貯金が2000万円ある年代別割合は?資産を貯める・貯蓄する方法とは?

2000万円貯金をしようと思っても、どうやって貯めるといいか分からないという方も多いですよね。こちらの記事では、そんな2000万(二千万)円貯蓄している人の年代別割合と、貯蓄するための方法について紹介しています。貯金を頑張りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合は?|35歳や40代

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合①20代は2%

20代は2%

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合一つ目は、20代は2%ということです。貯蓄や資産が2000万円ある20代は、現在約2%いると言われています。しかし20代で2000万円資産があるというのは、並大抵のことではありません。

そのため多くの場合は、実家が資産家であったり自分自身で起業していたりします。ですので普通に働いて、20代で2000万円貯金することはほぼ不可能です。20代で貯蓄しようと思う場合は、まずは100万円から目標にすることがおすすめです。

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合②30代は2%

30代は2%

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合二つ目は、30代は2%ということです。30代に入っても、2000万円貯金している人の割合は20代とほとんど変わることはありません。やはり会社で働いている場合で10年前後だと、2000万円貯めることは難しいということになります。

ちなみに30代の平均貯金額は500万円ほどです。30代から家庭を持ったりすることで貯金意識は高まりますが、2000万円を貯めるのは流石に難しいようです。30代で2000万円を目標にする場合は、投資をする必要があります。

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合③35歳は4%

35歳は4%

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合三つ目は、35歳は4%ということです。30代の全体では2000万円貯金している人は、約2%でした。しかし35歳に差し掛かると、大きく上昇するということがわかります。

これは30代に差し掛かることで、起業したり投資をしたりすることで急激に収入が増えている人が多いためになります。30代全体を見て35歳がその節目にあたり、4%へと上昇するためそこに向けて仕事や投資を頑張ることがおすすめです。

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合④40代は4%

40代は4%

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合四つ目は、40代は4%ということです。40代の割合を見たときも、35歳とパーセンテージが変わらないということが分かります。これは貯金や投資に対する意識が、35歳から40代にかけては同じレベルということになります。

40代に入ると会社員でも十分な役職についている場合が多いです。そのため投資をしている場合以外でも、定期的な貯金や運用、節約などで十分に1000万から2000万円に届く年齢になっていきます。

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合⑤50代は7%

50代は7%

貯金・資産が2000万円(二千万円)ある年代別割合五つ目は、50代は7%ということです。40代から会社員でも、2000万円近くの貯金をすることができると紹介しました。それが50代になると、大幅に増えるため約7%と上昇していることになります。

また50代の場合も、独立したり重役についたりと給与の上昇するイベントが多くあります。そのため貯蓄を頑張っている人は、2000万円到達することも珍しくはありません。しかし家庭を持っている場合では学費やマイホーム購入などでお金を使うため、貯蓄に差が出てしまうことがあります。

2000万円(二千万円)貯める方法は?

2000万円(二千万円)貯める方法①必ず家計簿をつける

必ず家計簿をつける

2000万円(二千万円)貯める方法一つ目は、必ず家計簿をつけるということです。これはかなり初歩的な貯金するための方法になります。やはり家計簿などを付けてお金の流れを見ることは、貯金をする上で非常に重要になります。

自分が何にいくらお金を使っているか知らなければ、どこが削れるかも分かりません。そのためまずは1か月分の家計簿をつけて、お金の流れを把握することから始めましょう。そうすることで、無駄に使っているお金を把握することができ結果的に貯金につながります。

2000万円(二千万円)貯める方法②固定費を見直す

固定費を見直す

2000万円(二千万円)貯める方法二つ目は、固定費を見直すということです。固定費というのは、毎月必ず払うお金ですよね。そのため一番見直しやすく、削りやすい部分になります。ですので、まずは固定費を見直すことから始めましょう。

家賃や通信費を見直すことで、1万円以上の無駄をカットすることができます。それをそのまま貯金することで、定期的な貯金額が大幅アップするため非常におすすめです。

2000万円(二千万円)貯める方法③生活水準を一定に保つ

生活水準を一定に保つ

2000万円(二千万円)貯める方法三つ目は、生活水準を一定に保つということです。20代から継続して貯金をしている人は、30代40代と収入が増えていくにつれ生活水準が上がる傾向にあります。

生活水準が上がると、給料が上がっても貯金額を上げることはできません。そのため少ない貯金しかできなく、2000万円貯めることが難しいです。もしも貯金だけで2000万円貯めようと思う場合は、生活水準を上げず上がった給料分すべて貯金するようにしましょう。

2000万円(二千万円)貯める方法④自分の資産で投資する

生活水準を一定に保つ

2000万円(二千万円)貯める方法四つ目は、自分の資産で投資するということです。会社員でも2000万円を貯蓄している人は、ほとんどが資産を投資しています。貯金額が少なくても、安定した投資をすることで2000万円貯蓄することも難しくはありません。

しかし投資で貯金額を増やそうと思う場合、投資に対する十分な知識が必要です。投資に対する知識もなく投資を始めると、今までの貯金さえ無くなってしまう可能性があるため注意しましょう。

2000万円(二千万円)貯める方法⑥一定額の貯金を続ける

一定額の貯金を続ける

2000万円(二千万円)貯める方法六つ目は、一定額の貯金を続けるということです。2000万円貯めようと思うと、とてつもない貯金をしなければいけないと思ってしまいますよね。しかし貯金に一番重要なのは、継続することになります。

そのためまずは、毎日決まった金額を貯金するようにしましょう。その場合、金融機関で定期預金を行うことがおすすめです。その上で生活の無駄を省き、さらに貯金をしていくことで貯金額を増やしていくことができます。

貯金を始めようと思っていても、なかなかうまく貯金することができないという方も多いですよね。こちらの記事では、そんな貯金がうまくいくための通帳の分け方や使い分けの方法について紹介しています。貯金が下手だという人は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

Small thub fotolia 183889653 subscription monthly m
貯金がうまくいく通帳の分け方とは?おすすめの使い分け方法も紹介

貯金・貯蓄に関するおすすめの書籍は?

貯金・貯蓄に関するおすすめの書籍①貯金ゼロ・安月給でも年収2000万円

貯金ゼロ・安月給でも年収2000万円

貯金・貯蓄に関するおすすめの書籍一つ目は、貯金ゼロ・安月給でも年収2000万円稼げるすごい手法になります。こちらの書籍は、貧乏でも貯金がなくても副業や節約を通して、年収2000万円を稼ぐ方法が紹介されています。

年収2000万円を目指して副業や節約に励めば、自ずと貯金に回せる金額も増えますよね。この書籍では学歴関係なく行うことができる方法について紹介しているため、ぜひチェックしてみてください。

貯金・貯蓄に関するおすすめの書籍②一生困らないお金の増やし方

貯金ゼロ・安月給でも年収2000万円

貯金・貯蓄に関するおすすめの書籍二つ目は、一生困らないお金の増やし方。になります。こちらの書籍では、貯金が下手な人や貯蓄をあきらめている人に対してのおすすめ貯金方法について紹介しています。

2000万円を目指して貯蓄する場合も、まずは少しずつから貯金していかなければいけません。そのちょっとした貯金ができない人も多いですよね。そういった方は、ぜひこの書籍を参考にしてみてください。

貯金・貯蓄に関するおすすめの書籍③貯金一年生

貯金一年生

貯金・貯蓄に関するおすすめの書籍三つ目は、貯金一年生になります。こちらの書籍は、普段節約しているつもりでも、なかなか貯金できないという人に向けた貯金方法について紹介しています。

節約しているのになんでお金が貯まらないの、という方も多いですよね。そういった方に対して節約方法から見直すことについて紹介しているため、ぜひチェックしてみてください。

2000万円貯金のある年代や貯蓄方法を参考に実際に貯金しよう!

2000万円(二千万円)貯金のある年代や貯蓄方法について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。2000万円貯蓄するために必要なことについて、知っていただけたと思います。2000万円の貯金は、意外とできそうできないですよね。今から貯金を頑張りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。