素面(シラフ)の意味・語源とは?使い方・例文や類語・英語表現も

「シラフ(素面・白面)」は一般的に使用される言葉ですが、意味や語源とは?また、英語で言う場合はどのような言い方にになるのかご存知でしょうか。シラフでキスをして来る男子など、ちまたでの疑問や話題で見聞きすることもありますが、正しく使えるようにシラフについてをご紹介していきます。

シラフの意味・語源とは?

シラフの意味は「酒に酔っていない状態」

飲んでいません

「シラフ」とは、「酒に酔っていない状態」を意味します。要は「何事もない普段の状態」を表す言葉ですが、「酒に酔っていない」という意味を含むため「飲酒の場や飲酒に関した表現」をする時に使うのが一般的な使い方です。

漢字で書くと「素面」か「白面」

書く

「シラフ」の漢字表記は、「素面」または「白面」です。一般的には「素面」を用います。しかし、「素面」には「すめ」や「すめん」という読み方もあります。

「素面」について

勉強

「すめ」と読む場合は、「酒気を帯びていない状態」か「何事も無い状態」の意味になります。「シラフ」と読む場合とほぼ同じ意味ですが、現代では「すめ」ではなく「シラフ」の読み方を使う方が圧倒的に多いと言われています。

「すめん」と読む場合は「剣道や能で面を着けていない状態」や「酒に酔っていない顔・酒に酔っていない状態」、「化粧をしていない顔」といった3つの意味があります。「すめ」同様「シラフ」と同じ意味もありますが、「すめん」の読みは一般的に「面を着けていない」または「化粧をしていない」意味で使用されます。

シラフの語源は「飲酒時の顔色」

飲酒

「シラフ」という言葉の語源になったのは、その意味通り「飲酒時の顔色」です。お酒に酔うと人の顔は赤くなり、お酒に弱いのに飲酒した人やお酒によって体調に差し支えている人の顔は青くなります。

そのように、お酒は何かと人の顔色を変えると考えられています。ということは、お酒を飲まなければ顔色は変わらないわけです。日本人の肌色からして「お酒を飲まなければ顔色は白いまま」ということになり、そこから「シラフ」と読む「白面」の言葉が生まれました。

それから、「酒に酔っていない顔や状態」を「素の顔・素の状態」と連想して「素面」の漢字表記が生まれたと言われています。「素」は「本来のまま」といった意味があるため、「酒の影響を受けていない」=「酒を飲んでいない」ということから「白面」よりも「素面」の表記が一般化したと考えられています。

シラフの使い方・例文は?

「シラフでは話せない」

シラフではちょっと

「シラフで話せない」は、「お酒を飲んで軽く酔った状態じゃないと話せない」ということを伝える表現です。人はお酒に酔うと、多少なりとも気が大きくなったり緩んだりします。要は、理性的な思考が緩むので緊張感も少なからず和らぐということです。

では、そのような状態でないと話せない内容とは何でしょうか?想像は人それぞれ膨らむかもしれませんが、大抵は「恥ずかしい内容」や「内密な話」です。恥ずかしい内容にも色々ありますが、シラフで話せないような恥ずかしい内容は「改まると恥ずかしい内容」である場合が多いです。

たとえば、「恋愛的感情を伝える時」「日頃の感謝を伝える時」「あまり言いたくない失敗および恥」などが恥ずかしい内容になります。内密な話はそのままの意味で、「秘密にして隠しておきたい内容」です。ならば言わねば良いのでしょうが、話すべき相手というものがいる場合がある時もあるでしょう。

「シラフのような顔色」

飲んではいるけど

「シラフのような顔色」は、「あんなにたくさん飲んだのにシラフのような顔色をしている」などの形で使います。シラフは「お酒を飲んでいない状態」を表す言葉なので、飲酒していない人には使いません。「飲酒しているのに、まるでしていないかのように見える人」に対して使います。

「シラフになってから出直す」

今は話にならない

「シラフになってから出直す」は、「酔いが冷めた状態になってからまた来る」という意味です。「シラフでは話せない」とは逆の表現で、「酔った状態ではダメ」といった意味を含みます。使用時は大体、「酔っていない普段の状態で話さないといけない話だから後日話そう」というニュアンスがあります。

また、この表現は「シラフになってから出直してこい!」と言うように強めの口調または命令形で用いられることもあります。その場合は言われた側が「酔っ払い状態で問題を起こした」けど「酔い過ぎてて話にならないから、酔いを冷ましてからまた来い。そして改めて話をしよう」というニュアンスが含まれています。

「男子とシラフでキスをした」

キス

「男子とシラフでキスをした」の意味は、「飲酒によって気が緩んでもいないのに彼氏でも何でもない男子とキスをしてしまった」ということです。「シラフでキスをしてくる男子」などの形にも出来ますが、同意の有無を問わず割とある出来事のようです。もろちん、逆に男子がキスをされる側になることもあります。

シラフでキスが出来るということは?その問いに対する答えは人それぞれになると思われますが、一般的には「ちゃんとした好意がある」という判断になります。しかし、そうとは限りません。また、状況や関係性、その後の態度にもよります。万事に合う情報はありませんので、その時々で観察や判断が必要と言えます。

シラフの類語は?

シラフの類語①「素顔」

素顔

「素顔(すがお)」の意味は2つあり、1つは「化粧をしていない顔」もう1つは「飾らないありのままの姿」です。シラフの類語に当たるのはどちらとも言えませんが、「化粧」に限らず「何の状態も無いそのままの顔」の意味で捉えれば「素顔」はシラフの類語になると言えます。

シラフの類語②「正気」

いつもの状態

「正気(しょうき)」の意味は、「正直な心」や「確かな意識」です。酔った姿は「何事もない状態ではない」=「確かな意識のある状態ではない」と解釈されることから、「正気」は「酒に酔うなどの何事もないいつもの状態」を表すシラフの類語に挙げられることもあります。

シラフの類語③「平常」

いつもと同じ

「平常(へいじょう)」の意味は、「いつもと同じ状態」です。「平常」=「いつもと同じ状態」を表す時には、「普段」という言葉が用いられることもあります。「お酒」に関した意味は「素顔」や「正気」と同じくありませんが、「いつもと同じ(酔っていない)状態」を意味するシラフと表していることは似ています。

シラフの類語④「正常」

いつもの状態

「正常(せいじょう)」は、「変わったところや悪いところが無く普通で正しい状態」を意味します。「普通」には「ありふれて珍しくない」「他と比べて変わらない」「一般的」の3つの意味がありますが、シラフの類語として考える場合は「他と比べて変わらない」意味を用います。

つまり「変わったところや悪いところが無く普通で正しい状態」が表すことは、「他と比べて変も悪いも誤りも無い状態」です。シラフと同じ意味で使う場合には、「正常な顔色」や「正常な様子」といった表現にすることが多いです。また、「お酒を飲んでいない正常な時に話そう」といった表現も見かけます。

シラフの英語は?

シラフの英語①「sober」

辞書

シラフを英語で言う際の基本的な表現は、「sober(ソーバー)」です。soberはその一文字だけで「シラフ(酒に酔っていない状態)」を表せる形容詞の単語で、実際に使う時には「I’m sober.(私はシラフです)」の形で表現します。

シラフの英語②「sobriety」

お酒

「sobriety(ソーバライエティ)」は、1つ前にご紹介したsoberの名詞形です。「お酒に酔っていないこと」や「禁酒」などを表しますので、形容詞soberと使い分けて下さい。

シラフの英語③「notdrunk」

お酒

シンプルな表現には、「not drunk(ノット ドランク)」があります。drunkは「お酒に酔った状態」や「酩酊状態(酷く酔った状態)」を表す英語で、その意味をnotで否定した表現「not drunk」は「お酒に酔っていない」「お酒を飲んでいない」状態の意味で用いられます。

drunkの部分を「飲料」を意味する「drink(ドリンク)」と読んだり、単語や意味を混同しないよう注意が必要です。シラフであることを伝える際に最も簡単に使えるのは「I’m sober.」ですが、「お酒に呑まれてなんかいない」などと示したい時は「酩酊状態」を否定する「not drunk」を使うなど使

シラフの英語④「bestone-coldsober」

アルコール

「I’m sober.(私はシラフです)」を強調して表現する場合には、「be stone-cold sober(ビー ストーン コールド ソーバー)」を使います。和訳すると「完全なシラフです」の意味になり、「飲んでないよ!」などとシラフ状態であることを強く示したい・アピールしたい時に使用されます。

飲み会でシラフのままでいる方法は?

シラフでいる方法①ノンアルコールを飲む

ジュース

飲み会では飲まない人に対して気を使う人がいたり、そういう人はそもそも来るべきではないと厳しいことを言う人もいます。そこで、とりあえず飲んでいる風に出来るノンアルコールを飲むのも1つの手です。ノンアルコールでも飲んでいれば、場にいることに違和感も薄れます。

シラフでいる方法②積極的にお酌をする

飲み会

言い換えれば「自分は飲まずに人に飲ませる方法」ですが、単に自分がシラフでいたいから・お酒が飲めないから・飲みたく無いから、という理由でのみ有用です。つまり、悪い意味や悪い心でしてはいけない方法であります。

シラフでいる方法③お酒以外の飲食を楽しむ

飲み会兼食事

飲み会で出るのは大抵お酒だけでは無く、料理もあるでしょう。「シラフでいたい」とか「お酒が飲めない」なら、料理を楽しむというのも十分ありです。それゆえ、飲み会では料理が美味しい店を選ぶのも大事なのです。もちろん飲みながら食べる人はいますので、飲む人にとっても美味しい料理はメリットになります。

シラフでいる方法④雰囲気に馴染み合わせる

飲み会

お酒を飲むといろんな人が出て来きますが、その場は賑やかになることもあれば喋りが増えたりもします。そういった雰囲気に馴染めば、シラフでもどうこう言われることはありません。逆に馴染まずただいるだけ状態では、飲酒をしていながらも気にしてくれる人が出て来るでしょう。

また、テンションの違いでなんか違う感じにもなり得ます。とりあえず飲まなくても、会話が楽しめて酔っ払いの対応がある程度出来ることが望ましいです。しかし、「人として問題な場には馴染まないこと」これは忘れてはなりません。指摘するために証拠を作るか、帰りましょう。

以下の記事では、誘われた飲み会に参加すると無料で飲食が出来るという体験話を短編の漫画形式で読むことが出来ます。飲み会関連でご紹介した記事ですので、気になる方はちょっと読んでみてはいかかでしょうか。

Small thumb %e7%8b%ac%e8%ba%ab%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%ae%e7%af%80%e7%b4%84%e8%a1%93 1 2 1
【独身時代の節約術】誘われたら必ず行く、無料の食事・飲み会

シラフでいる方法⑤キスなどをしてくる男子・女子に対する対応力に意識を

酔ってるから仕方ないのさ

酔った時の姿は人それぞれですが、中にはいわゆる触り魔・キス魔な人もいます。そのような男子・女子は接触の一環としてキスをしてくることもあるようで、異性や同性を困惑させるようです。飲み会でシラフを保つ時には、そのような触り魔・キス魔の男子や女子に対して壁を作りながらも軽く流せる姿勢も意識しましょう。

ただし、中には理性が効く範囲の酔いの中でキスをしてくる男子・女子もいます。その場合は作戦の一種なので、ちゃんと拒否しないと調子に乗ります。注意して下さい。

シラフは飲酒していない顔色を表す言葉!使える時に使ってみよう

シラフの意味は「飲酒していない顔色・様子・人」を表し、特に何も無い(無事)いつも通りの顔色を意味します。一滴も飲酒していない場合にも使いますが、飲酒したのに飲んでいないかのような顔色を表す時にも使用されます。漢字は「素面」か「白面」ですが一般的なのは「素面」の方なので、基本は「素面」を使いましょう。

もちろん、カタカナ表記でも問題はありません。しかし、実際にシラフを使用するのは文章よりも口頭が多いです。文章で使う際はとりあえず「素面」が無難でもり、口頭での使用も含め「飲酒していない人・酔っていない人」を表す「シラフ」の語を使える時に使ってみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。