ヤフーカードは年会費無料だけじゃない!魅力や各種手続きまとめ

ヤフーカードは正式名をYahoo! JAPANカードと言い、ソフトバンクグループのワイジェイカード株式会社が発行しているクレジットカードです。年会費無料をはじめ、利用者にとっては魅力のあるサービスがたくさんあります。ヤフーカードの様々なサービス内容と、各種手続きについて説明します。

ヤフーカードってそもそも、どんなカードなの?

ヤフーカードとは

ヤフーカードは、ソフトバンクの連結子会社であるワイジェイカード株式会社が発行・管理を行っているカードです。国際ブランドはJCB・VISA・Mastercardから選ぶことができます。また、検索エンジンのYahoo! JAPANのサービスをよりお得に利用することができるクレジットカードでもあります。

ヤフーカードの年会費

ヤフーカードの年会費は永年無料となっています。他のクレジットカードでは入会初年度は無料で2年目からは年会費が必要な場合もありますが、ヤフーカードではずっと年会費がかかりません。したがってヤフーカードを利用せずに持っているだけでも全く費用は発生しないのです。

ポイント還元率

ヤフーカードを利用するとTポイントが貯まりますが、そのポイント還元率は1%となっています。例えば1,000円利用すると、10ポイントのTポイントが還元されるのです。この1%という還元率は特別高いものではないですが、0.5%としているクレジットカードも多いことから考えると優れた還元率と言うことができるでしょう。

締め日と引き落とし日

ヤフーカードの締め日は毎月月末、引き落し日は翌月の27日です。引き落し日が土日・祝日の場合は、翌営業日に引き落としが実施されます。また、毎月20日に引き落とし金額が確定します(口座によっては15日の場合もあります)。 ヤフーカードの締め日と引き落とし日については、下記記事も参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/639”]

ヤフーカードの種類

家族カード

ヤフーカードの会員は無料で家族カードを作ることができます。家族カードは引き落とし口座が一つで済みますので管理は楽です。しかし、家族でもヤフーカードを別に作成することで、申し込みポイントが付与されることにもなりますので、家族カードにするか別々のカードにするか、よく検討しましょう。

ETCカード

ヤフーカードではETCカードを作ることができます。ただし、年会費が540円かかる点に注意が必要です。他のカード会社では無料のETCカードを発行しているところもありますので、比較・検討してみましょう。 ヤフーカードのETCカードについては、下記記事も参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/611”]

ヤフーカードの魅力とは

審査に通りやすい

ヤフーカードの申し込み資格は、安定した継続収入のある18歳以上の人、本人に収入は無いけれども配偶者に収入がある人、学生(高校生は除く)、となっていて、年金受給者や専業主婦でも審査をパスしている人は多くいます。一方、同じようなタイミングでたくさんのクレジットカードに申し込んでいる多重申込者は入会を断られているようです。 ヤフーカードの審査については、下記記事も参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/732”]

キャッシングが利用できる

ヤフーカードではキャッシングサービスを利用することができます。金融機関やコンビニの提携ATMを利用してキャッシングが可能です。 また、海外の提携ATMを使って現地の通貨のキャッシングもできます。さらにパソコンやスマホからキャッシングを申し込めば指定の口座に振り込みされるサービス(ネットキャッシング)を使うこともできます。 キャッシングについては、下記記事も参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/158”]

カード利用でTポイントが貯まる

ヤフーカードはTポイントカードと一体になっています。買い物などの際にヤフーカードを提示すれば、それだけでTポイントが貯まります。 ヤフーカードのTポイントについては、下記記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/1473”]

保険がついている

ヤフーカードを利用してショッピングした場合、ショッピングカード保険が適用されます。これは商品購入後90日以内に盗難や破損などが生じた場合、1回あたり3,000円の自己負担で損害を補償してくれるサービスです。

Apple Payが利用できる

ヤフーカードではiPhoneなどで対応しているApple Payを利用することができます。ヤフーカードとApple Payを紐付けておくと、電子マネーのQUICPayが利用できる場所で支払いをすることが可能です。

キャンペーン中の入会でもっとお得に

ヤフーカードでは入会者にとってお得なキャンペーンを度々実施しています。例えば2018年4月6日~9日の3日間限定で、「入会+利用」で最大10,000ポイント(Tポイント)もの入会特典を獲得できるキャンペーンが行われていました。 ヤフーカードのメリットについては、下記記事でも紹介していますので参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/1843”]

ポイントや明細を確認する方法

Web明細で確認

ヤフーカードの利用で付与されるクレジットポイントや明細はWeb明細で確認することができます。入会時に登録するYahoo! JAPANのIDを利用して、カード会員のメニューから確認しましょう。 なお、明細を印刷する方法については、下記記事を参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/973”]

紛失や解約の場合

紛失したら専用窓口に連絡

ヤフーカードを紛失した場合には専用窓口に連絡しましょう。電話番号はフリーダイヤル0120-71-5971で、24時間年中無休で対応しています。また、海外からの問い合わせは、81-92-474-9195まで電話をしてください。 紛失については、下記記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/1367”]

解約はコンタクトセンターへ

ヤフーカードを解約したい時には、下記のコンタクトセンターに電話をしてください。手元にカードがある時は0570-058200へ、手元にカードがない時は0570-068200へ電話をして、指示に従って対応をしましょう。 解約については、下記記事も参考にしてください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/492”]

まとめ

ヤフーカードは永年手数料無料で入会しやすいクレジットカードです。また、Tポイントを貯めることができるし、キャンペーン期間中であればさらに大きな特典を享受できます。ヤフーカードは上手に利用することで、他のクレジットカード以上のメリットを受けることが可能です。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。