楽天モバイルで端末のみの購入は可能?方法と注意点を解説

格安スマホは通常、SIM契約を前提に端末を販売していますが、最新機種に変更できないなどの課題があります。楽天モバイルは「買い増しサービス」にて端末のみの販売をしていますが、他に端末のみを入手する方法はないのでしょうか。詳しく解説します。

実質的な端末のみ販売は「買い増しサービス」のみ

格安スマホは、基本的に格安SIMと契約するのが前提で端末が販売されています。逆に言えば、通常は端末だけでの販売はされていません。

楽天モバイルの買い増しサービスとは

楽天モバイルの「買い増しサービス」ならば、端末のみを購入することができます。買い増しサービスは、月額料金がお得なまま最新の端末に乗り換えたい人にはもちろん、SIMは搭載せず自宅でWi-Fiを利用してインターネット専用端末にしたいといったことが可能です。 さらに、通常の通話用スマホとは別にデザリング専用で利用したい人や、家族用にもう1台欲しい人のためにもおすすめのサービスです。

買い増しサービスの料金

「買い増しサービス」では、事務手数料3,000円(税別)でSIMカードの交換やサイズ変更(標準SIM、microSIM、nanoSIM)することができるので、これまでに使っていたSIMと違うサイズの端末への移行もスムーズに行えます。 ただし、契約の時期によってはサイズ変更・交換の受付ができない場合があるので、事前に楽天モバイルのウェブサイトで確認をおすすめします。なお、新SIMカードの即日引き渡しができない楽天モバイルショップもあるので注意してください。

利用できるのは会員のみの買い増しサービスの注意点

「買い増しサービス」には以下のような注意点があります。

楽天モバイル会員のみ利用できる

まず、楽天モバイル会員のみ利用可能であることです。楽天モバイル会員になっていない人は利用できないので、まずは1台契約してモバイル会員になる必要があります。さらに、1アカウントにつき+1台まで追加できます。

適用可能な端末や決済について

適用可能な端末は、買い増しサービス実施店にて取扱いのある全端末に適用可能です。販売はオンラインショップと一部店舗に限定されます。 なお、クレジットカードの決済のみですのでご注意ください。楽天モバイルの月額料金などを支払っているカードから引き落としされます。

追加端末に関して

追加端末は「端末補償」や「端末補償・スマホサポートパック」に加入できないため、端末が故障したり破損した時も補償されません。 また、楽天モバイルショップで端末買い増しサービスを利用する場合、楽天モバイルウェブサイトで開催中の「機種変更・端末買い増しが一律2,000円割引のお得なキャンペーン!」は対象外となります。

購入後すぐに解約する方法と注意点

新規契約をし、端末と格安SIMを購入した後、すぐに契約を解約して端末だけをWi-fiを使ったインターネット用やデザリング用に使用することができます。

すぐに解約は可能

低いプラン(データSIM)で契約してから、すぐに解約は可能です。データSIMの場合、最低利用期間および違約金の設定がないため、購入後すぐに契約解除しても大丈夫です。ただし、端末代は毎月の返済が残ります。楽天モバイルは、端末代は一括返済できないため、毎月返済していきます。 なお、通話SIMでの契約は違約金がかかることに注意が必要です。最低利用期間(12カ月)が設定されており、期間内に解約すると違約金9,800円(税別)が必要になります。

必ずしもお得とは言えないことも?

楽天モバイルの「買い増しサービス」に比べて、新規契約の事務手数料やSIM代、違約金を含めるとお得にならないこともあります。新規契約の方が「買い増しサービス」に比べて端末代の割引率が大きい場合は、お得になる可能性が高いです。

SIMサイズに注意が必要

SIMサイズはいくつか種類があるため、今まで使っているSIMに適用する端末であることを確認しておく必要があります。サイズが異なると搭載できません。

キャンペーン中の利用期間に注意

キャンペーン中はデータSIMの最低利用期間が設定されることがあります。キャンペーンなどで端末が割引されている場合、データSIMでも最低利用期間(6カ月)が設定され、期間内に解約すると違約金9,800円(税別)かかることもあるので注意が必要です。

解約申請するタイミングも重要

楽天モバイルでは、解約のタイミングが申請日によって変わってきます。 1日~15日までに解約申請するとその月の月末までで解約・16日~月末までに解約申請すると翌月の月末までで解約です。つまり、15日に契約をして16日に解約をしてしまうと、2カ月分の月額料金の支払いが発生するので注意が必要です。

買い増しサービスと即解約はどっちがお得?

新規契約の場合は、端末代+3,525円が必要になるため、端末代が買い増しサービスより3,525円以上安ければ即解約がお得になります。3,525円の内訳は、契約事務手数料3,000円(税別)+最低プランデータ(SIMでのベーシックプラン)525円です。 しかし、通常は新規契約の事務手数料などが発生しないので、買い増しサービスの方が新規契約後に解約するよりもお得になります。

まとめ

楽天モバイルの場合、端末のみを入手する方法は2通りで「買い増しサービス」と「新規契約して即解約する」です。それぞれメリット・デメリットがあるので、入手する時期の端末値引き率やキャンペーンなどを確認してから選ぶことがおすすめです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。