手取り13万の実家と一人暮らしの生活費の内訳|年収と貯金のコツも

この記事では、手取り13万円の給料の内訳な一人暮らしの貯金、家賃や年収などについてまとめています。実家の場合や結婚することは可能なのでしょうか?手取り13万で車を買う方法など、気になった方は、ぜひ記事を見てみてくださいね!

手取り13万の月収・年収は?正社員の給料としては安い?

手取り13万の平均月収は15万から16万

お金

手取り13万円の会社に勤めている場合は、平均月収がだいたい15万から16万円となっています。15万や16万と聞くと、あまり低いとは感じないはずです。しかし、そこから年金や保険料がマイナスされてしまうため、実際に受け取るのは13万円ということになります。

手取り13万の平均年収は200万円

お金

また、手取り13万円の場合、平均年収は200万円くらいとなっています。日本人の平均年収を見てみると、男性が約502万円、女性が268万円となっているため、いずれにせよ低いということになってしまいます。年収は200万くらいでも、一年間で貯金できる額はもっと少ないため、なかなか厳しいですよね。

手取り13万は東京で働く場合は安い

お金

また、大都会である東京で働く場合、手取り13万円はとても低賃金という扱いになります。東京の企業や会社に入れば、一ヶ月で手取り15万円から20万円くらいが相場のため、それに比べてかなり安いということになってしまいます。最近では、最低賃金もどんどん上がっているため、余計低く感じるはずです。

手取り13万は大卒で働く場合は安い

お金

また、大卒で働く場合は、手取り13万円はかなり安いということになります。四年生の大学を卒業し、新卒で入社したら、手取り18万から20万は貰えるはずです。企業や業界、会社によって多少の差はありますが、5万円から7万円もの差が開いていることになりますね。

手取り13万は地方だったら普通

お金

しかし、東京以外の場所で働く場合は、手取り13万円という話もよくあります。東京で手取り13万円だと、実家暮らし・一人暮らしに関わらず、かなり節約しないと生活できません。しかし、地方都市や過疎地域だと、物価自体が安いため、手取り13万円でもちゃんと生活を送っていけます。働く場所によって異なるのですね。

また、手取り13万円が安いのか高いのかの他にも、時給制の正社員のメリット3選などについてや、平均の手取り額や月給制との違いなどについて、詳しく紹介されています。ごくたまに、時給制の計算の会社や企業が存在しますよね。平均の手取り額はどのくらいなのでしょうか?気になった方は、ぜひ一度見てみてくださいね!

Small thub shutterstock 686337022
時給制正社員のメリット3選!平均手取り額と月給制と給料などの違いは?

時給制正社員という形態が増えてきています。コストコが取り入れたことで、この働き方を知った方もいるのではないでしょうか。日本ではこれまで正社員の給料は月給制...

手取り13万の生活費の内訳【一人暮らし】

一人暮らしの手取り13万の内訳①家賃が約5万円

お金

一人暮らしの手取り13万の内訳の一つ目は、家賃です。一人暮らしの方は、毎月の出費で一番大きいのが家賃です。家賃は、給料の3分の1の値段が最適だと定められています。手取り額が13万円の場合は、だいたい4万5千円から5万円のお家が当てはまります。東京の平均家賃は高いので、見つけるのが難しそうですね。

一人暮らしの手取り13万の内訳②光熱費が約1万円

お金

一人暮らしの手取り13万の内訳の二つ目は、光熱費です。光熱費は、一人暮らしをする上で大事な言葉です。主に電気・ガス・水道代をまとめたキーワードで、一つの口座やクレジットカードから引き落としている、という方も多くいます。光熱費はエアコンやお風呂など、季節によって出費が異なる部分でもあります。

一人暮らしの手取り13万の内訳③食費が約2万円

お金

一人暮らしの手取り13万の内訳の三つ目は、食費です。食費は、自炊をしたり、量を減らすなど、自分の頑張り次第で節約が出来る内訳でもあります。毎日欠かさず自炊をする!という人だと、一ヶ月でだいたい1万5千円から2万円かかるようです。旬の食材を使うと、食費を抑えることが出来るため、とてもおすすめです!

一人暮らしの手取り13万の内訳④娯楽費が約1万円

お金

一人暮らしの手取り13万の内訳の四つ目は、娯楽費です。娯楽費とは、自分の好きなものや友達との遊び、趣味に費やすお金などのことを言います。いくら手取り額が安い人でも、自分の好きなことを我慢するのはとても辛いですよね。自分次第で節約も可能なので、毎日の出費とのバランスを考えるようにしてください。

一人暮らしの手取り13万の内訳⑤携帯代が約1万円

スマホ

一人暮らしの手取り13万の内訳の五つ目は、携帯代が1万円です。私たちが生きていく上で欠かせないのが、スマートフォンです。スマートフォンは、会社や機種、契約内容などによっても異なりますが、毎月なんだかんだで1万円程かかっている、という人が多くいます。意外に大きい出費なので、忘れないようにしてください。

また、下の記事では、今年こそ貯金をする!と決意した方におすすめの、簡単な家計管理方法や貯金アプリなどについて、詳しくまとめられています!いざ貯金をしようとしても、なかなかお金が溜まらない…と感じたことはありませんか?どんな方法やアプリがあるのか、気になったという方は、ぜひ記事を見てみてくださいね!

Small thub fotolia 157500620 subscription monthly m
今年こそお金を貯める!簡単にできる家計管理方法やアプリを紹介!

手取り13万の生活費の内訳【実家暮らし】

実家暮らしの手取り13万の内訳①家賃が約3万円

お金

実家暮らしの手取り13万の内訳の一つ目は、家賃が3万円です。実家暮らしだから家賃はタダ、と思っている方はいませんか?社会人としてきちんと働いている場合は、毎月実家にお金を入れさせる、という親が多く、だいたい3万円となっています。それでも、一人暮らしの家賃よりはだいぶ安い内訳となっていますね。

実家暮らしの手取り13万の内訳②食費が約1万5千円

ご飯

実家暮らしの手取り13万の内訳の二つ目は、食費が1万5千円だということです。実家に住んでいるならば、自分で用意しなくてもご飯は出てきます。しかし、その安心感に甘えて、ついつい友達との外食が増えてしまう…という方も多いはずです。外食をしてしまうと、1回の出費が大きいので、月1万5千円程かかります。

実家暮らしの手取り13万の内訳③携帯代が約1万円

スマホ

実家暮らしの手取り13万の内訳の三つ目は、携帯代が約1万円です。先ほども紹介したように、私たちの生活にスマートフォンは欠かせません。実家暮らしの場合も、一人暮らしと同様に携帯代を支払わなくてはいけません。実家にWi-Fiルーターがある場合や、家族プランに入っている場合は、安く済ませることも出来ます。

実家暮らしの手取り13万の内訳④日用品・消耗品が約5千円

お金

実家暮らしの手取り13万の内訳の四つ目は、日用品・消耗品が約5千円です。自分個人が使うものであったり、シャンプーや洗顔料などこだわりがある方は、だいたい5千円くらいかかってしまいます。特に、女性の場合は、メイク用品にお金がかかる…という事実があります。コスメは高いので、大事に使用してください。

実家暮らしの手取り13万の内訳⑤娯楽費が約1万円

お金

実家暮らしの手取り13万の内訳の五つ目は、娯楽費が約1万円です。実家暮らしの場合は、一人暮らしよりも出費が抑えられるため、娯楽代に費やしてしまう…という方もいます。好きなアーティストのライブだったり、イベントのチケット代を払えば、月1万円以上はかかってしまうはずです。

手取り13万の貯金目安!一人暮らしと実家暮らしの違いは?

一人暮らしの手取り13万円の給料の貯金目安①月5千円から1万円

お金

一人暮らしの手取り13万円の給料の貯金目安の一つ目は、月5千円から1万円です。手取り13万円の場合は、家賃や食費などでお金のほとんどがなくなってしまうはずです。それでも月5千円から1万円ほど貯金しておけば、「塵も積もれば山となる」ということわざのように、年間で12万円程貯めることが出来るはずです。

一人暮らしの手取り13万円の給料の貯金目安②毎月余った額を貯金する

お金

一人暮らしの手取り13万円の給料の貯金目安の二つ目は、毎月余った額を貯金するということです。毎月節約しても、決まった額を貯金出来ない場合もあります。そのような方は、とにかく余ったお金を貯めるようにしましょう。余ったからといって使ってしまうと、いつまでもお金が溜まらなくなってしまうはずです。

実家暮らしの手取り13万円の給料の貯金目安①月1万円〜3万円

お金

実家暮らしの手取り13万円の給料の貯金目安の一つ目は、月1万円〜3万円です。実家暮らしをしている場合は、家賃や食費などをかなり節約出来るはずです。節約して出来たお金は、だいたい1万円から3万円になるはずですので、コツコツと貯金をしておきましょう!

手取り13万の貯金のコツ7選

手取り13万の貯金のコツ①毎日自炊をする

料理

手取り13万の貯金のコツの一つ目は、毎日自炊をするということです。毎日自炊をするのと外食では、月1万円ほどの差が出てきます。自炊をすれば、栄養バランスもバッチリなので、気分も明るくなりますよね!毎日料理をするのが面倒くさい…という方は、週末にまとめて作ることをおすすめします。

手取り13万の貯金のコツ②冬や夏はなるべく外に出る

足

手取り13万の貯金のコツの二つ目は、冬や夏はなるべく外に出るということです。寒い冬場や暑い夏は、家にいるとついついエアコンをかけてしまいますよね。そうすると電気代が上がってしまうため、なるべく外に出て、節約をしてみてください!

手取り13万の貯金のコツ③毎月貯金する額を決めておく

お金

手取り13万の貯金のコツの三つ目は、毎月貯金する額を決めておくということです。毎月〇〇円貯金する、と決めておくと、必ずお金が貯まるはずです。貯金額は引き出さない、とルールを決めておくことも大切なので、通帳を分けたり、他の場所で管理をするようにしてください。

手取り13万の貯金のコツ④貯金箱を用意する

貯金を

手取り13万の貯金のコツの四つ目は、貯金箱を用意するということです。貯金箱は、見かけるとついつい小銭を入れたくなってしまいますよね。意外とお金が溜まるので、100均などで探してみてください。見た目もキュートな貯金箱を選べば、インテリアとしても活用出来ますよ!

手取り13万の貯金のコツ⑤家計簿をつける

お金

手取り13万の貯金のコツの五つ目は、家計簿をつけるということです。家計簿を毎月つけると、何にお金を使っているのかきちんと把握することが出来ます。お金の管理力がアップするため、一人暮らしの方におすすめです!

手取り13万の貯金のコツ⑥自転車で通勤する

自転車

手取り13万の貯金のコツの六つ目は、自転車で通勤するということです。通勤にかかる定期代や出かける交通費を削減したいときは、自転車に乗るようにしましょう!運動不足も解消出来るため、一石二鳥ではありませんか?おすすめです。

手取り13万の貯金のコツ⑦家賃の安い場所へ引っ越す

ダンボール

手取り13万の貯金のコツの七つ目は、家賃の安い場所へ引っ越すということです。一人暮らしの場合、毎月で一番大きい出費である家賃は、とても大事ですよね。大きな額を貯金したいと思ったときは、今の家よりも家賃が安い場所を探してみてください。

手取り13万で結婚や子育ては大変?生活するには転職すべき?

手取り13万円の結婚や子育ては旦那さんが稼いでいればOK

結婚

手取り13万円の給料で結婚を考えている場合は、旦那さんの稼いでいる額が大事になってきます。旦那さんがしっかり給料を貰っていて、2人分養えるような状態ならば、手取り13万円の給料で結婚しても問題はないはずです。二人でしっかりと話し合っておきましょう。

シングルマザーで手取り13万円は転職すべき

お金

また、さまざまな理由からシングルマザーになってしまった場合、手取り13万円での子育てはかなり厳しくなって来ます。転職をして、今より稼げる職場を探した方が、安定した生活を送ることが出来るはずです。子育てはお金がかかるため、前向きに検討しましょう。

手取り13万でもコツコツ貯金をしてエンジョイしよう!

お金

いかがだったでしょうか?今回は、手取り13万円の内訳やかかる費用、節約のポイントなどについて、詳しく紹介させていただきました。参考になりましたか?手取り13万円でも、頑張れば節約出来るということが分かりましたね!ぜひこの記事を参考に、コツコツ貯金をしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。