故に、危機感を持つきっかけがありません。「チームの足を引っ張っている」「勉強不足だ」といった認識ができていないのです。また、マイペースだけならまだしも、自分のペースを崩されることを嫌う特徴があります。

そのため、注意や指摘を受けると「自分のペースを乱された」と悲観的に捉える傾向があります。周囲が差し伸べた手をうっとおしく感じるような、孤立した性格です。アドバイスや要望を、素直に受け入れることができない性格で自我を押し通します。

以下の記事では、危機管理能力についてご紹介しています。危機管理能力を向上させる方法やテストもありますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 769705507
危機管理能力の意味とは?自分の危機管理能力を向上させる方法やテストも

危機管理能力と言う言葉を聞いたことがありますか?危機管理能力はビジネスにおいて重要なスキルと言えます。今回は危機管理能力とは何かと、意味についてをまとめま...

【会話編】周りが見えない人の特徴2つ

①相手を否定する

険悪な男女画像

周りが見えない人は、会話する相手を否定するところから始めます。仕事や職務を全うするには、さまざまな意見を取り入れることが必要です。しかし、周りが見えない人は、自分の意見とは違う相手を敵対視する特徴があります。

そのため、意見が違う相手に対して「私のことを否定している」と被害妄想的に受け止めてしまいます。仕事に対する意見を述べているだけでも、周りが見えない人にとってはストレスなのです。

周りが見えない人はメンタルが弱い傾向があるので、自己防衛で相手を否定します。建設的な会話ができないので、周囲の人は疲れてしまいます。攻撃的な言葉を仕事中であっても平気で使うので、周囲から怖い人と思われることもあります。周りが見えない人は、会話する相手のことを思いやる余裕がないのです。

②言い訳が多い

呆れるスーツ姿の男性

周りが見えない人は、会話で多くの言い訳をします。明らかなミスを指摘されても、先に言い訳を発して謝罪をきちんとすることができません。周りが見えない人には、自分の非を認めるのが苦手という特徴があるからです。ミスを犯したことを誤魔化そうとする傾向があるので、周囲からすると非常に見苦しいですね。

一番大切なのは、ミスを犯したことよりもミスを犯した後の言動です。真摯に謝り、ミスを挽回しようとすることで周囲からの評価が高まります。しかし、周りが見えない人はミスをするのはカッコ悪いと思う特徴があります。「ミスをバネにして頑張ろう!」という前向きな性格ではないからです。

言い訳ばかりで謝罪すらせず、周囲に白い目で見られることも多々あります。苦手なことを克服しようと努力をすることもないので、上司に注意されてばかりの人もいます。また、周りが見えない人は、新しい考え方を取り入れるのが苦手です。そのため、上司の立場になると部下の意見を頭ごなしに否定することがあります。

【仕事編】周りが見えない人の特徴2つ

①情報力が乏しい

後ろ向きのスーツ姿の男性画像

周りが見えない人は、乏しい情報力で仕事をこなそうとします。情報は、仕事の要と言っても過言ではありません。新しい情報を取り入れることで会社の利益に繋がり、自分の評価を高めることができます。周りが見えない人は、もともと周囲と自分を見比べる習慣がありません。

そのため、自分が持っている情報が古く使えないものと気付いていないこともあります。情報は、一分一秒ごとに変わります。周りが見えない人は、新聞やニュースを見る習慣がない人もいます。また、社会情勢だけでなく社内間の情報も重要です。

周囲とのコミュニケーションが乏しいので、社内の情報にも乏しい状況になります。職場では、情報をもとに会議や打ち合わせをすることが多いです。周りが見えない人は情報をほとんど持っていないので、重要な会議でも意見を言うことができません。

②周囲に無関心

考える女性画像

周りが見えない人は、周囲よりも自分に興味があります。周りがどう思うかよりも、自分が大変・辛いという事に意識が向くのです。周囲に無関心なので、仕事で部署全体が大忙しの状況でも1人でのんびりしています。「忙しい人に手を貸そう」「自分にできることはないか」など、協力的な姿勢が全く見られません。

そのため、自分がいざ困った状況に陥っても周囲が助けてくれない場合もあります。自業自得なのですが、周りが見えない人は「私のことを誰も助けてくれない」としか考えられません。自分が周囲に無関心なので、孤立していることに気付いていないのです。

周りが見えない理由

①自分のことで手一杯

パソコンを見て驚く女性画像

周りが見えない理由は、余裕がないからです。自分のことで手一杯なので、周囲を見渡す余裕もありません。どんなに忙しくても、周囲を見渡して状況を確認することが必要です。状況を確認することで、自分がやっている仕事の重要度を知ることができます。

周りが見えない理由は、自分が取り組んでいる仕事の重要度を過信しているからです。周りを見て、状況を判断することをできていません。そのため、周りが見えない人は、重要度の低い仕事に夢中になっている場合があります。その結果、「なぜ一生懸命仕事をしているのに評価されないのか」と不満を持つことになります。

周囲からすると、「全然仕事をしていないから評価されないのは当たり前」と思われています。しかし、周りが見えない人は、自分が仕事で評価されない理由がわかりません。そのため、周囲からの評価が低いことに対して、いつも不満を持っています。

②1つのことに固執する

舞う札束とパソコンを打つ女性画像

周りが見えない理由は、自分が正しいと思い込んでいるからです。1つのことに固執するので、ますます周囲が見えなくなります。凝り固まった気持ちでいつもいるので、周りから浮いていることが多いです。良く捉えると、こだわりを持って物事に取り組んでいることになります。

しかし、周囲と協力して成し遂げる仕事に強いこだわりを持つと、物事がスムーズに進みません。1つのことに固執するという理由で、会議で新たな議題に進みにくいこともあります。周りが見えない人は、沢山の情報や問題を処理する能力が低いのです。

自分が正しいと思い込んでいるので、能力を高めるための努力をしようとしない人もいます。1つのことに固執する自分を「集中力があって能力が高い」と勘違いしてしまうこともあります。そのため、自分自身が周りから浮いている理由を考えることもしないのです。

周りが見えない人への解決策

①関わりを増やす

パソコンを見る3人の男女画像

周りが見えない人への対策は、話しかける頻度を増やすことです。関わりを増やすという対策をすることで、周囲を見渡すきっかけを作ることができます。ただし、いきなり話しかける頻度を増やすことをしてはいけません。周りが見えない人は、臆病な性格でもあるので警戒される恐れがあるからです。

今までほとんど関わっていない場合は、挨拶から始めてみましょう。顔を合わせるたびに挨拶をすることで、貴方のことを認識し周囲を見渡すきっかけにもなります。「自分のことを気にかけてくれる人がいる」という意識を持つだけで、周囲との関わりを持つ一歩を踏み出せる人もいます。

困った表情をしていたら、「大丈夫ですか?」と一言でもいいので声をかける対策がおすすめです。周りが見えない人は、周囲との衝突が多い人もいます。そのため、深入りすると疲れてしまうことがあるからです。周りが見えない人には、短い言葉でやりとりをする対策が適しています。

②長所を褒める

微笑むスーツ姿の男性画像

周りが見えない人への対策は、敵ではないと思ってもらうことです。味方だと思ってもらえるように、長所を褒めるという対策をしましょう。周りが見えない人は、相手を否定したり自己中な言動をするので強気に見られがちです。しかし、実はその真逆でとても打たれ弱く、自分の殻に閉じこもる傾向があります。

周りが見えない人は周囲に迷惑ばかりかけているので、長所を探すのは大変です。しかし、1つでも良いので長所を見つけてさらりと褒めてみましょう。大袈裟に褒めると、警戒されるので気を付けてください。「○○さんの資料、凄く見やすいです」「細かなとこに気付いてくれて嬉しいです」など、一言褒めるだけでOKです。

否定されることが苦手なので、長所を見つけて褒めてくれた相手に対し一目置くようになりますよ。敵ではないと認識してもらえれば、周囲と協力する姿勢をみせてくれる可能性が高まります。

③プライベートの質問をする

iPadを見る男女画像

周りが見えない人への対策は、仕事以外の質問をすることです。プライベートの質問をすることで、警戒心を解くことができます。しかし、最初から踏み込んだプライベートの質問をしないように気を付けましょう。女性関係や、家庭環境などの深いプライベートの質問は仲良くなってからにするのが賢明です。

「そのネクタイおしゃれですね。どこのですか?」「いつも出勤早いですよね。何時に家を出てるんですか?」などのプライベートな質問がおすすめです。簡単に理由を説明しやすく、仕事に関わるようなプライベートの質問が適しています。距離感がちょうど良いプライベートの質問をされると、相手が答えやすいからです。

人は自分に興味を持ってくれた相手に、興味を持つ習性があります。そのため、周りが見えない人にプライベートな質問をすることで、周囲への興味を高めるきっかけになりますよ。

④適正に合う仕事を任す

スーツ姿の2人の男性画像

周りが見えない人への対策は、強みを発揮できるポジションを与えることです。適正に合う仕事を任すという対策を取ることで、周りが見えない人でも大きな戦力になります。周りが見えない人でも、1つは強みがあるはずです。周りが見えない人が戦力になると、自信を持ち周囲を見渡すきっかけができます。

周りが見えない人の特徴や解決策を覚えてストレスフリーになろう!

周りが見えない人が職場にいると、ストレスになるという人が多いです。しかし、周りが見えない理由を知ることで、冷静に対応することができます。周りが見えない人には、プライベートな質問をしたり長所を褒めることが大切です。周りが見えない人の特徴や、解決策を覚えてストレスフリーになりましょう。

下記の記事では、周りを気にしない人の性格や心理についてご紹介しています。周囲に対する気配りができる人にとって、周りを気にしない人はとても不思議な存在です。周りを気にしない人について知ることで、ストレスフリーになるきっかけを掴めますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 157498331
周りを気にしない生き方は?細かいこと/性格/心理/周り/他人

細かいことを気にしすぎる人生に疲れていませんか?周りを気にしない性格の人は、いつも笑顔で楽しそうですよね。そんな気にしない性格の人の生き方を学んでみましょ...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。