「アセット」の英語・ビジネスでの意味とは?アセットマネジメントなども

あなたは、「アセット」という英語の意味や、日本語でビジネスで使用される際のこの言葉の意味を知っていますか?この記事では、「アセットマネジメント」などの言葉の使い方や、アセットとリソースとは?など幅広い内容について詳しくお伝えしていきます。

アセットの英語の意味・英文使用例は?

アセットの英語「asset」の意味①資産・財産

図書館と男性

アセットの英語である「asset」という言葉の意味の1つ目は、「資産・財産」です。「資産・財産」とは、それが個人かまた法人かに関わらず、現金に換金することができるもののことを呼ぶ言葉です。具体的に言うと、自分や会社名義で購入した車、家、金融資産、大型機械などを指します。

また、この「資産・財産」は自分や会社の預金通帳にある預金やその他現金それ自体を示す言葉でもあります。簡単な言葉にすると、「自分が所有するお金に換えられる価値のあるもの全て」だと言うこともできます。あなたやあなたの会社には今、どれくらいの資産・財産があるか考えてみるとおもしろいですね。

アセットの英語「asset」の意味②利点・長所

図書館

アセットの英語である「asset」という言葉の意味の2つ目は、「利点・長所」です。この意味で用いられる場合、多くはそれを人や物の描写に使用します。

例えば、「She has a lot of assets for her position at work.」とすると、「彼女は自分の仕事のポジションに多くの長所を持ち合わせている。」という意味に使用できます。この英語は人や物の描写にも使用されるものだということも覚えておきましょう。

アセットの英文使用例①The most valuable asset

英語を学ぶ

アセットの英文使用例の1つ目は、「The most valuable asset is education.」です。これは、「一番価値のある資産は教育である。」という意味の例文です。assetという言葉に「the most valuable」とう修飾語がついて「一番価値のある資産」となっています。

アセットや資産・財産と聞くと、車や家など目に見えるものを想像する人が多いですが、これを手にするのに必要なのは紛れもなく知識や技能、コミュニケーション能力などです。この全てが学べるのが教育ですよね。このような教育に対する考え方は近年、子育てをする上でも重要なものだとして認識され始めています。

アセットの英文使用例②We have fixed assets

アセット管理

アセットの英文使用例の2つ目は、「We have fixed assets.」です。これは、「我が社には固定資産がある。」という意味の例文です。この「固定資産」とは、すなわち家や車など目に見える形ですでに固定された資産のことです。ちなみに、この言葉の逆の言葉は流動資産となります。

普通、資産運用を考える上ではこの固定資産と流動資産のバランスを考える必要があります。例えば、固定資産である家を何軒か持っていたとしても、それを売るにはある一定の時間がかかります。それに対して、流動資産である現金は、いつでもそのままの形で使用できますよね。このように、アセットにも複数種類があります。

アセットの英文使用例③Health is a great asset

健康的な生活

アセットの英文使用例の3つ目は、「Health is a great asset to our nation.」です。これは、「健康は我が国の偉大な資産だ。」という意味の例文です。仕事をするにも、学びを進めるにも、健康が大切なことは世界中どこに行っても変わらない事実だと言えます。

この事実を英語assetという言葉を使用すると、当例文のようにすっきり分かりやすい文章にまとめることができます。このassetという言葉は、英会話でも良く使われる言葉の一つでもあるので、ぜひあなたも覚えて使用してみましょう。

アセットはどんな業界で使われている言葉なの?

アセットという言葉が使用される業界①金融業界

金融業界

アセットという言葉が使用される業界の1つ目は、金融業界です。冒頭でお話した通り、アセットという言葉には「資産・財産」という意味があるので、この業界でこの言葉が使用されるのは当然と言っても良いでしょう。詳細については後述しますが、例えば「アセットマネジメント」などの言葉で使用されます。

アセットという言葉が使用される業界②IT業界

IT

アセットという言葉が使用される業界の2つ目は、「IT業界」です。IT業界でこの言葉が使用される場合、例えば「デジタルアセット」という言葉が使用されます。これは、デジタル化されたデータの形で保有されているもののことを指す言葉です。

この「デジタルアセット」の例を具体的に挙げると、例えば社内のパソコンでデータ化して作成された文書や画像、その他数字をまとめたグラフなどのことを指します。これら会社で有用なデータをして用いられるものをまとめて「デジタルアセット」と呼ぶのです。

アセットという言葉が使用される業界③Web広告業界

web広告

アセットという言葉が使用される業界の3つ目は、「Web広告業界」です。この業界で「アセット」と使用されると、それは「自分の会社でビジネスをやっていく上で使える情報とデータベース」を指します。例えば、それは顧客データやアンケート結果など商品開発やマーケティングに使用できるものも含みます。

これらは、情報の形のままでは目に見えませんが、それを基に商品を作ったり、売っていくことができればそれは資産である、まさにアセットであるとも言えます。これらの情報を基にマーケティングを進めていく企業がますます増えています。

アセットマネジメントって?他のアセットがつく言葉の意味

アセットマネジメントとは「資産管理」を意味する言葉

資産管理

アセットマネジメントとは「資産管理」を意味する言葉です。先述した通り、この言葉は主に金融業界で使用されます。「資産管理」とは文字通り、「資産を管理すること」を意味します。あなたの生活を例に取って考えてみましょう。自分が今持っている家、車、預金などはどこにどれだけの割合で存在していますか?

また、それを誰がどのように管理しているでしょう?このような項目から資産を考えて管理していくのがこの「アセットマネジメント」です。金融業界で使用される場合は、主に業者側の担当者が資産所有者に代わって株や資産の管理をすることを意味する言葉としても使用されています。

アセットマネジメント以外のアセットがつく言葉①アセットアロケーション

学び

アセットマネジメント以外のアセットがつく言葉の1つ目は、「アセットアロケーション」です。この言葉の中の「アロケーション」とは「分配」という意味を表します。したがって、この言葉は「資産分配」という意味の言葉ということになります。

先述した通り、資産には現金から不動産、車など様々な種類があります。アセットアロケーションとは、これらのリスクを考えながら、自分の資産をどの割合で持つかを分配していく作業を指します。普通、一般人の知識だけでは難しいので、その専門家を雇ってこれを行うのが一般的です。老後のことも考えると重要ですね。

アセットマネジメント以外のアセットがつく言葉②画像アセット

デザイン

アセットマネジメント以外のアセットがつく言葉の2つ目は「画像アセット」です。これは、特にデザイン関係の仕事をするデザイナーで画像を加工したり編集したりするソフトを使用する人の間で使用される言葉とされています。意味は、「画像のコーディングを行う作業」です。

このことを「画像アセット」と呼び、この作業を行うことで大きさやピクセル値などを簡単に変更することが可能となります。少しテクニカルな言葉なのであまり耳にすることはないかもしれませんが、特にデザイン関係のお仕事をされている方は覚えておくと良い言葉でしょう。

アセットマネジメント以外のアセットがつく言葉③ヒューマンアセット

人材

アセットマネジメント以外のアセットがつく言葉の3つ目は、「ヒューマンアセット」です。これは、「人材資産」という意味です。言葉通り、企業にとって人材は資産です。例えば、「我が社のヒューマンアセットはかなり高い。」などの形で使用します。

よく似てる?アセットとリソースの違い

アセットとリソースの違い①リソースは「資源」を表す

資源についての話し合い

アセットとリソースの違いの1つ目は、リソースは「資源」を表すです。アセットは「資産」を表しますが、リソースは「資源」を表します。漢字表記と音の響きが似ているので混同しがちですが、それぞれの言葉は意味することが異なります。

アセットとリソースの違い②消費される「資源」と手元に残る「資産」

仕事する人

アセットとリソースの違いの2つ目は、意味の上で、消費される「資源」と手元に残る「資産」という違いがあるという点です。「資源」とは例えば水や木材など、基本的には消費されて手元に残らないものを言います。一方、「資産」はそれを他の形に換えても手元に残るものを指します。これがアセットトリースの違いです。

「アセット」という言葉の意味をしっかり理解して自分の人生にも生かそう!

働く女性

当記事では、「アセット」の英語「asset」の言葉の意味や使い方を具体的な例文を交えて詳しくお伝えしてきました。この言葉は金融業界、IT業界、広告業界など、非常に幅広い分野で使用される言葉であるということが分かりました。日々の業務で使用している言葉、または耳にする言葉だという方もいたかもしれません。

今回の記事はビジネスの内容を中心にお伝えしてきましたが、このアセットという言葉の意味やその概念は個人の生活でも活用できます。自分のスキルや能力、人間関係を自分のアセットだと仮定すると、それをどう人生に生かせばよいか?が見えてきます。ぜひあなたもアセットマネジメントをして人生を豊かにしてください。

下記関連記事内では、ビジネスでもよく使われる「ローンチ」という言葉の意味を分かりやすくご紹介しています。この言葉の意味や使い方に加えて、他の英語が元になっているビジネス用語、類語についても学べます。気になる方はこちらの記事もぜひチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 615948506
ローンチの使い方・意味を知ってる?英語が元のビジネス用語とは類語も

あなたは、ビジネスでも良く耳にする「ローンチ」という言葉の意味を知っていますか?この記事では、この言葉の意味に加え、英語での表現や類語、金融やゲーム業界で...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。