SE(システムエンジニア)の平均年収はどれくらい?年代別・タイプ別に紹介!

SE(システムエンジニア)は近年において非常に注目度の高い仕事になっています。高い収入が期待できるだけではなく、現代に合った働き方ができる職業としても注目を集めています。ここでは年代別の平均年収やタイプ別の平均年収に分けて、分かりやすく紹介していきます!

年代別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較

年代別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較①20代は350万円

笑顔の女性

年代別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較の1つ目ですが、20代の年収を紹介します。20代のシステムエンジニアの年収は350万円です。システムエンジニア(SE)も他の職業と同じように年を重ねるごとに年収が増えていきます。

ちなみに350万円という年収は20代の年収としては高い部類に入りますが、会社員全体で見るとほぼ中央値くらいになります。下記の関連記事は会社員が一つの目標とする年収1000万円の人の割合について書かれていますのでこちらも是非参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 615761978
年収1000万以上の人口の割合とは?20代・30代・40代の割合は?

こちらの記事では、年収1000万円以上の人口の割合をご紹介します。日本の世帯年収が1000万円以上の人口のパーセントをご存知でしょうか?20代・30代・4...

年代別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較②30代は500万円

笑顔の女性

年代別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較の2つ目は、30代の年収を紹介します。30代のシステムエンジニアの年収は500万円です。30代になり経験とスキルが身に付いてくると平均年収は一気に上がります。ただし当然業界未経験で30代から転職してこの業界に飛び込んだ場合は20代と同じ水準になります。

この頃から給料に関して個人差が出てきます。稼げる人はスキルを身に付け、そのスキルを活かして年収1000万円を超える人も出てきますし、一方で年収400万円が壁になる人など様々です。平均はあくまでも平均であり、全員がこのくらいの金額を稼げるわけではないことを理解しておきましょう。

年代別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較③40代は600万円

腕を組む男性

年代別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較の3つ目は、40代の年収を紹介します。40代のシステムエンジニアの年収は600万円です。40代になると役職を得て年収を上げる人や、開発に力を入れて高収入の大企業に転職をしたりと、稼げる人は1000万円台の年収をアベレージとすることも少なくありません。

また、この頃になると独立する人も出てきて、実力のある人は稼げますし実力のない人は稼げないという格差も大きくなります。それでもシステムエンジニア(SE)という仕事は未だに人が足りていない業界でもあり残業が多く、残業代で給料が押し上げられることも少なくありません。

年代別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較④50代は500万円

2人での仕事

年代別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較の4つ目は、50代の年収を紹介します。50代のシステムエンジニアの年収は500万円です。50代になっても40代よりも収入が上がる人もいるのですが、全体としては役職定年制の影響により年収は下がる傾向にあります。

役職定年制とは後進にチャンスを与えるために、一定の役職について年齢制限を設けることです。そのため会社には在籍していても役職から降りていることもありますし、また関連会社の社長や取締役といったポストに就き、給料が見直されることになるのです。その際に給料が下がる場合が50代だと多くなるのです。

働き方別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較

働き方別システムエンジニアの平均年収①社内SEで600万円

真面目な男性

働き方別システムエンジニアの平均年収の1つ目は、社内SEの場合を紹介します。社内SEは平均年収が600万円です。社内SEは幅広いIT知識が必要ですが、正社員として会社に所属しているため福利厚生面で恵まれていることが少なくありません。また在籍が長くなるほど給料が上がっていく傾向もあります。

主な仕事内容としては社内IT網やインフラの整備になります。社内IT網やインフラの整備は社内の業務を円滑に行うためには欠かせない仕事であり、ミスなく納期に間に合わせることが求められます。そのため納期が厳しい時には徹夜で社内IT網やインフラの整備に取り組むこともあり、非常にハードな仕事であると言えます。

働き方別システムエンジニアの平均年収②派遣エンジニアで500万円

腕を組む女性

働き方別システムエンジニアの平均年収の2つ目は、派遣エンジニアの場合を紹介します。派遣エンジニアの場合で平均年収は500万円です。派遣エンジニアの場合は社内SEに比べると収入が落ちます。役割は社内SEと同じ場合が少なくないのですが、正社員でない分報酬が安く抑えられる傾向にあります。

業務内容としては社内SE同様に社内IT網やインフラの整備をすることもありますし、外注でバグの修正や保守を請け負う場合もあります。社内IT網やインフラの整備を請け負う場合は徹夜の仕事もありますし、外注系の仕事であれば納期を守るのに社内IT網やインフラの整備ほど時間をかけなくても済む場合が多くなります。

働き方別システムエンジニアの平均年収③フリーランスで500万円

笑顔の女性

働き方別システムエンジニアの平均年収の3つ目は、フリーランスで500万円です。フリーランスの場合は外注の仕事を受けることが多くなり、また仕事の単価も社内SEよりも高くなる傾向にあります。社内IT網やインフラの整備というよりはバグの修正や保守、また開発に関わる仕事が多くなります。

フリーランスに仕事を外注する場合には派遣とは違い、メールやSkype等で連絡を取り合うことになります。そのため一定の仕事のクオリティが担保できる状態になるとフリーランスとしての仕事は増えますし、外注費の方が社内SEが仕事をする単価よりも高くなる場合も少なくありません。

ただし派遣や社内SEの場合は各種経費はすべて会社持ちですが、フリーランスの場合は経費も外注費から捻出しなければならないので、どちらが良いかはその人によります。仕事が多く集まる状況で自由に仕事をしたいならフリーランスですし、一定の収入が担保されている状況を求めるなら社内SEや派遣の方がベターです。

タイプ別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較【ソフト編】

ソフト系システムエンジニアの平均年収①保守や整備で450万円

基盤のイメージ

ソフト系システムエンジニアの平均年収の1つ目は、保守や整備の場合を紹介します。保守やインフラ整備で平均年収は450万円です。保守は基本的な仕事であり、インフラ整備もできたものに対して修正を加える仕事になるのでSEの仕事の中でも比較的難易度が低く、収入も上がりづらい傾向にあります。

ソフト系システムエンジニアの平均年収②ネットワーク設計で550万円

ネットワークのイメージ

ソフト系システムエンジニアの平均年収の2つ目は、ネットワーク設計の場合を紹介します。ネットワーク設計で平均年収は550万円です。ネットワーク設計になると保守やインフラ整備よりも難易度が上がり、収入も増えてきます。また会社によってはこれらの仕事を派遣やフリーランスに委託することもあります。

ソフト系システムエンジニアの平均年収③研究職で650万円

研究する風景

ソフト系システムエンジニアの平均年収の3つ目は、研究職の場合を紹介します。研究職の場合で平均年収は650万円です。研究職の場合は開発に力を入れることになりますので、スキルだけではなくセンスも求められる仕事です。そのため年収も高く、実力があればヘッドハンティング等でさらに年収は上がっていきます。

タイプ別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較【ハード編】

ハード系システムエンジニアの平均年収①監視業務で450万円

監視モニター

ハード系システムエンジニアの平均年収の1つ目は、監視業務の場合を紹介します。監視業務の場合で平均年収は450万円です。監視業務はシステムに異常がないかを確認し、異常が出ればその異常に対して修正をかける業務であり、ハード系システムエンジニアの業務の中でも難易度が低い業務となります。

ハード系システムエンジニアの平均年収②制御設計で550万円

働く男性

ハード系システムエンジニアの平均年収の2つ目は、制御設計の場合を紹介します。制御設計の場合で平均年収は550万円です。制御設計の場合は知識や経験が求められることが多いため、平均年収は監視業務よりも上がってくる傾向にあります。

ハード系システムエンジニアの平均年収③半導体で600万円

仕事をする

ハード系システムエンジニアの平均年収の3つ目は、半導体業務の場合を紹介します。半導体業務の場合で平均年収は600万円です。半導体業務の場合には半導体に関する知識や経験が必要であるため、他の業務よりも平均年収が上がる傾向にあります。

タイプ別のシステムエンジニア(SE)の平均年収比較【業種編】

業種別システムエンジニアの平均年収①ソフトウェア系統で500万円

画面を見る女性

業種別システムエンジニアの平均年収の1つ目は、ソフトウェア系統で働くシステムエンジニアの場合を紹介します。ソフトウェア系統で働くシステムエンジニアの平均年収は500万円です。最もSEが多い業種で募集も多く、様々なSEがいる分平均は低いものの優秀なエンジニアは平均の倍以上を稼ぎます。

業種別システムエンジニアの平均年収②家電系で550万円

パソコンを見る女性

業種別システムエンジニアの平均年収の2つ目は、家電系で働くシステムエンジニアの場合を紹介します。家電系で働くシステムエンジニアの平均年収は550万円です。家電系の場合は企業によってもバラつきはありますが、全体的にはソフトウェア系よりも平均が高くなっています。

業種別システムエンジニアの平均年収③金融系で750万円

お金と人

業種別システムエンジニアの平均年収の3つ目は、金融系で働くシステムエンジニアの場合を紹介します。金融系で働くシステムエンジニアの平均年収は750万円です。金融系がシステムエンジニアの相場が最も高くなっており、良いシステムエンジニアが集まりやすい業種になっています。

タイプにより違うシステムエンジニア(SE)の年収を把握しておこう!

同じシステムエンジニアであっても年代・タイプ・業種により平均年収は大きく違ってきます。システムエンジニアは近年注目を集めている職業であり、これからもさらに注目度を増すことでしょう。ここで紹介したシステムエンジニア(SE)をこれからの働き方を考える手がかりにしてもらえたらうれしいです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。