フレッツ光を安くするには?お得に料金を抑えて契約する方法等を解説

これからフレッツ光を利用しようと考えている人、既にフレッツ光を利用している人に、できるだけ費用を抑えるポイントを紹介します。また、「安くなる」と言われ、安易に契約してしまわないよう注意すべき点もまとめました。

フレッツ光を安くする簡単な方法は?

フレッツ光の契約プラン内容を見直す

契約プランは定期的に、新しいものが出ていないか見直すことが大切になります。例えば、月に数回しかネットを使わないからとフレッツ光ライトに申し込んでいるのに、毎月上限金額が請求されているケースがシニア層に多くあります。データ量で表示されている数字であまりイメージできないということもあり、すぐに上限に達してしまうからです。 フレッツ光ライトプラスというプランは、ライトプランよりも基本料金は高くなりますが、データ量が全く違い、上限金額も異なります。どれだけネットを利用するかにより、どちらが得になるのか改めて考えてみることも重要です。

不必要なオプションプランを取り外す

電話やテレビサービスをお得に利用できるプランもありますが、自分のライフスタイルに必要なものかをよく考えましょう。様々な映画やアニメ、ドラマが見れるオプションや、オペレーターが操作方法を教えてくれるオプションなど、オプションは無数にあります。 初回契約時に加入したオプションが、取り外しを忘れそのままになっていることも珍しくありません。不必要であれば、すぐに取り外しましょう。

キャンペーン割引が適用中か確認する

NTT東日本、NTT西日本では割引サービスが異なります。まずはどちらのNTTを利用しているか確認しましょう。 どちらであっても、新規ユーザーへの割引キャンペーンは随時行われています。既存ユーザーへは、引っ越し時の割引や長く使った際の割引、家族やグループで使う際の割引などが主流です。 また、フレッツ光へ乗り換えた際、キャッシュバックが適用される場合もあります。NTTに電話で申し込むよりも、家電量販店や代理店での申し込みの方が、高額なキャッシュバックが行われることが多いです。ただし、多くのオプションが必要とされるケースや、キャッシュバック条件があるので注意してください。

安いプロバイダーへ乗り換える

プロバイダーとは、フレッツ光とインターネットを繋げる事業者です。フレッツ光は様々なプロバイダーが対応しているので、その中から自分の要望にあったものを選びましょう。 しかし、料金のみを重視すると、回線速度が遅くなってしまったり、使い勝手が変わったりすることがあります。安定した回線速度を求めるのなら、NTT系の会社が安心でしょう。

フレッツ光をもっとお得にするには?

光コラボに乗り換え(転用)する

光コラボ(光コラボレーション)とは、今まではプロバイダーと回線業者が別々だったものが、一本化されたものを指します。フレッツ光回線と提携している事業者は多数存在し、独自のキャンペーンを提供しています。光コラボ業者がそれぞれ割引やサービスを行っているため、ユーザーは費用を抑えることができるのです。 すでにフレッツ光を契約している場合は、そのまま回線を転用できます。ただし、新規契約者など光環境がない場合は、工事が必要です。

au等のスマホ契約者はセットで割引

au、ドコモ、SoftBankのスマホ契約者には、毎月の携帯代の割引もあります。auならSo-net光コラボで2年間毎月最大2,000円割引、SoftBankならSoftBank光おうち割で毎月最大1,080円割引、ドコモを利用ならドコモ光セット割で毎月最大3,200円割引、といったセットも存在します。光コラボのホームページには、料金シミュレーションの簡単診断もあるので、一度確認してみましょう。

正規でない「安くなる」電話に要注意

NTTの名を騙る不適切な勧誘が多発

光コラボの転用時に、NTTやフレッツ光とは無関係であるにも拘わらず、それらの名前を騙って勧誘行為が行われるケースがあります。「光コラボ業者が提供する光アクセス回線が必要」「転用承諾番号が必要」などと言われた場合は、注意してください。このようなことがNTTやフレッツ光からお願いされることはありません。 また、関連会社を装って「今より料金が安くなる」という電話勧誘が行われることもあります。正規の業者であるかどうか、十分に確認し、慎重に話を聞くようにしましょう。

しつこい場合は勧誘停止登録をする

代理店からの何度もかかってくる電話にうんざりする場合、勧誘停止登録を行うのが手っ取り早い方法です。NTTにその番号を登録すると、代理店に「この番号には電話をかけない」よう促されます。 手続きが完了するまでには、おおむね一週間前後かかります。また、自分の住所や氏名といった個人情報が共有されることも頭に入れておきましょう。NTT東日本へは0120-849-994、NTT西日本へは0120-019-390のダイヤルから登録ができます。

まとめ

安易に安くなるという言葉だけで契約するのは危険ですが、実際本当に得をすることもあります。それを見極めるためには、詳しく話を聞くこと、自分の中で納得できるポイントを探す、求めていることを明確にする、といったことが重要です。フレッツ光を利用するなら、より使いやすい環境で、納得した料金で使うことをおすすめします。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。