年収300万円の人の生活とは?手取り・家賃から貯金・税金事情まで!

年収300万円だと手取り給料はその金額よりも安くなります。ここでは年収300万円の場合の手取り給料を紹介し、貯金や税金、そして家賃まで、どのような生活になるのかそのモデルを紹介していきます。年収300万円の人もそれより上を目指す人も必見の内容です。

年収300万円の手取りはいくら?

年収300万円の手取りは単身の場合で約260万円

一人で歩く

年収300万円の手取りは単身の場合で約260万円です。年収300万円の手取り給料の金額は同じように給料をもらっていても家族構成によって違ってきます。単身の場合だと年間で約40万円が社会保険料と税金で引かれますので、手取りの給料額は約260万円になるのです。

年収300万円の手取りは既婚で相手が無職の場合で約270万円

夫婦の光景

年収300万円の手取りは既婚で相手が無職の場合で約270万円です。これは配偶者が扶養に入るため税金の金額が引かれることになるからです。そして会社員の場合だと扶養に入る場合には税金の優遇だけではなく社会保険についても優遇があります。配偶者の分の社会保険料が実質免除されることになるのです。

しかし自営業の場合には扶養に入ると国民健康保険は免除になる場合があるものの、年金については配偶者の分も支払いをする必要があります。年金については収入によって免除はあるものの免除を受けると将来に受け取ることができる年金の金額が減ることになります。そのため、会社員よりも不利になることが少なくないのです。

年収300万円の手取りは子供がいるとさらに増える可能性がある

家族の光景

年収300万円の手取りは子供がいるとさらに増える可能性があります。何故なら扶養家族の人数が減ると税金の控除が増えるからです。そして児童手当の支給もあると、未婚で単身の年収300万円の人とは手取り金額には差がついてくるのです。このように年収300万円と言っても一概にいくらと言えないのが基本なのです。

年収300万円の生活における家賃はいくら?

年収300万円の生活における家賃①理想は月4万円ほど

部屋の風景

年収300万円の生活における家賃の1つ目として、理想の家賃相場を紹介します。理想の家賃相場は月4万円ほどになります。ボーナスがない場合だと年収300万円で手取りの月収は20万円ほどになります。4万円という給料は月収の20%にあたります。このパーセンテージで家賃を設定できれば貯金ができる余裕も出ます。

あくまでも家賃が4万円が理想なのですが、家賃の他にも共益費や町内会費を引かれることが少なくありません。そのため家賃を4万円に抑えたとしても結局はプラス5000円~10000円の出費が出てしまうものなのです。

家賃がこの金額よりも上がってくると、実際に家賃が生活費に占めるパーセンテージはさらに上がってくる事となり、家賃に生活費が圧迫される状況が出てくるのです。

年収300万円の生活における家賃②現実は月6万円以上

家族の光景

年収300万円の生活における家賃の2つ目として、現実の家賃相場を紹介します。現実の家賃相場は月6万円以上です。月収20万円の中で家賃が6万円となれば、共益費や光熱費、そして通信費等を合わせると住居費に含まれるもので手取給料の半分を占めてしまうことになります。

そうなると食費を切り詰めたり、交際費や衣料費を切り詰めることになりますし、さらには医療費等についても節約することを考えることになります。しかし、現実的に考えると月6万円の家賃の物件に住むことは決して贅沢には当たらないですし、状況によっては必要だと言わざるを得ない場合も出てきます。

例えば若い女性の場合、オートロック付のマンションを探すだけで家賃相場は月に1~2万円上がってきます。治安を考えればオートロックが必要と考えることもあるでしょうし、場所によっては一定の相場以下の物件に住むと衛生面に問題がある場合もあるのです。このように家賃相場は理想と現実に乖離があるのです。

年収300万円の生活における家賃③家賃はケチらない方がいいという現実

深刻な2人

年収300万円の生活における家賃の3つ目ですが、家賃はケチらない方がいいという現実を紹介します。家賃をケチると生活に余裕が出てきますが、安い物件で生活レベルが低い水準になってしまうと目に見えないストレスが溜まってきます。そうするとストレスにより仕事がうまくいかなかったり過食に陥るケースもあるのです。

もちろん家賃は安いに越したことはないのですが、安い物件にこだわるばかりに低い生活レベルでストレスを溜めるような生活になってしまうのであれば、家賃以外の部分を節約したり、収入が足りないと思うのであれば年収を上げる努力をすることが必要になります。

年収300万円の生活で貯金はいくらできる?

年収300万円の生活で貯金額①理想は月3万円以上

座る女性

年収300万円の生活で貯金額の1つ目は理想の貯金額を紹介します。理想の貯金額は月3万円以上となります。しかしながら月に3万円の貯金というのは手取り月収20万円の生活レベルだと決して簡単なものではありません。特に先述したように家賃が安い物件に住めない場合には貯金月額3万円は困難を極めることになります。

年収300万円の生活で貯金額②現実は貯金0の場合も珍しくない

しかめっ面の女性

年収300万円の生活で貯金額の2つ目ですが、現実は貯金0の場合も珍しくない状況を紹介します。年収300万円の場合だとまったく貯金が出来ないということもザラにあります。何故なら生活レベルによっては20万円全額を毎月使わざるを得ない状況も出てくるからです。

生活レベルは家賃以外でも外食か自炊か、どのくらい交際費や服飾費にお金を使うか、また自己投資にどのくらいお金をかけるかによっても違ってきます。収入の身の丈に合わない生活レベルになると、年収300万円ではまったく貯金ができなくなってしまうのです。

年収300万円の生活で税金はいくら払うことになるの?

年収300万円の生活で税金額①所得税は月ベースで5000円

悩む男性

年収300万円の生活で税金額の1つ目ですが、所得税は月ベースで5000円となります。日本では所得税は累進課税という制度をとっていますので、年収が上がるほどにパーセンテージが上がってきます。スポーツ選手クラスの年収になると年収の半分が所得税で引かれてしまうのです。

年収300万円の生活で税金②住民税は月ベースで8000円

悩む女性

年収300万円の生活で税金の2つ目ですが、住民税は月ベースで8000円になります。住民税についても年収に応じた金額になります。収入が高いほどに金額も上がっていくのですが、所得税ほど累進課税の比率が高くありません。

年収300万円の生活で税金③社会保険が月ベースで20000円

目を抑える女性

年収300万円の生活で税金の3つ目ですが、社会保険料が月ベースで20000円となります。社会保険料は会社との折半でこの金額になっているので、会社員の場合だと優遇されていることになります。自営業の場合はすべて自分自身で負担しなければなりません。

年収300万円の生活を豊かに送るためのコツ3選

年収300万円の生活を豊かに送るためのコツ①社会保障や節税を意識する

考える女性

年収300万円の生活を豊かに送るためのコツの1つ目は、社会保障や節税を意識することです。例えば生命保険に入っていると税金の控除額が上がってきますし、医療費控除などもあります。こういった制度をうまく活用して税金や社会保険料の負担を減らす努力をすることで生活レベルを安定させることができます。

年収300万円の生活を豊かに送るためのコツ②レシートを捨てない

貯金箱を持つ女性

年収300万円の生活を豊かに送るためのコツの2つ目はレシートを捨てないことです。どんなに安い金額のレシートであっても捨てずにしっかり溜めてその出費を見ることでお金を有効に使おうとする意識が生まれます。そういった意識が低い状態だと生活レベルは中々上向かず、低いままになってしまうことが少なくありません。

年収300万円の生活を豊かに送るためのコツ③人のためにもお金を使う

笑顔の女性

年収300万円の生活を豊かに送るためのコツの3つ目は、人のためにもお金を使うことです。人にお金を使うことで人から感謝される満足感を得ることができます。物を購入することで得られる満足感は低いことが多く、金額に比例する要素が小さくありません。

しかし人のためにお金を使うことは金額に関係なく相手がどのくらい喜んでくれたかによって満足度が変わってきます。そのため、ケチらずにたまには人を喜ばせることにお金を使うことも、豊かな生活を送るコツになるのです。

年収300万円から年収をさらにアップさせるためのコツ3選

年収をさらにアップさせるためのコツ①自己投資にお金を使う

本と女性

年収をさらにアップさせるためのコツの1つ目は、自己投資にお金を使うことです。給料が安いまま上がらない人ほど自己投資にお金を使わない傾向があります。自分自身の社会人としての価値を高める努力をしないと生活水準は低いまま上がっていかないものなのです。

年収をさらにアップさせるためのコツ②社外の人脈を大切にする

4人での握手

年収をさらにアップさせるためのコツの2つ目は、社外の人脈を大切にすることです。人脈を大切にすると、その人脈によって低い生活レベルから脱出できる糸口が見つかることも少なくありません。

あなたの人間性や実力を買って、今よりも高い給料で引き抜かれることも、そういった人脈を大切にしていれば往々にしてあるものなのです。

年収をさらにアップさせるためのコツ③副業にチャレンジする

仕事の風景

年収をさらにアップさせるためのコツの3つ目は、副業にチャレンジすることです。給料が安い、生活水準が低いと嘆く前に何ができるかを前を向きしっかり考えるようにしましょう。

最近では副業を禁止していない企業も多くなっている傾向があり、昔よりも簡単に副業に手を出すことができます。下記の関連記事は副業を始めるヒントになる項目が盛りだくさんの内容なので是非参考にしてみてくださいね!

Small thumb fotolia 197451041 subscription monthly m
お金を増やす方法とは?安全で簡単な投資や副業等を徹底解説

年収300万円の生活からステップアップさせよう!

年収300万円の生活が低レベルで安い給料だと感じる人もいれば、年収300万円で豊かで楽しい生活を送っている人もいます。それはその人の心持ちと工夫次第です。ここで紹介した内容で、一人でも多くの人が年収300万円の手取り収入の中で、楽しく豊かな生活を送るヒントをつかんでくれたら嬉しいです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。