節約生活に疲れてしまったら?暮らしの知恵で楽しく賢く貯蓄する方法

節約をしようと意気込んでいた頃から一転、だんだん窮屈に感じてきた方はいませんか?「節約はしたいけど、イライラする…」「楽しそうな人を見ると妬ましくなる」などと思ってしまった方は、節約生活に疲れてきているのです。このままでは、節約が嫌な思い出になってしまいますので、少しお休みしてみませんか?

節約生活に疲れを感じたら?

節約生活に疲れが出てきた場合、早めに手を打たなければお金よりもストレスが溜まる一方です。気持ちをリフレッシュさせるためにも、具体的にどうすれば良いのか見ていきましょう。

貯蓄や食費の目標額を見直す

まずは、目標としている貯金額や食費を見直しましょう。1年間で何百万貯める、食費を減らすために毎日モヤシにする、などの目標もいいですが、あまり無理をしないものにすることが鍵です。 目標の貯金額を少し減らしてみたり、たまには節約を気にせず自分の好きなものを食べてみたり、苦しくない目標が大切です。

なぜ節約するのか目的を見直す

節約をする方の中には、節約のための節約になっている方がいます。もともと節約は「家を買う」「車を買う」などと目標をもとにしている場合が多いですが、疲れてしまう方は、節約する目的を忘れている場合があります。 「この先どうなるかわからない」という気持ちも大切ですが、あまりネガティブに先を恐れていると、節約疲れが起こりやすいです。

家計簿や自炊を少しお休みする

節約を始める第一歩に、家計簿を付けることと、食事は自炊をすることがよく取り上げられています。 家計簿をつけることは、自分のお金の流れを把握できる良い習慣ですが、今は手軽に使えるアプリもあるので利用しましょう。食費は自炊のほうが外食よりも安上がりですが、お米だけは炊いて、あとはスーパーの惣菜を利用する方法もあります。

節約生活を我慢から習慣にするには?

節約は我慢をすればいい、と考える方もいますが、何もかも我慢・我慢と縛られることで疲れが生じるのです。ストレスのかかる我慢ではなく、習慣化させてしまうことがコツです。

効果を感じやすい節約を優先する

大きな効果を感じられるのは、支出額の大きなものに着目することです。 小さな積み重ねももちろん大切ですが、固定費や通信費といった毎月の支出が決まっているものは、節約をしている効果が得やすくモチベーション維持に繋がります。 引っ越し、マイカー利用を抑える、携帯代を見直す等、生活の中で自分が優先したいものは何なのか、具体的に考えていきましょう。

ミニマリストのブログでデトックス

そもそもミニマリストの考え方とは、無駄なものを持たないこと、つまり自分の好きなものがはっきりしている場合が多いです。 また、所有物を把握しているので、必要のないものを買うリスクが減り、その結果として物が少なくなっていきます。ミニマリストのブログを読むことで、新しい情報や自分にはない考え方を得ることができるのではないでしょうか。

一人暮らしなら節約仲間をつくる

近くに節約をしている友達がいるといいですが、いないという場合には、SNSで同じ年代・目標・生活水準などで節約できる仲間を作ることも、楽しく節約生活を送る秘訣です。 一人ではなかなか上がりにくいモチベーションを引き上げてくれたり、苦労話を共有することもできたりします。自分が気付いていなかったアイデアを提供してもらうことや、情報交換を行うことも可能です。

家族に節約の目的を定期的に話す

家族がいる場合というのは、どんなに一人で努力しても限界があり、家族の協力が必要不可欠となることもあります。
しかし、節約・節約と家族に押し付けることはやめましょう。 適度に「家の購入は?」「子供の将来は?」「自分達の老後の生活は?」など、大雑把でいいので方向性を話し合う機会を作り、意見のすり合わせを行った方が、お金のことで揉めるリスクも軽減します。

飲み物のバリエーションを増やす

コンビニやスーパー、自動販売機でも100円そこそこで飲み物は買えますが、飲み物代を節約するには、ずばり水筒=マイボトルの活用が一番です。 金額的にそこまで気にする額ではありませんが、仮に150円で販売されているペットボトルを毎日買った場合、月に4,500円もの出費になります。 いつもは職場のコーヒーを飲むという方も、自分好みの濃さのコーヒーや紅茶、カフェインレス、デトックスウォーターなど、その日の気分に応じたものを飲むことが可能です。「飲み物代を我慢するために」と考えるより「好きなものが飲める」とポジティブに考えましょう。

楽しく賢く貯まる節約術とは?

ネガティブな節約ではなく、ポジティブな節約ができる方法はあるのでしょうか。少しでも楽しく感じられた方が長続きします。疲れてしまった方は、何か楽しむ方法を考えてみましょう。

貯金箱や通帳をお気に入りデザインに

今は100円ショップにも多くのデザインの貯金箱があることをご存じですか?小銭貯金はなかなか貯まらない、と長続きしない方も多いですが、お気に入りの貯金箱はないかチェックしてみてはいかがでしょうか。 また、通帳にもキャラクターデザインなどが存在します。銀行や信用金庫によりデザインは異なりますが、自分が持っている銀行の通帳について調べてみるのも良いでしょう。 このように、自分好みのものを使用することで、貯金の際のモチベーションが違ってきます。

正しいお金の知識を学ぶ

お金についての正しい知識を身に付けることも必要です。知識を身に付けたからといって、現実は変えられませんが、正しい知識を得たことでお金への不安が軽減される場合があります。 お金のことが書かれた著書も多く、わかりやすいものもたくさん出版されているので、自分の読みやすいタイプの本は見つかるはずです。 著書は、セミナーなどとは違い、お金との付き合い方について学べる良い方法なのです。

同じ金額なら満足度の高い方を選ぶ

満足度とはなにか?という問いは、社会の一般的な答えや決められた範囲で決定するものではなく、それを捉える個人によって異なります。 同じ金額であれば、当たり前ですが自分がより満足するものを選ぶべきです。その際、自分の好みや、本当に欲しているものは何かを考える必要がありますが、目的のない節約をするよりも、満足度の高いものを選ぶ方が楽しみになります。

モノの価値は自分で決める

物の値段は世間で決まっており、100円ショップのものが100円だということを決めているのは社会です。 しかし、それに100円以上の価値を見出だせるか否かは、自分次第なのです。ブランド品に関しても、高ければいいと感じているのは周りに流されているだけで、本当に自分に必要なのかどうかで購入するかを決めましょう。 値段に左右されていると、自分の価値観とずれが生まれます。安いからと必要のないものを買うより、本当に欲しい高価なものを買う方が節約になることもあるのです。自分にとって、必要かどうかを見極める目を養うことが大切です。

まとめ

節約生活で疲れを感じてしまったら、徐々に気分を緩めていく方法をおすすめします。自暴自棄になってしまうと、後々その分の罪悪感を持ってしまう場合があるからです。少しずつ自分のストレスや縛りを緩和し、無理のない範囲で節約することが、お金を貯める秘訣になるでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。