過渡期とは?意味と類語や対義語・反対語と転換期との違いは?

過渡期とは、移り変わっていく転換期を意味する言葉ですが、ここではその意味や類語、そして反対語や対義語についても紹介していきます。ビジネスにおいてさりげなく使われている過渡期のような言葉も理解を深めておきたいものですよね。

過渡期とは?意味は?

過渡期とは移り変わっていく転換期を意味する言葉

レクチャーする女性

過渡期とは移り変わっていく転換期を意味する言葉です。「過渡期」という言葉はビジネスにおける移り変わりを意味することもありますが、様々な組織や動きにおいて使うことができる言葉です。物事の流れには「起承転結」という言葉に示されるような浮き沈みがあり、その一部を表すのが「過渡期」という言葉になります。

会社や企業といったビジネスに限らず何かを始めて終わるまでの流れを示す言葉の一つが「過渡期」です。ここでは過渡期という言葉の使い方や状況を説明していきますが、ほかにも類語や反対語、対義語も紹介していきます。「過渡期」という言葉の周囲にどんな言葉があるのかを理解することで「過渡期」への理解が深まります。

「過渡期」という言葉を使う際にはもちろん過渡期自体の状況を説明することになりますが、その前後の状況を説明することでさらに「過渡期」へのイメージを膨らませる表現になります。ここで紹介することはしっかり把握して「過渡期」が説明できるようになりましょう!

過渡期とは必ずしも大変な時期とは限らない

図書館の本棚

過渡期とは必ずしも大変な時期とは限りません。過渡期とは転換期を指す言葉であるため大変であることは多いのですが、過渡期だからといって大変だと決まっているわけではないので、過渡期という言葉自体が「大変な時期」という意味合いは持ちません。通常イメージする過渡期と言葉の意味が相違しているので注意しましょう。

とはいえ過渡期が正念場である可能性は高いので、前後の文脈から今が正念場であるというニュアンスを伝えることは多くなります。そういった文章を目にしたり、自分で作成する場合にはその状況と「過渡期」という言葉を切り離しで考える必要があります。ここを認識しておかないと言葉の使い方を間違えるので認識しましょう。

過渡期を語る上ではまずは言葉の意味を押さえること、そして過渡期のイメージは先入観を持たずに前後の文章で冷静に説明を加えることで、過渡期という言葉を使いこなして文章作成をすることができるでしょう。過渡期のように、言葉本来が持っていないイメージが先行している言葉を使うときには細心の注意を払いましょう。

過渡期の類語とは?

過渡期の類語①転換期

悲しむ男性

過渡期の類語の1つ目が「転換期」です。「転換期」という言葉は「過渡期」に置き換えて使うことができます。最初の説明でも「過渡期」は「転換期」と同義だと説明しています。「過渡期」は他の言葉と併せて流れを説明できますが「転換期」は変わりゆく時期単独を説明する言い回しです。

過渡期の類語②変革期

モザイクがかかった画像

過渡期の類語の2つ目は「変革期」です。類語である「変革期」も「過渡期」が表すニュアンスと同じです。ただし「変革期」という言葉には「変わる」というニュアンスが強く含まれていますので「過渡期」という言葉を使うよりは相手方に「変化」することをより強く伝えることができるかと思います。

「転換する」ニュアンスを強く伝えたい時には「転換期」を、「変化する」ニュアンスを強く伝えたい時には「変革期」を、そして流れの中で移り変わっていく時期を説明したい場合には「過渡期」を使うと、表現したことが伝わりやすくなります。

過渡期の対義語・反対語は?

過渡期の対義語や反対語①黎明期

レポートを書く女性

過渡期の対義語や反対語の1つ目は「黎明期」です。黎明期とは物事の始まりの時期を指します。「過渡期」の類語は「過渡期」が表す転換や変革を意味する言葉になっていますが、それ以外の段階の時期を表す言葉が反対語や対義語にあたります。そのため物事の始まりを意味する「黎明期」は「過渡期」の対義語・反対語です。

何事にも始まりの時期はあり、その時期を「過渡期」に対して「黎明期」と言います。「黎明期」はキックオフを意味する言葉ですが、黎明期はどちらかというと「今が黎明期だ」という使われ方はせずに「過渡期」等の言葉と比較し、物事の開始を振り返りながら使われることが多い言葉になっています。

過渡期の対義語や反対語②最盛期

勉強する女性

過渡期の対義語や反対語の2つ目は「最盛期」です。「最盛期」は物事が最も盛り上がる時期を示しており、ビジネスで言うと売り上げが最も見込める時期になります。この言葉は「過渡期」が過ぎた後に来るのが一般的です。「過渡期」でのアクションが順調に進んでいくとその先に「最盛期」が待っています。

「最盛期」を迎えることが出来れば、その物事に関しては一旦成功を収めたと言うことができるでしょう。「最盛期」において物事の成功を体験することができればそれが自信になり、またビジネスであればそこで得た利益を資本として新しいビジネスにチャレンジをすることができます。

過渡期の対義語や反対語③全盛期

両手に持つ女性

過渡期の対義語や反対語の3つ目は「全盛期」です。「全盛期」は「最盛期」の類語にあたるため、「過渡期」の対義語・反対語に当たる言葉になります。「最盛期」同様に物事が一番盛り上がる時期を表しています。「最盛期」も「全盛期」も一過性のものであり、永続的に続くものではありません。

例えば、昔「ワードプロセッサー」という通称「ワープロ」と呼ばれる文章を作成するための専用の機械がありました。今ではパソコンの「ワード」に置き換わっていますが、昔はワープロが衰退することはないと言われていました。パソコンに取り込まれることも絶対にないと言い切っている人も多くいました。

しかし今ではそういった機械の発売はなく、もしもそのような機能が必要であればパソコンを買ってワードをインストールすることになります。それでワープロよりも高機能で安く使えるようになっています。どんなものも「過渡期」「全盛期」が過ぎれば衰退が待っているのが運命なのです。

過渡期の対義語や反対語④安定期

勉強中に寝る女性

過渡期の対義語や反対語の4つ目は「安定期」です。「全盛期」を過ぎると「安定期」に入ります。「安定期」には上昇も加工もしない安定期もあれば、緩やかに下降していく安定期もあり、物事の状況や性質によってそれは変わってきます。物事の継続において「安定期」をどのように迎えるかが重要になってきます。

過渡期の使い方例文5選!

過渡期の使い方例文①過渡期真っただ中

笑顔の会社員

過渡期の使い方例文の1つ目は「過渡期真っただ中」です。「過渡期」にも始期と終期があります。その中間を意味するのが「過渡期真っただ中」という言い回しです。「過渡期」のちょうど中間くらいが、どんな物事においても大きな変化に対応したり物事を盛り上げるために工数を取られる大変な時期になることが多くなります。

「過渡期」という言葉を使う場合には冷静に物事の流れを分析する場合と、例文のように叱咤激励をする時に現状を「過渡期」と見定める場合があります。

過渡期真っただ中の例文

今が過渡期真っただ中だからここを乗り切れば会社も絶対に盛り上がっていくよ。ここが踏ん張りどころだよ!

過渡期の使い方例文②過渡期のピーク

腕を組むビジネスマン

過渡期の使い方例文の2つ目は「過渡期のピーク」です。「過渡期」においても落ち着いている時期とピークにあたる時期があり、ピークでは例文のような形で分析されることが多いことでしょう。過渡期のピークをどう乗り切っていくかが、始めた物事を上手に継続させていく上では大切なことになります。

過渡期のピークの例文

過渡期のピークは過ぎたからここからは安定期に入ると思う。大事なのはここから長く続けていけるビジネスの形を作っていくことだ。

過渡期の使い方例文③過渡期を迎える

立っている男性

過渡期の使い方例文の3つ目は「過渡期を迎える」です。「過渡期」に入ったと分析をする場合や、これから「過渡期」を迎えるという予測を伝える場合に使う表現になります。例文では「ここから過渡期を迎える」という予測を伝える表現になっています。「過渡期」をどう迎え、どのようにやり切るかが重要だと伝えています。

過渡期を迎えるの例文

ここから過渡期を迎えるので気を引き締めていこう。ここをどう乗り切るかで俺たちの将来が決まるから。

過渡期の使い方例文④過渡期が過ぎる

真面目に仕事している

過渡期の使い方例文の4つ目は「過渡期が過ぎる」です。「過渡期」はずっと続くものではなく、いずれは終わりを迎えることになります。例文では「過渡期が過ぎている」ことを説明しています。「過渡期」というものは「ここからここまで」と明確に線引きできるものではなく、分析してそのように定めていくものになります。

物事が「黎明期」から「過渡期」に入り、そして「過渡期」が終わったことを分析し定めていくのです。つまり、誰かが「過渡期が終わった」と言っても「まだ過渡期だ」と思っている人もいる状況は往々にしてあり得るということなのです。「過渡期」というものは、誰かが決めれば絶対的にそれが定められるものではありません。

過渡期が過ぎるの例文

売り上げが右肩上がりで上がってきてますが過渡期は過ぎているようですね。ここからは販路を広げていきながら新商品を出していくことでさらに事業を拡大していけるでしょう。

過渡期の使い方例文⑤過渡期が終われば

握手する2人

過渡期の使い方例文の5つ目は「過渡期が終われば」です。「過渡期」はいずれ終わりを迎えますが、「過渡期」は非常に大変な場合が多いので「過渡期が終われば」と励ましながら「過渡期」を乗り切ることは少なくありません。例文のような形で励ましていくことは往々にしてあるでしょう。

過渡期が終わればの例文

朝令暮改で大変だけど過渡期が終わればこのようなことは無くなるはずです。今はどういうやり方で何を出せば一番利益になるかを分析していく時期でしょう。

過渡期の次に来るのは?

過渡期の次に来るのは①最盛期

ミーティングの光景

過渡期の次に来る1つ目は「最盛期」です。「最盛期」は基本的に「過渡期」のすぐ後に来ます。物事が一番盛り上がる時であり、スタートさせた物事の成功の形を最も顕著に示すのが「最盛期」になります。「最盛期」にいかに物事が爆発するかが、その物事の端的な成果を表していると言えます。

「最盛期」をいい形で迎えるためには「過渡期」をどう迎えるかがカギになります。「過渡期」における物事の様々な転換期に対応をし、またそれに伴う変革にも負けずに対応していけるかどうかで、どのような「最盛期」を迎えることが出来るかが決まってくるのです。

過渡期の次に来るのは②安定期

3人の会社員

過渡期の次に来る2つ目は「安定期」です。「安定期」は「過渡期」が終わり「最盛期」を挿んで迎えるのが一般的ですが、物事の推移の仕方によっては「安定期」の後に「最盛期」を迎えることが稀にあります。どのような「安定期」を迎えることができるかで、その物事の継続性が変わってきます。

「過渡期」や「最盛期」というのは基本的に一過性のものですが「安定期」は物事の進め方によっては長く継続していくものですので「安定期」をいかにキープしていくかが物事の継続性の決め手になっていくのです。「安定期」に下降を食い止めることが出来るならば、その物事は長く続いていくことでしょう。

過渡期の次に来るのは③衰退期と終末期

お金をまき散らす

過渡期の次に来る3つ目は「衰退期」と「終末期」です。物事はいずれ「衰退期」を迎え、そして最後に「終末期」を迎えます。「衰退期」は「安定期」を過ぎた時に迎えることとなります。「栄枯盛衰」という言葉があり、どんなに栄えている物事にも「衰退期」は来るものなのです。

例えば今はスマホがない生活が想像できない人が多いかもしれませんが、10年後にはスマホを使っている人がほとんどいなくなっているかもしれません。

何が流行り、何が廃れていくのかは誰にも分からないものなのです。ちなみに下記関連記事は「終日」という「終」の文字が入った言葉が説明されていますのでこちらもよかったら読んでみてください。

Small thumb shutterstock 539080951
終日の意味とは?全日との違いや使い方・例文や類語・英語の紹介も

「終日不在」「終日可能」というように、終日という言葉は、仕事中などによく耳にし、口にもしていますよね。ここでは、終日の正しい意味や似たような言葉である全日...

過渡期を理解しその言い回しを使いこなせるようになろう!

「過渡期」という言い回しは、その類語や対義語、そして反対語と一緒に使うことでさらにその説得力を持つことでしょう。「過渡期」という言葉はその言葉自体が使いこなせるようになることだけではなく、その言葉を理解することで世の中における物事の道理まで学ぶことができます。

ここで紹介したことを語彙力の向上だけではなく、人生の一つの教訓として役立ててもらえたらうれしいです。黎明期からの過渡期をしっかり乗り切って、いい形で最盛期と安定期、そして終末期を迎えることができたらいいですよね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。