お金が欲しい人必見!女性や学生等でもお金に困らない方法を解説

お金が欲しい、と考えている人は少なくないはずです。しかし、どうすればお金を貯められるのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。この記事では、収入を増やす方法とは何か、収支を減らすにはどうすればよいのか等、まとめて解説します。

世代別!収入を増やす方法は?

中学生は将来への自己投資

中学生でお金がほしいと思っている人は、そのお金の使い道が将来への投資になっているか考えてみましょう。中学生の場合、お金は月々のおこずかい、またはお年玉などを貯めて使っていくことになります。 収入を一気に増やすことはできないので、いかに収支をコントロールするかが大切です。目先の欲しいものよりも、自分の将来のためになるものにお金を使うことを意識してみてください。

学生や高校生はアルバイトと自己投資

学生や高校生の場合、お金がほしいときにはアルバイトをして稼ぐことができます。アルバイトをするときには、稼いだお金をどのように使うか、なぜお金を稼ぎたいのか考えてみることが重要です。 お金の使い道を考えるときには、自己投資となるものに力を入れるとよいでしょう。自己投資をすることで、将来大きなリターンとして返ってくる可能性が高いです。

主婦や女性はライターやせどり等

主婦や女性の場合、ライターやせどりなどを行うことで、収入を増やすことを考えてみましょう。ライターやせどりなどは副業として取り組めるので、他に仕事を持っていたり、まとまった時間が取れなかったりする場合でも有効です。 他の在宅ワークとしては、ブログを運営してみたり、写真やデザインを売ってみたりすることも挙げられます。アルバイトやパートよりも時間に融通が利きやすいのが特徴です。

社会人(男性、女性)は副業

社会人で働いていてもさらにお金が欲しい、という場合には副業をすることを検討してみましょう。副業としては、仕事が休みの日にアルバイトをするほか、ライターなど、インターネットを通してする仕事も考えられます。 フルタイムで働いている場合でも土日を有効活用したり、終業後の時間を有効活用してみたりしてください。会社によっては副業NGである場合もあるので、事前に就業規約を確認しておくことも必要です。

支出を減らす方法は?

家計簿をつける

支出を減らすためには、まず自分の収支について確認しておく必要があります。 収支を認識していないと、何が問題となっているのか、何にお金を使いすぎているのかがわかりません。家計簿をつけると、自分の収支が明白になります。 家計簿をつけることに慣れたら、収支を記入するだけでなく、それに合わせて予算も設定するようにしましょう。

まず月々の貯金額を決める

家計簿をつけることで自分の収支を確認したら、次は月々の貯金額を決めてください。貯金額は、その目的を明確にした上で、月にいくら貯めるのか定めておきましょう。 貯金額を事前に決めておくと、残りのお金でやりくりをするようになります。そうすることで、無駄使いを減らすことができるほか、節約にもつながります。
余ったら貯金する、としてしまうと結局はお金が余らず貯金できない、となってしまうことが多いのでご注意ください。

支出内容ごとに財布を分ける

予算を手軽に管理する方法としては、支出内容ごとに財布を分けるやり方があります。 お金をまとめて財布に入れていたり、カード払いを多用していたりしていると、どのようなものにいくら使ったがわからず、予算を使いすぎてしまうことがあります。 財布を分けておくと、詳しい家計簿をつけていなくても、どれだけ何に費やしたかが簡単にわかるためおすすめです。

浪費と投資を勘違いしない

お金を使いすぎてしまう人の多くは、浪費してしまっていることが多いです。 浪費は自分に何も返ってこず、また、節約することが可能な出費を指します。浪費は削減し、節約すべきですが、投資は無理に減らさないよう予算を確保しておく必要があります。 投資は、浪費と違い、将来の自分に返ってくるものです。月々予算を決め、なにもかもに対して節約することなく、必要な分はしっかりと投資に回しましょう。

投資は悪いことではない?

自己投資はローリスクハイリターン

節約しているとしても、自己投資に関してはむやみに削ってはいけません。正しく自己投資をすることは、すぐに利益を生まなくとも、将来的にお金がかえってくる場合が多いです。 目先のお金だけを意識するあまり自己投資を行わないと、長期的に考えたときにプラスの部分を自ら減らしてしまっていることにもなりかねません。自己投資には積極的に予算を割くようにしましょう。

株式投資の利益は非課税

将来の投資として株式投資を検討することも多いでしょう。株式投資には、一定の範囲内であれば非課税となる、NISAというものがあります。NISAは毎年120万円まで、非課税で投資を行うことができるサービスです。 非課税投資を上手く活用することで、税金を削減するとともに、資産を増やすことができます。NISAの対象は、株式だけでなく投資信託なども当てはまるので確認してください。

投資の種類は様々

お金を貯めるためには、貯金をするだけでなく、正しく投資をすることも重要です。投資というと、株式投資や投資信託をイメージする人も多いかもしれませんが、それだけではありません。 不動産投資をはじめ、FXや先物取引など、投資にもさまざまな種類があるので、情報をこまめに仕入れておくことが必要です。投資の情報にも日ごろから敏感になり、積極的に活用するようにしてみましょう。

まとめ

お金が欲しい、と思ったときに考えるべきことは、どうやって収入を増やすか・いかに出費を減らすか・上手に投資にするにはどうすればよいのか、ということです。それぞれ家計を十分に見直した上で、足りていない部分を認識し、お金と上手に付き合っていくようにしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。