ローンチの使い方・意味を知ってる?英語が元のビジネス用語とは類語も

あなたは、ビジネスでも良く耳にする「ローンチ」という言葉の意味を知っていますか?この記事では、この言葉の意味に加え、英語での表現や類語、金融やゲーム業界でのこの言葉の使い方について具体的な例文を交えて詳しくお伝えしていきます。

あまり聞き慣れない?ローンチという言葉の意味

ローンチという言葉の意味とは①何かを世の中に送り出す

図書館

ローンチという言葉の意味とはの1つ目は、「何かを世の中に送り出す」という意味です。例えば、これはビジネスの世界で良く用いる意味で、何か特定の製品やサービスなどを世の中に送り出す際に使用します。詳しくは後述しますが、例えば「明日、我が社の新しいサービスをローンチします。」などの形で使用できます。

この「ローンチ」という言葉を使用すると、「明日、我が社の新しいサービスを世の中に送り出します。」という言葉で表現したものよりも良い意味で軽やかさがあります。言葉としても短いので使いやすく、意味も伝わりやすいのでビジネスでも広く使用されています。

ローンチという言葉の意味とは②新商品などを発表・公開する

図書館と男性

ローンチという言葉の意味とはの2つ目は、「新商品などを発表・公開する」という意味です。これらの意味は、1つ目で紹介した「世の中に送りだす」という表現の類語であるということも分かると思います。基本的には同じ意味を表しますが、表現とその違いによる伝わるニュアンスが異なります。

例えば、「明日、我が社は新しい商品を発表します。」「明日、新しい料金体系を公開します。」のような形で使用でき、どれも「ローンチ」という言葉で置き換えることが可能です。この「新商品などを発表・公開する」という意味も「世の中に送り出す」という意味と同様、ビジネスでは特に良く使用されますので覚えましょう。

金融やゲーム業界のお披露目で使われるローンチの言葉の使い方は?

金融業界で使われるローンチの言葉の使い方は「有価証券の発行周知」

コイン

金融業界で使われるローンチの言葉の使い方は、「有価証券の発行周知のため」です。有価証券とは金融業界ではおなじみの言葉で、「財産権を証明する証券」のことを呼びます。金融業界では、しばしば有価証券が公開される前にそれを事前に周知するということが行われ、これを「ローンチ」と呼びます。

具体的な例文としては、例えば「来週頭に行われる有価証券発行についてのローンチが行われた。」などの形で使用されます。ただ、この意味と使い方は金融業界に限定された使われ方なので、この業界にいる人以外で耳にしたり実際に使用する方はそんなに多くないでしょう。

ゲーム業界で使われるローンチの言葉の使い方は「ローンチタイトル」

ゲーム

ゲーム業界で使われるローンチの言葉の使い方は「ローンチタイトル」です。これは新しいゲーム機の発売と同じタイミングで発売されるゲーム用ソフトをのことを呼びます。ゲーム機と共にゲームソフトを販売し、売り上げを伸ばすことは企業のマーケティング戦略としては優れたものですよね。

具体的な例文としては、「このゲーム機と一緒に新しいローンチタイトルも購入した。」などの形で使用できます。この言葉をあえて「新しいゲーム機と同じ時期に販売されたゲーム」と表現してもOKですが、言葉が長すぎて相手にも伝わりにくいですよね。

上記まで、ローンチという言葉の意味と主にその使い方について解説してきました。下記関連記事内では、「バジェット」という言葉の意味を分かりやすく解説しています。ホテルで使われるビジネス用語や例文についてもご紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 1080032975
英語「バジェット」の意味とは?ホテルで使われるビジネス用語も例文も

あなたは、「バジェット」という言葉の意味を知っていますか?この記事では、ビジネス用語として使われるこの言葉の意味や具体的な使い方、英語表現などについて詳し...

ローンチの熟語にはどんなものがある?

ローンチの熟語①航空業界で使用される「ローンチカスタマー」

飛行場

ローンチの熟語の1つ目は、航空業界で使用される「ローンチカスタマー」です。これは、新しい飛行機の開発が行われた後にそのスポンサーとなる航空会社のことを指す言葉とされています。新しい飛行機を飛ばすことはその安全面などで大きなリスクを伴います。

それを理解した上で、新しい飛行機の需要が世の中で高まるのを支援していくのがローンチカスタマーの仕事です。数年前、日本でも日系航空会社がアメリカで開発された新しいタイプの飛行機を導入して話題になりましたね。このようにローンチカスタマーが世の中に担う役割は大きいと言えるでしょう。

ローンチの熟語②自動車制御技術の「ローンチコントロール」

車

ローンチの熟語の2つ目は、自動車制御技術の「ローンチコントロール」です。これは、エンジンの回転数を制御し停車中の車をより円滑に発車させるための技術のことを呼びます。古い車になるとこの技術の精度が下がってしまい、エンストを起こしたりしてしまいますよね。

ただ、この言葉も金融業界で使われる意味での「ローンチ」という言葉と同様、自動車業界とその周辺業界以外では使用されることはあまりありません。その業界に身に置く人はぜひ覚えておきましょう。

ローンチの熟語③アプリ業界で使用される「ローンチアップ」

アプリ

ローンチの熟語の3つ目は、アプリ業界で使用される「ローンチアップ」です。これは、新しいアプリを顧客にまず試してもらい、その感想を聞いていくことを指す言葉です。例えば、「このアプリはローンチアップしたことで更に品質が向上した。」などの形で使用できます。

アプリ開発以外でも、例えば新商品、新サービスをローンチする際にはこのローンチアップが必要になってきます。企業の希望やエゴで消費者がそれを求めているか否かに関わらず売っていくという時代は終わりました。この言葉とその意味は特に会社で商品開発に携わる方には必要なものと言えるでしょう。

ローンチの英語の語源の意味とビジネス英会話での用例

ローンチの英語の語源の意味①発射する

本

ローンチの英語の語源の意味の1つ目は、「発射する」です。これは、水などを勢い良く発射するというイメージです。もともと、ローンチという言葉は英語の「launch」という言葉から来ています。発音は本来、「ラウンチ」ですが、日本語にないLの音が変化して「ローンチ」となったものとみられます。

「発射する」という意味を使った例文を挙げてみると、例えば「We launched water to the burning house.」「私達はその燃える家に向けて水を発射した。」などの形で使用できます。この意味の場合、ビジネスで使用することは少ないですが、日常生活ではしばしば使用します。

ローンチの英語の語源の意味②公開する・開始する

英語の学習

ローンチの英語の語源の意味の2つ目は、「公開する、開始する」です。これは、日本語の意味と同じ意味で使用されます。特にビジネスシーンでは日本語と同様、この意味で使用されることがほとんどです。具体的な例文は後述でご紹介します。

ローンチのビジネス英会話での用例①We launched our

仲の良い職場

ローンチのビジネス英会話での用例の1つ目は、「We launched our new service.」です。これは、「私たちは新しいサービスを公開しました。」という意味になります。「公開」という言葉を「ローンチ」という言葉に置き換えることもできます。

英語の「launch」は規則動詞なので、「launched」とedをつかるだけで例文のように過去形の言葉として使用することができます。この使い方は実際のビジネス英会話でも非常に良く使う表現ですので、ぜひこの機会に覚えておきましょう。

ローンチのビジネス英会話での用例②I'm launching a

提案する人

ローンチのビジネス英会話での用例の2つ目は、「I'm launching a new project.」です。「私は新しいプロジェクトを発表します。」などの形で使用できます。会議などで、「満を持して発表しますよ」というニュアンスを強調したい場合は例文のような言い回しをすると良いでしょう。

また、この英語例文の文法構造を見てみると、現在進行形を使用することによって、近い未来の行動について言及しています。このように、willを使用する以外にも未来のことを表すことが可能ですので、この使い方もぜひ覚えておきましょう。

ローンチの類語・対義語にはどんな言葉がある?

ローンチの類語①リリース

リリース発表作業

ローンチの類語の1つ目は、「リリース」です。この言葉は、ビジネスや他分野でも耳にしたことがある方が多いと思います。具体的な例文を挙げると、例えば「明日、我が社の新しい商品をリリースします。」などの形で使用します。

また、このリリースという類語は、音楽業界でも使用されることが多いものです。例えば、「今人気のバンドが明日新しいアルバムをリリースします。」などの形です。この場合も「発売する」という意味でビジネス用語と同様に使用されます。

ローンチの類語②公開

電話

ローンチの類語の2つ目は、「公開」です。この言葉も、お馴染みの言葉として認識している方も多いのではないでしょうか。例えば、「来週頭に、新しい電話料金サービスが公開されます。」などの形で使用できます。この類語は「ローンチ」という言葉に置き換えられますよね。

ローンチの対義語①非公開

非公開

ローンチの対義語の1つ目は、「非公開」です。これは、先に出て来た「公開」という言葉の文字通りの対義語とも言えます。非公開とは、簡単に言うと「公開しない」という意味です。具体的には、「このサービス詳細についてはまだ非公開となっています。」などがあります。

ビジネスの流れを考えた際、例えば新商品をどのタイミングで公開するか?言い換えるとどこまで非公開にしておくか?という視点は大変重要なものです。特にマーケティングに関わる方には身近な対義語かもしれません。

ローンチの対義語②秘密

秘密

ローンチの対義語の2つ目は、「秘密」です。これは、1つ目の「非公開」という言葉を少し簡単に表した言葉とも言えます。例えば、「その企業は新しいサービスについて長い間秘密にしていた。」などの形で使用することができます。

ただ、この「秘密」という言葉はビジネス用語というよりはどちらかと言うと日常会話で好んで使用されるものなので、状況をよく判断して使用するようにしてください。言葉の使い方一つで相手へ与える印象が大きく変わります。

「ローンチ」という言葉をしっかり理解してビジネスにも活用していこう!

うなぎのぼり

当記事では、「ローンチ」という言葉の意味や英語の語源、類語や金融業界での使われ方など多岐にわたる内容でお送りしてきました。この言葉を今まで何となく聞いたことはあっても意味や使い方までは分からなかったという方も理解が深まったのではないでしょうか?

英語の「launch」という言葉も、ビジネス英会話の中でも頻出の言葉であるということをお伝えしました。海外企業相手、あるいは外資企業と仕事をされる方も増えてきていると思います。ぜひ当記事内容を参考にして自分のビジネスにも積極的に活用してみてくださいね。

下記関連記事内では、ビジネス用語である「ジャストアイデア」という言葉の意味について分かりやすくまとめています。フラッシュアイデアとの違いやその類語、当記事と同じく英語の語源についても触れています。興味のある方はぜひ、この記事と合わせて下記内容もチェックしてみてください。役立つ内容に出会えます。

Small thumb shutterstock 364265705
ビジネス用語「ジャストアイデア」の意味とは?英語・フラッシュアイデアも

あなたは、ビジネス用語でもある「ジャストアイデア」という言葉の意味を知っていますか?この記事では、この言葉の意味と英語での表現、「フラッシュアイデア」との...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。