Youtuberの収入の仕組みを徹底解説!平均年収や稼げるジャンルも紹介!

子供の将来の夢として今や上位にランクインするYoutuber。彼らは一体どのようにお金を稼いでいるのか、ご存知ですか?今回はYoutuberの収入の仕組みや平均年収、稼げると言われているジャンルやYoutuberになる時の注意事項などをご紹介します。

Youtuberの収入の仕組みとは?どのようにして利益を得ているの?

Youtuberの収入・利益の仕組み①広告収入

パソコンを見る人

Youtuberの収入・利益の仕組み1つ目は、広告収入です。Youtuberの収入の大半がこの広告収入だと言われています。まず企業がYoutuberに広告を依頼します。するとYoutuberが広告を付けた動画をアップします。視聴者が広告を見た回数などによって収入が入る、という仕組みです。

広告は大きく分けて3種類あります。まず1つ目がオーバーレイ広告です。これは動画の下に出てくる横長の広告です。必ず目に入る位置にあるので宣伝効果は高いです。2つ目はインストリーム広告です。これは、動画を再生する前後や途中に出てくる広告です。スキップ可能なものと不可能なものがあり、宣伝効果は高いです。

3つ目はサイドバー広告です。これは、携帯やパソコンの画面右上に表示される広告です。動画に集中している人の目には止まりにくく、宣伝効果はあまりないとされています。こういった広告が表示されたり、視聴者にタップされることでYoutuberに利益がもたらされていきます。

Youtuberの収入・利益の仕組み②企業タイアップ

契約

Youtuberの収入・利益の仕組み2つ目は、企業タイアップです。企業がYoutuberに商品を動画で紹介するように依頼し、Youtuberが動画を投稿して収入を得る、という方法です。ただし企業から声がかかるのはごくわずかです。売れているYoutuberにしかできない収入方法だと言えるでしょう。

企業タイアップには、商品の宣伝動画やゲームの先行配信、食材提供など様々な種類があります。無償で商品を手に入れることができ、更に動画で紹介するだけでお金がもらえる、夢のような収入方法です。Youtuberとして名が売れてきたら、企業タイアップを狙ってみると良いかも知れません。

Youtuberの収入・利益の仕組み③スーパーチャット

お金

Youtuberの収入・利益の仕組み3つ目は、スーパーチャットです。これは、動画やチャンネルの視聴者が、Youtuberにお金を出す仕組みです。これは「投げ銭」とも言われ、生配信の動画にコメントをすることで、お金を寄付することができます。

この収入方法は、動画の再生回数やチャンネル登録者などは一切関係ありません。生配信で面白い動画を投稿し、ファン層を獲得できれば収入が入ります。多い人だと、1回あたりの生配信で20万円以上稼ぐそうです。

Youtuberの平均年収は?どんな要素で収入が決まるの?

Youtuberの平均年収の決定要素①動画の再生回数

パソコンを見る女性

Youtuberの平均年収の決定要素の1つ目は、動画の再生回数です。動画が1回再生されるごとに0.1円の収入があるとされています。つまり、再生回数が多ければ多いほど平均収入も上がっていくという仕組みです。

ただし近年Youtubeの仕組みが変わり、ただ再生回数をのばしても収入には反映されないようになってきました。動画の再生時間が確保されていないと収入は入らないのです。つまり、動画をクリックとページ移動を繰り返して再生回数を上げても、動画が再生されていないと判断されると収入にはなりません。

このように、再生回数だけ稼ぐようなやり方は収入には反映されません。しかし、基本的にはたくさんの人に再生されれば収入は上がっていきます。姑息な真似が通用しなくなったということだけ念頭に置いておきましょう。

Youtuberの平均年収の決定要素②広告の単価

パソコンから金銭

Youtuberの平均年収の決定要素の2つ目は、広告の単価です。広告一回再生・クリックごとの単価は企業や契約内容によって異なります。単価が30円からのものもあれば、数千円単価の広告も存在します。どの企業が声を掛けてきてくれるかで平均収入は大幅に変わるのです。

収入は広告の量によっても変わります。人気Youtuberの動画には、途中で何本もインストリーム広告が入りますよね。基本的に広告を多く入れればその分収入は増えていきます。ただし、ファンが獲得できていないうちから多くの広告を入れてしまうと、「稼ぎ目的」と揶揄されて人気が下落することも珍しくありません。

Youtuberの平均年収の決定要素③チャンネル登録者数

登録する男性

Youtuberの平均年収の決定要素3つ目は、チャンネル登録者数です。Youtubeでの収入の大半は広告収入です。しかし、広告はチャンネル登録者数が一定のラインを越えなければつけられません。Youtubeでの収益化の基準は、チャンネル登録者数が1000人以上の場合のみです。

収益化の条件には動画の総再生時間も含まれています。しかしどれだけ動画が再生されていても、チャンネル登録者数が1000人以下だと収入はゼロです。収益を確実なものにするためには、まずチャンネル登録者を確保しなくてはいけません。

Youtuberが稼げるジャンルとは?

Youtuberが稼げるジャンル①ゲーム実況

ゲーム

Youtuberが稼げるジャンル1つ目は、ゲーム実況です。ゲーム実況動画とは、その名の通りゲームを遊びながら実況を行うものです。喋るのが苦手な場合は、編集で字幕を付けたり音声再生機能で声を登録しています。パソコンのフリーゲームからテレビゲームまで幅広いジャンルのゲームが実況化されています。

ゲーム実況には自身の企画力などは必要ありません。RPG系の動画ならば長い動画になりますし、人気のゲームなら再生回数が伸びるので、高単価の広告がつきやすく稼げるジャンルだと言われています。ゲームをプレイするのが好きな人にはぴったりのジャンルですね。

ただし実況動画は、喋る内容のセンスや滑舌、リアクションなどが優れている必要があります。一切喋らずゲームをプレイする動画もありますが、なかなか人気が出にくいのが現状です。喋りに自信のある人は向いていますが、そうではない人には厳しいジャンルかもしれません。

Youtuberが稼げるジャンル②子供向けコンテンツ

子供

Youtuberが稼げるジャンル2つ目は、子供向けコンテンツです。最近は子供にYoutubeを見せる親が増えてきていますよね。小さなお子様に向けた動画は、今後更に需要が高まると言われています。知育動画や子育て動画なども人気の高いジャンルです。

また最近は、子供自身がYoutuberとして活動するチャンネルも人気を集めています。子供が無邪気に遊ぶ様子やご飯を食べる姿などは、幅広い層から人気を集めています。子供の顔をネットにあげることに抵抗がない親御さんは、お子様と一緒にYoutuberを目指してみるのも良いかも知れません。

Youtuberが稼げるジャンル③企画系

若者

Youtuberが稼げるジャンル3つ目は、企画系です。登録者数の多い有名Youtuberのほとんどが、この企画系Youtuberです。「〇〇をやってみた!」「△△するとすごいことになった!」など、視聴者の興味をそそるような内容の動画をアップする人たちです。

多くのYoutuberにやり尽くされているジャンルですので、なかなかヒットは難しいかもしれません。しかし、人が思いつかないようなことを思いつく発想力や、動画をおもしろおかしく編集する能力があれば、ヒットが狙えるはずです。

Youtubeで稼ぐためにはどうすれば良い?稼ぐ方法を解説!

Youtubeで稼ぐ方法①長い動画を投稿する

お札

Youtubeで稼ぐ方法1つ目は、長い動画を投稿することです。10分以上の動画には高単価の広告がつきます。また、動画が長ければ長いほど、一つの動画に埋め込まれる広告の数も多くなります。3分程度の動画を多くアップするよりも少し長い動画を少しずつアップしたほうが収入が増えますよ。

Youtubeで稼ぐ方法②最後まで見てもらえる質の高い動画を作る

動画を作る女性

Youtubeで稼ぐ方法2つ目は、最後まで見てもらえる質の高い動画を作ることです。動画が多く再生されていても、一人あたりの動画視聴時間が短ければ収入には反映されません。また質の高い動画を作れば単価の高い広告をつけられるようになります。最後までしっかり見てもらえるような質の高い内容を心がけましょう。

Youtubeで稼ぐ方法③インパクトのある見出しにする

驚く女性

Youtubeで稼ぐ方法3つ目は、インパクトのある見出しにすることです。せっかく良い動画を作っても、動画が再生されなければ意味がありません。誰かに見てもらうためには、視聴者の気を引くような見出しやサムネイル画像を採用しましょう。派手な色を使ったり大げさな言い回しをするだけで、再生回数があがりますよ。

Youtuberを目指すときの注意点!

Youtuberを目指すときの注意点①倫理観が問われる企画は行わない

禁止

Youtuberを目指すときの注意点1つ目は、倫理観が問われる企画は行わないことです。例えば「動物をいじめてみた」「道を歩いている人に怪我をさせた」などの企画動画は倫理的にNGです。このような動画は炎上の原因にもなり、Youtubeチャンネルを閉鎖される恐れもあります。

Youtuberを目指すときの注意点②住所を安易に公開しない

警告する女性

Youtuberを目指すときの注意点2つ目は、住所を安易に公開しないことです。再生回数獲得のために住所を公開するYoutuberがいます。しかし、一度ネット上に住所を公開してしまうと情報を消すことはできません。いたずらや誹謗中傷の的になり、場合によっては引っ越しせざるを得なくなるでしょう。

またこういった住所公開動画は安置を増やす原因にもなります。こちらにアンチ活動をする人の心理状態をまとめた記事を乗せておきますので、詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

収入の仕組みを理解してYoutubeでお金を稼いでみましょう!

Youtuberはなかなか収入が安定しない職業ではありますが、一度ヒットすることができれば一攫千金も夢ではありません。サラリーマンからYoutuberに転職し、億単位の年収を稼ぐ人もいます。自分が得意、好きなジャンルの動画をアップして、Youtuberを目指してみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。