事前に押さえたいWEB面接のマナー16選!失敗しないポイントを徹底解説!

今、対面上の面接だけでなく、WEB上での面接が積極的に行われています。そこで今回は、事前に押さえておきたいWEB面接のマナーを、まとめてご紹介します!WEB面接で失敗しないためのポイントや、注意点などを解説していますよ。是非参考にしてくださいね。

服装編|事前に押さえたいWEB面接のマナー3選!

①基本的にスーツがおすすめ

スーツ

WEB面接時の服装は、基本的にスーツがおすすめです。就活で使用するスーツを着て、WEB面接に臨みましょう。WEB上の面接では、楽なファッションや個性をアピールできる服装を選ぶ人がいます。しかしWEB面接は、あくまでも就活の場です。対面で行われるか、WEB上で行われるかの違いにすぎません。

就活ではスーツを着用するのが基本となっていますので、WEB面接でもスーツを着るのが無難でしょう。スーツならば仕事への意欲をアピールすることもできますし、面接への本気度も見えます。是非、WEB面接時の服装にはスーツを選ぶようにしてくださいね。

②カメラに映らない場所にも気を配る

メイク

WEB面接の際の服装は、カメラに映らないようなところにも気を配るようにしてください。WEB時にカメラに映るのは上半身だけだからと、ズボンやスカートを適当にしていませんか?実は、カメラに映る範囲は思っている以上に広いです。映らないと思っていても、下の服装がカメラに映る可能性も高いですよ。

いくら上半身の服装に気を使っていても、下半身の服装が乱れていては、良い印象を与えることはできません。それどころか、「見えないところでは気を抜く人だ」と思われてしまうでしょう。カメラに映らない場所の服装にも気を配り、キチンとスーツを着るようにしてくださいね。

③紺や黒のスーツを着るようにする

結ぶ

WEB面接時には、黒や紺色のスーツを着ることをおすすめします。落ち着いた色味のスーツを選ぶことで、面接官に良い印象を与えることができますよ。特にWEB面接では、対面で話した時の雰囲気や空気感が伝えられない分、見た目の印象が大切になります。悪い印象を与えないよう、無難な色味のスーツを着用しましょう。

場所編|事前に押さえたいWEB面接のマナー5選!

①自宅がおすすめ

家

WEB面接を受ける場所として、最もおすすめなのが自分の家です。騒音が気になることはありませんし、明るさを調節することもできるでしょう。ネット環境も安定していることが多いです。面接を受けることで、周りに迷惑をかける心配もありません。イヤホンやヘッドセットなどを使わずとも、声が聞き取れるのも魅力ですよ。

また面接の内容は、企業にとって外部に漏らしたくない内容です。面接内容や情報などが外部に漏れない自宅は、企業側からしても嬉しい場所なのです。WEB面接の場所に悩んでいるのなら、自宅を選ぶことをおすすめします。

②ホテルの部屋

ホテル

WEB面接の場所として、ホテルもおすすめですよ。仕事の打ち合わせや商談などで、ホテルを利用するビジネスマンは多いです。静かなラウンジなどでも良いですが、特におすすめしたい場所はホテルの一室です。自宅よりも騒音が入りませんし、室内の明るさ調節もしやすいでしょう。プライバシーも保護できます。

周りの音や車の騒音なども入らないため、イヤホンやヘッドセット無しでも面接を受けることができるでしょう。宿泊なしでも、ホテルの部屋を借りることができる場所はたくさんあります。是非、こういった場所を利用してWEB面接を受けてみてください。

③大学内の施設を利用する

大学

WEB面接の場所として、大学内の施設もおすすめです。自習室やパソコン関係の個室などなら、WEB面接を受けやすい環境が整っていますよ。ただし周りには人がいますので、イヤホンやヘッドセットは必ず持参するようにしましょう。

④ネットカフェ

カフェ

ネットカフェも、WEB面接に適した場所として人気ですよ。インターネット環境が整備されていますので、安心して面接を受けることができるでしょう。個室やブースを借りれば、周りの迷惑にもなりませんし、プライバシーも保護できます。自宅や大学のネット環境に不安がある方は、ネットカフェを利用してみてください。

⑤壁を背景にする

部屋

WEB面接を受ける場所として、壁が背景になるところを選ぶ、ということも重要です。カメラにはあなたの姿だけでなく、後ろの背景もしっかりと映り込んでしまいます。外部の施設ならば問題ないですが、自宅でWEB面接を受ける時には、壁を背景にするよう位置調節をしましょう。

もし壁に衣服やポスター、趣味関係のものを飾っている場合は、取り除くことをおすすめします。面接官からすると「気の使えない人だ」と思われてしまいますし、面接に集中してもらえなくなる可能性も高いでしょう。就活時も転職活動時も、気をつけるようにしてくださいね。

挨拶編|事前に押さえたいWEB面接のマナー3選!

①座ったままお辞儀をする

礼

WEB面接での挨拶のポイントは、座ったままお辞儀をすることです。対面上の面接では立った状態でお辞儀をしますが、WEB面接では座った状態で挨拶をして問題ありません。立ってお辞儀をすると顔が見えなくなってしまいますので、立たない方が印象が良い、という面接官も多いです。

どうしても挨拶は立って行いたい!という方には、椅子なしで面接を受けることをおすすめします。また挨拶のお辞儀では、素早く頭を下げて止め、ゆっくりと頭をあげる、ということを意識しましょう。これだけで、挨拶が丁寧に見えますよ。是非、就活や転職活動の時に意識してみてくださいね。

②最初の言葉をはっきりと述べる

話す

WEB面接の挨拶では、最初の言葉をハッキリと述べるようにしてください。WEBの回線上、どうしても最初の言葉が聞き取りにくくなります。モゴモゴと話し始めると、印象が悪くなってしまいますよ。挨拶をするときには、第一声からハキハキ話すようにしてくださいね。

③カメラを見ながら挨拶をする

挨拶

カメラの方を見ながら挨拶をするというのも、WEB面接時に大切なポイントです。ほとんどの就活生・転職者が、面接官の映っているパソコンの画面を見て挨拶をしてしまいます。しかしこれでは、面接官よりも下を見て話していることになり、面接官と目が合いません。

挨拶での印象を良くするためにも、カメラのレンズを見ることが大切ですよ。相手の顔が見えず、不安になることもあると思いますが、レンズを見ながら話すということを意識してください。

事前準備編|事前に押さえたいWEB面接のマナー5選!

①アイコンやアカウントを変更する

操作

WEB面接の事前準備として、面接で使うツールのアイコンやアカウントを変えておく、ということをおすすめします。面接用に新しくインストールしたツールならば問題ありません。しかし、プライベートで使用しているツールを使う場合は、就活・転職活動用にアイコンやアカウント名を編集する必要があります。

アカウント名は本名に、アイコンの写真は証明写真に設定しておくのが無難です。もしくは、アイコンに何も設定しないというのもおすすめですよ。

②音声テストを行う

音声

WEB面接の前には、必ず音声テストを行うようにしてください。イヤホンやヘッドセットの設定や、端末の操作などを事前に済ませておくことをおすすめします。トラブルが発生しても対応できるよう、面接の前日にはテストを済ませておくようにしましょう。

③画面の位置を調節する

位置調節

面接前には、画面の位置や端末の場所などを決め、事前に設置しておくようにしてください。面接が始まってから慌てて場所を移動する、というのはNGですよ。また端末を設置するときは、必ずカメラの位置を確認し、高さを調節するようにしましょう。

④スマホの電源を落とす

オフ

WEB面接を受ける前には、スマホの電源は落としておくようにしましょう。対面上の面接でも、スマホの電源はオフにしますよね。WEB面接でも、このルールは変わりません。面接中に通話やLINEなどが来ないよう、スマホの電源を落としておきましょう。

WEB面接でスマホを利用する場合は、通知音を切っておくことをおすすめします。面接中に電話やLINEが来た場合、マイクを通して通知音が面接官に届いてしまいます。面接の邪魔にもなりますし、相手にも失礼ですよ。スマホの通知をオフにするか、もしくは電源を切る、ということを徹底しましょう。

⑤充電を行なっておく

スマートフォン

WEB面接前には、スマホやパソコンなど、面接で使用する端末を十分に充電しておいてください。またワイヤレスのイヤホンやヘッドセットを使用する場合も同様です。途中でスマホなどの電源が切れてしまうと、面接に大きな影響が出るでしょう。面接が滞りなく進むよう、充電は満タンにしておいてくださいね。

WEB面接中に意識するべきマナー3選!

①時間になったらメッセージを送る

メッセージ

WEB面接中のマナーとして、時間になったらメッセージを送る、ということがあります。面接予定時刻になったら、チャットやメール機能を使い、「準備が出来ました。よろしくお願い申し上げます」と伝えてください。そして、企業側からの通話を待つようにしましょう。

転職・就活のWEB面接時は、自分から企業に通話をかけるのはNGです。相手からアクションがあるまで、待つことが大切ですよ。

②手元を見ないようにして話す

禁止

面接中は、なるべく手元を見ないようにして話してください。手元に用意した資料やスマホなどを見て話すのはNGです。資料やメモは確認程度にとどめ、なるべくまっすぐカメラを見て話すようにしてくださいね。

③相手が通話を切った後に回線を終了させる

通話中

面接が終わった時も、自分から通話を終了させるのはNGです。必ず、企業側が通話を終了させるまで待ちましょう。転職者・就活生の両方がしてしまうミスですよ。もし相手が通話を終了しない場合は、「こちらから通話を切らせて頂きます」と、一言添えてから終了しましょう。

WEB面接に必要なもの3選!

①面接用の資料

資料

WEB面接には、面接用の資料を用意しておくことをおすすめします。自分の履歴書や質問予想のメモ、会社の説明資料などがあるなら、事前に手元に準備しておいてください。こういった資料があれば、安心して面接を受けることができますよ。

②イヤホン・ヘッドセット

イヤホン

イヤホンやヘッドセットも、WEB面接に必要なアイテムです。イヤホンやヘッドセットがあれば、自分の声を確実に相手に届けることができます。自宅などの静かな場所で面接を行う時にも、準備しておくことをおすすめします。是非、品質の良いヘッドセットやイヤホンを準備してくださいね。

③筆記用具

筆記用具

WEB面接には、筆記用具も必要ですよ。メモ用紙やボールペンなどをパソコンの側に準備しておきましょう。次の面接の日程や、今後のスケジュールなどを書き留めるのに便利ですよ。

マナーを押さえてWEB面接を成功させましょう!

マナーや流れ、注意点をキチンと抑えれば、WEB面接を成功させることができますよ。今回紹介した項目を、就活・転職時のWEB面接の参考にしてみてくださいね。

またこちらに、就活や転職の面接日程への返信文がまとめられている記事を載せておきます。日程調節や、日程変更の文言なども詳しく解説されていますよ。転職や就活中の方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 268450025
就活・転職の面接日程に関するメールの返信例文15選|日程調整/日程変更

就活や転職活動をする際、必ず企業との面接があります。しかし、急用などでどうしても日程を調節してもらわなくてはいけない場面に遭遇するかもしれません。そんなと...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。