人前で旦那を呼ぶ時の呼び方とは?言い方の違いや旦那・夫・主人の意味も

今回は、「人前で旦那を呼ぶ時の呼び方」をテーマに、言い方の違いや旦那、夫、主人の意味なども併せて紹介していきます。結婚すると、人前で配偶者を呼ぶ時というのは、人によってそれぞれ違いがあると思います。その為、人前で配偶者を呼ぶときの正しい呼び方についても見ていきましょう。

人前で旦那さんを呼ぶ時の呼び方とは?

結婚すれば男性配偶者の呼び方は呼び方次第で常識知らずと思われがち

肩を組む男女

夫の呼び方というのは、様々ありますが、話す相手によって使い分ける事を知らなければ恥をかいてしまう事もあるので注意が必要なケースがあるのをご存知でしょうか?二人だけの空間であれば、名前で呼んだり、時には「ダーリン」等と人前だと恥ずかしい呼び方で呼んでいる事もあるでしょう。

しかし、二人だけの空間で呼び合う呼び方だと、どうしても周囲から「常識知らず」と思われてしまう事もあるので、注意が必要です。特に、目上の相手の前での呼び方には、注意しなければ恥をかいてしまうどころか、常識のない人というレッテルを貼られてしまう事もあるので、注意が必要です。

その為、常識知らずと周囲から思われない為にも、男性配偶者の呼び方は、マスターしておく事も大人としてのマナーだと思います。しかし、中には、時代と共に、その意味合いが変化してきた事により、周知されている意味が違うものもあるので、使う際には注意が必要なケースがある事も知っておくべきでしょう。

人前での状況に応じた呼び方で使い分ける習慣を付ける事が大事

握手をする男性

先ほども言いましたが、特に目上の人との会話の中で配偶者の話が出た時に呼び方を間違ってしまうと、どうしてもあなた自身の印象を悪くしてしまうのは、目に見えています。その為、状況に応じて、配偶者の呼び方を使い分けるというのは、大事な習慣になってくると思います。

呼び方というのは、自然と会話の中で癖となってしまう懸念もありますので、この機会に正しい呼び方で呼ぶ癖を付けておきましょう。ここに、人前での夫の呼び方をテーマに詳しくまとめた記事があるので、この記事を参考に、人前での呼び方を皆がどうしているのかの参考にしてみて下さい。

人前での夫の呼び方はどうしてる?夫?旦那?主人?ダーリン?

旦那と主人の呼び方の意味の違いとは?

主人という呼び方は男性優位な呼び方と感じている

見つめ合う男女

主人という呼び方をしている女性の多くは、男性優位の呼び方と感じている人が多いようです。元々、「主人」というのは、自分を雇っている人との区別化を図る為の言葉として定着してきました。今でこそ、女性もバリバリ働くような共働き世帯が増えてきましたが、戦後は、専業主婦家庭が多かったのも事実です。

それ故、男性が働いて稼いだお金で生活していた、という背景も相まって、男性配偶者の事を「主人」と呼ぶ事が定着してきたのだと思います。その為、男性配偶者の事を「主人」と呼ぶのは、女性からしてみれば、男性優位な呼び方だと感じている節はあると思います。

しかし、人前で男性配偶者の事を「主人」というのは、ある意味、周囲からも常識人のように感じられるのが定着しつつあるというのも事実です。そこに違和感を抱く女性の多くは、やはり、共働き世帯であり、同じ立場であっても男性を立てる言い方をする事に抵抗感を持つ女性がいるというのもまた、紛れもない事実です。

旦那という呼び方は主人とは違い下品だと感じている女性が多い

笑顔の家族

旦那と主人の呼び方の意味の違い2つ目は、「旦那」という呼び方は、どちらかと言うと下品だと感じている女性が多いのも事実です。女性配偶者の事を男性が「嫁」と呼ぶのと同じ感覚なのでしょう。その為、友人や親しい知人との会話の中で男性配偶者の事を「旦那」と呼ぶのは、まだ良いでしょう。

しかし、中には、親しい間柄だとしても、男性配偶者の事を「旦那」という呼び方をしている女性をそう感じている人もいますので、会話する際には呼び方に注意する必要性は少なからずあるでしょう。特に、上司や目上の人との会話の中では、「旦那」という呼び方をする人は、あまりいないでしょう。

そういう心理もあって、人前で「旦那」という呼び方をする事に違和感がある人は、必然的にそれ以外の呼び方で呼んでいるパターンが多いのも事実です。

自分が男性配偶者から人前で何と呼ばれたいかを考えて呼んでいる

お金を持つ男性

旦那と主人の呼び方の意味の違い3つ目は、女性は男性配偶者から自分の事を何と呼ばれたいかを考えてから、相手の事を呼んでいるという事です。例えば、人前で「旦那」と呼んでいる人は、自分の事を相手が「嫁」と言う事に抵抗感を感じていないと言えます。

しかし、それ以外の呼び方で呼んでいる場合は、「嫁」という呼び方をしてほしくないからこそ、敢えて、別の呼び方をしているのかもしれません。ここに、家族構成の書き方についての記事があるので、この記事により、履歴書や書類の書き方を見ながら、家族の事を人前ではどのように呼ぶのかのヒントとしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 62913508
家族構成の書き方5選!履歴書や書類の家族調書の意味やどこまでなのかも

家族構成の書き方を知っていますか?履歴書などのいろんな書類に書くことがある家族構成は、就職などにも必要な身上状況の情報です。今回は、家族構成の書き方をご紹...

シーン別人前で旦那の正しい呼び方とは?

目上の人との会話の中での呼び方

会話をする男女

シーン別人前で旦那の正しい呼び方1つ目は、目上の人との会話の中での呼び方です。会社の上司や親戚の前などで男性の配偶者の事を呼ぶ際には、「主人」という呼び方が一番無難でしょう。夫や旦那という言葉よりも、聞こえが丁寧に聞こえるので、夫を立てるという意味でもおすすめの呼び方です。

同僚や知人などある程度親しい間柄での呼び方

会話する女性

シーン別人前で旦那の正しい呼び方2つ目は、同僚や知人などある程度、親しい間柄での呼び方です。その場合には、「夫」や「旦那」で良いと思います。「夫」という呼び方であれば、一番無難な呼び方でもあるので、相手を気にせず使える呼び方としてもおすすめです。しかし、中には迷うケースもあると思います。

その場合には、「うちの人」という呼び方でも良いと思います。相手によっては、どの呼び方で呼んだ方が良いのか迷う事もあると思いますので、その場合には、この呼び方を使えば相手の事を気にせず使いやすいと言えます。

友人の場合の呼び方

笑顔の男女

シーン別人前で旦那の正しい呼び方3つ目は、親しい友人との呼び方です。親しい友人や知人であれば、普段相手を呼んでいるのと同じ呼び方でも構わないと思います。家で呼ぶ呼び方が恥ずかしいと感じれば、「主人」や「旦那」などでも構わないでしょう。人によっては、夫婦関係が上手く行っていない事もあると思います。

その場合であっても、相手を見下したような呼び方は、あなた自身の印象を悪くしてしまう懸念もありますので、呼びたくなくてもそこは、無難な呼び方を使うのが賢明でしょう。人によっては、嫌な気持ちになってしまうケースもあると思いますので、できるだけ無難な呼び方を習慣付けて下さい。

ここに、夫婦仲が悪い夫婦の特徴をまとめた記事があるので、もし、会話の中での男性の配偶者の呼び方の中で、疑問に思う点があれば、この記事により、夫婦仲を探る参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 494189692
夫婦仲が悪い夫婦の特徴15選!不仲の原因と最悪な関係の改善方法は?

夫婦仲が悪い夫婦は、思っている以上に多いようです。ここでは、そんな不仲な夫婦の特徴や原因などについて、詳しくご説明して参ります。また、最悪な夫婦の間で起こ...

旦那・夫・主人の意味とは?

旦那の意味とは相手を一番敬った言い方

見つめ合う男女

旦那は相手を一番敬った言い方とされています。一見すると、「旦那」という言い方よりも「主人」と言った方が丁寧なように聞こえますが、実は、その逆で「旦那」という言い方の方が丁寧な言い方とされています。

しかし、それ故、人前では自分の身内の人間を敬った言い方をするというのは人によってはおかしいと思われてしまう事もあります。その為、目上の人との会話の中で配偶者の事を出す時には、「主人」という言葉を使った方が良いという事になります。「旦那」という呼び方を使うのは、相手によって使い分ける事も大事です。

夫の意味とは男女が平等であるという事

結婚する男女

「夫」というのは、書類などで続柄を記入する際にも使われる呼び方であり、妻の反対語としても広く、使われている呼び方でもあります。その為、逆を言えば、その関係性が平等である事を指すという事になります。今の時代、男女平等が強く叫ばれているという事もあり、一般的に使いやすい呼び方とも言えます。

この言葉自体、男性と女性の間が対等である事を指す言葉でもありますので、男性の配偶者の呼び方で迷った時には、この呼び方で呼べばまず、間違いないでしょう。ここに、続柄の意味や書き方についての記事があるので、この記事を参考に、その関係性について学んでみて下さい。

Small thumb shutterstock 552619234
続柄(ぞくがら)の意味や書き方とは?あなたとの続柄/本人との関係

会社での様々な手続きや公的書類では、よく「続柄(ぞくがら)」という言葉をみます。実際に「続柄」を書く機会も多いですが、あなたとの続柄や本人との関係をどう書...

主人の意味とは家族の中で一番偉い人を指す言葉

家族写真

主人とは家族の中で一番偉い人を指す言葉として使われます。また、仕事の雇い主などでを指す言葉として使われる事もありますよね。その為、この言葉は、何も男性だけに使われる言葉ではなく、女性にも使われる言葉という事でもあります。

しかし、この言葉を女性の配偶者に対して使うケースは、ほとんどないと思います。それは、古来の日本の風習が関係しています。一昔前には、女性よりも男性の方が偉いとされてきたので、今もその風習が色濃く残っている背景があり、基本的に「主人」という言葉は、男性に使われる事が多いのです。

また、家族の中では、どの男性よりも年長者の男性を指し、他の家族はその男性の言葉は絶対、という風に捉えているのが普通という時代もあった程です。今では、そのような風習はあまり聞かれなくなりましたが、それでもその言葉を男性に使うのは、そのような背景が関係している事は、間違いありません。

人前での男性配偶者の呼び方は会話の相手によって使い分けよう

今回は、「人前での男性配偶者の呼び方」をテーマに、夫や主人、旦那などの言い方の違いについても詳しく紹介してきましたが、いかがでしたか?結婚すると、男性配偶者の事を話す際に、呼び方を迷うケースというのは、少なからずあると思います。その為、知っておいて損はない知識である事は、間違いありません。

また、会話の相手によっては、男性配偶者の呼び方を間違ってしまうと、不快に感じるケースもあるので、注意が必要だと言えます。一昔前までは、男性の方が偉いとされていた時代もあったので、その名残りが色濃く残っていると感じている女性もいるので、その点は注意すべきポイントでしょう。

しかし、そうは言っても、それぞれの呼び方の意味合いは時代と共に、変化している事も事実ですので、今回紹介した内容をヒントに、ぜひこれから先、会話の中で男性配偶者の呼び方に迷った時には、参考にしてみて下さい。正しい知識を身につける事は、大人のマナーでもありますよ。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。