就活で役立つ面白い特技の例一覧15選!履歴書の書き方や例文や見つけ方も

就活では面白い特技で、思いっきり自分をアピールしたいですよね。今回は、就活で役立つ面白い特技の例一覧を15選お伝えしていきます!また、履歴書の書き方や例文をはじめ、変わった特技の見つけ方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

就活でアピールできる面白い特技とは?

就活でアピールできる面白い特技①馴染みのない珍しいスポーツ

雪山を登る人たち

就活でアピールできる面白い特技1つ目は、あまり馴染みのない珍しいスポーツがおすすめです。野球やサッカーなどは子供の頃からやっている人も多く、あまりインパクトがありません。そのため、ボルタリングやパラセーリングなど聞いたことはあるけれど、それほどメジャーではないスポーツだと面接官の目に止まります。

就活でアピールできる面白い特技②特殊な才能や得意科目

電卓で計算する人

就活でアピールできる面白い特技2つ目は、特殊な才能や得意科目がおすすめです。スポーツなどの運動系以外の特技であれば、珍しい外国語やフラッシュ暗算といったあまり多くの人がやっていないような科目を履歴書に書くのが最適です。珍しい特技についてもっと詳しく聞いてみたいと採用担当者に興味を持ってもらえます。

就活でアピールできる面白い特技③工夫を凝らした趣味

地図を広げている女性

就活でアピールできる面白い特技3つ目は、工夫を凝らした趣味です。自分の好きな趣味について少し変わったアピール方法をするのもおすすめです。例えば、手芸が趣味なら祖母の着物でカバンを作るリメイクが得意、料理が趣味ならレストランで食べたメニューを再現するのが得意など、趣味に脚色を加えることが大切です。

就活でアピールできる面白い特技の例一覧15選

就活でアピールできる面白い特技の例①フラッシュ暗算

並んでいる数字

就活でアピールできる面白い特技の例1つ目は、フラッシュ暗算です。早いスピードで数字が出てくるため、桁数が増えて数が大きくなってくると計算が難しくなっていきます。数字を画像として脳に記憶することから、ナンバーセンスが高まると言われています。どんな仕事でも役立つため、就活の特技として最適です。

就活でアピールできる面白い特技の例②利き水

たくさんのペットボトル

就活でアピールできる面白い特技の例2つ目は、利き水です。利き酒はよく知られていますが、水を当てるのはなかなか難しいためおすすめです。お酒があまり得意ではない人でも、コンビニでも手軽にミネラルウォーターが購入でき気軽に始めることができます。製品を開発販売する飲食業や製造業などの面接にぴったりです。

就活でアピールできる面白い特技の例③節約レシピ

泡立て器を持つ人

就活でアピールできる面白い特技の例3つ目は、節約レシピです。料理が好きな人は、節約しながら美味しい料理を作ることを特技にしましょう。例えば「まだ親から仕送りしてもらっている身のため、かさ増しできる豆腐やもやしを使っていろいろなメニューを研究しています」と言うだけでも好印象を持ってもらえます。

就活でアピールできる面白い特技の例④DIY

木材を持つ女性

就活でアピールできる面白い特技の例4つ目は、DIYです。大掛かりな家具を作るDIYだけではなく、小さな箱や缶をリメイクしたりするだけでも大丈夫です。例えば「100円ショップで購入した木箱にペイントして組み合わせ、自分でジュエリーケースを作りました。」というだけでも立派な特技になるのです。

就活でアピールできる面白い特技の例⑤速記・速読

真面目に勉強している女性

就活でアピールできる面白い特技の例5つ目は、速記や速読です。読書やネットサーフィンが好きなら、速記力や速読力を磨いて特技にしましょう。本をどのくらいで読み終えられるのか、動画の音声をどのくらい早く正確に記録できるか、ブラインドタッチをマスターするなど、働いてからも役立つ特技のためおすすめです。

就活でアピールできる面白い特技の例⑥手芸

卵に色を塗る人

就活でアピールできる面白い特技の例6つ目は、手芸です。ただ手芸が得意というだけでは面白くないため、「卵の殻に装飾を施すエッグアートが特技です。」「靴やスマホケースなどにデコパージュするのが特技です。」などと言うと、エッグアートやデコパージュってどんなものだろう?と面接官が興味を持ってくれます。

就活でアピールできる面白い特技の例⑦なわとび

ダンベルと縄跳び

就活でアピールできる面白い特技の例7つ目は、なわとびです。スポーツを特技をする人が多いと思いますが、地味に見える縄跳びや鉄棒なども特技として書くことができます。「2重跳びを100回連続で飛べます」「1000回以上引っかからずに飛び続けられます」といえば、体力や持久力があることをアピールできます。

就活でアピールできる面白い特技の例⑧ダンス

踊っている女性

就活でアピールできる面白い特技の例8つ目は、ダンスです。スポーツと似ていますが、少し変わったダンスを特技にすると興味を持ってもらえます。例えば、スペイン舞踊のフラメンコやラテン系のズンバなど、子供の頃からの習い事としてやっている人が少なそうなダンスだと、とくにインパクトがあります。

就活でアピールできる面白い特技の例⑨掃除・整理整頓

洗剤と雑巾

就活でアピールできる面白い特技の例9つ目は、掃除や整理整頓です。几帳面な人なら掃除や片付けを特技にすることもできます。「父親の仕事の関係で転勤が多く、引越しの片付けをしているうちに整理整頓が得意になりました。一人暮らしを始めてからも役立っています」と言うと好感を持ってもらえます。

就活でアピールできる面白い特技の例⑩着物の着付け

番傘をさしている女性

就活でアピールできる面白い特技の例10番目は、着物の着付けです。和装が好きな人なら自分で着付けできることを特技とするのがおすすめです。「祖母の着物を大切にしたい思いから、自分で着付けをするようになりました。」と言うと、古いものを大切にしながら、新しいことに挑戦する姿勢を伝えることができます。

就活でアピールできる面白い特技の例⑪画像・動画編集

ヘッドホンをしている男性

就活でアピールできる面白い特技の例11番目は、画像や動画の編集です。パソコンが得意な人なら編集できることを特技に書きましょう。「大学の同級生と卒業旅行に行った時の写真やビデオを自分で編集して、友達にプレゼントしました。」と言うと、パソコンに詳しいんだなと良いイメージを持ってもらえます。

就活でアピールできる面白い特技の例⑫クイズを作る

考えている女性

就活でアピールできる面白い特技の例一覧12番目は、クイズを作ることです。クイズ番組やクロスワードが好きな人なら、自分でクイズを作ることを特技にしてしまいましょう。「クイズを作ることが得意で、休み時間に友達にクイズを出して楽しんでいます。」などと言うと、場を盛り上げることも得意なのがわかります。

就活でアピールできる面白い特技の例⑬すぐ親しくなれる

大笑いする女性たち

就活でアピールできる面白い特技の例13番目は、すぐ親しくなれることです。人懐っこい人なら、人と親しくなれることを特技にしましょう。例えば「アメリカに留学した時に、言葉が通じなくても様々な国の留学生とすぐに打ち解けることができました。」と言うと、コミュニケーション能力が高いことをアピールできます。

就活でアピールできる面白い特技の例⑭絶景・秘湯巡り

湯気が出ている温泉

就活でアピールできる面白い特技の例14番目は、絶景や秘湯巡りです。旅行が好きな人はただ温泉が好き、地理や歴史が得意だけでは面白いとは言えません。「秘湯に訪れて、その土地の歴史や温泉ができた経緯について詳しく調べています。」と言えば、旅行を通して歴史や地理を勉強しているとアピールできます。

就活でアピールできる面白い特技の例⑮味を再現できる

料理している男性

就活でアピールできる面白い特技の例15番目は、味を再現できることです。料理が好きな人ならお店の味を再現したり同じメニューを作ることを特技にしましょう。「レストランで食べた味を思い出しながら、納得できるまで味を調整します。」と言えば、妥協せずに最後まで徹底してやり抜くことをアピールできます。

面白いけど就活ではNGな特技は?

面白いけど就活面接ではNGな特技①格闘技・ギャンブル

グローブとお金

面白いけど就活面接ではNGな特技1つ目は、格闘技やギャンブルです。男性が憧れるプロレスや格闘技が得意の場合でも、暴力的なイメージを受けてしまう場合があるため就活面接では言うことを控えた方が良いです。また、競馬や競輪などのギャンブルも、イメージがダウンしてしまうため避けましょう。

面白いけど就活面接ではNGな特技②アニメに詳しい

メガネをかけている男性

面白いけど就活面接ではNGな特技2つ目は、アニメに詳しいことやアイドルが好きなことです。アニメやアイドルに詳しいのは、とても面白い特技ではあります。しかし、サブカルチャー的に捉える人やマイナスなイメージを持っている人もまだまだ多いため、就活面接でアピールすることは控えた方が良いです。

面白いけど就活面接ではNGな特技③占いが得意

水晶の玉と占いの道具

面白いけど就活面接ではNGな特技3つ目は、占いが得意なことです。占いは様々な種類がありますが、宗教的な意味合いを含んで捉えられてしまう場合もありますので、避けた方が良いでしょう。宗教や思想の偏りのある人は、面接官にはあまり良いイメージを持ってもらえないことが多いからです。

履歴書で面白い特技を書く時のコツや例文は?

履歴書で面白い特技を書く時のコツや例文①特技は自己紹介の意味でもある

履歴書と面接を受ける女性

履歴書で面白い特技を書く時のコツや例文1つ目は、特技は自己紹介の意味でもあるのです。例えば「合唱が特技です。合唱サークルの部長をしており、老人ホームで童謡を歌うボランティアをしています。」と書けば、合唱の特技、サークルの部長、ボランティア活動の3つの自分の強みを伝えることができるのです。

履歴書で面白い特技を書く時のコツや例文②インパクトが大事

真剣な表情の面接官

履歴書で面白い特技を書く時のコツや例文2つ目は、インパクトが大事です。料理が得意な場合も、「節約レシピが得意です。低価格でいかに美味しいものを作れるかを試しており、休日には友達に振舞っています。」と書くと、学生生活を楽しんでいる様子が履歴書からヒシヒシと伝わって、採用担当の印象に残ります。

履歴書で面白い特技を書く時のコツや例文③良いイメージを具体化すること

にこやかに会話する面接官

履歴書で面白い特技を書く時のコツや例文3つ目は、良いイメージを詳しく伝えることが大事です。例えば「暗算が特技です。バイト先で会計を担当する時には、レジよりも早くお釣りを計算することができます。」と書くと、どのように暗算が得意なのかを具体的に伝えることができます。

特技がない人の面白い特技の見つけ方は?

特技がない人の変わった特技の見つけ方①周りの友人に聞いてみる

カフェで会話する女性たち

特技がない人の変わった特技の見つけ方1つ目は、周りの友人に聞いてみる方法です。友達はどんな特技を持っているのか、また自分の特技だと思うことや友達よりも優れている点はどんなことかを詳しく聞いてみましょう。

特技がない人の変わった特技の見つけ方②人とは違うものを試してみる

ボートを漕ぐ女性

特技がない人の変わった特技の見つけ方2つ目は、人とは違うものを試してみる方法です。周りの友人たちが得意としているものではないことや、目新しいスポーツや珍しい趣味を挑戦してみましょう。カルチャーセンターやスポーツクラブなどに体験に行ってみるのもおすすめです。

特技がない人の変わった特技の見つけ方③今の趣味を工夫する

ブローチを作る人

特技がない人の変わった特技の見つけ方3つ目は、今の趣味を工夫する方法です。新しい特技を見つけなくても、今の趣味に少し工夫を凝らすだけで面白い特技になるのです。例えば、手芸の趣味も古い洋服をリメイクするのが特技になったり、英語が好きなら字幕なしで映画をみることを特技にすることもできます。

面白い特技を見つけて就活でアピールしよう!

握手する男性

ここまで就活で役立つ面白い特技について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?珍しい一風変わったスポーツや趣味を特技にするほか、今ある趣味に工夫を凝らして特技にすることができましたね。

今回お伝えした面白い特技について以外にも、自己紹介の基本と面白い項目の例文を説明した記事や、履歴書とESの趣味の例を説明した記事がありましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 635351252
自己紹介の基本・面白い項目と例文13選|学校・就活での自己紹介の方法!

自己紹介でどんな項目を話せばよいか分からなくなった経験はありませんか。今回は、学校や就活の場面でも使えるような面白い自己紹介をご紹介します。パワーポイント...

Small thumb shutterstock 717032236
履歴書とESの趣味の例10選!就活や転職での書き方と特技も

就活や転職の際、履歴書やES(エントリーシート)に書く趣味や特技で迷ったことはありませんか?自分には履歴書に書けるような趣味や特技なんて無い、そう感じる方...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。