伝わりやすいスピーチのコツを徹底解説!相手に魅力的な話し方もご紹介!

大勢の前でスピーチを成功させたいけれど、どんな風にスピーチをすればいいかわからない…という方は多いでしょう。そこで今回は、伝わりやすいスピーチのコツをご紹介します!構成や挨拶、魅力的な話し方など、様々な項目を解説していますよ。是非参考にしてくださいね。

挨拶編|スピーチ・演説を成功させるコツ4選!

①自己紹介を端的に行う

根拠

スピーチ前の挨拶では、まず自己紹介を行いましょう。中学生・高校生ならば自分の名前やクラス、会社員ならば所属や職業をシンプルに伝えてください。また、これまでの経験やキャリアなどを話すのもおすすめです。基本情報を伝えることで、聞き手の信頼を得ることができます。

またこちらに、印象に残る自己紹介スピーチの方法がまとめられている記事を載せておきます。どのように自己紹介をすれば良いかわからない…という方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 569098801
印象に残る簡単な自己紹介スピーチの仕方は?会社/大学/アルバイト

今回は印象に残る簡単な自己紹介スピーチの仕方を中心に紹介します。会社や大学やバイト先で初対面の人に自分のプロフィールや意気込みをアピールする自己紹介を苦手...

②自分のオープンな話をする

開示

出だしの挨拶では、オープンな話をするのもおすすめです。プライベートな一面を話してみたり、自分の軽い失敗談などを挨拶で話してみましょう。堅苦しい挨拶だけでは、聞き手はあなたを警戒してしまいます。聞き手が警戒している状態では、演説や発表はうまくいきません。

オープンな姿勢を見せるだけで、聞き手の緊張をほぐすことができますよ。心の距離が縮まり、発表内容に耳を傾けてくれるようになるでしょう。是非、このテクニックを活用してみてくださいね。

③読者が疑問を持つような出だしにする

質問

出だしの挨拶部分で、読者が疑問に感じるような話をするのもおすすめです。。「なんで?」と感じる話をすることで、聞き手を引きつけることができますよ。また、疑問の答えをすぐには提示しないことがポイントです。答えを発表の後半に持ってくることで、聞き手の関心を引きつけ続けられますよ。是非意識してくださいね。

④堂々とした姿勢を見せる

堂々

演説前の挨拶では、なるべく堂々とした姿を見せるようにしましょう。話す側が目に見えて緊張していると、聞き手にもその緊張が伝染してしまいます。その結果、せっかくの発表内容が聞き手に伝わらなくなる、ということになりかねません。背筋を伸ばして笑顔で挨拶をするだけで、スピーチ全体が成功しやすくなりますよ。

構成編|スピーチ・演説を成功させるコツ4選!

①出だしでスピーチのテーマを伝える

伝える

スピーチの構成として、出だし部分で演説のテーマを伝えるというテクニックがあります。これからどんなスピーチをするのか知らされないままでは、聞き手は退屈してしまいます。発表を最後まで聞いてもらえない、ということにもなるでしょう。

スピーチを上手に行うためには、メインテーマを明確に伝えることが大切ですよ。挨拶が終わった後、なるべく早いタイミングで「本日は〇〇について話します」と、テーマを明示しましょう。この構成を意識するだけで、発表が成功しやすくなります。

②問いかけをして相手の興味を引く

問いかけ

上手なスピーチの構成として、問いかけを活用するというテクニックがあります。発表は自分の話を淡々と行うもの、と思っていませんか?これでは演説が押し付けがましい印象になり、聞き手が心を閉ざしてしまいますよ。最後まで発表を聞いてもらえなくなる可能性もあります。

スピーチの合間に「〇〇だと思いませんか?」「あなたはどう感じますか?」という質問を入れるだけで、演説がグッと引き締まります。「〇〇だと思う人は手を上げてください」など、会場全体に一体感を持たせる質問もおすすめです。是非この構成を意識して、発表の内容を考えてみてくださいね。

③ジョークや小ネタを交えながら話す

ジョーク

ジョークや小ネタなどを交えるというのも、スピーチを構成する際のテクニックです。堅苦しい演説をずっと聞き続けていると、聴衆は疲れてしまうでしょう。聞くことから意識が脱線することも多いです。聞き手の集中を持たせるためにも、たまに笑えるポイントを入れて、スピーチを構成してください。

④3部構成を意識する

3部

上手なスピーチは、3部構成になっていると言われています。まず出だしでは、スピーチ内容に関係する導入話を行います。次に、スピーチの本題を発表しましょう。最後に内容の総括を話すことで、まとまったスピーチになりますよ。

内容編|スピーチ・演説を成功させるコツ4選!

①主題を一つに絞る

ビジネスウーマン

スピーチ内容を考えるコツとして、主題を一つに絞るということがあります。演説内容を考える時、話したいことを何個も盛り込んでいませんか?主題が複数あると、内容にまとまりがなくなり、聞き手が混乱してしまいます。主題を一つにして関係のない話は省くのが、上手なスピーチを作るテクニックですよ。

②具体的なイメージを伝える

イメージ

上手なスピーチ内容を作るには、具体的なイメージを伝えるというテクニックを意識しましょう。自分の想像や曖昧な言葉だけの説明だと、相手とのイメージに齟齬が生まれてしまいます。内容を誤解なく伝えるためにも、ことわざや偉人の言葉など、具体的なイメージを活用してください。

共通の認識があるイメージを伝えることで、聞き手が理解を深めることができます。相手の理解度が深まれば、あなたのスピーチにどんどん耳を傾けてくれますよ。上手なスピーチを作りたいのなら、是非このテクニックを活用してくださいね。

③数字やデータを活用する

グラフ

上手なスピーチでは、数字やデータが活用されています。数字を使うことでスピーチに説得力が出ますし、相手に正しい情報を伝えることができるでしょう。例えば「この会場にたくさんの人が来た」と言うよりも、「会場に3万人集まった」と言う方が、説得力が増しますよね。

④キーワードを何度も繰り返して使う

スピーチ

スピーチ内容を考える際のテクニックとして、一つのキーワードを繰り返し使用することもおすすめですよ。スピーチの主題に関係するキーワードを作り、スピーチの中で多用しましょう。何度も同じような言葉を出すことで、聞き手に強く印象づけることができます。

緊張対策編|スピーチ・演説を成功させるコツ4選!

①スピーチ会場の空気に慣れる

会議室に立つ女性

スピーチを成功させるコツとして、会場の雰囲気に慣れるということがあります。慣れない場所というだけで、人は緊張してしまいます。緊張をほぐすためにも、会場の雰囲気に慣れておきましょう。少し早めに会場に行ったり、実際に自分が話す場所に立ってみましょう。会場の雰囲気を掴むだけで、緊張しにくくなりますよ。

②動作をわざとゆっくりにしてみる

動作がゆっくりな女性

緊張対策としておすすめなのが、動作をわざとゆっくりにするということです。セカセカと焦って動くと、脳が「非常事態だ」と感じ、緊張を誘発するホルモンを分泌してしまいます。なるべくゆっくりと動くだけで、リラックスした状態を作ることができますよ。余裕がある場合は、呼吸や話すスピードにも気をつけてみましょう。

③イメージトレーニングを行う

想像

スピーチ前の緊張をほぐすコツに、イメージトレーニングの練習をすることがあります。頭の中で、登場の方法や人前に立つ自分、話す内容などを想像してみてください。こうすることで、スピーチの流れを掴むことができ、本番での緊張を抑えることができますよ。

④暗唱できるようになるまで練習する

暗唱

内容を暗唱できるようになるまで練習する、という方法もおすすめです。話す内容を覚えていないと、「メモを忘れたらどうしよう」「読む場所を間違えたらどうしよう」など不必要な不安に襲われ、緊張しやすくなりますよ。スピーチの内容を暗記する練習をすることで、自分を安心させることができます。

スピーチ・演説での話し方のコツとは?

①声のトーンをこまめに変える

演説

話し方のコツとして、声のトーンを変えるという方法があります。抑揚のない声で話し続けると、聞き手は飽きてしまいます。いくら面白い内容を話していても、聞き手を惹きつけることができないでしょう。聞き手を集中させ続けるためには、スピーチの内容に合わせて声の抑揚を変える練習が必要ですよ。

大切なところは声を張って強調したり、感情が高ぶるところでは声を高くしたりと、話し方に変化を持たせてみてください。そうすると聞き手はスピーチに引き込まれていきます。是非、このような話し方を練習してみてくださいね。

②ボディランゲージを活用する

ボディランゲージ

上手なスピーチをする話し方のコツとして、ボディランゲージの活用もおすすめです。ただ突っ立ったまま、手や腕を一切動かさない状態でスピーチをしても、聞き手を感動させることはできないでしょう。身振り手振りが大きい方が、スピーチに引き込まれやすいですよ。

本番でいきなりボディランゲージを使うことはできません。スピーチの練習段階から、身振り手振りを交えて話す練習をしてみてください。練習を積むことで、本番で自然なジェスチャーができるようになりますよ。スピーチ成功のために、この話し方のポイントを意識してくださいね。

③ハキハキと話す

ハキハキ

スピーチ時の話し方として、ハキハキと話すことも大切です。特にスピーチの出だしが肝心ですよ。出だしはどうしても緊張してしまい、声がモゴモゴとこもってしまいがちです。しかしそのような出だしでは、聞き手の関心を引きつけることはできません。「このスピーチは面白くない」と決めつけられる可能性もあります。

スピーチの際は、いつもよりも言葉一つ一つをハキハキと述べるような話し方を意識しましょう。本番前に、誰かにスピーチを聞いてもらって練習するのもおすすめですよ。

④ワンセンテンス・ワンパーソンを意識する

見る

ワンセンテンス・ワンパーソンという話し方も、スピーチを成功させるコツです。これは、一つの文章ごとに目線を移し、一人一人とアイコンタクトを取るという話し方です。この話し方を意識することで、聴衆一人一人を引きつけることができますよ。

コツやテクニックを駆使してスピーチを成功させましょう!

コツやテクニックなどを意識してスピーチを組み立てれば、上手に発表をすることができるでしょう。またこれらのコツは、ビジネスの場だけでなく中学校や高校、大学などのスピーチでも役立ちますよ。今回紹介した項目を参考にして、演説を成功させてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。