古いiPhoneの活用術13選!機種変更後も有効活用できる方法はコレだ!

機種変更後の使わないiPhoneをどうしたらいいか悩んでいる人はいませんか?この記事では、古いiPhoneの活用術について解説しています。アプリ専用に活用したり、Wi-Fiを利用してサブ端末として使ったりといったやり方を紹介しているので、参考にして下さいね。

【Wi-Fi使用】古いiPhoneを再利用できる活用術5選

①SNSの発信

スマホでSNSをチェックする人

1つ目の使い道は、SNSに使うことです。機種変更後のiPhoneを、TwitterやInstagram、Facebookなど、SNSの受発信に再利用してみましょう。

Wi-Fi環境が整っていれば使用可能なので、自宅だけでなく、カフェやコンビニ、飲食店など、フリーWi-Fiの繋がる場所で再利用できます。

新しい端末で他の事をしながら、SNSに投稿ができるので、Twitterの使用頻度が高い人におすすめの使い道です。コンビニで新商品を購入したり、人気のスイーツやランチを食べに行ったりといった時に、古いiPhoneを再利用しましょう。

②ゲーム

ゲームをする人

2つ目の使い道はゲームです。古い端末をゲーム専用機に再利用すれば、新しいiPhoneの電池の消耗が抑えられ、ゲームをダウンロードして内部ストレージが圧迫されることを回避できます。

ゲームアプリをインストールしたり、オンラインゲームをしたりといった場合は、Wi-Fi環境のある所で行いましょう。メインのAppleIDとは別のAppleIDを取得してから、ゲーム用端末として再利用して下さい。

③skypeで通話する

スマホで会話する人

3つ目はSkypeを通した通話です。機種変更後、古いiphoneを使った通話ができなくなりますが、skype同士なら無料で通話ができます。skypeクレジットの設定をすれば、一般電話や携帯電話と低料金で通話が可能です。なかなか会えない知人や家族がいる人におすすめの使い道です。

④デザリング専用端末にする

スマホを設定する人

4つ目は、古いiPhoneのデザリング機能を利用してルーター化することです。注意点は、音声プランを選択しないことです。データ通信専用なら1か月1000円程度のコースがあるので、SIMフリーの設定をしてから格安SIMを入れて下さい。

⑤携帯ラジオ

ラジオのイメージ

5つ目は携帯ラジオとして使うことです。AM、FMといった従来の放送だけでなく、ラジオアプリを通して世界中のラジオ番組を聴くことができます。

幅広いジャンルの音楽が聴きたい人や、地元の情報、道路交通情報が知りたい人など、自分の知りたい情報に合わせてアプリが選べます。朝の支度をしながら情報収取したり、音楽を聴いたりしたい人におすすめの再利用法です。

⑥リモコンと連携させる

リモコン

6つ目は、学習リモコンを古いiPhoneで操作する使い道です。照明やオーディオ、エアコンやテレビなどを操作するリモコンと連携させて、灯りをつけたりテレビを消したりといったすべての動作を古い端末で行ってみましょう。

【内蔵アプリ】古いiPhoneを再利用できる活用術4選

①音楽プレーヤー

音楽を聴く人

1つ目は、古いiPhoneを音楽プレーヤーにする使い道です。インターネットから音楽をダウンロードして、機種変更後のiPhoneに移してみましょう。CDの音楽を聴きたい時は、一旦パソコンに落としてからiPhoneに移します。

機種変更後の端末を音楽専用に再利用すれば、新しいiPhoneのバッテリーの消耗が軽減されます。古い端末と新しい端末の使い分けをして、新しいiPhoneを長持ちさせましょう。テレワークに音楽を流したい人や、電車通勤に音楽プレーヤーを持っていきたい人におすすめします。

②ボイスレコーダー

ボイスレコーダーのイメージ

2つ目はボイスレコーダーです。機種変更後の使わなくなった端末を、ボイスレコーダーに再利用してみましょう。新しい端末に電話があってもすぐに対応できるので、長時間の録音が必要な時に試してほしい使い道です。

ボイスメモとしてアイデアの記録に使ったり、会議の議事録の作成に役立てたりと使い道は幅広いです。iPhoneにはデフォルトでボイスメモアプリがありますが、削除した場合はApp Storeからダウンロードして下さい。

③アラーム

目覚まし時計のイメージ

3つ目はアラームです。機種変更後の古い端末に、起床時間の設定をしてみましょう。メイン端末を持ち歩くので、部屋に置いたままでも大丈夫です。

朝が弱くてすぐに目覚ましを停めてしまう人は、スヌーズ機能の再設定がおすすめです。標準のスヌーズ設定をオフにしてから、好きな間隔でアラームが鳴るように、スヌーズ時間を設定してみましょう。

④デジタルフォトフレーム

デジタルフォトフレーム

4つ目はデジタルフォトフレームです。古いiPhoneに専用アプリをダウンロードして、デジタルフォトフレームとして再利用してみましょう。スライドショーの設定にすれば、旅行やイベントの写真がループで再生され、新しく撮った写真の追加も簡単です。

【カメラ】古いiPhoneを再利用できる活用術4選

①写真を撮る

カメラで撮影

1つ目は、写真撮影の専用端末として再利用することです。新しいiPhoneを外出時に落としてしまったり、雨に濡れたりといったトラブルが避けられます。また、夏の汗や湿気はiPhoneの故障の原因になりやすい為、ポケットにスマホをしまう習慣がある人におすすめです。

標準で搭載されているカメラはバッテリーが消耗し易く、外出先で充電が残り少なくなることがあります。イベントやレジャーなどの写真撮影が増える機会に、古いiPhoneを活用してみましょう。

②ドライブレコーダー

ドライブのイメージ

2つ目はドライブレコーダーです。古いiPhoneをドライブレコーダーに再利用すれば、導入費用が安くすむのでおすすめです。専用の製品の値段が高いことや、取り付け工賃が気になっている人は、ドライブレコーダーアプリの設定をしてみましょう。

車載ホルダーと給電するためのUSB充電器が必要ですが、初期費用を押さえたい場合は、ホームセンターや100均で探してみましょう。

③見守りカメラ

防犯カメラのイメージ

3つ目は見守りカメラです。古いiphone端末と新しい端末の両方にアプリを設定して、ペットや小さな子供の様子を撮影するカメラに再利用してみましょう。

Wi-Fi環境の整った環境で、スマホ専用ホルダーを使って設置して下さい。古いiPhoneで撮影した映像を、新しい端末で確認でき、安心して外出できます。また、遠方に住む両親や、祖父母の様子が気になっている人にもおすすめの使い道です。

④Webカメラ

ウエブカメラのないノートパソコン

4つ目はWebカメラです。ノートパソコンにカメラとマイクが内蔵されていない人におすすめの使い道です。パソコンと、古い端末に専用アプリをダウンロードして、Webカメラの設定をしてみましょう。テレワーク中にオンライン会議が必要になったものの、自宅に環境が整っていないという人に試してほしい再利用法です。

古いiPhoneをWi-Fi専用機に再利用して活用する方法は?

①アクティベーション用のSIMカードを購入する

購入するイメージ

SIMカードが挿入されていない場合は、アクティベーション用のSIMを購入し、古い端末に入れて下さい。アクティベーション用のSIMは数百円程度の価格で購入できます。

②電源を切りSIMトレイを引き出す

スマホの電源を切る人

端末の電源を切ってから、SIMトレイを開けて下さい。購入時についてきた取り出しツールが使えます。SIMスロット横の穴に差し込んで引き出して下さい。ゼムクリップを伸ばしたものや針金などの、先の細いもので代用できます。

③SIMカードを入れる

スマホのエラーを確認する

アクティベーション用のSIMカードを入れて下さい。注意点は正しく挿入することです。エラー表示が出た場合は、トレイを引き出して入れ直して下さい。

④電源を入れて設定する

スマホを見ながら待つ女性

電源を入れて必要事項を入力していきます。「アクティベーションが必要です」というメッセージが出たら、正しく装着されています。

「了解」というボタンをタップして、Wi-Fiネットワークを選択して下さい。次にAppleIDとパスワードを入力すれば、Wi-Fi専用のiPhoneとして再利用可能です。

機種変更後に古いiPhoneを活用するときの注意点は?

機種変更後に不要になったiPhoneは、アプリ専用機として使ったり、サブ端末としてこれまでとほとんど変わらずに使うことができますが、設定上新しいiPhoneでなければできない事や、気をつけて欲しい注意点があります。

①キャリアメールとSMSは使えない

スマホをみる人

1つ目の注意点はメールが使えなくなることです。SIM契約がなくなるので、電話番号で送受信するショートメッセージが使えなくなります。また、キャリアメールは、SIM契約がないと存在しなくなるので、機種変更した時点で古い端末でメールの送受信ができなくなります。

ただし、Wi-Fi環境が整っていれば、Webメールは可能です。GmailやYahooメールの設定をしておけば、端末の機種変更に関係なく使えます。

②LINEは使えない

LINEが移行できないイメージ

2つ目の注意点は、古い端末ではアプリ版LINEが使えないことです。複数の端末からは、同一アカウントの使用ができない仕様になっているからです。電話番号1つに対して、1台しかアプリ認証されない為、機種変更後にLINEを移行した場合、自動的に古い端末のアカウントは削除されます。

③SIMカードは抜かない

古いスマホ

3つ目の注意点は、古いiPhoneのSIMカードをそのままにしておくことです。機種変更の手続きの際に、SIMを残してもらうよう係の人にお願いしてみましょう。アクティベーションエラーの表示が出て、使えなくなるので注意して下さい。

④メインのAppleIDを使用しない

ゲームをする子供

4つ目の注意点は、別のAppleIDを取得してからゲーム専用機として再利用することです。以前のアカウントでゲームをすると、新しいiPhoneの中身と同期してしまう事があるからです。データの破損につながるので注意しましょう。

⑤キャリア系iPhoneはSIMロック解除が必要

iPhoneのイメージ

SIMフリーでないiPhoneを使っている場合、SIMロックの解除をしないままだと、MVNO提供のSIMが使えません。古いiPhoneを格安SIMで使いたい人は、SIMロック解除をしましょう。SIMロック解除のやり方は、店舗でお願いする方法と、自分でネットから行う方法があります。

店舗で行う場合は手数料が3000円程度かかり、自身が行う場合は無料です。ただし、2015年5月より前に発売の端末は、WEB上のSIMロック解除ができないものがあります。

⑥iPhoneを車内に置いたままにしない

車内でスマホ操作する人

6つ目の注意点は、車の中に置いたままにしないことです。iPhoneは0℃~35℃の条件下で操作するように設計されている為、極端に寒かったり暑かったりするところでは、故障やトラブルが起こる可能性があります。夏の高温下での加熱や結露に注意して再利用して下さい。

古いiPhoneを活用してみよう!

使わなくなったiphoneを有効活用すれば、新しい端末の負担が減ることになります。機種変更後のiphoneの処分に困ったことがある人は、早速始めてみましょう。自分に合った活用法を見つけて、スマホの2台持ち生活を楽しんで下さいね。

次の記事では、auのiPhoneのSIMロック解除法について解説しています。自分でiPhoneをSIMフリーにするやり方や、店舗でやってもらう方法、また注意することなどを紹介しているので、こちらも参考にして下さいね。

Small thumb fotolia 118662209 subscription monthly m
SIMロック解除の方法とは?auのiPhoneをSIMフリーにしたい場合

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。