年収700万円で独身の生活とは?実家・一人暮らし別に貯金事情も!

年収700万円で独身の場合だとかなり余裕のある生活が想像されます。ここでは年収700万円で独身の人の手取り金額やその生活、また実家にいる場合と一人暮らしの場合に分けて支出や貯金などの金額まで見ていきます。高収入層の生活が気になるあなた必見の内容です!

年収700万円独身の手取り給料の金額

手取り年収額は535万円

金の延べ棒を渡す

年収700万円で独身の場合には、年収額にすると約535万円の手取り金額になります。日本の平均年収は550万円と言われていますが、中央値は300万円台と、平均と中央値が乖離しています。中央値から考えると年収700万円の人は日本のミドル層のサラリーマンの倍は年間で稼いでいると言えるのです。

手取り月収額は30~45万円

給料計算の風景

年収700万円で独身の場合だと、ボーナスの有無により月収は変わりますが、手取り月収額は30~45万円になります。手取り月収額が40万円を超えてくると家賃に10万円以上かけても心配のない家計を組むことができます。年収700万円の人の手取り月収は多くのサラリーマンにとって夢のある金額なのです。

既婚者よりも手取り月収の金額は少なくなる

笑顔の男性

年収700万円で独身の場合は、税金控除等の関係で既婚者よりも手取り月収の金額は少なくなります。既婚者は独身者に比べて支出が多いため、税金面である程度優遇されます。そのため、手取りの月収額だけをシンプルに比較すると既婚者の方が多くなるのです。

ちなみに年収700万円の人の生活はここまで紹介した内容を見てもらってもハイクラス層であることが分かりますが、世の中にはさらにレベルが上の高給取り達がたくさんいるのです。下記の関連記事ではそんな高給取りの人達についてまとめていますのでこちらも是非読んでみてくださいね!

Small thumb shutterstock 1020439990
高給取りの職業ランキングTOP10!年収や稼げる業界の仕事内容も

こちらの記事では高給取りの業界や職業をランキング形式で10個紹介しています。年収が高い仕事はどのくらい稼げるのか、どんな仕事内容となっているかも説明してい...

年収700万円独身で一人暮らしをした場合の生活や支出内訳

年収700万円・独身一人暮らしの生活モデル

佇む女性

年収700万円独身で一人暮らしをした場合の生活モデルは下記表のようになります。一人暮らしをした場合には家賃がいくらかかるかで、他の項目に割ける金額が変わってきます。モデルでは車を持っているパターンを紹介しています。後に出てくる実家暮らしのパターンと比べると貯金額は低くなる傾向にあります。

また、実家暮らしに比べると水道光熱費や家に引くインターネットのお金、また食材料費等もすべて自己負担になりますので、それらのトータルで約15万円ほどかかってきます。こういった面を見ると経済的には実家暮らしの方にかなりアドバンテージがあると言えます。

年収700万円独身で一人暮らしをした場合の生活モデル

家賃 80,000円
水道光熱費 15,000円
貯金 100,000円
通信費(スマホ・インターネット込) 10,000円
食費(食材料費) 30,000円
交際費(外食含む) 50,000円
服飾費 50,000円
交通費・雑費 30,000円
車のローン 50,000円
支出合計 415,000円

一人暮らしだと支出額が人により大きく違う

歩くサラリーマン

年収700万円独身で一人暮らしでも、どこに重きを置くかで支出額が人により大きく違ってきます。例えば家賃にお金をかけた場合には交遊費が抑えられることになりますし、家賃を抑えても車にお金をかけると貯金がほとんどできない、といった家計のパターンもあります。

年収300万円クラスだと一人暮らしであっても、年収700万円クラスのような贅沢な暮らしをする選択肢はありません。しかし年収700万円で一人暮らしの場合には将来を考えて貯金に大きなお金を回すこともできますし、自分がしたいことに対して贅沢にお金をかけることも出来るのです。

一人暮らしだと高級志向になる傾向が高い

ワインとシナモン

年収700万円独身で一人暮らしの場合には、貯金性向で暮らすこともできますが、高級志向になる傾向が高くなっています。何故なら家計モデルを見てもらったら分かるように、車のローンを払ったとしても交際費と服飾費で100,000円を使う家計を組むことができてしまうからです。

そのため、自分にお金をかけることに重きを置く人が多くなります。それは高級なブランド品に身を包んだりエステに行ったり、はたまた短期留学をしてみたりトレーニングやダイエットにお金をかけたりと方向性は様々ですが、稼いだお金はしっかり使うというパターンが多くなっています。

年収700万円独身で実家暮らしの場合の生活や支出内訳

年収700万円・独身実家暮らしの生活モデル

大家族の風景

年収700万円独身で実家暮らしをした場合、その生活モデルは下記表の通りになります。一人暮らしの場合と比較しやすいように、同じ項目には同じくらいお金をかけるようなモデルを紹介したいと思います。まず年収700万円独身で一人暮らしの場合と比べて貯金額が大きくなっているにもかかわらず全体の支出は下がります。

年収700万円独身で実家暮らしをした場合の生活モデル

実家に入れる金額 50,000円
貯金 150,000円
車のローン 50,000円
交際費(外食代含む) 50,000円
服飾費 50,000円
交通費・通信費・雑費 30,000円
支出合計 380,000円

実家暮らしだと節約傾向が高くなる

貯金する光景

年収700万円独身で実家暮らしの場合には、意外にも節約傾向が高くなる傾向にあります。一人暮らしの場合だと自由がありお金を使う傾向にあります。しかし年収700万円をもらっていても敢えて実家暮らしを選ぶ人は節約をしたいから実家暮らしを選んでいることが多くなっています。そのため全体的に節約志向になります。

年収700万円になると男性の場合だと実家暮らしで結婚資金も貯められますし、そもそもベースの収入が高いため結婚したいと願う人の未婚率は大幅に下がってきます。未婚で年収700万円の人は結婚の資金や将来のための貯金額を増やしたいから実家を選ぶという人も多くなっているのです。

実家暮らしはかなり余裕がある

ファンキーな女性

年収700万円独身で実家暮らしの場合には経済的な余裕と時間的な余裕がかなり出てきます。経済的な余裕が出てくる背景はここまでで説明してきましたが、時間的な余裕については家事を家族がやってくれるという部分も大きな要因になってきます。家事を自分ですべてやらなくてもいいため、時間的な余裕が出てくるのです。

年収700万円独身で実家暮らしと一人暮らしで出る貯金額の差

一人暮らしの貯金額①5~10万円

笑顔の女性

年収700万円独身で一人暮らしの場合には、毎月の貯金額は5万円以上10万円以下が平均となります。年間で100万円を貯金できる人もいますし、逆に貯金にはお金を回さず年間で50万円も貯金ができない人もいるのです。一人暮らしでも人によって貯金額は大きく変わってくるのです。

実家暮らしの貯金額②10~15万円

サングラスの女性

年収700万円独身で実家暮らしの場合には、毎月の貯金額は10万円以上15万円以下が平均となります。実家暮らしの場合には一人暮らしに比べると出費が小さくなりますし、また元々貯蓄志向の強い人が実家暮らしを選びますので貯金額は一人暮らしの場合よりも増える傾向にあります。

そして年収700万円で独身の人の場合、未婚の間だけ実家暮らしをするのではなく、経済的な余裕を考えて結婚した後も伴侶と実家暮らしをするという強者も一定割合存在します。結婚してもなるべく生活レベルを落としたくないという思いが強く、そのような選択肢になるようです。

年収700万円独身で実家暮らしのメリット・デメリット

実家暮らしのメリット|支出を抑えられる

笑顔の女性

年収700万円独身で実家暮らしのメリットは、同じ未婚であっても一人暮らしに比べて支出を抑えられることが挙げられます。未婚の間に一人暮らしを選ぶか実家暮らしを選ぶかで、年間の支出を考えると100~200万円ほどの大きな差になってくることも少なくありません。

実家暮らしのメリット|貯金が出来る

がま口の財布

年収700万円独身で実家暮らしのメリットは、支出を抑えられるほか、それによって貯金をすることができる点も挙げられます。一人暮らしの場合、家賃や生活費などを抑えようとしても限界があります。しかし、実家暮らしなら家族との共同生活のため、支出に回るお金をそのまま貯金することができます。

実家暮らしのデメリット|家族に拘束されることがある

喧嘩する2人

年収700万円独身で実家暮らしのデメリットは、様々なことで家族に拘束されることです。実家暮らしで家にお金を入れなくてもいい場合もありますし、一人暮らしを想定した場合と同じくらいの金額を実家に入れることもあります。また家族の年間行事には付き合うことになりますし意外に自由度は低くなります。

年収700万円独身で一人暮らしのメリット・デメリット

一人暮らしのメリット|自由度が高い

ゴルフする女性

年収700万円で独身の場合、一人暮らしだと自由度が高いというメリットがあります。一人暮らしの場合だと実家暮らしに比べて年間の支出額は増えることが多くなりますし、また未婚の状態でやや余裕があるという家計状況も結婚してから一変するということも少なくありません。

しかしそのお金には代えられない自由度は一人暮らしの魅力であり、年収700万円も稼いで一人暮らしをすると「もう結婚しなくてもこのままでいいや」と生涯未婚を決め込んでしまうことも少なくないようです。そのくらい、年収700万円という高収入層の一人暮らしは自由度が高く楽しいものなのです。

一人暮らしのデメリット|時間にゆとりがなくなる

掃除する女性

年収700万円独身は自由度が高い反面、時間にゆとりがなくなりやすいというデメリットがあります。未婚のうちはすべての家事を自分でしなければなりませんし、実家であれば家族がやってくれるようなことを自分でしなければなりません。年間で考えればその総時間は約1,200時間にも及びます。

実家で親と暮らすよりも自由度が高い魅力はあるのですが、実は支出が多く時間的な余裕もない、実家暮らしに比べるとタイトな生活になりやすいというデメリットがあるのです。年収700万円であっても一人暮らしをする場合にはこの点に注意する必要があります。

年収700万円で独身の場合の生活を知り自身の生活にも役立てよう!

年間で700万円を稼ぎ出す独身の生活には夢がありますよね!今も楽しいですし、将来に向けて年間100万円以上の貯金ができるのもモチベーションが上がるものです。そしてその生活が良すぎて、異性からモテていても、生涯を未婚で過ごそうとする人も一定割合出てくるくらいなのです。

この記事で紹介したことを生かして、年収700万円の素晴らしい独身生活に近づくことができたらいいですよね!まずは年収700万円あったらどんな生活をするのか、頭に思い描いてみましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。