dカードを全種類紹介!dポイントの貯め方や使い方を徹底解説

dカードは、携帯電話サービス提供企業のNTTドコモが運営するクレジットカードです。ドコモのユーザーでなくてもdカードに入会することは可能ですが、ドコモのユーザーであればポイント加算などでメリットがあります。この記事でこの記事では、dカードの種類や使い方などについて説明します。

dカードの種類とそれぞれの特徴

dカード:スタンダードなカード

数あるdカードの種類の中でも、一般的なカードとされるのは「dカード」です。dカードの年会費は初年度無料ですが、2年目以降は1,250円(税抜)です。ただし、ショッピングでの利用があれば年会費は無料になります。 dカードの申込や審査に関しては、こちらの記事もご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/3607”]

dカードゴールド:特典が充実

「dカードゴールド」は、dカードのアップグレード版にあたるゴールドカードの名称です。dカードゴールドの年会費は10,000円(税抜)となっていますが、特典が充実しています。 なお、dカードからdカードゴールドにアップグレードした時には、カード番号がゴールドカード専用の番号に変更されますので、旧カードのカード番号で支払いなどを登録をしている場合には、変更手続きが必要です。 dカードゴールドについては、こちらの記事もご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/2697”]

dカードmini:電子マネー専用アプリ

「dカードmini」は、電子マネーの「iD」を利用することができるサービスのことです。dカードminiは、NTTドコモのおサイフケータイに対応している機種であれば利用することができます。なお、dカードminiの年会費はずっと無料です。

dカードプリペイド・ポイントカード

dカードには、ポイントカードとプリペイドカードもあります。ポイントカードは、ローソンやマクドナルドなどでの買い物100円につき1ポイントが貯まります。dポイントカードは年会費無料で利用することが可能です。 また、dカードのプリペイドカードは年会費無料となっており、12歳(中学生)以上であれば申込可能です。入会審査は不要となり、Webですぐに申込できます。

dカード家族カード・ETCカード

dカードでは、家族カードを作成することができます。支払口座を1つにまとめることができるので、カードを簡単に管理することが可能です。なお、家族カードは初年度の年会費が無料で、2年目以降は本会員、あるいは家族会員のどちらか一方でカードでのショッピング利用があれば、年会費は無料になります。
また、dカードでは有料高速道路などで利用できるETCカードの発行も可能です。 入会初年度の年会費は無料で、2年目以降もETCカードの利用があれば年会費は無料となります。家族カードごとにETCカードを発行することも可能となり、その場合も初年度の年会費は無料、2年目以降もETCカードの利用があれば年会費は無料です。 dカードの家族カードとETCカードについては、下記の記事をそれぞれご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/2932”] [blogcard url=”https://cktt.jp/3126”]

dポイントの使い方と貯め方は?

dポイントは、dカードのポイントサービスの名称です。日々の買い物や公共料金の支払いなどの際に、dカードを利用することでdポイントが貯まります。

カードにdポイントを登録しよう

dポイントを利用するためには「dポイントクラブ」の登録が必要です。登録は、dポイントカード・dカード(クレジットカード)・dカードプリペイドそれぞれのカードの種類別に登録します。 NTTドコモの回線を利用してアクセスしている場合には、登録したいカードを選択し、4桁の暗証番号を使って登録手続きを進めてください。ドコモの回線以外を使っている場合には、dアカウントの発行手続きを行ってから、登録手続きを進めましょう。

ローソンやメルカリで貯まる・使える

dポイントは、コンビニエンスストアのローソンや、ファストフードのマクドナルドでの利用でポイントを貯めることが可能です。他にも、家電量販店のNojimaやJoshin、CD・レコード販売のタワーレコード、回転寿司のかっぱ寿司、インターネット販売のメリカリなどでも貯められます。 なお、貯まったポイントを使う際には、靴販売のABCマートや、生活雑貨の無印良品ネットストアなどでdポイントを使うことが可能です。 ポイントの貯め方や使い方は、こちらの記事もぜひご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/4449”]

dカードポイントアップモールがお得

dカードポイントアップモールは、dカードのネットショッピングのモールサイトです。 dカードポイントアップモールを経由してdカードで買い物をした場合、dポイントが通常の1.5~10.5倍も付与される可能性があります。さらに、お店によってはお得なクーポンを配布しています。

会員向けキャンペーンを活用しよう

dカードでは、dポイント会員に向けて様々なキャンペーンを実施しています。 例えば、キャンペーンに参加することで最大10倍のポイントがもらえるチャンスがあったり、指定の店でdカード利用によりdポイントがプレゼントされたり、などです(2018年4月現在)。最新のキャンペーンは、公式ウェブサイトなどで確認をしてみてください。

dカードゴールドの会員特典とは

dカードゴールドにはゴールドカードならではの特典があり、特にNTTドコモのユーザーであれば、さらに便利に活用できるクレジットカードとなっています。

毎月のドコモ利用料金の10%を還元

dカードゴールドの会員は、毎月のNTTドコモの利用代金や、ドコモ光の利用金額が10,000円(税抜)につき100ポイントが貯まります。このサービスを利用するには、携帯番号の登録が必要です。

全国28の空港ラウンジ利用が無料

dカードゴールドの会員は、日本全国で28箇所ある各空港のラウンジを無料で利用することができます。ラウンジの入り口で、dカードゴールドと当日の搭乗券の半券を提示することが条件です。

国内・海外旅行保険が自動付帯

dカードゴールドには、国内・海外の旅行保険が自動で付帯しています。海外旅行保険の場合、会員本人であれば傷害死亡保険金は1億円となっています。また、国内旅行保険の場合は、傷害死亡の保険金は5,000万円です。 メリットや付帯サービスについては、こちらの記事もおすすめです。 [blogcard url=”https://cktt.jp/5145”]

dカードの解約手順と注意点

dカードの解約は電話で行なう

dカードの解約手続きは電話で行います。インターネットでは行っていないためご注意ください。 dカード会員の人はdカードセンター(0120-300-360)に、dカードゴールド会員の人は、dカードゴールドデスク(0120-700-360)にそれぞれ電話をして手続きをしてください。 解約についてはこちらの記事もご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/2871”]

dカードを解約してもポイントは残る

解約に際して、ポイントがどうなるのか気になる人もいるのではないでしょうか。実は、dカードを解約してもdポイントは残ります。dポイントクラブを解約するか、dポイントの有効期限が来るまでは、dポイントがなくなることはありません。

dカード明細の確認方法と反映時期

ログイン不要のdカードアプリが便利

dカードでは、dカード会員のために「Member's Menu」というインターネットサービスを行っています。 Member's Menuでは、支払い金額や利用明細、利用可能額の照会をはじめ、リボ払い・分割払い・キャッシングの申込や、ポイントの照会・利用など、便利なサービスを利用することが可能です。 なお、Member's Menuをはじめて利用する場合には、dアカウント、あるいはMember's IDが必要です。 また、紙面での利用代金明細書の発行・郵送を希望する場合は、dカードセンター(電話番号:0120-300-360)に電話して申し込んでください。紙面での明細書発行は有料となり、50円(税抜)です。 dカードの明細についてはこちらの記事もおすすめです。 [blogcard url=”https://cktt.jp/6811”]

まとめ

NTTドコモが発行しているdカードは、特にNTTドコモの利用者には利便性の高いカードです。さらに、dカードゴールドであれば、旅行保険や空港ラウンジの無料利用など、さらにお得なカードとなっています。ぜひdカードを利用してdポイントを貯めたり使ったりし、様々な場面で活用してみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。