3人家族の生活費の平均と内訳|1ヶ月の光熱費と年収や貯金のコツも

3人家族の生活費の平均と内訳をご存知でしょうか?子供1人、夫婦2人の3人暮らしというパターンの内訳になります。夫婦共働きの場合、光熱費の平均、年収、貯金などあなたが知りたい情報が満載です。ぜひ参考にして、あなたの生活に活かしてください!

3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳【夫婦共働き】

夫婦共働き3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳①30万円前後

家族

夫婦共働き3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳の1つ目は「手取りが共働きで30万円の場合」です。妻がパートなどで働いている場合、平均して手取りが30万円前後の3人暮らしが多いようです。この場合、夫婦で働きに出ていますので、子供が小さい場合は保育料が発生します。

以下の生活費の内訳を参考にしてください。また、3人家族以外の生活費用にも興味があるという方は、以下の記事もぜひご覧ください。

手取りが共働きで30万円の場合の生活費内訳

家賃・住宅ローン 80,000円
水道光熱費 15,000円
食費 40,000円
通信費 15,000円
生活雑貨費 10,000円
保険料 20,000円
教育費 30,000円
お小遣い(夫) 25,000円
お小遣い(妻) 25,000円
貯金 30,000円
その他(娯楽費等) 10,000円
Small thumb fotolia 137660693 subscription monthly m
生活費の平均って?一人暮らし、夫婦、4人家族の平均金額と節約方法

夫婦共働き3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳②35万円前後

3人家族

夫婦共働き3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳の2つ目は「手取りが共働きで35万円の場合」です。妻がパートに出て家計を助けているパターンで多く見られる平均手取り額になります。子供の教育資金として貯金を別に設定できる手取りです。共働きなので光熱費は抑えられますね。

子供1人で小さいうちであれば、余裕のある生活が送れる収入であるといえるでしょう。通勤交通費は、小遣いや娯楽費から算出したり貯金額から考えてもいいでしょう。以下の生活費の内訳を参考にしてください。

手取りが共働きで35万円の場合の生活費内訳

家賃・住宅ローン 85,000円
水道光熱費 15,000円
食費 40,000円
通信費 15,000円
生活雑貨費 10,000円
保険料 30,000円
教育費 30,000円
お小遣い(夫) 30,000円
お小遣い(妻) 30,000円
貯金(教育資金含む) 50,000円
その他(娯楽費等) 15,000円

夫婦共働き3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳③40万以上

3人家族

夫婦共働き3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳の3つ目は「手取りが共働きで40万円の場合」です。夫婦ともに制写真として働いている場合の手取り平均です。子供1人であっても、収入から保育費が変わってきます。また、子供が大きくなると、子どもの通信費もかかってきます。

子供が小さくて余裕のある段階で、貯金を頑張っておくと子供が大きくなってからの学費に余裕が生まれるでしょう。以下の生活費の内訳を参考にしてください。

手取りが共働きで40万円の場合の生活費内訳

家賃・住宅ローン 100,000円
水道光熱費 15,000円
食費 45,000円
通信費 15,000円
生活雑貨費 10,000円
保険料 40,000円
教育費 40,000円
お小遣い(夫) 30,000円
お小遣い(妻) 30,000円
貯金(教育資金含む) 60,000円
その他(娯楽費等) 15,000円

3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳【専業主婦(主夫)】

専業主婦(主夫)3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳①20万円前後

主婦

専業主婦(主夫)3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳の1つ目は「手取りが20万円の場合」です。子供がまだ小さいうちでしたら、3人暮らしで平均15万円~20万円の手取りであっても、貯金のできる収入であるといえます。

保険は、共済などがおすすめです。子供が大きくなり教育費がかかるようになってきたときに、共働きを検討するといいでしょう。以下の生活費の内訳を参考にしてください。家賃がオーバーしてしまう場合は、貯金額や保険料を見直しましょう。

手取りが20万円の場合の生活費内訳

家賃 60,000円
水道光熱費 15,000円
食費 40,000円
通信費 7,000円
生活雑貨費 5,000円
保険料 10,000円
教育費 -
お小遣い 20,000円
貯金 33,000円
その他(娯楽費等) 10,000円

専業主婦(主夫)3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳②25万円前後

3人家族

専業主婦(主夫)3人家族の1ヶ月の生活費の平均と内訳の2つ目は「手取りが25万円の場合」です。3人家族の場合、家賃は手取り収入の3分の1未満が理想ですので、8万円前後が理想の額でしょう。食費も3分の1以内に抑えられると理想です。

専業主婦(主夫)がいるので教育費がかからないかと思いますが、習い事や教育資金などに回すか、貯金することをおすすめします。以下の生活費の内訳を参考にしてください。

手取りが25万円の場合の生活費の内訳

家賃 80,000円
水道光熱費 15,000円
食費 40,000円
通信費 10,000円
生活雑貨費 10,000円
保険料 10,000円
教育費 20,000円
お小遣い 20,000円
貯金 40,000円
その他(娯楽費等) 15,000円

3人家族の生活費を見直すべき時期とは?

3人家族の生活費を見直すべき時期①子供1人学校にあがる時期

学校

3人家族の生活費を見直すべき時期の1つ目は「子供1人学校にあがる時期」です。子供1人とは言え、成長とともに費用が掛かるようになっていきます。日本では義務教育の時期には教育費があまりかかりません。

公立の小学校、中学校を希望している場合には、余裕のできるこの時期に生活費を見直し、貯金に回す額を大幅に上げていきましょう。

3人家族の生活費を見直すべき時期②子供1人成長に合わせて保険料の見直し

保険料

3人家族の生活費を見直すべき時期の2つ目は「子供1人成長に合わせて保険料の見直し」です。子供が大きくなると、両親は年を取ります。その年齢に合わせた保険が必要になってきます。子供にも保険が必要になりますね。

子供が小さかったころにはかからなかった費用が掛かるということは、その分収入を増やすか節約しなくてはなりません。その時になって焦らぬよう、家族で話し合っておきましょう。

3人家族の生活費を見直すべき時期③子供1人成長に合わせて通信費の見直し

通信費

3人家族の生活費を見直すべき時期の3つ目は「子供1人成長に合わせて通信費の見直し」です。2人分だった通信費が、子供が大きくなると3人分になります。塾などに通う場合、小学生のうちからスマホが必要になることもあります。

子供にスマホが必要な時期が来たら、その分通信費が増しますので、生活費の見直しが必要であるといえます。その分削っても大丈夫な生活費を考えておきましょう。

3人家族の生活費の節約のコツ5選!

3人家族の生活費の節約のコツ①食費の節約

節約

3人家族の生活費の節約のコツの1つ目は「食費の節約」外食を控えることで食費はだいぶ抑えられます。また、買い物に行くときには広告・チラシをチェックして、数日分の献立を決めてから行きましょう。それ以上の買い物をしないよう心掛けてください。必要最低限の食糧だけを購入し、食品を腐らせないのも節約です。

3人家族の生活費の節約のコツ②光熱費・電気代の節約

節約

3人家族の生活費の節約のコツの2つ目は「光熱費・電気代の節約」です。電気台の節約のコツは、使わない家電のコンセントをこまめに抜くことです。照明を少しずつLEDに変えていきましょう。また、家族で同じ部屋にいることも電気代の節約につながります。家族団らんの時間を多く作りましょう。

3人家族の生活費の節約のコツ③光熱費・水道代の節約

節約

3人家族の生活費の節約のコツの3つ目は「光熱費・水道代の節約」です。3人家族でしたら、お風呂に入る時間を調整しましょう。なるべく同じ時間帯に入るようにすれば、お湯を追加したり追い炊きをしなくて済むのでお湯が少なくて済みます。

また、洗い上げの時には水を流しっぱなしにせずに、水を溜めて食器を洗うといいでしょう。「出しっぱなしの時間」をなくすことで、水道代は節約できます。

3人家族の生活費の節約のコツ④通信費の節約

節約

3人家族の生活費の節約のコツの4つ目は「通信費の節約」です。先程、子供が大きくなると3人分のスマホ代がかかってくるというご紹介をしました。年収・生活費から算出して、どうしても子供の分のスマホ代が出せないというときには「格安SIM」に切り替えてみましょう。

大手のキャリアを使用していると、格安SIMの使い勝手も悪さが最初は気になるかもしれませんが、月々の料金は約半分になります。電話番号を同じまま(携帯電話番号ポータビリティMNP)にすることはできないのでご注意ください。

3人家族の生活費の節約のコツ⑤固定費の節約

節約

3人家族の生活費の節約のコツの5つ目は「固定費の節約」です。固定費というのは毎月必ず発生する固定された支出を言います。生活費の場合、家賃や住宅ローンなどがそれに当てはまります。これも子供1人の成長に合わせてちょうどいい間取りの部屋をチョイスしていきましょう。

月に支払う家賃を計算してから部屋を決めましょう。少しくらい高くてもと、理想の物件に手を出してしまうと、固定費に苦しむ結果になってしまいます。

3人家族の貯金を増やす方法5選!

3人暮らしの貯金を増やす方法①貯金しやすい時期を知る

貯金

3人暮らしの貯金を増やす方法の1つ目は「貯金しやすい時期を知る」です。子供1人の場合、子供が効率の小学校・中学校に通っている間が一番貯金しやすい時期であるといえます。高校も授業料が免除になる場合がありますので、その時期に、ないと思って貯金していくといいでしょう。

3人暮らしの貯金を増やす方法②年収から未来の貯蓄額を計算する

貯金

3人暮らしの貯金を増やす方法の2つ目は「年収から未来の貯蓄額を計算する」です。ただ貯金をしていても、あると思ってしまったら使いたくなってしまうのがお金です。年収から貯金できる額を計算してみることで、貯金への意欲がわいてきますよ。もっと頑張って多い額を貯金しようと思うかもしれません。

3人暮らしの貯金を増やす方法③その都度貯金する

貯金

3人暮らしの貯金を増やす方法の3つ目は「その都度貯金する」です。「余ったら貯金する」という貯金の方法では、いつまでたってもたまりません。例えば、外食時に3人で4,000円と決めたとき3,000円で抑えられたのであれば、その場で1,000円貯金するのです。貯金箱でOKです。子供も楽しく貯金できますね。

3人暮らしの貯金を増やす方法④ご褒美を決める

貯金

3人暮らしの貯金を増やす方法の4つ目は「ご褒美を決める」です。ただやみくもに貯金していても、目標がなくては貯金を楽しめません。例えば、10万円貯まったら美味しいものを食べに行くなど、3人で頑張った時のご褒美を決めておきましょう。貯金が楽しくなりますよ。

3人暮らしの貯金を増やす方法⑤目的別に貯金する

貯金

3人暮らしの貯金を増やす方法の5つ目は「目的別に貯金する」です。例えば「子供の学費」「家族旅行」「目指せ新車!」など、目的別に貯金していきましょう。また、それぞれに目標額を設定しておくことで、貯金しやすくなります。これからかかってくる学費についても、子供が小さいうちから考えることが出来ますよ。

3人家族の生活費を見直そう!

いかがでしたでしょうか?3人家族の手取り収入、内訳は参考になりましたか?そこから、あなたの生活に合わせたスタイルにアレンジしていってください。3人家族の生活費を見直して、3人のステキな未来を作りましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。