26歳の平均貯金額|一人暮らし男性と女性の年収と貯蓄の中央値も

26歳の平均貯金額っていくらくらいなのでしょうか?また、男性と女性別に見る年収の違いや、貯蓄の中央値についても紹介していきます。今回は、みんなが気になる貯金について解説しながら、性別・年代別に見る貯金額について紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

26歳男性の貯金額|平均貯蓄と中央値は?

26歳男性の貯金額|平均貯蓄額は164万円

貯金

26歳男性の貯金額の1つ目は、平均貯蓄額は164万円だということです。およそ毎月に2~3万円貯金している計算になります。大学を卒業してから毎月3万円貯金したと仮定するならば、22歳で就職している場合には4年間貯金している計算になります。

つまり、48か月ということになります。これに3万円をかけると、144万円です。つまり、26歳男性の平均貯金額は毎月3万円であり、平均貯金が164万円ということは、毎月平均貯金額だけを貯金しているのでは届かない計算になります。ボーナスや余裕がある月には多めの貯金をしているなどしているのでしょう。

26歳男性の貯金額|中央値は30万円

貯金

26歳男性の貯金額の2つ目は、中央値は30万円だということです。そもそも、中央値とは数字の小さいものから順番に並べていってその丁度中間にある数字のものを指します。つまり、平均とはまた違った数字になってくるのです。

基本的には、平均貯金額や、平均貯蓄よりも貯金の中央値を見るほうがより現実的だと言われています。つまり、26歳男性の平均貯蓄額は毎月3万円程度の貯金をしての150万円ほどでした。しかし、中央値を見てみると30万円という数字になります。これは、26歳男性の平均貯金額が高いことを示しています。

実際には毎月2万円の貯金が限界だとすればその貯蓄額は48か月で96万円となります。それでも中央値は超えているという計算になるのです。以下の記事は20代全体の平均貯金について解説しています。そちらも合わせて読んでみましょう。

Small thumb fotolia 179698408 subscription monthly m
20代の平均貯金額はいくら?中央値や効率的な貯金方法も解説

26歳女性の貯金額|平均貯蓄と中央値は?

26歳女性の貯金額|平均貯蓄額は144万円

貯金

26歳女性の貯金額の1つ目は、平均貯蓄額は144万円だということです。月に2~3万円を貯金してかつ、余裕がある月に貯金をしている計算になりますが、男性に比べると若干減る形となります。これには大きく2つの原因があります。

1つ目の原因は、給与が男性に比べて低いということです。最近では男性も女性も差別なく収入を得られるようになってはいますが、どうしても役職付きになったり昇給するのは男性の方が先のようです。これらが大きな要因となっています。

もう一つの原因は、女性の方が男性に比べてお金がかかるからです。化粧品やら衛生用品やらと女性は何かとお金がかかります。その分どうしても貯金に回せなくなるので、男性に比べて低い金額となってしまっているのです。

26歳女性の貯金額|中央値は30万円

貯金

26歳女性の貯金額の2つ目は、中央値は30万円だということです。つまり、中央値だけを見た場合において男性も女性も差は無いという結果が出ています。平均貯金額や貯蓄額だけを見て、自分の金額が少ないと感じていたならばもう安心です。この30万という数字よりも多ければ問題ありません。

一人暮らしの26歳男女の理想の貯金額とは?

一人暮らしの26歳男性の理想の貯金額は80万円

理想は100万円

一人暮らしの26歳男性の理想の貯金額は80万円です。一人暮らしということを考慮すると家賃などが発生するので無理は出来ません。また、毎日自炊ができるというわけでもないので、これらを考慮すると、およそ80万円あれば安心できると言えます。

しかしながら、これはあくまでも理想です。例えば、結婚を控えており今後もっとお金が必要になるのであれば100万円以上貯めておく必要もあるでしょうし、逆にまだまだゆとりがあるのであれば無理や我慢して80万円貯める必要もないでしょう。

一人暮らしの26歳女性の理想の貯金額は60万円

理想の貯金額

一人暮らしの26歳女性の理想の貯金額は60万円です。男性よりも収入が低くてかつ使うべきお金が多い女性は、理想の貯金額も男性に比べて低くなります。また、多くの女性の場合が結婚を機に正社員からパートなどに変わる人が多いです。

つまり、収入が当然低くなるためそれらを視野に入れると、60万という数字は十分すぎる数字と言えそうです。ただし、まだ結婚相手がいなかったりプロポーズもされていないのに結婚を視野に入れるのは危険です。結婚がまだの人の場合には、60万円以上の貯金がある方が安心と言えます。

実家暮らしの26歳男女の理想の貯金額とは?

実家暮らしの26歳男性の理想の貯金額は100万円

貯金額

実家暮らしの26歳男性の理想の貯金額は100万円です。実家暮らしなので、一人暮らしよりもお金に苦労することが少ないため、その分貯金に回せるはずです。家にお金を入れているとしてもご飯を外食で済ませる回数は一人暮らしに比べて少なくなるため、出来るだけ多く貯金に回すようにしましょう。

特に今の内に多くの貯金をしておくことで、将来資金をしっかりと確保できます。そのための実家暮らしなのだと考慮すれば、むしろ多少無理をしてでも貯金をしっかりとするべきです。

実家暮らしの26歳女性の理想の貯金額は80万円

貯金額

実家暮らしの26歳女性の理想の貯金額は80万円です。およそ一人暮らしをしている男性と同じ金額くらいは貯金をしておくのが理想です。やはり、実家暮らしということもあり、一人暮らしの女性よりも多く貯金をしておくべきです。

ただし、女性に関しては、そもそもの収入が低い上に必要なお金が多いため、無理して貯金や貯蓄をするよりもむしろ自分に使う必要がある場合もあります。自分にまだまだ投資をしていい年齢なので無理して貯蓄をするということが無いように注意しましょう。

26歳で貯金なしの理由とは?

26歳で貯金なしの理由①貯金する気持ちがない

浪費癖

26歳で貯金なしの理由の1つ目は、貯金する気持ちがないということです。言い方を変えれば無駄遣いが多いということです。給料が入ったらすぐ趣味のものに使ってしまったり、外食などをしてしまって給料日前になるといつも金欠になっているような人がいたら、このパターンです。

このようなタイプの人は、そもそも貯金の仕方がわからない人だったり、貯金をするくらいならば自分の趣味にお金を使いたいと考えているタイプの人です。こういうタイプの人は貯金をいざ始めると、驚くほど沢山の貯金ができるタイプだったりもします。

しかしながら、その貯金の方法がわからない現在では、生活能力がゼロとも取られてしまい、結婚に向いていないと思われてしまうことも多いようです。自分がこのタイプの人の場合には、生活を一度しっかりと見つめ直してみるといいかもしれません。

26歳で貯金なしの理由②貯金する能力がない

財布

26歳で貯金なしの理由の2つ目は、貯金する能力がない場合です。端的に言えば収入が低い人です。自分の生活だけで手いっぱいで貯金に回すお金が無い場合にはそもそも貯金なんてできません。

この様な人の場合にはまず、自分の考え方を変える必要があります。今の仕事の収入と自分が使っている支出をしっかりと把握し、今まで通りの生活ではなく、生活水準を1段落落とすなどの対策が必要です。場合によっては転職も視野に入れましょう。

26歳で貯金なしの理由③借金をしている

借金

26歳で貯金なしの理由の3つ目は、借金をしている場合です。借金返済をしている分貯金に回せていないということになります。まずは借金やクレジットカードの残高を確認して返済計画を立てて、返済が終わってからしっかりと貯金していくようにしましょう。

26歳で上手に貯金するコツ5選!

26歳で上手に貯金するコツ①副業を始める

パソコン

26歳で上手に貯金するコツの1つ目は、副業を始めることです。正社員としてしっかりと給料を稼ぎ、さらに副業としてお小遣い程度のお金を稼げれば、その分を貯金に回すことができます。いざという時にも助かります。

最近では、様々な副業の方法があり、それこそ会社に行くまでの隙間時間にできてしまうものまであります。以下のサイトにも様々な貯金の方法などが載っていますので一度覗いてみましょう。

貯金をするなら?

26歳で上手に貯金するコツ②定期預金を上手に活用

定期預金

26歳で上手に貯金するコツの2つ目は、定期預金を上手に活用することです。例えば、自分の給料日に給料が振り込まれる口座から自動的に決まった金額定期預金の口座に振り替えられるような設定をしたとします。その金額が3万円ならば、毎月3万円は勝手に定期預金に貯金されることになります。

それだけではなく、余ったお金もしっかりと貯金に回すことで貯金を少しずつでも増やしていくことができます。以下の記事は貯金が趣味な人から見る上手な貯金の方法です。そちらも参考にしてみてください。

Small thumb fotolia 168820348 subscription monthly m
貯金が趣味の人に学ぶ!つまらない人とは言わせない6つの貯金術!

26歳で上手に貯金するコツ③銀行口座を分ける

札をばら撒く男性

26歳で上手に貯金するコツの3つ目は、銀行口座を分けるということです。例えば、生活をしていく上で必ずかかる必要経費は1つの口座にまとめます。水道やガスなどはそこから引き落とされるようにし、食費や家賃もその口座で管理をします。

次に前述したような定期預金です。これは将来のための貯蓄としておきます。そして、目的貯金です。目的貯金は近い将来の予定のための貯蓄です。例えば旅行とかそのための銀行口座です。そして、自由に使える口座です。この口座を給料が振り込まれる口座に設定しておきます。

給料日に、必要経費の口座と目的貯金の口座に毎月お金を入れることで残りは自分が使えるお金ということになります。同時に将来のための貯蓄にも勝手に振り替えられているので安心です。余裕があるならば貯金に回すということもありです。

26歳で上手に貯金するコツ④上手に資産運用

資産運用

26歳で上手に貯金するコツの4つ目は、上手に資産運用をすることです。資産運用と聞くとなんとなく怖いイメージがありますが、実は慣れてしまえば怖いものはありません。むしろ貯まる方が多いのです。

イメージとしては、半年分の給料以上の貯金額がある場合には、投資などの資産運用を試してみるのが安全です。また、初心者であれば、投資信託というプロに自分の資金を任せて投資をしてもらうのがおすすめです。もちろんリスクはありますが、素人がむやみに手を出すのに比べればずっと手堅いです。

26歳で上手に貯金するコツ⑤固定費を見直してみる

グラフ

26歳で上手に貯金するコツの5つ目は、固定費を見直してみるということです。例えば自分の携帯電話代がかなりかかっている場合には、それを見直してみましょう。電話はめったにかけない場合には、かけ放題プランなどを外すなどをしてみるのもありです。

毎月の固定費を安くすることができれば、その分を貯金に回せる道理です。使わないクレジットカードを解約するなど固定費をしっかりと見直してみましょう。

26歳男女の平均月収と年収とは?

26歳男女の平均月収と年収①男性の平均月収は20万円女性は18万円

月収

26歳男女の平均月収と年収の1つ目は、男性の平均月収は20万円で、女性の平均月収は18万円です。やはり、女性の方が収入が低いということがわかります。社会人4年目でおよそ20万円前後もらっている場合には、平均と言えそうです。

26歳男女の平均月収と年収③男性の平均年収は345万円女性は280万円

お金の木

26歳男女の平均月収と年収の2つ目は、男性の平均年収は345万円で、女性の平均年収は280万円です。月収の差がそのまま年収の差に繋がった結果となりました。また、賞与も男性の方が多い傾向にあるようです。

26歳の平均貯金額を知って自分もしっかりと管理をしよう!

いかがでしたか?26歳の平均貯金額や貯蓄額の中央値について解説してきました。今回の記事を参考にして、今一度自分の金銭管理を再確認してみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。