28歳男性・女性の貯金額の平均値・中央値は?貯蓄0の人向け貯金方法!

28歳という年代の、貯金額の平均や中央値を知りたいという方も多いですよね。こちらの記事では、そんな28歳の男性・女性別貯金額や中央値について紹介しています。遊びたい盛りである28歳について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【男性女性別】28歳の貯金額の平均値・中央値は?

28歳男性の貯金額の平均値|約320万円

約320万円

28歳男性の貯金額の平均値は、約320万円になります。28歳は働き出して定期的に貯金をしていると、300万円以上の貯金があってもおかしくない年齢ですよね。そのため平均貯金額は、この程度の額になっています。

しかしこれはあくまで平均貯金額になります。そのため全く貯金していない人も数億円の貯金がある人も含まれている数字です。ですので平均値は、あくまで目安であることを覚えておきましょう。平均値よりも身近なのは、中央値になります。

28歳男性の貯金額の中央値|約120万円

約120万円

28歳男性の貯金額の中央値は、約120万円になります。中央値とは、28歳全体の貯金額の中央の値という意味になります。そのため28歳男性の最も多くの人たちは、120万円ほどの貯金があるということです。

ですので貯金が120万円以下という人は、28歳の半数以下の貯金額しかないということになります。そのため全く貯金がないという方は、始めは120万円を目安に貯金することがおすすめです。

28歳女性の貯金額の平均値|約280万円

約280万円

28歳女性の貯金額の平均値は、約280万円になります。女性の貯金額の平均値は、男性より40万円ほど少ないということが分かります。これは日本がまだ、女性より男性の方が給与が高いということを示しています。

また28歳女性の一定数は結婚し専業主婦を行っています。専業主婦であると、夫の口座に一緒に貯金していることも多いですよね。そういった要因から、女性は男性より貯金の平均値が低くなっています。

28歳女性の貯金額の中央値|約100万円

約100万円

28歳女性の貯金額の中央値は、約100万円になります。これは28歳女性の中で最も多い貯金額を表した金額です。この金額も、男性よりやや低いですよね。要因としては、上記で説明した理由と同じ理由になります。

28歳というのは30歳も目前の年齢です。特に女性は結婚への意識が高く、結婚を考える年齢になります。そのため結婚式や子供ができたことを考え、貯金をする人も多いようです。もしも結婚を考えている女性の方は、100万を目標に貯金してみてください。

28歳ならどれくらい貯金しておくべき?|独身や夫婦

28歳ならどれくらい貯金しておくべきか①独身なら100万円

独身なら100万円

28歳の貯金額の目安の一つ目は、独身なら100万円貯金しておくべきということです。28歳という年齢は、仕事でもある程度の給与をもらえるようになっている年齢になります。しかし結婚や子育て、冠婚葬祭でお金を使う機会が増える年齢でもあります。

そのため28歳の遊びたい盛りの独身でも、男女問わず100万円ほどは貯金しておくことがおすすめです。100万円貯金しておくことで、もしも何かあったり結婚したりしたとしてもある程度は安心になります。

28歳ならどれくらい貯金しておくべきか②夫婦なら300万円

夫婦なら300万円

28歳の貯金額の目安の二つ目は、夫婦なら300万円貯金しておくべきということです。28歳で結婚している夫婦であれば、今後子育てやマイホームなどでかなり出費してしまいます。そのため300万円ほどは貯金しておくことがおすすめです。

300万円貯金しておくことで、何かあっても安心ですよね。さらにマイホームやマイカーを購入する場合の頭金にもなります。そのため普段の生活でできるだけ節約し、定期的な貯金をしていくようにしましょう。

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法とは?

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法①家計簿をつける

家計簿をつける

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法一つ目は、家計簿をつけるということです。遊びたい盛りの28歳という年齢であると、お金を気にせず遊びに使ってしまうことも多いですよね。

しかしお金を気にせず何にお金を使っているか分からない、ということが一番の浪費につながります。そのため結果的に節約ができず、貯蓄もできないということになります。ですのでまずは何にお金を使っているか確認するためにも、家計簿をつけることがおすすめです。

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法②定期預金を行う

定期預金を行う

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法二つ目は、定期預金を行うということです。節約が苦手である場合は、無理に節約を意識せずあらかじめ貯金に回しておくということがおすすめになります。

定期預金で強制的にお金を貯金することで、定期的な貯蓄を行うことができますよね。さらに定期預金であれば、簡単に下すことができないため使う心配もありません。そのため定期預金であらかじめ貯金し、残ったお金で生活するということがおすすめになります。

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法③クレジット禁止

クレジット禁止

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法三つ目は、クレジット禁止になります。遊びたい盛りの一番の天敵は、クレジットカードを使用するということです。クレジットカードを使ってしまうと、いつの間にかすごい金額になっていることも珍しくありません。

そのためクレジットカードでの浪費を防ぐためにも、クレジットカードの使用を禁止することがおすすめになります。そうすることで、いつの間にか使っていたということを防ぐことができます。またお金の流れを意識することができるため、非常におすすめです。

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法④固定費を見直す

固定費を見直す

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法四つ目は、固定費を見直すということです。節約をしようと思うとき、食費や交友費から削ってしまいがちです。しかし一番大きな出費は固定費になります。

そのため家賃や通信費、光熱費などを一度見直すことが重要です。特に家賃は、抑えられるならできるだけ抑え引っ越しを考えることも必要になります。固定費を見直すだけで数万円の節約につながり、貯蓄することができるためおすすめです。

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法⑤自炊する

自炊する

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法五つ目は、自炊するということです。28歳の中で特に独身の方は、外食で使うお金が非常に多い傾向にあります。そのためいつの間にか食費がかさんでいた、ということも多いです。

ですので食費を削るためにも、自炊をするということがおすすめになります。自炊をすることで、食費を半分ほどに削ることが可能です。また食費に関しては、食費として月いくら使うか決めておくことで使いすぎを防ぐことができます。

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法⑥娯楽費を設ける

外食費を設ける

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法六つ目は、娯楽費を設けるということです。28歳という年齢は、まだまだ人付き合いや遊びでお金を使うことが多いですよね。そのため月の娯楽費も使いすぎてしまいます。

娯楽費を使いすぎないためには、娯楽費としていくら使うか決めることがおすすめです。あらかじめその範囲で使うと決めておくことで、使いすぎを防ぐことができます。これは洋服や雑貨費なども同様で、いくら使うか決めておくことで節約につながるためおすすめです。

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法⑦貯金目標を決める

貯金目標を決める

遊びたい盛りの節約が苦手な28歳におすすめの貯蓄方法七つ目は、貯金目標を決めるということです。節約が苦手な人というのは、いくら貯金するのか目標にするのかを決めていない人が多いです。そのためなかなか継続できません。

節約や貯蓄を長続きさせるためにも、まずはいくら貯金するかという目標を定めるようにしましょう。またその貯金を何に使うか決めるとなお良いです。目標を決めることで、節約にやる気を出せるため継続することができます。

節約して貯金する以外にも、他に貯金方法がないのか気になりますよね。こちらの記事では、そんな節約だけではない賢い貯金方法について紹介しています。様々な貯金方法を試してみたいという方は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

Small thub fotolia 178459335 subscription monthly m
賢い貯金の仕方は節約だけではない?主婦でもできるオススメ貯金方法

28歳の男女別貯金額や貯金方法について知り実際に貯金しよう!

28歳の男女別貯金額や節約方法について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。遊びたい盛りの28歳は、貯金がなかなか難しいですよね。しかし工夫次第では、節約し貯金することができると知っていただけたと思います。30歳を目前に貯金したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。