「光栄です」の意味とは?敬語表現や使い方と類語も対義語も

光栄ですという言葉はビジネスにおいて商談等でよく使われる言葉になります。「とても光栄です」「お褒めいただき光栄です」「光栄に思います」など、様々な使い方が想定されますが、ここでは類語や対義語も含めて分かりやすく紹介していきます。

光栄ですの意味とは?

光栄ですの意味とは名誉に思うこと

驚く女性

光栄ですの意味とは、名誉に思うことです。この表現は日常生活で何か嬉しく、また名誉に思うようなことがあったくらいのちょっとしたことでは使われない言葉になります。フォーマルなシーンにおいて、大変名誉に思うことに対して、その嬉しさを表す表現として光栄ですという表現が使われるのです。

光栄ですという言い回しは表彰のシーンでよく使われる表現です。表彰のシーンでは表彰される人が何らかの実績を称えられて表彰されているということになるので、表彰されたことに対して光栄ですといういう気持ちでその名誉に思う気持ちと嬉しさを最大限に表現していると言えるでしょう。

光栄ですには褒められた際の相手に対する感謝の気持ちも含まれる

3人での握手

光栄ですという言葉には褒められた際の相手に対する感謝の気持ちも含まれます。光栄ですという表現を使う時に「光栄です。ありがとうございます」と改めてお礼を言うことも少なくありませんが、光栄ですという言葉自体に褒められた際の相手に対する感謝の気持ちも含まれるので状況によってはお礼を割愛することもあります。

例えば「このような賞をいただき光栄です。家族やご指導いただいた先生に感謝しています」といったシーンではお礼を改めて伝えることで印象が上がりますが「お会いできて光栄です」という言葉には、そのようなシチュエーションや相手方に対しての感謝の意がありますがわざわざ表現せずに割愛します。

光栄ですという言葉には少なからず相手方への感謝の気持ちを示すニュアンスが含まれていますので、そういった認識を持ってこの言葉を使うことで、より良いコミュニケーションが叶うことでしょう。

光栄ですの敬語表現は?

光栄ですの敬語表現①光栄に存じます

4人での握手

光栄ですの敬語表現の1つ目として「光栄に存じます」という表現が挙げられます。この表現に関しては謙譲語表現であり、自分が相手に対して遜ることで敬意を表す表現になります。「光栄です」と相手に伝えるだけでも十分に丁寧な印象のある言葉ですが「光栄に存じます」はさらに丁寧な印象を強める表現になります。

「そのようなお褒めの言葉をいただけまして、光栄に存じます」といった形で使うことができます。基本的にこのような言い回しを使うのは目上の相手に対してであり、立場が下の人に対してこのような言葉を使うのは相手に対する皮肉だと認識されるようなこともありますので注意するようにしましょう。

光栄ですの敬語表現②とても光栄でございます

5人でのミーティング

光栄ですの敬語表現の2つ目として「とても光栄でございます」という表現が挙げられます。「ございます」という言葉は丁寧語の表現であり、光栄ですの頭に「とても」という言葉を付けることでさらにその表現を強調しています。単に「光栄です」と伝えても足りないような状況ではこのような言い回しを使いましょう。

「このような歴代の素晴らしい先輩方が愛用されていたジャケットをいただけるなんで、とても光栄でございます」といった形で使うことができます。このシチュエーションでは「とても」という言葉を使うことで、自分の気持ちがストレートに表れている表現を可能にしています。

光栄ですの敬語表現③至極光栄です

笑顔の黒人女性

光栄ですの敬語表現の3つ目として「至極光栄です」という表現が挙げられます。この表現は「光栄です」という丁寧語に「至極」という言葉を付けた言い回しになっています。基本的に「至極」という言葉が最大級に「光栄です」という言葉を高めている言葉になるため、この言い回しは敬語表現に該当する言い回しになります。

もしもこの表現をさらにフォーマルにしたいのならば「至極光栄でございます」といった言い方もできます。「至極」という言葉自体、余程場違いでみんなを恐縮させるような人物の登場のシーンか、もしくは社交辞令でしか使わない言葉になります。少なくとも相手方が見え見えの社交辞令だと感じないようにしましょう。

光栄ですの使い方や例文は?

光栄ですの使い方や例文①大変光栄に思います

笑顔の会社員

光栄ですの使い方や例文の1つ目として「大変光栄に思います」という表現を紹介します。「この度はこのような目に余る表彰をしていただきまして大変光栄に思います」といった形で使います。「大変光栄に思います」という言葉は自分が表彰された時など、自分自身がいただいたものに対して光栄に感じる場合に多く使われます。

もしも相手方に対して使うのであれば「今回は〇〇様にこのような形でお会いでき、大変光栄に思っております」といった形で使うと良いでしょう。「思っております」という表現にすることで「ずっと会いたかった」という意思表示もその表現に込めることができます。細かい言い回しで伝わり方は変わるものなのです。

光栄ですの使い方や例文②とても光栄です

胸を張る女性

光栄ですの使い方や例文の2つ目として「とても光栄です」という表現を紹介します。「とても光栄です」という表現は「ご高名は日頃からお伺いしております。この度はプロジェクトでご一緒できてとても光栄です」といった形で使われます。相手方に対して伝える敬意の度合いを高めたい場合に使う言葉になります。

「とても光栄です」という表現は、会話においてはさらっと使うことはできない表現です。感情を込めないとあからさまな社交辞令に聞こえてしまうことでしょう。相手方に対してそのような伝わり方にならないよう注意が必要です。「とても」という言葉は意外に軽くないので使う際には注意して使いましょう。

光栄ですの使い方や例文③お目にかかれて光栄です

4人での握手

光栄ですの使い方や例文の3つ目として「お目にかかれて光栄です」という表現を紹介します。「お目にかかれて光栄です」という表現は「お会いできてとても光栄です」といった表現の類似表現であると言えます。「かねがねご高名はお伺いしております。お目にかかれて光栄です」といった使い方をします。

「お会いできて」という表現よりも「お目にかかれて」という表現の方がフォーマルな言い回しになります。基本的に「お目にかかる」という表現はフォーマルな色が強いシーンにおいて「会う」の言い換え表現として使われる言葉であり「光栄です」という言葉と一緒に使うことで相手への強い敬意を示す表現になります。

また「お目にかかれて光栄です」という言い回しは「お目にかかれて嬉しく存じます」といった形でも使うことができます。「嬉しい」という表現を使った方が気持ちが伝わる場合もあり、その使い方は下記の関連記事で分かりやすく紹介されています。こちらも是非併せて読んでみてください。

Small thub shutterstock 681206938
嬉しいを敬語にすると?大変嬉しく存じます・嬉しく思いますの類語も

あなたは、嬉しいを敬語の形にした「嬉しく思います」「大変嬉しく存じます」などの正しい使い方や意味を知っていますか?この記事では、ビジネスでもよく目にする「...

光栄ですの使い方や例文④お褒めいただき光栄に思います

2人で握手

光栄ですの使い方や例文の4つ目として「お褒めいただき光栄に思います」という表現を紹介します。「お褒めいただき光栄に思います」という言葉は「社長から直々にお褒めいただき光栄に思います。これからも精進して参りますので今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」といった形で使います。

「お褒めいただきありがとうございます」と言いたいシーンにおいて「お褒めいただき光栄です」という言い回しを使うと相手への強い敬意を伝えることができます。また、こういったシーンでは単に「ありがとうございます」としか言わないことも多いので、こういう表現を覚えておくとコミュニケーションに役立つことでしょう。

光栄ですの使い方や例文⑤光栄の至りでございます

女性と貯金箱

光栄ですの使い方や例文の5つ目として「光栄の至りでございます」という言い回しを紹介します。「本日はこのような場で演説の機会を賜りまして、光栄の至りでございます」といった形で使います。こういった使い方をするのは、演説等の非常にフォーマルなシーンに限られます。普段は中々口にしない言い回しです。

普段は中々使わない「光栄の至りでございます」といった表現も、その言葉がふさわしいシーンですっと出てくると周囲から一目置かれることになることでしょう。ビジネスにおける評判が上がることも考えられますので、こういった言い回しも覚えておくようにしましょう。

光栄ですの類語は?光栄の対義語は?

光栄ですの類語①名誉

小さなプレゼント

光栄ですの類語の1つ目として「名誉」という言葉を紹介します。「光栄に思います」という言い回しを「名誉に思います」と言った言い回しにも置き換えることができる類語表現です。しかしながら「名誉」という言い回しは、こういった言い回しで使うよりも、名詞として使うことが多い類語表現です。

例えば「このような賞をいただけることはエンジニアとしての名誉だ」という形で使われます。意味合いはほとんど同じ類語表現ではあるのですが、使い方は違います。それぞれの使い方を混同しないように注意して使うようにしましょう。

光栄ですの類語②栄光

笑顔の男性

光栄ですの類語の2つ目として「栄光」という言葉を紹介します。「栄光」という言葉は「光栄」と同じような意味合いで使われるのですが、過去や現実に起きている事象に対してではなく、未来に対して使われる類語表現になります。「栄光に向かって走る」という言い回しをイメージすると分かりやすいかと思います。

「受験生諸君はここが踏ん張りどころだ。合格の栄光はすぐ掴めるところにあるのだ」という言い回しで使われます。漢字が逆になることで、使い方が大きく変わってきますので、「栄光」と「光栄」それぞれの使い方を混同しないよう気を付けて使い分けましょう。

光栄ですの対義語①譴責

2人の喧嘩

光栄ですの対義語の1つ目として「譴責」という表現を紹介します。「光栄」という言葉の対義語だと明確に言えるものはないのですが、反対の意味合いを示す言葉として「譴責」を紹介しています。この言葉悪い行いに対しての戒めや、その戒めの種類そのものを表す表現になっています。

例えば会社に自分の過失で何か大きな損害を与えてしまった時に、看過することはできないけれども弁償金の負担や出勤停止、あるいは減給といった具体性のあるペナルティを与えるまでには至らないため、注意喚起にとどめることを「譴責」という場合も少なくありません。

光栄ですの対義語②屈辱

うなだれてる女性

光栄ですの対義語の2つ目として「屈辱」という表現を紹介します。「屈辱」という表現は何かに対して恥じらいと悔しさを感じている状態を表します。例えば勝負事で誰かに負けた時に「屈辱だ」という言葉を聞くことは少なくないでしょう。

「屈辱」であったり「譴責」という表現は、それを受ける状況になればいずれも不名誉に感じることでしょう。そういった意味でこの2つは「光栄です」の対義語にあたる表現であると言うことができます。

光栄ですという言葉をあらゆる場面で使いこなせるようになろう!

「光栄です」という言葉を使う場面はビジネスのシーンにおいて少なくないですし、自分自身が表彰されるなどして「お褒めいただき光栄です」などの表現を使う場面に当たってみたいものですよね。ここで紹介した「光栄です」の類語や派生表現の使い方が、いい形であなたの表現力を高める役に立てばすごく嬉しく思います!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。