nanacoをお得に使うには?ポイントが付くクレジットカードも!

nanacoという支払い方法をご存知でしょうか?主にセブン&アイグループで利用することでのできる支払い方法の一つであり、nanacoを使うことでポイント等の特典を得ることができます。この記事では、nanacoをお得に使うための方法をご紹介します。

nanacoに入会するには?

nanacoカードを作る

nanacoカードはセブンイレブンやイトーヨーカドー等の店頭で作成することが可能です。nanacoの入会案内ページでは事前に申し込み情報を入力することで、店頭でカードをすぐに受け取ることが可能となっています。パソコンだけでなく、スマートフォンからも申し込み可能なので、これから作成を考えている人は事前の申し込みを検討してみてください。 nanacoカード入会案内

アプリを使う

お手持ちのスマホにnanacoモバイルを登録することで、スマホをnanacoのカード代わりに利用することができます。nanacoモバイルを利用することで財布からカードを出す手間やカードを忘れてしまった場合も気軽に買い物を楽しむことができます。アプリ単体でクレジットカードを使って残額チャージ可能等、モバイルならではの機能を使うことが可能です。

nanacoの使い方

nanacoチャージする

nanacoを利用するには、まずnanacoに残高をチャージする必要があります。チャージは現金やクレジットカード、nanacoギフト、そしてnanacoに溜まっているポイントからチャージすることが可能です。 現金でのチャージ方法は店頭で行うため、レジでnanacoのチャージを申請します。クレジットカードはPC等を使ってオンラインでチャージすることができますが、初回のみクレジットカードの登録が必要となります。クレジットカードの登録後24時間経過したらオンラインからチャージ申請を行い、店頭で残高確認を行いましょう。

レジにかざす

通常の買い物の際にnanacoをレジにかざすことで支払いをすることができます。レジに商品を持っていった際にnanacoで支払う旨を告げ、nanacoカード(モバイル)をレジにかざします。音がなれば支払い完了の合図です。

nanacoが使える店

nanacoは基本的にセブン&アイホールディングス系列のお店で利用することができます。コンビニであればセブンイレブン、スーパーであればイトーヨーカドーやヨークマート、そして飲食店であればデニーズが有名どころでしょう。その他、マクドナルドやカラオケ館等幅広いジャンルのお店でnanacoを利用することが可能です。

nanacoポイントが貯まる

nanacoを利用するメリットには簡単に支払いを行えること等がありますが、それに加えてnanacoポイントが貯まることも挙げられるでしょう。買い物をした際に1円につき1ポイントを貯めることができ、nanacoポイント1ポイントを1円としてチャージすることができます。なお、買い物した際に即ポイントが付くお店もあれば後日付与されるお店もあるため、その点には注意が必要かもしれません。

nanacoカードの無料での作り方

nanacoキャンペーン時に作る

nanacoカードを作る際には、通常300円(税込)の発行手数料がかかります。しかし、キャンペーンの時であれば無料でnanacoカードを作ることができることもあるため、nanacoカードを作る際はタイミングに注意しましょう。nanacoカードを無料で作ることができるキャンペーンとしては、イトーヨーカドーであればハッピーデー、セブンイレブンであれば店舗限定キャンペーン等が挙げられます。

一体型セブンカードプラスを利用

また、一体型セブンカードプラスを作ることでnanacoカードを無料で発行することができます。こちらはクレジットカードとnanacoカードが一体型になっているため、クレジットカード支払いもnanaco支払いも一枚のカードで対応することができるでしょう。初年度年会費は無料、2年以降も前年度の使用金額に応じて年会費が無料になることが特徴です。

ポイントが貯まるクレジットカード

還元率が良いのはリクルートカード

買い物をした際にnanacoで支払うことで利用金額に応じてポイントを得ることができます。それに加え、クレジットカードを使用してnanacoにチャージしておけば、クレジットカード側の還元も同時に受けられるため、お得に買い物を楽しむことができます。 その際に還元率の良いカードとしてはリクルートカードが挙げられるでしょう。以前はnanacoへのチャージで無制限に1.2%のPontaポイントを得られていたのですが、2018年4月16日からは電子マネーへのチャージは合計で月30,000円までという付与制限が設けられました。月30,000円というのはnanaco単体で30,000円というわけではなく、楽天EdyやモバイルSuica等へのチャージ額の合計という形です。

quicpayでセブンカードもお得

また、quicpay機能が搭載されたnanacoカードを利用することでお得な買い物をすることができます。通常のnanacoカードでの支払いはチャージが必要になるのですが、quickpay機能が付いたnanacoカードであればチャージは不要となります。また、nanacoポイントに加えてセブンカードポイントも付与されたり、紛失時の保険が付いている点もメリットと言えるでしょう。

まとめ

nanacoを上手に利用することで、様々なシーンでポイント還元を受けることが可能です。毎日の買い物をnanacoで行うことによって自然とポイントを貯めることができ、それを使って欲しいものを購入することもできるでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。