25歳男性と女性の貯金額の平均と中央値|貯蓄なしの人の貯金のコツも

25歳という年齢の貯金額がいくらなのか、知りたいという方も多いですよね。こちらの記事では、そんな25歳の男性と女性別の貯金額の平均や中央値について紹介しています。貯金なしからの貯金方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

25歳男性の貯金額の平均と中央値

25歳男性の貯金額の平均|約120万円

棒グラフ

25歳男性の貯金額の平均は、約120万円になります。25歳男性というのは、結婚や将来のことを考えて貯金を始める人が多い時期になります。そのため20代では25歳から急激に貯金額の平均が上がる傾向にあります。

しかし貯金への意識の格差は大きく、貯金が1000万円ほどの人もいれば全くないという人もいます。平均的には120万円と比較的高いように見えますが、男性の中にも貯金額が様々であることを覚えておきましょう。

25歳男性の貯金額の中央値|約25万円

瓶への貯金

25歳男性の貯金額の中央値は、約25万円になります。貯金額の平均が120万円なのに対し、中央値は25万円ととても低いことが分かります。このように、中央値でみれば貯金はほとんどないということになります。

25歳ごろから貯金への意識が高まりますが、どのように貯金をしたらいいのか分からない男性が多いようです。特に年収が女性より高いにもかかわらず、男性のほうが貯金額が低いです。このことから見ても、男性の方が貯金が苦手であるということが分かります。

25歳男性の平均年収|約350万円

瓶に入ったお金

25歳男性の平均年収は、約350万円になります。25歳というのは高校卒業から7年ほど、大学卒業から4年ほどと仕事を独り立ちして第一線で働く年齢です。そのため年収も大きく増え始め、約350万円となっています。

年収350万円ほどあれば、単身世帯では毎月5万円ほどの貯金も難しくはありません。そのため貯金したくてもできない人は、まずはお金の使い方を見直すことが重要です。下記で貯金方法について紹介していますので、参考にしてみてください。

25歳男性の年収の中央値|約300万円

お金の上の女性

25歳男性の年収の中央値は、約300万円になります。年収も貯金同様、平均より中央値は大幅に下がります。この中央値は、25歳で最も受け取っている人が多い金額です。

年収300万円という事は、手取り年収にして240万円ほどです。そのため月に2万円から3万円程度は貯金できる年収になります。年収300万円であっても貯金ができないという人は、何にお金を使っているのか把握する必要があります。

25歳男性の手取り月収|約22万円

男女の前のお金

25歳男性の手取り月収は、約22万円になります。年収の8割が手取り年収になります。その手取り年収を12等分したのが、手取り月収です。そのため300万から350万円程度の年収であれば、手取りは約22万円になります。

手取り月収と普段使っているお金をしっかり把握している、25歳男性というのは意外と少ないのではないでしょうか。使っているお金を把握することが、貯金する一番の近道です。まずは、使っているお金を見直してみましょう。

25歳女性の貯金額の平均と中央値

25歳女性の貯金額の平均|約150万円

貯金箱を持つ女性

25歳女性の貯金額の平均は、約150万円になります。25歳の時点で、女性は男性より貯金額の平均が多いです。これは結婚や出産への意識が、男性より高いためと思われます。また結婚を意識していない人も、将来のために貯金をしている人が多いようです。

25歳女性の貯金額の中央値|約35万円

貯金箱を持つ女の人

25歳女性の貯金額の中央値は、約35万円になります。女性の場合は中央値も男性より多いことが分かります。しかしやはり中央値で見たときに、多くの人はほとんど貯金していないようです。

25歳はまだ遊びに行く機会が多く、貯金をしなければいけない理由が少ないことも要因の一つといえます。また30万円ほど貯金があれば、何かあっても大丈夫と思っている人が多いようです。

25歳女性の平均年収|約250万円

お金を引き出す女性

25歳女性の平均年収は、約250万円になります。女性は男性より、平均年収が100万円ほど低いことが分かります。これは25歳が結婚や出産のピークにあたるため、一時仕事を離れる人が多いためのようです。

しかし結婚や出産以外でも、平均的に男性より女性は年収が低い傾向にあります。女性の場合は資格の必要な専門職でなければ、男性より年収が低くなる現状があります。

25歳女性の年収の中央値|約210万円

お金のグラフ

25歳女性の年収の中央値は、約210万円になります。中央値は平均より、結婚や出産の影響を受けます。そのため210万円程度と、やや低い年収になっています。

女性の年収は平均も中央値も、25歳から30歳が一番低く育児の終わったそのあとにまた上昇する傾向があります。このように日本では結婚や出産で女性が一度仕事を辞めるケースが多く、年収に影響しているといえます。

25歳女性の手取り月収|約17万円

お金を手に持つ画像

25歳女性の手取り月収は、約17万円になります。平均年収で見たときに、250万円の手取りはおおよそ17万円です。手取り月収だけで見ると、男性より5万円低いことが分かります。

しかし貯金額は男性より多いことからも、女性は男性より現実的に貯金する人が多いようです。都会に住んでいなければ、17万円でも十分貯金することができるため貯金方法をチェックしてみてください。

年収から見る25歳の理想貯金額

年収200万円の25歳独身の理想貯金額|30万円

貯金箱への貯金

年収200万円の25歳独身の理想貯金額は、30万円になります。25歳独身で年収が200万円の場合、とにかく30万円貯金しておくことが理想です。30万円貯金をしておけば、離職や入院、冠婚葬祭の場合でもある程度対応することができます。

しかし貯金が30万円ない場合、何かあったときに金銭面が問題となることが多いです。また冠婚葬祭の場に参加できなかったり、誰かにお金を借りたりしなければいけなくなります。このような点においても、30万円貯金しておくことが理想になります。

年収200万円の結婚している25歳の理想貯金額|50万円

結婚式の画像

年収200万円の結婚している25歳の理想貯金額は、50万円になります。これから結婚をする場合でも結婚をした後でも、年収200万円であれば最低50万円貯金をしておくことが理想です。

50万円あれば、引っ越し費用や結婚式の頭金として使うことができます。結婚して共働きの場合は、二人合わせて100万円程度貯金があることが理想です。養育費なども考え、できるだけ貯金しておきましょう。

年収300万円の25歳独身の理想貯金額|80万円

貯金箱に貯金している

年収300万円の25歳独身の理想貯金額は、80万円になります。年収300万円あれば、ある程度生活にゆとりがうまれます。そのため定期的な貯金で、80万円は貯金をしておくことが理想です。

貯金が80万円あれば、もし結婚するとなってもほとんど困りません。また長期間休職しても、生活に困らないためおすすめです。月3万円ほど貯金をすれば、2年から3年で貯金できるためぜひ実践してみてください。

年収300万円の結婚している25歳の理想貯金額|150万円

貯金している男性

年収300万円の結婚している25歳の理想貯金額は、150万円になります。年収300万円あり結婚している場合、できるだけ節約して150万円ほど貯金をしておくことが理想になります。

結婚すると、結婚式や養育など急な出費が増えてしまいます。そのため一定の貯蓄がなければ、安心して生活することが難しいです。ですので、共働きでもそうでなくても150万円は貯金しておくようにすることがおすすめです。

年収350万円の25歳独身の理想貯金額|100万円

貯金箱とお金

年収350万円の25歳独身の理想貯金額は、100万円になります。年収350万円になれば月5万円ほど貯金することも、難しくはありません。月5万円貯金できれば、数年で100万円貯金することが可能です。

100万円貯金があれば、何かあってもほとんど問題がありません。そのため不安なく生活したいという人は、100万円貯金をしておくことが理想になります。

年収350万円の結婚している25歳の理想貯金額|200万円

夫婦での会議画像

年収350万円の結婚している25歳の理想貯金額は、200万円になります。結婚式をするのにも、贅沢をしなければ困ることはないでしょう。もしくは、家を購入したい場合も頭金になります。しかし結婚するとなにかと出費がかさむため、貯金は常に200万円保っていることが理想です。

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ5選!

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ①家計簿を付ける

家計簿を付ける女性

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ一つ目は、家計簿を付けるということです。貯金なしや貯金できない人というのは、何にお金を使っているのか把握していません。

そのため大まかでも家計簿を付けることで、お金の支出を把握することができ貯金できるようになります。家計簿を付けて無駄なお金を減らし、貯金に回すことで貯蓄できるようになるためおすすめです。

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ②定期預金をする

キャッシュカードの画像

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ二つ目は、定期預金をするということです。定期預金をすることで、強制的に貯蓄することができます。そのため気づかないうちに貯金でき、貯金が苦手な人でも貯金することが可能です。

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ③クレジットカードを使わない

クレジットカードを使う画像

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ三つ目は、クレジットカードを使わないということです。クレジットカードは、後払いであるためお金を使っている感覚が薄れてしまいます。

結果として思った以上にお金を使ってしまい、浪費につながります。そのため日常的にはクレジットカードを使わず、買い物をすることがおすすめです。

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ④固定費を見直す

家賃とお金

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ四つ目は、固定費を見直すということです。給料の中で最も使う金額が多いのは、家賃や光熱費などの固定費です。

家賃であれば給料の3割程度に抑える、光熱費が高いようであれば普段から気を付けることで貯金に回すお金を作ることができます。そのため固定費が高いなと思う方は、一度見直してみてください。

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ⑤できる限り自炊する

料理をする画像

25歳で貯金なしや平均以下の人の貯蓄のコツ五つ目は、できる限り自炊するということです。外食やコンビニ食、お弁当というのは、意外と出費に繋がります。

そのため日ごろから自炊をし、食費を固定することで貯蓄に繋げることが可能です。自炊が苦手という人は、1日1食だけでも自炊に置き換える方法がおすすめです。

貯蓄のコツだけではなく、もっと節約して貯金したいという人も多いと思います。こちらの記事では、主婦が実践している貯金するための節約術について紹介しています。貯金なしからでも頑張って貯金したいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb fotolia 101096066 subscription monthly m
貯金するための主婦の節約術とは?買い物や光熱費削減のコツ

25歳の貯金額や貯金なしからの貯蓄方法を知り貯金を楽しもう!

25歳の男性・女性別貯金額の平均や中央値、貯蓄方法について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。25歳で目標にしたい貯金額について、知っていただけたと思います。25歳は仕事に慣れてくる年齢です。そういった時に貯金を始めたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。