夫婦仲が悪い夫婦の特徴15選!不仲の原因と最悪な関係の改善方法は?

夫婦仲が悪い夫婦は、思っている以上に多いようです。ここでは、そんな不仲な夫婦の特徴や原因などについて、詳しくご説明して参ります。また、最悪な夫婦の間で起こりがちなことや、仲の良い夫婦との特徴の違い、更には改善方法についても、あわせて見て参ります。

夫婦仲が悪い夫婦の特徴5選!

夫婦仲が悪い最悪な夫婦の特徴①思いやりがない

ショートカットの金髪の女性

夫婦仲が悪い最悪な夫婦の特徴の1つ目は、『思いやりがない』ということです。お互いが相手に対してダメ出しをしたり、酷い言葉を投げつけたりします。相手がたとえ疲れている状態であっても関係ありません。「疲れているのだろう」などのような思いやりのある考え方は捉え方ができない為、きつい態度を取ります。

夫婦仲が悪い最悪な夫婦の特徴②外聞ばかり気にしている

肩を組まれる女性

夫婦仲が悪い最悪な夫婦の特徴の2つ目は、『外聞ばかり気にしている』ということです。周囲の人たちが自分たちのことをどんなふうに思いっているのか、ということばかり気にしています。いわゆる「仮面夫婦」と呼ばれる人たちです。外聞ばかりを気にする為、見栄を張ることが多くなります。すると、ストレスが溜まります。

夫婦仲が悪い最悪な夫婦の特徴③会話がない

背中合わせの男女

夫婦仲が悪い最悪な夫婦の特徴の3つ目は、『会話がない』ということです。顔を合わせて話し合わない、ということです。話し合うという意味での会話がない為、お互いがお互いに対して不満を抱き始めます。「わかってくれない」という気持ちが大きくなるのです。すると話し合っても無駄と思い、ますます会話がなくなります。

夫婦仲が悪い最悪な夫婦の特徴④自分のことばかりに夢中

髪をかき上げる女性

夫婦仲が悪い最悪な夫婦の特徴の4つ目は、『自分のことばかりに夢中』ということです。夫は自分の仕事や趣味にばかり夢中になります。妻は個人的な付き合いや自分磨きなどに夢中になります。お互いがお互いに自分のことばかりに夢中になり、関心がなくなるのです。その為、冷え切った夫婦仲と呼ばれる関係になります。

夫婦仲が悪い最悪な夫婦の特徴⑤子だくさん

3人の子供

夫婦仲が悪い最悪な夫婦の特徴の5つ目は、『子だくさん』です。子供が多すぎると、男性は自分の居場所がなくなります。家に安らぎの空間がなくなってしまうのです。また、妻は子供の世話ばかりに取られることになります。すると、夫婦間での関心や会話がなくなっていきます。ストレスも溜りやすくなる為、悪くなるのです。

夫婦仲が悪い男性の特徴5選!

夫婦仲が悪い男性の特徴①家にあまりいない

仕事に熱中する男性

夫婦仲が悪い男性の特徴の1つ目は、『家にあまりいない』ということです。仕事が忙しくて平日は残業、休日も出勤という可能性があります。また、自分の趣味で忙しくて家にあまりいないということもあるでしょう。どちらにしても、夫があまり家にいないということは妻との会話が少なくなり、夫婦仲が悪くなっていきます。

夫婦仲が悪い男性の特徴②連絡がこまめではない

こめかみを抑える男性

夫婦仲が悪い男性の特徴の2つ目は、『連絡がこまめではない』ということです。仕事で帰りが遅くなるという連絡や、これから帰るなどの連絡があまりこまめではないということです。妻は自宅で夫の帰りを待っています。夕食などを作って待っているのに連絡がないと妻の不満やストレスは大きくなり、仲が悪くなります。

夫婦仲が悪い男性の特徴③妻に無関心

妻に無関心な夫

夫婦仲が悪い男性の特徴の3つ目は、『妻に無関心』ということです。女性はどれだけ年齢を重ねても女性です。夫に関心を持ってもらいたい、という気持ちが心のどこかにあります。ですがその肝心の夫が妻に無関心では、妻のストレスや不満が大きくなります。怒りやストレスを直接夫にぶつけたり、外へ関心が向いたりします。

夫婦仲が悪い男性の特徴④個人的な趣味が多い

サーフィンをする男性

夫婦仲が悪い男性の特徴の4つ目は、『個人的な趣味が多い』ということです。これは夫婦で一緒に楽しめる趣味ではありません。夫が個人で楽しめる趣味が多い、ということです。すると、妻は蔑ろにされてしまいます。「自分ばかり楽しんで」などのような不満を感じることもあるでしょう。妻の怒りを買うことになるのです。

夫婦仲が悪い男性の特徴⑤家庭に無関心

女性ににらまれる男性

夫婦仲が悪い男性の特徴の5つ目は、『家族に無関心』ということです。これは妻だけではありません。子供のことはもちろん、妻の両親などにも無関心ということです。家族に無関心になると家族のことで何か問題が起こった時、妻は誰にも相談できなくなります。不安や恐れの感情を一人で抱えることになり、負担になるのです。

夫婦仲が悪い女性の特徴5選!

夫婦仲が悪い女性の特徴①夫より収入が多い

ボーナスをもらった人

夫婦仲が悪い女性の特徴の1つ目は『夫より収入が多い』ということです。女性の場合はこれが大きな特徴となります。男性にはプライドがあります。女性である妻の方が、夫である男性の自分よりも収入が多いということは、夫のプライドを激しく傷つけることになるのです。女性より優位に立ちたいという思いがあるのです。

夫婦仲が悪い女性の特徴②ヒステリック

ヒステリックな女性

夫婦仲が悪い女性の特徴の2つ目は、『ヒステリック』ということです。ヒステリックになると、家庭が癒しや憩いの場ではなくなります。いつも夫は妻のご機嫌を取っていないといけないからです。これはいつも緊張した状態を意味しています。夫にとっては大きなストレスになります。すると、夫は家に寄り付かなくなります。

夫婦仲が悪い女性の特徴③愚痴が多い

一方的に話す女性

夫婦仲が悪い女性の特徴の3つ目は、『愚痴が多い』ということです。愚痴が多い女性は男性からあまり好かれません。仕事で疲れて帰ってきているのに、家に帰ってきて愚痴を聞かされる男性の気持ちを考えてみてください。愚痴は聞いていて、あまり気持ちの良いものでもありませんから、夫は余計に疲れが溜まるでしょう。

夫婦仲が悪い女性の特徴④子供に過剰な愛情を注ぐ

子供をかわいがる女性

夫婦仲が悪い女性の特徴の4つ目は、『子供に過剰な愛情を注ぐ』ということです。男性は、妻から無視されることをあまり好みません。妻の愛情が自分の子供に向けられていても、遺文は無視されていると感じるのです。子供にばかり愛情を注いでいると、自分の存在を否定された気持ちになり、家に帰って来なくなります。

夫婦仲が悪い女性の特徴⑤社会性がない

男性をにらむ女性

夫婦仲が悪い女性の特徴の5つ目は、『社会性がない』ということです。社会性がない女性は、夫の仕事への理解があまりありません。仕事で忙しい状態も理解できませんし、仕事で疲れて帰ってきているということもあまり理解できません。すると、自分のことばかりになり、夫に精神的なストレスをかけることになるのです。

夫婦仲が悪くなる原因は?

夫婦仲が悪くなる原因①子供のしつけの行き違い

上を見上げる親子

夫婦仲が悪くなる原因の1つ目は、『子供のしつけの行き違い』です。子供に対するしつけの仕方は、男性と女性とで大きく異なります。その為、男性が口出ししないのも良くありませんが、口出ししすぎるのも原因の一つになるのです。適度な干渉が必要になります。

夫婦仲が悪くなる原因②両親と同居している

仲の良い老夫婦

夫婦仲が悪くなる原因の2つ目は、『両親と同居している』ということです。夫の両親と同居している場合には、妻の精神的な負担が大きくなるでしょう。反対に、妻の両親と同居している場合は、夫の精神的な負担が大きくなります。どちらのケースも両親の同居は原因になる可能性が高いのです。

夫婦仲が悪くなる原因③結婚に対する理想が大きすぎた

結婚指輪

夫婦仲が悪くなる原因の3つ目は、『結婚に対する理想が大きすぎた』ということです。結婚生活は決して夢物語ではありません。他人が一つ屋根の下で過ごすのですから、さまざまな困難もあります。ですが、そのようなことを考えないで理想ばかりを追い求めて結婚した二入は、夫婦仲が悪くなる可能性が高くなります。

夫婦仲が悪くなる原因④どちらかの浮気

携帯を取り上げる女性

夫婦仲が悪くなる原因の4つ目は、『どちらかの浮気』ということです。浮気は夫婦の中では絶対のタブーです。これは相手を裏切ることになります。実際、浮気が原因で離婚する人は後を絶ちません。浮気をするということは、相手を思いやる気持ちに欠けている、という見方もできます。

夫婦仲が悪くなる原因⑤お金に対する価値観の相違

コイン

夫婦仲が悪くなる原因の5つ目は、『お金に対する価値観の相違』です。生活していく上で大切なのは、お金です。このお金に対する価値観が違うと、何にどれだけお金を使うかという考え方が変わってきます。生活に直面することになるので、夫婦仲が悪くなる原因になるのです。

お金の問題で夫婦喧嘩をするということは、想像以上に多くあります。その原因や仲直りするコツについてお知りになりたい方は、こちらもご覧下さい。

Small thumb shutterstock 593479472
お金の問題で夫婦喧嘩する原因は?共働き夫婦の仲直りや喧嘩しないコツも

お金の問題で起こる夫婦喧嘩はどの家庭でも少なかったため1度は起こるトラブルです。お金の使い方やお金がなく共働きをする夫婦にとって1番の喧嘩原因です。そこで...

夫婦仲が悪くなる原因⑥ギャンブル依存症

お金を受け止める人

夫婦仲が悪くなる原因の6つ目は、『ギャンブル依存症』です。これは治りません。治すには本人のかなり強い意志が必要になります。ですが、それだけの強い意志があるのなら、最初からギャンブル依存症にはなっていないでしょう。生活に直面することなので、原因になります。

夫婦仲が悪い夫婦が二人きりで外出や過ごす時に起こりがちなことは?

夫婦仲が悪い最悪な夫婦に起こりがちなこと①無視

携帯を見つめる二人

夫婦仲が悪い最悪な夫婦に起こりがちなことの1つ目は、『無視』ということです。お互いが目の前にいても、存在を無視します。会話もありません。相手がいないものとして、個人的な行動をします。

夫婦仲が悪い最悪な夫婦に起こりがちなこと②口喧嘩

言い争いをする二人

夫婦仲が悪い最悪な夫婦に起こりがちなことの2つ目は、『口喧嘩』です。どこでも口喧嘩を始めます。周囲に大勢の人たちがいる公共の場でも、平気で口喧嘩を始めます。周囲の目を気にするという余裕がないのです。

仲の良い夫婦の特徴は?不仲の夫婦との違いは?

仲の良い夫婦と不仲の夫婦の特徴の違い①お互いへの関心

男性に抱きつく女性

仲の良い夫婦と不仲の夫婦の特徴の違いの1つ目は、『お互いへの関心』です。仲の良い夫婦は、お互いに強い関心を抱いています。また関心を抱くように努力しています。不仲な夫婦はお互いに関心を持つという努力もしません。関心がないから不仲になるのです。

仲の良い夫婦と不仲の夫婦の特徴の違い②家庭に対する考え方

仲の良い家族

仲の良い夫婦と不仲の夫婦の特徴の違いの2つ目は、『家族に対する考え方』です。仲の良い夫婦は、家族に対する考え方が似ています。お互いを尊重し合うなどのような考え方が一緒なのです。不仲の夫婦は、考え方が異なります。どちらかと言うと個人主義の考え方を持っています。

夫婦仲が悪いのを改善するには?

夫婦仲が悪い不仲を改善する方法①よく話し合う

話し合う二人

夫婦仲が悪い不仲を改善する方法の1つ目は、『よく話し合う』ということです。改善するには、何より話し合いが大切です。お互いに話し合うことで、それぞれの個人的な改善点も見えてきます。

夫婦仲が悪い不仲を改善する方法②思いやりの気持ちを持つ

互いを思い合う二人

夫婦仲が悪い不仲を改善する方法の2つ目は、『思いやりの気持ちを持つ』ということです。思いやりの気持ちをお互いに持つことで、改善されていきます。思いやりの気持ちを持てば、自分の言動にも注意が向く為、個人的な改善点も浮き彫りになります。

夫婦仲が悪い不仲を改善する方法③自分を見つめ直す

自分を見つめる女性

夫婦仲が悪い不仲を改善する方法の3つ目は、『自分を見つめなおす』ということです。不仲な時は、相手の欠点ばかりが目につきます。ですが、不仲になる原因はあなた自身にもあるのかもしれません。一度冷静になって、自分自身を見直してみましょう。

夫婦仲が悪い不仲な夫婦はコミュニケーションを意識する

ソファに座って話し合う二人

夫婦仲が悪い不仲な夫婦は、コミュニケーションがあまりとれていないことが多く見られます。勝手に相手の気持ちを想像して、勝手に怒りを感じているのです。よく話し合うことで、不仲な状態は改善されていきます。しっかりコミュニケーションを取ることを意識しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。