24歳の平均貯金額はいくら?20代前半の男性・女性の毎月の貯蓄額は?

世の中の24歳の男性、女性は毎月平均貯金額はいくらなのでしょうか?今回は人には聞けない20代の貯金のお話を紹介したいと思います。男女ともにこれからの人生のめに貯蓄を考えるお年頃です。24歳の平均貯金額や20代前半の男女の毎月の貯蓄額を紹介します。

24歳の平均貯金額はいくら?

24歳の平均貯金額は「約133万円」

金貯金額①

24歳の平均貯金額は「約133万円」と言われています。大学卒業から社会人3年目の歳で、多くの社会人はこの年にまだ昇進といったお給料のアップをされていな人がほとんどで「そもそも貯金するお金が毎月ない」というのが現状のようです。24歳の平均年収は「全体で320万円」と言われて言います。

男性は約333万円、女性は304万円が平均年収のようです。この平均年収の差は、派遣や契約社員が多いため男女差が生じていると考えられます。また、24歳の平均月収では21万円で、ここから税金などが引かれたり残業代なのどの手当が加わるので手取りは平均16万円くらいになります。

この給料の使い道の内訳は、生活費と娯楽費として消えてしまうので「ほとんど貯金ができない」、「しない」状態の人が多いようです。貯蓄に関しては、「20代後半から」と言う人や「社会人3年目で会社慣れをしてきたこれから」と考えている人もおおいようです。

20代前半の貯金額が一番多いのは「100万円未満」

貯蓄額

20代前半の貯蓄額が一番多いのは「100万円未満」です。先ほど紹介したように、24歳の平均貯金額は133万円と100万円以上が平均でした。しかし、実際の貯蓄額は100万円未満が一番多く、26.4%でした。理由は、給料が少ないということの他に、実家暮らしをする人よりも一人暮らしをする人が多いからです。

一人暮らしだと、生活費や光熱費だけでも何万単位の出費になります。それに加えて、両親への仕送りを行っている人や学生中に借りた奨学金の返済や息抜きのための娯楽費などの出費もあり、手元にはほとんど残らないというのが現状です。そのため、「貯金をしたくてもできない」といった人が多いようです。

また、貯金額が多かった次の分布は「100万円以上200万円未満」で全体の21.5%を占めていました。「20代前半の貯金額は200万円未満」と全体の約半分を占めていました。

24歳の貯金額が1,000万円以上の人は全体の4.2%

1,000万の貯蓄

実は、24歳で貯蓄額が1,000万円以上の人は全体の4.2%もいるんです。24歳の中のほんの一つまみの人たちですけど、驚きですよね。先ほど紹介した平均年収よりも上の額のお給料を頂いているい人や、既婚者、実家暮らしの人やあまり出費をしない人といったことが考えられます。

この金額を貯金する目的は「海外旅行に行くため」「結婚、出産費用のため」「貯金が好き」などと目的はさまざまですが、この金額を4年生大学卒業してから貯蓄したと考えると、月に42万円ほど貯金しているという計算になります。これから貯金をしようとしている人は無理のない自分に合った貯金の仕方をしてくださいね。

貯金が少ない24歳におすすめの貯蓄術は?

貯金が少ない24歳におすすめの貯蓄術①毎月無理のない範囲行う

貯蓄術①

貯金が少ない24歳におすすめの貯蓄術1つ目は「無理のない範囲行う」です。紹介したように、24歳の平均月給の手取りは約16万円です。生活スタイルは様々ですが、生活している中で「どの程度なら毎月貯金にできるか」というのがポイントです。「毎月貯金をしなければいけない」というストレスになってはいけません。

やり方の1つに目標の貯金額を設定する方法もありますが、今の段階ではこの方法は現実的ではありません。また、今まで貯蓄をしてこなかった人やこれからしっかり始めたい人には毎月続けられるような無理のない範囲での金額を設定し、続けるというのが大切です。手始めに500円~1,000円を毎月貯金してみましょう。

また、これ以上の金額を貯金できる場合は5,000円~10,000円の貯金をしてみてもいいでしょう。貯蓄生活に慣れてまた金額を再設定していてもいいかもしれません。

貯金が少ない24歳におすすめの貯蓄術②先取り貯金

貯蓄術②

貯金が少ない24歳におすすめの貯蓄術2つ目は「先取り貯金」です。先ほど紹介したように、毎月の貯蓄が負担やストレスになってしまうような事態を避けるために「お給料がでたら決めただけ貯金をする」という先取り貯金をおすすめします。そうすると、貯金をしてあるので残ったお金で支払いや生活費に気兼ねなく使えます。

お金がまだまだ少ない20代の毎月のお給料貯金でついやってしまいがちなことは「月末に余った分だけを貯金しよう」ということです。この方法だと、毎月「貯金するほどの額が余っていなかった」などの自己嫌悪に落ちる場合や毎月決まった額を貯金することができないなどデメリットがありますので注意が必要です。

また、月末までお金が残っていると心の余裕がみられ無駄遣いをしてしまう可能性もあります。そういった無駄な出費を抑えるためにも「先取り貯金」はおすすめですのでこれから貯蓄をしようと思っている人はやってみてください。

貯金が少ない24歳におすすめの貯蓄術③毎月いくら使っているか知る

貯蓄術③

貯金が少ない24歳におすすめの貯蓄術3つ目は「毎月いくら使っているか知る」です。大学卒業後に就職した人ならば、社会人3年目になりますので普段の生活で1か月の大体の出費を把握できていると思います。おおざっぱに1カ月の出費から細かく、食費や光熱費や家賃などを分けてみましょう。

1つずつ細かく分けていくと、毎月無駄な出費をしていることに気がつくはずです。外食が多かったり、家電をつけっぱなしなど「明らかにいらないもの」を探してみましょう。そうしたいらないものを消し、1カ月で本当に必要な費用が見えてくるはずです。

貯金に関するおすすめの書籍は?

貯金に関する書籍①女性におすすめ「シングル専用書籍」

書籍①

貯金に関する書籍1つ目は女性におすすめ「シングル専用書籍」です。女性にとって、既婚であるか独身であるかということで貯金をしなければならない理由と使い方が大きく異なってきます。その1つ目である独身女性専用の貯金に関する書籍です。「もしかしたら、このままずっとひとりかも」と思っている人におすすめです。

まだまだ先がある20代前半である24歳の独身女性ですが、「この先の未来」というのは不安でしかたない人もいるでしょう。そういう人はこの手の書籍を読むことと、すぐに貯金を始めることをおすすめします。お金の基礎知識を身につけて不安を解消しましょう。

貯金に関する書籍②女性におすすめ「ずぼら貯金術」

書籍②

貯金に関する書籍2つ目は女性におすすめの「ずぼら貯金術」です。この書籍は既婚女性にぜひ参考にしてもらいたい書籍です。結婚をすると、基本的に家計を任せられるのは女性です。日々の生活費や食費などを削っても貯金がなかなかできないという人は多いと思います。出来ないことから脱出するヒントが書かれたものです。

また、子供がいる家庭ではさらに子供の養育費や大学資金などの積み立て貯金をしている家庭も多いと思います。子供の貯金、夫婦の貯金、もしもの時の貯金などなどどれだけ貯金をしたらいいか悩ましいものですね。そんな悩みからも脱出するヒントが書かれた書籍ですので既婚女性のズボラ貯金の書籍を参考にしてみて下さい。

貯金に関する書籍③稼ぐ男性・女性におすすめ「未来設計に合った書籍」

書籍③

貯金に関する書籍3つ目は男性におすすめの「未来設計に合った書籍」です。仕事でのお給料がいい人は特に、「稼げば暮らせる」と思う傾向があります。そのため、貯金に対して無頓着の人も多いとおもいます。だからこそ読んでもらいたい書籍の1つです。

既婚か独身かで貯金をする方法は違っています。また、毎月の出費や収入も人によって違ってきます。例えば、毎月の飲み会は本当に必要なものなのでしょうか?自炊と外食はどちらが安く済むのでしょうか?などといったことや一生独身だった場合や結婚した場合にかかるお金はいくらでしょう?

そういったことがたくさん書かれている書籍が存在いたしますので、「稼げばよい」と考えている人はぜひ自分の未来設計に合った貯金の書籍を探してみて下さい。

24歳からの貯金を始めていこう!

いかがでしたか?24歳の平均貯金額やその理由など分かっていただけましたでしょうか?大学を卒業で社会人になった人は3年目の年ですが、仕事に慣れ始めるのと同時に自分の生活スタイルや毎月の出費が分かってくるという年ですね。将来のために貯金を考えているなら今がチャンスです。

今回紹介した貯金の仕方やおすすめの書籍を参考にして自分に合った貯金の方法を毎月実行してみて下さい。そして、明るい未来で使用してください。今回紹介した記事と似ている気いがありましたので合わせて参考にしてみて下さい。

Small thub fotolia 179698408 subscription monthly m
20代の平均貯金額はいくら?中央値や効率的な貯金方法も解説

Small thub fotolia 157500620 subscription monthly m
今年こそお金を貯める!簡単にできる家計管理方法やアプリを紹介!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。