【日の出】太陽や朝を表す言葉12選!知っておきたい表現を紹介!趣深い古語も

あなたは、日本語には日の出に関する表現が沢山あることを知っていますか?この記事では、日の出や太陽・朝を表す言葉について詳しくご紹介していきます。趣深い古語についての解説もありますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

【朝の時間帯】日の出を表す言葉3選!

①黎明(れいめい)

富士山

最初にご紹介するのは、「黎明(れいめい)」です。これは、日の出の上る時間帯である「明け方」を意味する言葉として知られています。また、この言葉は「黎明期」などのように使用されると、「何が形になる前の始まりの時期」という意味も表せます。

この日の出と朝の時間帯に関する表現は、例えば「空が黎明を迎え、徐々に明るくなってきた。」などの形で使用できます。いつもとは違う言い方で「明け方」と表現したい!という方はぜひ活用してみてください。

②朝明け

明け方

次にご紹介するのは、「朝明け」という言葉です。これは、「朝、明るくなること、その時」という意味を持ちます。この意味から、この言葉も朝の時間帯、日の出が上がる頃の様子を描写するものだということが分かります。

この日の出に関する言葉を使用したい場合、例えば「朝明けの頃の空は、本当に美しく、いつ見ても心が癒されます。」などの形で活用可能です。日の出や太陽に関する洗練された響きの言葉を使用したい方は、ぜひ使ってみてください。

③朝朗(あさぼらけ)

朝朗(あさぼらけ)

最後にご紹介するのは、「朝朗(あさぼらけ)」です。これは、「夜がほんのりと明けて、周囲のものがほのかに見える頃」を指します。この意味から、この表現も日の出が上がる、朝の時間帯を表す言葉として活用できることが分かります。

この表現を活用する場合、例えば「朝朗の頃になると、うちの庭の小鳥達が鳴き始めます。」などの形で使用できます。ぜひ太陽が昇る前後の朝の時間帯を表現する言葉として、あなたも活用してみてください。

【太陽】日の出を表す言葉3選!

①ご来光

ご来光

「ご来光」は、「高山の頂上で見る荘厳な日の出」を意味します。例えば富士山の頂上から見る太陽、日の出は「ご来光」と呼ぶことが可能です。太陽・日の出を表す表現には間違いありませんが、それが「高山の頂上で」と条件が限定されているところがおもしろいですね。

この太陽・日の出に関する表現を使用する場合、例えば「昨年の山の頂上で拝んだ美しいご来光が今でも忘れられない。」などの形で活用できます。山から見た日の出の姿に感動したことを、上手く伝えたい場合に使用してみましょう。 

②初日の出

初日の出

「初日の出」は、「元旦の日の出」という意味を表します。元旦とは、お正月の一月一日のことです。「初」とは、「その年初めての」という意味になります。この言葉も「ご来光」と同様、日の出・太陽それ自体を指した言葉ではありますが、それを見た時のタイミングが条件となっています。

この言葉を使用する場合、例えば「今年見た初日の出は、昨年のものよりもっと輝いて見えた。」などの形で活用できます。特にお正月の日の出に関する言葉を探している方は、ぜひこの言葉を活用してみてください。

③朝日

朝日

最後にご紹介するのは、「朝日」です。これは、「朝のぼる太陽、その光」という意味を表す言葉として定義されています。この言葉は、特別なシチュエーションのみならず、普段の会話でもごく普通に使われている馴染みある言葉です。

具体的な例文を挙げると、「今朝、私は美しい朝日に包まれて目を覚ました。」といった形で活用できます。この言葉は、この例文のように日常生活の中でも使用できるタイミングがかなりあるはずです。太陽や日の出に関する言葉のレパートリーとしてぜひ取り入れて活用してみてくださいね。

【古語】日の出を表す言葉3選!

①暁(あかつき)

暁(あかつき)

最初にご紹介するのは、「暁(あかつき)」です。これは、「夜半過ぎから夜明け近くのまだ暗い頃まで」を表す古語として知られています。この古語を現代の言葉に置き換えると、いわゆる「未明」となり、空が完全に明るくなる前の状態を指すということが分かります。

この古語は、奈良時代には「未明(あかとき)」と呼ばれていたのですが、平安時代に「暁」と変化しました。古語ではありますが、現代でも「その暁には」などの形で使用されます。このように、この言葉は現代でも使用可能なものなので、ぜひあなたも生活の中で取り入れて活用してみましょう。

②東雲(しののめ)

東雲(しののめ)

次にご紹介するのは、「東雲(しののめ)」です。これは、「夜が明ける一歩手前の時間から、朝に至る最初の時間」」を表す古語として知られています。この言葉は、昔は東の空の夜明けの空の薄明りを表す古語として使われていたそうです。

昔は、明かり取りにのために篠竹で編んだ網が使われていました。その網目を指して明かり取りが転じ、この表現になったと言われています。このように、時代と共にどう言葉が変化したかについて理解を深めるのもとてもおもしろいですね。ぜひこの古語の歴史や背景も含めて覚えてみてください。

③曙(あけぼの)

曙(あけぼの)

最後にご紹介するのは、「曙(あけぼの)」です。これは、「暁の終わりの頃と朝朗の間を指す古語」として知られています。この言葉自体は、現代でも時々使われることもあるので耳にしたことがある方もいるでしょう。

この言葉は、「あけ」は「朱」、「ぼの」は「仄(ほの)か」という由来から来ているそうです。日の出前後のまだ薄暗い時間帯を表したい際には、この言葉をぜひ活用してみてくださいね。

【英語】日の出を表す言葉3選!

①sunrise

sunrise

「sunrise」は、英語で日の出を表す際に一番一般的に用いられる言葉です。例えば、「I was a beautiful sunrise yesterday.」「私は昨日、美しい日の出を見た。」などの形で使用することができます。英語の日常的な会話でも良く使用する言葉ですのでぜひ活用してみてください。

②the rise of the sun

the rise of the sun

次にご紹介するのは、「the rise of the sun」です。この言葉も、「日の出」という意味で活用できます。例えば、「There was the rise of the sun.」「そこには日の出があった。」という形で活用できます。少し格式ばった響きで「日の出」を表現したい場合に使用します。

③the rising of the sun

the rising of the sun

最後にご紹介するのは、「the rising of the sun」です。これも、「日の出」という意味を表します。例えば、「People see the rising of the sun at that time.」「その時、人々は日の出を見た。」という形で活用してみましょう。

日の出を表す言葉を日常生活でも活用しよう!

曙

日本語には、太陽・日の出に関する言葉がかなりの数存在します。また、その中には古くから和歌などにも詠まれている古語も含まれます。その古語の中にも、現代でも使用されているものも含まれており、どれもかなり使えるものであることが分かります。

空に太陽が昇る様子を、シンプルに「日の出」と表現してももちろん、問題はありません。しかし、同じ事象をもっと様々な言葉とバリエーションで表現してみたい!という方は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみましょう。ぜひ日の出を表す言葉をあなたの日常生活でも積極的に活用してみてくださいね。

下記関連記事では、「光を表す言葉50選」を分かりやすくまとめています。太陽に関するかっこいい漢字や、美しい表現・熟語についてもご紹介していますよ。特に太陽に関する表現についてもっと学びたい!他の表現にどんなものがあるか、気になる!という方は、こちらの内容もぜひチェックしてみましょう。

Small thumb %e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b92
光を表す言葉50選!太陽に関するかっこいい漢字や美しい表現・熟語は?

光を表す言葉を50選ご紹介しています。光や太陽に関するかっこいい単語や、光に関する美しい漢字、光にまつわる熟語など、光を表現する言葉にはさまざまな種類があ...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。