クレジットカードでマイルを貯める方法!高還元率おすすめカード5選

 

マイルは飛行機に乗ったり、ショッピングをしたりすると貯まるポイントです。無料航空券との交換ができることから、効率よくマイルを貯めてお得な特典をゲットしたい方も多いでしょう。この記事ではクレジットカードを使ってマイルを貯めたい方向けに、おすすめカード5枚をご紹介します。

そもそもマイルとは?マイレージサービスとは?

「マイル」とは航空会社で使えるサービスポイント

マイルとは、航空会社が実施しているポイントサービス(マイレージサービス)で貯まるポイントのことです。飛行機に乗ったり、提携カードを使ったりするとマイルを貯めることができ、貯まったマイルをさまざまな特典に交換できます。マイルと交換できるものは、次のような特典です。

【マイルと交換できるもの】
・国内線/国際線航空券
・飛行機の座席アップグレード
・提携先ホテルの宿泊、食事券クーポン
・レンタカー利用クーポン ほか

交換できる特典の中で人気があるのは、無料航空券です。もらった航空券を使って海外旅行に行くこともできるため、旅行が好きな方は、マイルを貯めながら賢くカード利用することをおすすめします。

「高還元率カード」に注目して効率よくマイルを貯めよう

クレジットカードを使えばポイントは貯まっていきますが、ただカードを使うだけではマイルはなかなか増えません。クレジットカードの中にも「マイルが貯まりやすいカード」がありますので、マイルを貯めようと思ったら、マイルと相性の良いカードを選ぶことがコツです。

注目したいのは、マイルを効率よく貯められる「高還元率カード」です。ここからはマイルが貯まるクレジットカードを、年会費が安い順にご紹介していきます。

1.エポスカード(還元率:0.5%)

年会費無料で持てるクレジットカード

エポスカードとは、丸井グループが発行しているクレジットカードです。還元率は0.5%(カード利用200円ごとに1エポスポイント)ですが、年会費無料で持つことができるため、マイルを貯めるカード候補としてご紹介します。

エポスカードは、ANAマイルやJALマイルへの移行に対応しています。通常のエポスカード会員であれば、レートは「1エポスポイント=0.5マイル」です。1マイルもらうためには、2エポスポイント(400円分のカード利用)が必要になります。

エポスポイントをマイルに交換するときは、インターネット上から会員サービスの「エポスNet」にログインして、専用画面で手続き可能です。マイルへの移行手数料は無料なので、貯まったエポスポイントをマイルに交換していきましょう。

会員向けセールや海外旅行保険も魅力

エポスカードを持っていると、「マルコとマルオの10日間」には店頭・ネット通販での買い物が10%オフになります。マルイやモディなどの提携店で利用したときは、ボーナスポイントがもらえることもメリットです。また、海外旅行保険が自動付帯であることも魅力。年会費無料の一般カードの中では、海外旅行保険がついているカードは限られているため、優待の多いエポスカードは持っていても損にはならないでしょう。

2.ANA JCB一般カード(還元率:1.06%)

ANA発行のクレジットカードでマイルを貯めよう

ANAマイルを貯めるならば、ANAが発行しているクレジットカードがおすすめです。ANAのカードにもいくつか種類がありますが、まずは加入条件が優しい一般カードからご紹介します。

ANA JCB一般カードは、JCBブランドのカードです。年会費は税込み2,160円。このカード一枚でANAマイレージクラブ、JCBカード、楽天Edyが標準搭載されており、Edy支払いで200円あたり1マイルが貯まります。カード入会時・継続時には1000マイル、さらに搭乗時には「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」と、獲得マイルがアップするボーナス制度もあります。

Oki DokiポイントをANAマイルに交換できる

ANA JCB一般カードを使うと、1000円ごとにJCBポイント「Oki Dokiポイント」が1ポイント貯まり、マイルに交換できます。交換レートは以下の通りです。

【Oki Dokiポイントをマイルに交換する場合】
・5マイルコース:1ポイント=5マイルに交換(移行手数料は無料)
・10マイルコース:1ポイント=10マイルに交換(移行手数料5,400円)

どのコースでマイルを交換するかは、持っているポイント数に応じて検討してみましょう。このほかにも、ANA JCB一般カードには海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険(各1,000万円)の自動付帯があります。機内販売の優待割引、空港免税店で5%オフになるなどの特典もあるため、飛行機をよく使う方であればメリットの多い一般カードです。

3.ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード(還元率:1.09%)

ANAワイドゴールドカードはお得にマイルを貯められる

続いて、ANAが発行するVISA/マスターブランドのゴールドカードについてです。「ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード」は、年会費税込み15,120円で持てるゴールドカード。年会費は一定の条件(Web明細サービスの利用+マイペイすリボへの登録)を満たしていれば、次年度は9,500円に引き下げられます。

ANAワイドゴールドカードの入会時・継続時には2,000マイルがプレゼントされ、搭乗時には「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」がボーナスマイルとしてもらえます。ポイントのマイル移行も、「1ポイント=10マイルに移行」が手数料無料でできるため、ANAの一般カードよりもお得です。

会員向けの保険も、海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険、国内旅行傷害保険の3つが各5,000万円で自動付帯です。優待の割引率も一般カードより大きくなるため、出張や旅行の機会が多くANAが好きな方であれば、年会費を払うだけの価値はあるでしょう。

ANAワイドゴールドカードの入会方法

ANAワイドゴールドカードには入会資格があり、「原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」と決まっています。申込時にはゴールドカード独自の審査が行われ、基準をクリアできていればカードが発行されます。

カード申込みはインターネット上からも可能です。金融機関の通帳やキャッシュカード、運転免許証などの身分証明書を用意して、ワイドゴールドカードへの申込みを行いましょう。同時に引き落とし口座の設定を行っておけば、最短3日でカードを発行してもらえます。すでにANAカードを持っている方であれば、アップグレードの申し込み後に審査を受けてから切り替え可能です。

4.セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス(還元率:1.125%)

年会費がお得なプラチナカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、クレディセゾンが発行しているプラチナカードです。年会費は税込み21,600円で、年間200万円以上のカード利用者であれば10,800円になります。

プラチナカードの中でも年会費は安いカードですが、24時間365日のカードデスク完備、空港ラウンジサービスありと、コスパの良さから人気です。特典の特徴としては、会計ソフトやチャットツールの優待、弁護士紹介サービスなどのビジネスサポートが盛り込まれているほか、コナミスポーツの優待、帝国ホテルなどのAMEX優待が利用できます。ビジネスオーナー向けに提供されているカードですが、法人だけでなく個人の方でも一般枠として申し込み可能です。


JALマイルを貯めたい方におすすめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスに対応しているマイレージサービスは、「SAISON MILE CLUB」です。コースはJALコースのみで、ショッピング1,000円利用につき10マイル貯まります。

「SAISON MILE CLUB」を利用する際、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」の利用者(カード年会費税込み10,800円)は年会費4,320円がかかってしまいますが、プラチナカード保有者であれば無料です。

お得な入会キャンペーン(2018年3月末まで)

2018年3月までの申込み分については、入会翌月までに5万円分のカード利用を行うと、UCギフトカード5,000円分がもらえます。審査はありますがインビテーションなしで申し込みできるため、年会費を抑えてプラチナカードを持ちたい方にはおすすめのカードです。

5.ANA VISA プラチナ プレミアムカード(還元率:1.59%)

ANAマイルが貯まる最強ステータスカード

ANA VISA プラチナ プレミアムカードは、ANAが発行しているプラチナカードです。年会費は税込み86,400円と他のカードと比べて断然高いですが、ボーナスマイルもマイル移行もANAカード内では優遇されています。

まず、入会時・継続時のボーナスマイルは10,000マイル(ANAゴールドの5倍)です。搭乗時には「区間基本マイレージの区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%」が、ボーナスマイル(ANAゴールドの2倍)になります。クレジットポイントからマイルに移行する際は、1ポイント=15ポイント(ANAゴールドの1.5倍)に交換可能です。

ANA国内線ラウンジやゴルフ優待などのメリット多数

ANA VISA プラチナ プレミアムカードに入会すると、ANA国内線のラウンジサービスが利用でき、国際線のラウンジサービスが使える「プライオリティ・パス」ももらえます。付帯保険も、海外旅行傷害保険1億円、国内航空傷害保険5,000万円、国内旅行傷害保険1億円と手厚い補償額です。

特典については、24時間対応のコンシェルジュサービスのほか、名門コースのゴルフ優待、有名店のグルメ・クーポン、空港免税店での10%オフなどがあります。

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの入会方法

ANA VISA プラチナ プレミアムカードへの入会資格は、「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」と定められています。申し込み後にプラチナカード独自の審査が行われ、審査に通れば最短3日で発行されます。ステータス性の高いプラチナカードを持ちたい方、ANAマイルを貯めたい方は、一度検討してみてください。

まとめ

ここまで、マイルを貯めたい方におすすめのクレジットカードをご紹介してきました。カード利用で損をしないためには、まず今自分が使っているカードの還元率を確認して、より還元率の高い(=マイルが貯まりやすい)カードに切り替えることが大事です。

マイルが貯まりやすいカードは年会費もかかりますが、よく飛行機を使う方であれば優待特典を活用して空の旅をより快適な時間にできます。ぜひクレジットカードの持ち方・使い方を見直して、お得にマイルを増やしていきましょう。

また、『最もお得なおすすめクレジットカード2018!目的別ランキング』では「“お得”なクレジットカードの選び方」や「持っていて損しないクレジット」を属性別に網羅して紹介しているので、参考にしてみてください。

関連記事

おすすめの記事

全記事一覧