お金を簡単に稼ぐには?ネットを使った賢いお金の稼ぎ方

お金を稼ぐ方法と言えば、会社で正社員や派遣社員などとして働くことや、パート、アルバイトとして働くといったことが挙げられます。しかし、インターネットの活用により、より幅広い年齢層の人が様々な方法で稼ぐことが可能です。この記事では、具体的に稼ぐことができる方法を解説します。

すぐにお金を稼ぐには?

会社の給料以外に副業で稼ぐ時代

会社で毎月貰う給料とは別に、インターネットを活用して副業で稼ぐ方法はいくつもあります。いくら稼ぐことができるかは、その人が副業で何をしているかにより異なるものです。

ネットでいつでもどこでも稼ぐ

ネット環境さえあれば、時間や場所を問わず副業で稼ぐことができます。また、ノートPCやタブレット、スマホなど、ネットを使うことができる端末であれば、どれでも使うことが可能です。 ただし、商品の売買を行い、在庫を有する必要がある副業は例外なので注意しましょう。

すきま時間でお金を稼ぐ方法は?

ポイントサイト

すき間時間で稼ぐ方法として、まず「ポイントサイト」の活用が挙げられます。サイト内で掲載されているアプリのダウンロード、サービスの利用、登録などでポイントが貯まっていく仕組みです。 貯まったポイントは、現金やギフトカード、各種オンラインストアのポイントなどと交換できます。 一気にポイントを貯める方法とされているのが、クレジットカードの入会です。少なくとも3,000円、高ければポイントサイトのポイントとカード会社からの特典などで、合計15,000円ほどもらえることもあります。
しかし、クレジットカードは短期間で複数枚作成すると、信用情報を取り扱う機関から疑われやすくなる可能性があります。その場合、本当に作りたいと思って入会申し込みをしたカードが審査に通過できなかった、ということにもなりかねないため注意が必要です。

アンケートサイト

アンケートサイトとは、その名の通りアンケートに答えることが作業内容です。見返りとして、ポイントなどが貰えます。 単価はアンケートにより異なりますが、数十円程度のものが多いです。しかし、ポイントサイトのように、ポイントのためにサービスへの入会や申し込みをする必要がありません。基本的に、アンケートに答えてコツコツとポイントを貯めていく仕組みです。

懸賞サイト

懸賞サイトを活用し、現金や金券・家電を、格安、または無料で入手する方法です。現金に当選すれば直接稼ぎとなりますし、金券やその他家電などのグッズであれば、必要としている人や買取業者へ売ることで稼ぎを得ることができます。 懸賞と言えばはがきをその都度送る必要がある懸賞もありますが、懸賞サイトでははがきは不要で、応募に必要なステップに進むだけです。

ゲームサイト

ゲームをしながらお金を稼ぐ、という方法もあります。モンスターを倒すなどでゲームを進めていくとポイントなどが貰え、現金に換金していくことができます。

スマホのアプリでお小遣い稼ぎ

高校生や大学生ができる、バイト以外でスマホのアプリを活用した稼ぎ方もあります。まず、ダウンロードすると成果報酬としてポイントがもらえる、ポイントサイトのようなものです。 さらに、フリマアプリを使って安く仕入れた本やグッズを販売し、差額で稼ぐという方法もあります。

女性に人気の在宅ワークは?

データ入力

エクセルなどの指定されたソフトを使って、受け取ったデータをそこにまとめる、といった作業内容です。報酬は企業や個人などの発注者によって異なります。条件が良くなければ、最低賃金以下の金額となることもあるので注意しましょう。

テープ起こし・テープライター

インタビューや講演会など、音声データを文字データとして書き起こす、という仕事です。発注者によって、報酬の支払い方法が文字単価か時給かで異なります。

在宅WEBライター

企業や個人が運営しているWEBサイトに掲載する記事を代わりに書いたり、ブログを書いて運営してほしい、などといったニーズに応えてブログ記事を書いたりする仕事です。 データ入力同様に、文字単価が低い条件下で仕事を引き受けると、最低賃金を下回る可能性があります。しかし、1文字1円やそれ以上の条件の仕事であれば、慣れれば時給換算で少なくとも1,000~2,000円を稼ぐことができるのが強みです。

副業向けにお金を稼ぐ仕事は?

ラインスタンプの作成・販売

SNSのライン(LINE)で使えるスタンプの作成・販売で稼ぐ方法です。イラストを描く能力、スタンプにする能力など、知識が最低限必要となります。しかし在庫は無限なので、在庫を心配せずとも売り続けることが可能です。

ユーチューバー

YouTubeに自分で撮影・編集した動画を投稿し、広告をつけることで収益を上げる方法です。著名な投稿者では数千万から数億円を年間で稼いでおり、初心者からでも数万円の収益を上げることは不可能ではありません。 ただし知名度を得る必要があるため、収益までの迅速性はありません。

アフィリエイト

自身のサイトやブログに広告を掲載し、その広告料で収益を上げる方法です。しかし、月収数百円程度にとどまることがあり、こちらも収益までの迅速性はありません。

グーグルアドセンス

グーグルが運営する、クリック報酬型のアフィリエイトのことです。先述のアフィリエイト同様、始めてすぐに数千円や数万円を稼ぐことができるほどの迅速性には欠けている、と言えます。

写真販売

自身で撮影した写真をネット上に掲載し、使用したい、という人や企業などから利用料を受け取って稼ぐ方法です。カメラや写真の技術が本格的なものでなくとも、始めることができます。

Amazonせどり・ヤフオク

商品をできるだけ安く仕入れ、Amazonやヤフオクなどを活用して販売することで出た差額分で稼ぐ方法です。法律で厳格な決まりがあるわけではありませんが、古物商許可証を持っていた方が法的には安全と言えます。

ココナラ

自身のできることを売り出していく方法です。デザインの考案や翻訳、記事作成など仕事内容は様々です。

まとめ

今回紹介したように、インターネットで稼ぐ方法はいくつもありますが、すべてにおいてすぐにお金が受け取れるわけではありません。アフィリエイトやアンケートサイトなどは、挫折せずに続けることで収益が見えてくるのです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。