新入社員が辛い原因10選!しんどい仕事や人間関係を乗り越える方法も

新入社員や新社会人の皆さん、辛い、しんどい、疲れる…と悩んでいませんか?膨大な量の仕事を覚えなければならないし、人の顔と名前はわからないし、人間関係は難しいし、新入社員は大変なことばかりですよね。こちらの記事で、しんどい時期や辞めたい気持ちを乗り越える方法を一緒に考えてみましょう。

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因10選!part1

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因①仕事が覚えられない

覚えられない

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因、1つ目は仕事が覚えられないことです。こちらは新入社員や新社会人の最も大変なこととして挙げられるのではないでしょうか。社員を採用しているということは、その会社は少なくとも人手が足りず人員よりも仕事の方が多いということですから、どんどん仕事を覚えさせられます。

また、通常業務とは別に、新入社員がやらなければならない仕事というのもありますよね。会社によっては朝一番に来なければならないというルールがあったり、掃除やお茶くみ、朝礼当番、イベントの買い出しなど、ただでさえ仕事も覚えなければならない上に雑用も全て新入社員がこなさなければならないので、負担になります。

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因②名前を覚えるのが大変

仕事

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因、2つ目は名前を覚えるのが大変なことです。仕事や雑用などの覚えるべきこととは別に、新入社員は周りの人の名前や顔、性格、趣味なども覚えなければなりません。名札がある会社ならまだなんとかなりそうですが、名札がない会社だと顔と名前を一致させるのに時間がかかりますよね。

さらに新社会人は職場の人の名前だけではなく、取引先のことも覚えなければなりません。会社名や担当者の名前、職種、仕事上のどんな時にどんなタイミングで連絡を取るべきなのかなど、仕事とともに覚える必要があるのです。特に接客業では、これに加えてお客様のことも覚える必要が出てきます。

新入社員・新社会人が疲れると感じる原因③人間関係・上下関係が面倒くさい

人間関係

新入社員・新社会人が疲れると感じる原因、3つ目は人間関係・上下関係が面倒くさいことです。しばらく働いていれば誰と誰が仲が悪いのか、誰の方が地位が高いのかなどもわかってきますが、当然ながら新入社員には人間関係は全く分かりません。特に専務と常務はどちらが上なのかなどの地位を覚えるのは大変ですよね。

また、なんのポストにもついていない人たちの上下関係を見分けるのはさらに至難の業です。学校とは違い中卒から院卒まで、さらには中途採用などが入り混じる会社では、先輩後輩の関係が見た目では分かりにくいのです。明らかに年下だと思っても、新入社員の間は全員に敬語を使うのが無難ですね。

新入社員・新社会人が疲れると感じる原因④毎日長時間働くのが大変

疲れ

新入社員・新社会人が疲れると感じる原因、4つ目は毎日長時間働くのが大変なことです。大卒の人は特に、大学も週に何日か行けばよく、アルバイトも数時間で終わってしまう生活から一転、新入社員になると毎日8時間以上は会社に拘束されることになります。最初の数か月は疲れてクタクタになってしまいますよね。

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因⑤自分のための時間が減る

時間

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因、5つ目は自分のための時間が減ることです。最近の新社会人は、仕事のやりがいよりも自分のプライベートのために働くという傾向にあるようです。ですがどんなにゆとりのある会社を選んでも、新入社員になってしまうと自分の時間はぐっと減ってしまいます。

新社会人は、少なくともしばらくは会社中心の生活になってしまうので、仕事のために生きているわけではないのに、自分はなにをしているんだろう…と思い悩んでしまうのです。特に、仕事のやりがいよりも福利厚生や勤務時間などを重視して会社を選んだ人に見られる特徴でもあります。

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因10選!part2

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因⑥電話対応が苦痛

電話

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因、6つ目は電話対応が苦痛なことです。新社会人にとって、電話は最初の難関ともいえるのではないでしょうか。一部の職種を除き、電話は社会における重要なツールですよね。一番に電話に出ることも新入社員の仕事と捉える会社も少なくないですが、電話が苦手な若者が多いのも現状です。

電話対応は、最初の一言で相手の会社名と部署名と名前を聞き取り、要件を汲み取って、声だけでお客様の感情を読み取らなければなりません。また、正しい敬語も瞬時に使いこなし、焦らずゆっくり話さなければならないので、元々コミュニケーションが苦手な人にとっては特にしんどい業務の1つと言えるでしょう。

新入社員・新社会人が疲れると感じる原因⑦フォーマルな服装が大変

スーツ

新入社員・新社会人が疲れると感じる原因、7つ目はフォーマルな服装が大変なことです。私服の会社は、オフィスカジュアルに困りますよね。特にそれなりに動きやすい服装が求められる職業では、毎朝悩んでしまいます。スーツの会社も、新入社員のうちは高いスーツを何着も買うこともできず、考えるだけで疲れてしまいます。

新入社員・新社会人が疲れると感じる原因⑧通勤ラッシュが辛い

通勤

新入社員・新社会人が疲れると感じる原因、8つ目は通勤ラッシュが辛いことです。大学では辛い1限を避けて通えたかもしれませんが、新入社員になるとそうもいきません。ただでさえ働くのも疲れるのに、電車やバスの中で何十分ももみくちゃにされるのは通勤するだけで疲れますよね。帰りもラッシュで、へとへとになります。

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因⑨友達と遊ぶことが減る

友達

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因、9つ目は友達と遊ぶことが減ることです。学生のうちは、なにか辛いことがあっても友達と遊ぶことで発散させることもあったと思いますが、新社会人はそう簡単に友達と会えません。特に友達と休みの日がずれていると、毎週会っていた人でも年に数回会えるかどうかになってしまいます。

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因⑩慣れない一人暮らしが大変

一人暮らし

新入社員・新社会人が辛いと感じる原因、10個目は慣れない一人暮らしが大変なことです。新社会人になって、一人暮らしを始める人も多いことでしょう。しかし入社と同時に一人暮らしを始めると、仕事を覚えると同時に、見知らぬ地域で買い物をし、家事もすべてこなさなければなりません。辛く寂しい気持ちになりますよね。

新入社員が仕事が辛い・会社を辞めたいと感じる時期やタイミングは?

新入社員が会社を辞めたいと感じる時期やタイミング①日曜日の夜

夜

新入社員が会社を辞めたいと感じる時期やタイミング、1つ目は日曜日の夜です。出勤する前日の夜は、仕事のことを考えて憂鬱になりますよね。金曜日にミスをしてしまったあと、休みを挟んで出勤するときには会社を辞めたいという気持ちがどうしても強くなります。GWなどの長期休暇の後も辞めたいと感じることが多いです。

新社会人が仕事が辛いと感じる時期やタイミング②仕事を任せてくれないとき

悩み

新社会人が仕事を辞めたいと感じる時期やタイミング、2つ目は仕事を任せてくれないときです。仕事にも慣れてきて、一人でできそうだな、実力を試してみたいな、と考えるようになる時期もあることと思います。ですがなかなか上司や先輩から任せてもらえないとき、自信を失って辞めたい気持ちになることもあります。

新社会人が仕事が辛いと感じる時期やタイミング③思った仕事と違ったとき

悩み

新社会人が仕事を辞めたいと感じる時期やタイミング、3つ目は思った仕事と違ったときです。少なからず仕事に希望をもって入社するはずですが、希望とは異なる部署に配属されたり想像よりもずっとしんどい仕事だったりしたなどの理由で、会社を辞めたいと感じることがあります。仕事にギャップはつきものですよね。

新入社員が会社を辞めたいと感じるタイミング④人間関係に悩んだとき

人間関係

新入社員が会社を辞めたいと感じるタイミング、4つ目は人間関係に悩んだときです。他人の性格は変えられない上に、学生とは違って嫌いな人とも付き合わなければなりません。仕事をする上で人間関係は大きなストレスですよね。仕事は好きだけど人間関係が苦手という人も多いようです。

他にも仕事にやる気を出せない、会社を辞めたいと思う理由はたくさんあります。こちらに、仕事のやる気のない人の特徴をまとめた記事をご用意しましたので、ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 472129438
仕事のやる気のない人の特徴5選!働かない心理とやる気を出させる方法も

あなたの職場には、やる気のない人はいますか?一人もいない職場は存在しないのではないでしょうか。この記事では、「仕事のやる気のない人の特徴」とともに、働かな...

新入社員・新社会人が仕事や会社の辛いを乗り越える方法5選!

新社会人が仕事や会社の辛いを乗り越える方法①ストレス発散方法を見つける

ストレス発散

新社会人が仕事や会社の辛いを乗り越える方法、1つ目はストレス発散方法を見つけることです。あなたは自分のストレス発散方法を把握していますか?読書でもカラオケでもお風呂でも、どんな小さなことでも構いません。ストレス解消法を見つけましょう。仕事や会社の辛いことを忘れさせてくれますよ。

新社会人が仕事の辛いを乗り越える方法②家と会社以外の場所を見つける

集まり

新社会人が仕事の辛いを乗り越える方法、2つ目は家と会社以外の場所を見つけることです。気付けば新入社員になってから家と会社の往復しかしていないと感じていませんか?学生が学校でのいじめに悩むと追い込まれてしまうように、居場所の選択肢が少なければ少ないほど、人は精神的に追い詰められてしまいます。

学生、特に中学生までは自分で居場所を選ぶことは困難でしたが、社会人になったあなたは自分の居場所を自由に選ぶことができます。ぜひ会社以外の居心地の良い場所を見つけてください。その場所に行くために仕事も頑張れますし、新しいビジネスチャンスに出会えるなんてこともありますよ。

新入社員が仕事や会社の辛いを乗り越える方法③趣味に打ち込む

趣味

新入社員が仕事や会社の辛いを乗り越える方法、3つ目は趣味に打ち込むことです。大人になるにつれて、自分の好きな事や趣味がだんだんわからなくなっていきますよね。休日は疲れているから休みたいという気持ちも分かりますが、疲れている時こそ趣味に打ち込んでください。気持ちの疲れが癒されますよ。

新入社員が仕事や会社のしんどいを乗り越える方法④仕事にぶつける

仕事

新入社員が仕事や会社のしんどいを乗り越える方法、4つ目は仕事にぶつけることです。学生の時、勉強の不安は勉強でしか解消されなかったように、仕事の不安も仕事でしか解決できません。もし仕事が覚えられないなどの理由でしんどいと感じているのであれば、これまで以上に真剣に仕事に取り組んでみましょう。

新入社員・新社会人が仕事や会社の辛いを乗り越える方法⑤転職活動をする

面接

新入社員・新社会人が仕事や会社の辛いを乗り越える方法、5つ目は転職活動をすることです。仕事の辛い気持ちを乗り越えるために転職活動?と思われるかもしれませんが、これにはきちんとした理由があるんです。

転職活動をするためには、今の会社を選んだ理由や任されている仕事、学んだこと、やり遂げた仕事などをまとめる必要があります。そのため、転職活動をしている間に今の仕事の良いところややりがいを見つける人も少なくありません。もしうまく転職先が決まってもラッキーですし、一石二鳥の方法なんですよ。

辛い新入社員・新社会人の時期を乗り越えよう!

新入社員や新社会人は、社会に出た人は誰しもが経験しています。最初の1年は辛いですし疲れる時期ではありますが、後輩ができる頃にはあなたも立派な社会人の1人になっていることでしょう。人間関係や仕事に悩み、辞めたいと思うこともあると思いますが、この時期をもうひと踏ん張り乗り越えて、明日も頑張りましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。